M8bzrchv5or567nd4olq

ハンターハンター

CATEGORY | ハンターハンター

【ハンターハンター】最終回予想!クラピカはどうなる?アニメ・漫画の最終回情報

2021.08.03

「ハンターハンター」は「幽遊白書」で人気となった「冨樫義博(とがしよしひろ)」先生の大ヒット作品で、2018年までに7000万部以上の売上を記録した漫画です。「ハンターハンター」のアニメは最終回を迎えましたが、漫画の最終回を予想してみたいと思います。

  1. 「ハンターハンター」は「メディア芸術100選」入り作品!
  2. 「ハンターハンター」の魅力はどこにあるのか?
  3. 【ハンターハンター】メインキャラクター紹介
  4. 【ハンターハンター】アニメは世界樹でジンと会って終わった
  5. 【ハンターハンター】旧アニメ版は違う終わり方だった
  6. 【ハンターハンター】漫画で2018年夏まで進んだ所
  7. 【ハンターハンター】王位継承編でクラピカは死ぬ?!
  8. 【ハンターハンター】王位継承編のネタバレ
  9. 【ハンターハンター】王位継承編で主人公ゴンは登場する?
  10. 【ハンターハンター】予想できないのが「ハンターハンター」
Htg7zjlxvioku1m7nw0k
「ハンターハンター」は「幽遊白書(ゆうゆうはくしょ)」で大人気となった「冨樫義博(とがしよしひろ)」先生の大人気コミックスで、「日本のメディア芸術100選 マンガ部門」に選ばれた超人気作です。
「ハンターハンター」の人気は「鳥山明(とりやまあきら)」先生の『ドラゴンボール』に匹敵する程で、最も面白いマンガの一つと言われています。
1998年と2011年に二度のアニメ化をし、映画も二度公開。メディアミックスとして大成功し、さらに多くのファンを獲得しました。
2018年現在、35巻まで発行されていますが、累計発行部数7000万部というとてもつもない大ヒットを生んでいます。

「念能力」という特殊な力による駆け引き

Pcthgra6x3s6ktlyveda
「ハンターハンター」の最大の魅力は、「念能力」と呼ばれる人間のオーラを用いた特殊能力を使う所で、様々な駆け引きをする所が面白いです。
「念能力」は戦闘で用いられるのはもちろん、対人的な駆け引きや戦闘以外の所でも使われるため、非常に奥が深く作品に引き込まれていきます。
「念能力」は生まれつきの念のタイプに合わせた六系統があり、さらに固有の能力を発現させていくため、全く同じ能力を持つ者は二人存在しなく、キャラに応じた個性豊かな能力が出てくる所が魅力ですね。

心理的駆け引きが多い

Rt8uuwitcfso9ncianoo
「ハンターハンター」は単純なバトル作品ではなく、多くが心理的な駆け引きをする、やや複雑な話が多いです。
そのため、『週刊少年ジャンプ』の作品としては、「ワンピース」や「ナルト」よりも「デスノート」辺りに近い要素が強めですね。
「念能力」も非常に奥が深く、戦闘力が高いキャラクターが強いわけではなく、念の相性や作戦次第で格下が格上に勝つこともありえるので、非常に複雑なものとなっています。

主人公「ゴン=フリークス」

Gtmx2ncejqtkkdxty4zs
主人公の「ゴン=フリークス」は11~12歳の少年で、大自然で生まれ育ったため野生の感覚が鋭く、身体能力も非常に高い少年です。
世界で五本の指に入る念能力者の父親「ジン=フリークス」に会うためにハンターになり、ハンターになってからは多くの仲間たちと共に死線をくぐりぬけてきました。
明るく他者と壁をつくらない少年のため、基本的に誰からも親しまれる気持ちの良い少年ですが、その純粋さを逆手に取られ、つけこんでくる悪人も多いです。
念のタイプは身体能力を高める「強化系」で、必殺技の「ジャジャンケングー」は、一流のハンターであるモラウという人物を殺しかけたほど凄まじい威力があります。
Mx8p1zdwfvnv2m0yozoo

