O42fns3fky40emavgjgm

花澤香菜

CATEGORY | 花澤香菜

【かんなぎ】ざんげちゃんの正体は?声優やキャラ情報をお届け!

2018.08.31

長期間の休載もありながら2017年に無事完結した『かんなぎ』。登場人物の一人、ざんげちゃんは涼城白亜の体を依り代とする人間と異なる存在です。『かんなぎ』の舞台である神薙町で、人々の悩みを聞いたりアイドルもしているざんげちゃんは一体どんな女の子なのでしょうか。

  1. 『かんなぎ』とは?
  2. 【かんなぎ】あらすじ【ざんげちゃん】
  3. 【かんなぎ】腹黒シスターざんげちゃん【ざんげちゃん】
  4. 【かんなぎ】依り代は涼城白亜【ざんげちゃん】
  5. 【かんなぎ】涼城家は由緒ある家【ざんげちゃん】
  6. 【かんなぎ】人々の悩みを聞いている?【ざんげちゃん】
  7. 【かんなぎ】腹黒い【ざんげちゃん】
  8. 【かんなぎ】担当する声優さんは?【ざんげちゃん】
  9. 【かんなぎ】花澤香菜さんの他の役は【ざんげちゃん】
  10. 【かんなぎ】ざんげちゃんのグッズを紹介!【ざんげちゃん】
  11. 【かんなぎ】まとめ【ざんげちゃん】
『かんなぎ』は一迅社が出刊する「ComicREX」2006年1月号から連載が始まりました。作者は武梨えりさん。武梨さんの病気療養のため、長期に渡る休載があったものの2011年の9月号から再開。2017年9月号で最終回を迎えました。コミックスは全12巻です。
かんなぎ (12) 特装版 (REXコミックス)
価格 ¥ 2,052
高校一年生で霊感の強い御厨仁は美術部に所属しています。しかし、仁の芸術センスは壊滅的で、部員からの駄目だしをよく受けています。唯一上手いのは木彫りの彫刻。仁は地区展に提出する作品を作るため、切り倒されたご神木を元に手彫りの精霊像を彫っていました。
すると地面に置いておいた精霊像が砕け、その中から「ナギ」という少女が現れました。どうやらご神木が切られてしまったことから神薙町に「ケガレ」という災厄の種が発生してしまい、ナギにはそれを払う力があるのだとか。ナギが現れたことをきっかけに、仁は神薙町のケガレを払うためにナギと共同生活をすることになりました。
ナギの妹のざんげちゃんや幼馴染のつぐみ、美術部の面々も含め、明るく楽しい日常生活と、そしてケガレを払う生活が始まります。
ざんげちゃんはナギの妹です。なぜナギの妹なのかというと、ざんげちゃんは同じナギの木を株分けした存在だからです。川向こうに建てられた分社に本体の木が存在し、人間を依り代として現世にやってきました。
いきなりナギの木やら同じ木から株分けされたやら出てきて混乱していると思いますが、ヒロインのナギはいわばご神木に宿っている神様のような存在なのです。ですから同じ木から株分けされたざんげちゃんは妹にあたるということになるんですね。
かんなぎ 2 (REX COMICS)
価格 ¥ 596
かんなぎ 2 【完全生産限定版】 [DVD]
価格 ¥ 1,504
ざんげちゃんの依り代となっている少女は涼城白亜(すずしろはくあ)といいます。ざんげちゃんのような腹黒い 性格とは裏腹に、真面目だけど人見知りをする少女です。彼女は生まれつきの霊媒体質のようで悪霊を引き寄せてしまい、その度に憑依されて苦しんできました。自身の人生に絶望して首を吊って自殺しようとした時、首を吊ったナギの木が折れてしまい、その時にざんげちゃんに憑依されます。
白亜はざんげちゃんが憑依し続けることに同意し、悪感情は持ち合わせていないようです。料理が得意なようで、反対にざんげちゃんは料理が下手(全体的に不器用らしい)なため、入れ替わることでカバーしているのだとか。
ざんげちゃんと白亜では全く性格が違うため周囲の人間には怪しまれることもあるのですが、二重人格ということで乗り切っています。
かんなぎ (5) (REX COMICS)
価格 ¥ 596
白亜の家系を辿っていくと、かつて神薙神社を管理していた5軒の内の一つである依代家が先祖であることが分かります。姓が涼城に変わっているのは、代替わりをしている内に変わっていったようです。
ざんげちゃんは神父に代わって人々の悩みを聞いています。お値段は一回100円。容姿も抜群に可愛いので、ざんげちゃんファンクラブを創設、ローカルアイドルとしても活躍しているなど、なかなかにやり手なようです。
