Yrv6z1ps5qn7evqvtjug

ハンターハンター

CATEGORY | ハンターハンター

【ハンターハンター】パイロが背後に移っていたシーンを徹底調査!

2021.07.05

「ハンターハンター」は「幽遊白書」で人気になった「冨樫義博(とがしよしひろ)」先生の大ヒット漫画作品です。「ハンターハンター」にはメインキャラ「クラピカ」の幼馴染で「パイロ」という少年が出てきますが、パイロには気になる噂があるので検証していきたいと思います。

  1. 「ハンターハンター」は「メディア芸術100選」入り作品!
  2. 「ハンターハンター」の魅力はどこにあるのか?
  3. 【ハンターハンター】メインキャラクター紹介
  4. 【ハンターハンター】パイロとはどんな人物?
  5. 【ハンターハンター】パイロの性格はとても穏やか
  6. 【ハンターハンター】パイロは頭の良い少年だった
  7. 【ハンターハンター】パイロ達クルタ族は虐殺された
  8. 【ハンターハンター】パイロの生首をカキンの王子が所持?!
  9. 【ハンターハンター】パイロまとめ
引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/517T3-Sb4hL.jpg
「ハンターハンター」は「幽遊白書(ゆうゆうはくしょ)」で大人気となった「冨樫義博(とがしよしひろ)」先生の大人気コミックスで、「日本のメディア芸術100選 マンガ部門」に選ばれた超人気作です。
「ハンターハンター」の人気は「鳥山明(とりやまあきら)」先生の『ドラゴンボール』に匹敵する程で、最も面白いマンガの一つと言われています。
1998年と2011年に二度のアニメ化をし、映画も二度公開。メディアミックスとして大成功し、さらに多くのファンを獲得しました。
2018年現在、35巻まで発行されていますが、累計発行部数7000万部というとてもつもない大ヒットを生んでいます。

「念能力」という特殊な力による駆け引き

引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/51YTSSWjn9L.jpg
「ハンターハンター」の最大の魅力は、「念能力」と呼ばれる人間のオーラを用いた特殊能力を使う所で、様々な駆け引きをする所が面白いです。
「念能力」は戦闘で用いられるのはもちろん、対人的な駆け引きや戦闘以外の所でも使われるため、非常に奥が深く作品に引き込まれていきます。
「念能力」は生まれつきの念のタイプに合わせた六系統があり、さらに固有の能力を発現させていくため、全く同じ能力を持つ者は二人存在しなく、キャラに応じた個性豊かな能力が出てくる所が魅力ですね。

心理的駆け引きが多い

引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/51lYyejng0L.jpg
「ハンターハンター」は単純なバトル作品ではなく、多くが心理的な駆け引きをする、やや複雑な話が多いです。
そのため、『週刊少年ジャンプ』の作品としては、「ワンピース」や「ナルト」よりも「デスノート」辺りに近い要素が強めですね。
「念能力」も非常に奥が深く、戦闘力が高いキャラクターが強いわけではなく、念の相性や作戦次第で格下が格上に勝つこともありえるので、非常に複雑なものとなっています。

主人公「ゴン=フリークス」

引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/61X5CYO8X-L._SL1000_.jpg
主人公の「ゴン=フリークス」は11~12歳の少年で、大自然で生まれ育ったため野生の感覚が鋭く、身体能力も非常に高い少年です。
世界で五本の指に入る念能力者の父親「ジン=フリークス」に会うためにハンターになり、ハンターになってからは多くの仲間たちと共に死線をくぐりぬけてきました。
明るく他者と壁をつくらない少年のため、基本的に誰からも親しまれる気持ちの良い少年ですが、その純粋さを逆手に取られ、つけこんでくる悪人も多いです。
念のタイプは身体能力を高める「強化系」で、必殺技の「ジャジャンケングー」は、一流のハンターであるモラウという人物を殺しかけたほど凄まじい威力があります。
引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/81W5jGLPMbL._SL1000_.jpg

第二の主人公?!「キルア=ゾルディック」

引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/81k3WlOFjNL._SL1200_.jpg
ゴンよりも人気が高く、「ハンターハンター」の人気投票では常連一位の真の主人公?! が「キルア=ゾルディック」です。
キルアは一流のハンターでも手が出せない世界最強の暗殺者の家系「ゾルディック家」の三男で、ゴンと同じ11歳~12歳の少年です。
「ゾルディック家」の中でも特に才能が高いキルアは将来を期待されている暗殺技術の高い少年ですが、ゴンと出会い、普通の少年らしく自由に生きていく道を選びました。
念のタイプは「変化系」で、オーラを電気に変化させ相手を攻撃する能力を用います。キルア最大の技「神速(カンムル)」は、使用できる時間は限られていますが作中では特に強力な念能力で、格上の相手をも圧倒する絶対的な強さを誇っています。
引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/51zScLWRgNL.jpg