第二の主人公?!「キルア=ゾルディック」

Xlvfkyiq4qmegp4lhdxm
ゴンよりも人気が高く、「ハンターハンター」の人気投票では常連一位の真の主人公?! が「キルア=ゾルディック」です。
キルアは一流のハンターでも手が出せない世界最強の暗殺者の家系「ゾルディック家」の三男で、ゴンと同じ11歳~12歳の少年です。
「ゾルディック家」の中でも特に才能が高いキルアは将来を期待されている暗殺技術の高い少年ですが、ゴンと出会い、普通の少年らしく自由に生きていく道を選びました。
念のタイプは「変化系」で、オーラを電気に変化させ相手を攻撃する能力を用います。キルア最大の技「神速(カンムル)」は、使用できる時間は限られていますが作中では特に強力な念能力で、格上の相手をも圧倒する絶対的な強さを誇っています。
Tnsbmgzen4ppmj2wyiuq

第三の主人公?!「クラピカ」

N1dqnzgpbjvrke5wiosm
「クラピカ」もキルア同様、主人公のゴンよりも人気のキャラクターで、人気投票では常連二位の高い人気を誇っています。
クルタ族という絶滅した民族の生き残りで、クルタ族を絶滅させた「幻影旅団」に復讐するためにハンターになりました。
性格は知的で頭の回転が速く、その頭脳明晰さは作中でもトップ3に入る程の冴えぶりで、「ヨークシン編」と「王位継承編」では実質的な主人公を担っています。
念のタイプは「具現化系」で、鎖を具現化して相手を攻撃したりしますが、彼の真髄は「緋の目」というクルタ族特有の紅く光る目が発動した時のみ「特質系」になる所で、その時は重いリスクと共に全系統の能力を100%引き出せる「絶対時間(エンペラータイム)」という能力を発動させます。
Tl0ngftux6fwmm6ffh6e
Eldkpmjks7l1meblsyxh
「ハンターハンター」の最終回は、ネタバレするとアニメだと世界樹の頂上で主人公の「ゴン=フリークス」が父親の「ジン=フリークス」に会って最終回を迎えました。
アニメの最終回は漫画でいえば32巻のラストで、終わり方としては綺麗にまとまっていましたね。
Sacwgghvox1cmaz2ev4z
1999年10月から2001年3月まで放送した旧アニメ版の「ハンターハンター」は、最終回が中途半端な所で終わりました。
旧アニメ版の最終回は「ヨークシン編」の中盤頃で、「幻影旅団」の団長クロロが「ゾルディック家」のゼノとシルバと戦った後くらいまでです。