猫かぶりで腹黒そうな見た目をしていますが実際にその通りだったりします。もちろんアイドルの時は明るく振る舞っていますが、実の性格は腹黒でサディストの気があり、ナギとは仲良くありません。アイドルになったのも単純に信仰者を集めて神として存在し続けたいという理由から。信仰する人間がいなければ力が弱まると言いますから、ざんげちゃんにとっては必要なことだったのでしょう。
アイドルというところもミソで、アイドルには崇拝する対象や偶像という意味があります。ナギの木の神様であるざんげちゃんは正真正銘のアイドルであり、ある意味ぴったりな仕事と言えるでしょう。
さんげちゃんを担当するのは花澤香菜さんです。依り代である涼城白亜についても花澤さんが声をあてています。美しく澄んだ声が特徴です。花澤さんがヒロインを演じた作品『ゼーガペイン』の監督である下田正美さんもオーディションでの印象を「超絶癒しボイス」と称しています。
ボブカットがトレードマークで、地毛は天然パーマがかかっているためいつもストレートパーマをかけているのだそうです。花澤さんと呼ばれるのを好んでおらず、その理由は『サザエさん』の花沢さんと被ってしまうから。花澤さんと呼ばれた際には花沢さんの真似をして応答するといったお茶目な一面もあります。
2012年には音楽活動もスタートしています。第一弾シングルは『星空☆ディスティネーション』。現在は『春に愛されるひとに わたしはなりたい』を発売されています。
『俺の妹がこんなに可愛いわけがない』より黒猫です。黒猫というのはハンドルネームで本名は五更瑠璃(ごこうるり)といいます。桐乃以上のオタクであり、個人ブログやサークルまで持っているという筋金入りのオタクです。また対戦型格闘ゲームでは大会で上位入賞するほどに強い凄腕ゲーマーでもあります。
『Angel Beats!』より立華かなでを演じています。最初は主人公の敵として立ちはだかっていましたが、後に主人公たちと共に行動するようになります。死後の世界が舞台の『Angel Beats!』の世界では生徒会長を務めたり、自身が攻撃された際には「ガードスキル」と呼ばれる能力で実力行使に出ます。物騒なことをしている割に性格は天然です。
『化物語』の千石撫子役も花澤香菜さんが演じています。この役で知った方もかなり多いのではないでしょうか。ウィスパーボイスに似た可愛らしい声は聞いているだけで耳が幸せです。
化物語音楽全集 Songs&Soundtracks
価格 ¥ 2,834
『化物語』はヒロインごとにOPが変わるのですが、撫子の曲は『恋愛サーキュレーション』。花澤さんの可愛い声がくすぐったくて聞いているだけで幸せな気持ちになれる中毒性の高い曲ですね。ぜひ聞いてみることをオススメします!
コトブキヤ かんなぎ ざんげちゃん 1/7スケール塗装済み完成品
価格 ¥ 6,000
まずはバニー衣装のフィギュアから。ざんげちゃんは『かんなぎ』の登場人物の中でもズバ抜けてスタイルがいいので、見所満載ですよね。依り代になってる白亜は顔を真っ赤にしているでしょうが……。
かんなぎ ねんどろいど ざんげちゃん (ノンスケールABS&PVC塗装済み可動フィギュア)
価格 ¥ 2,000
こちらはねんどろいどのざんげちゃん。1回100円の看板を掲げています。ざんげちゃんファンはこれを飾っておいて貯金箱を用意すれば、原作のような楽しみ方もできそうですね。お金も貯まって一石二鳥です!1日1回懺悔すれば月3000円…でも貯金する前にざんげちゃんグッズを買ってしまうかも。パーツを変えることで白亜にすることも可能です。
かんなぎ ざんげちゃん (1/8スケール PVC製塗装済み完成品)
価格
こちらは8分の1スケールです。こちらの方がリアリテイがありそうですね。
今回は『かんなぎ』のざんげちゃんについて紹介しました。白亜を依り代にしている神様なのですが、意外と神様っぽくないというか、自分の欲に忠実な印象があって人間味を感じました。とはいえ、信仰心は神様にとっては非常に大事なものですし、ただ祀られているだけでは退屈してしまうでしょうから、こうして俗世を楽しもうとするのも自然なことなのでしょう。
『かんなぎ』は完結していますが、この記事をきっかけに見返してもらえたら嬉しいです。読んでいただきありがとうございました。
「かんなぎ」 なぎおと+なぎうた 完全盤
価格 ¥ 2,877
かんなぎ Blu-ray Box
価格 ¥ 24,800