第三の主人公?!「クラピカ」

引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/81uJ0s1lpvL._SL1200_.jpg
「クラピカ」もキルア同様、主人公のゴンよりも人気のキャラクターで、人気投票では常連二位の高い人気を誇っています。
クルタ族という絶滅した民族の生き残りで、クルタ族を絶滅させた「幻影旅団」に復讐するためにハンターになりました。
性格は知的で頭の回転が速く、その頭脳明晰さは作中でもトップ3に入る程の冴えぶりで、「ヨークシン編」と「王位継承編」では実質的な主人公を担っています。
念のタイプは「具現化系」で、鎖を具現化して相手を攻撃したりしますが、彼の真髄は「緋の目」というクルタ族特有の紅く光る目が発動した時のみ「特質系」になる所で、その時は重いリスクと共に全系統の能力を100%引き出せる「絶対時間(エンペラータイム)」という能力を発動させます。
引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/91Gln74jyNL._SY606_.jpg
引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/51FkHa6nMbL._SX313_BO1,204,203,200_.jpg
パイロはクラピカと同じクルタ族の少年で、クラピカの親友でした。
目と足が不自由な少年でしたが、それは幼い頃に崖から落ちそうになったクラピカを助けた時の後遺症で、おかげでクラピカは無傷で済みましたが、パイロは目と足を不自由にしてしまいました。
引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/511oBGQYLbL.jpg
パイロは事故で身体を不自由にしてしまったものの、性格は優しく穏やかな少年で、子供の頃は感情任せに行動していたクラピカを抑制していた理性的な少年でした。
パイロはクラピカがクルタ族の村から出るための外出試験ではクラピカをサポートし、クラピカを見事外の世界へと送り出すことに成功しました。
引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/51Lm95CpSUL.jpg
パイロは非常に賢い少年で、外出試験の際、24時間以内に緋の目になったら失格という自己抑制試験で、緋の目になったら24時間は解除されないという特別な目薬をさされた直前、上手く普通の目薬と差し替えて緋の目になっても大丈夫なように機転を利かせました。
引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/51KEl9hI9QL.jpg
クラピカを外の世界へ連れ出したパイロでしたが、クラピカが旅立った6週間後、クルタ族はパイロを含め全員が幻影旅団に虐殺されてしまいました。
殺されたクルタ族の惨殺体からは緋の目がえぐり取られていて、それを知ったクラピカは殺されたクルタ族の皆の緋の目を取り返すため、幻影旅団に復讐することを誓いました。
引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/51OeTRL6RnL._SX312_BO1,204,203,200_.jpg
カキン帝国の王子の中でも特に厄介そうな第四王子「ツェリードニヒ=ホイコーロ」が緋の目をコレクションしていますが、第四王子のコレクションの中にパイロの生首っぽいものがコレクションされていました。
大量の緋の目の中に坊ちゃんヘアの少年の生首があり、それが明らかにパイロっぽい見た目なので話題となっていますね。
第四王子の緋の目のコレクションの中にある生首がパイロかどうかは現時点では判明しかねますが、主人公ゴンの先輩である一流のハンター、カイトを生首にして殺した冨樫先生なら、やりかねないですね。

第四王子ツェリードニヒの生首はパイロのものか?

引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/51IaFKlD4qL._SX313_BO1,204,203,200_.jpg
第四王子ツェリードニヒの緋の目のコレクションの中にある生首ですが、シルエットから見てもパイロにしか見えません。
第四王子ツェリードニヒは、とんでもない念の才能がある特質系の人物だと現時点でわかっていますが、ゴンやキルアを優に超えるトンデモない天才で、下手をすればキメラアントの護衛軍よりも厄介な存在かもしれません。
クラピカの特質系の念能力「絶対時間(エンペラータイム)」も強力ですが、もし第四王子の生首がパイロのものだとすれば、クラピカは命を賭けてでも取り戻そうとするはずなので、クラピカとツェリードニヒの特質系同士の念能力バトルが見れるかもしれませんね。
引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/51843N2hJSL._SY373_BO1,204,203,200_.jpg
パイロは「ハンターハンター」の劇場版「ファントム・ルージュ」に登場し、劇場公開時に配布された0巻の最後にクラピカとしたあの約束が劇中のラストで果たされたシーンは、感動しました。
パイロの活躍は漫画よりも劇場版「ファントム・ルージュ」で見れますが、「ファントム・ルージュ」を観る前に0巻を手に入れて読んでおくことをおすすめします。
サムネイル画像は下記より引用しました。
出典: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/51FkHa6nMbL._SX313_BO1,204,203,200_.jpg