旧アニメ版の最終回が「ヨークシン編」の中盤までの理由

Lek2evcw8hfvwmxjnn3t
旧アニメ版の最終回が「ヨークシン編」の中盤までの理由は、アニメの進み方は漫画よりも早いのが一つですが、最大の理由は作者の「冨樫義博(とがしよしひろ)」先生が休載が多いためです。
現在では年に10話~20話進めば良い方ですが、冨樫先生は現在ほどではありませんが昔から休載が多く、進むのが早いアニメのペースに漫画がついていかなかったのです。
Hb9bxqwqqs86ab6vyfdp
アニメは最終回を迎えた「ハンターハンター」ですが、原作漫画の方は2018年夏の段階で、まだカキンの「王位継承編」でクラピカが準主人公をやっている段階です。
「暗黒大陸」にすら到着していないので漫画の最終回はまだまだ先でしょうが、「王位継承編」で下手をすればクラピカは命を落とす可能性もありますね。
D98us9u4snapoqljrvaq
ネタバレですが、「王位継承編」でクラピカの「絶対時間(エンペラーライム)」は「1秒につき1時間寿命が減る」というトンデモない「制約と誓約」があることがわかってしまい、しかもクラピカは9時間以上も「絶対時間(エンペラータイム)」を発動させてしまいました。
しかし、クラピカはその失敗を通して「絶対時間(エンペラータイム)」に対して慎重になったので、今後は余程の非常事態がなければ「絶対時間(エンペラータイム)」を発動させないでしょう。
クラピカは下手をすれば「王位継承編」で死ぬ可能性もありますが、人気キャラで能力も面白いため「王位継承編」ではまだ死なないと予想します。
Rdl1bc5xe4027rlfzbbi
2018年夏の段階でわかっているネタバレをすると、「王位継承編」の登場人物である第四王子「ツェリードニヒ=ホイコーロ」は特質系の念能力者だとわかり、さらに念の天才であることが明らかになりました。
ツェリードニヒの念の才能は天才すぎて、同じく天才であるゴン・キルア・クラピカも念の習得は早い方でしたが、ツェリードニヒの念の才能は彼らを遥かに凌駕していて、凄まじいスピードで念を修得しています。
さらに、水見式では水をトンデモなく禍々しい状態にし、その状態だけ見れば、葉っぱを枯らしただけの王直属護衛軍の一人「ネフェルピトー」よりも遥かにヤバそうな念能力者の才能がありますね。
ピトーも最強クラスの念能力者でしたが、下手をすればツェリードニヒはピトー以上に厄介な念能力者の可能性もあり、そうなってくるとツェリードニヒがコレクションしている「緋の目」を奪いたいクラピカは危ないですね。
Nruyloxdaj2blkmdpx1k
ネタバレですが、主人公の「ゴン=フリークス」はキメラアントの王直属護衛軍「ネフェルピトー」との戦いの後、重い「制約と誓約」で念能力を失ってしまいました。
そのため、ゴンは「選挙編」が終わり世界樹でジンと会った後は、一度くじら島に戻りミトと共に普通の生活をはじめています。

ゴンの念能力はどうなっている?

Mnywnfftfpvyyusmhtb8
ゴンの念能力ですが、現在は「選挙編」が終わって時間が経っているため、ゴンは自力で念を修得し直し「キメラアント編」の頃より強くなっていると予想します。
そもそも、オーラの総量が取り柄で、かつ強化系のゴンは、基本的な戦闘力が高くなければ「ハンターハンター」の世界では通用しないキャラクターなので、今頃は修行して幻影旅団の戦闘員クラスの強さにはなってるんじゃないでしょうか。
ピトーとの戦いで限界を超えた姿になったゴンは、戦闘における最強の姿とオーラの状態は想像できているはずなので、ピトーと戦った時の強さを目指して修行中だと思いますね。
ネタバレすると、ゴンはピトーとの戦いで筋肉質な大人の姿に変身しましたが、あそこまでムキムキなゴンは嫌ですが、ゴンの魅力であるあどけなさは残しつつ成長した姿になっていると予想します。
Nvh2oqgmos26odws3nb8
ネタバレを踏まえて予想しましたが、今後の展開を予想できないのが「ハンターハンター」の魅力なので、先のことを予想するのは難しい作品ですね。
しかし、「暗黒大陸」にも到着していなく、「王位継承編」ではクラピカが準主人公的な役割をしているので、「ハンターハンター」の漫画の最終回はまだまだ先でしょう。
ゴンの父親であり世界で五本の指に入る念能力者のジンは、「王位継承編」では登場しないで「暗黒大陸」に到着してから本格的に活躍する可能性もあるので、ジンの動向にも注目です。
現在、ネタバレできるほど原作も進んでいない「ハンターハンター」ですが、とりあえずツェリードニヒがピトーを超えるくらいヤバい念能力者である可能性が高いということはネタバレできますね。
サムネイル画像は下記より引用しました。
出典: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/51XRkuyF7XL.jpg