Nrzdtvehzmwyfoeegeaw

メイドインアビス

CATEGORY | メイドインアビス

【メイドインアビス】恐ろしいと思いきやギャップのあるオーゼン!伏線や謎などを徹底解説

2019.07.25

メイドインアビスのオーゼンは登場時は非常に恐ろしい存在でしたが、その後は面倒見の良さや優しい面を見せて読者の印象は一気に変わりました。リコやライザとの関係など物語の根底に関わってきそうなキャラクターです。メイドインアビスのオーゼン魅力についてご紹介します。

  1. メイドインアビスのオーゼンについて
  2. メイドインアビスのオーゼンとは
  3. メイドインアビスのオーゼンの声優について
  4. メイドインアビスのオーゼンの登場シーン1
  5. メイドインアビスのオーゼンの登場シーン2
  6. メイドインアビスのオーゼンとリコの関係
  7. メイドインアビスのオーゼンは弟子への態度がかわいい
  8. メイドインアビスのオーゼンはライザの師匠
  9. メイドインアビスのオーゼンは大人気ない
  10. メイドインアビスのオーゼンは子供騙しが嫌い
  11. メイドインアビスのオーゼンの弟子について
  12. メイドインアビスの地臥せりについて
  13. メイドインアビスのオーゼンの外見について
  14. メイドインアビスのオーゼンは度し難い?
  15. メイドインアビスのオーゼンの戦闘能力について
  16. メイドインアビスのオーゼンの装備
  17. メイドインアビスのオーゼンは白笛で一番まとも?
  18. メイドインアビスのオーゼンの年齢について
  19. メイドインアビスのオーゼンはレグについて知っている?
  20. メイドインアビスのオーゼンについてまとめ

メイドインアビスのオーゼンは、主人公のリコが始めて出会った白笛の探窟家で、「不動卿」「動かざるオーゼン」の異名で知られています。 酷い悪態をついたり殺そうとしているかのような攻撃を仕掛けたため、第一印象はまるで悪役のようです。

しかし、実際は面倒見の良い人物で、人柄がよくわかると印象ががらりと変わってしまいます。 あまりに落差の激しい行動から、ツンデレといわれることもあります。 メイドインアビスのオーゼンの性格や能力、可愛い一面などについてご紹介します。

引用: https://pbs.twimg.com/media/EAPIxujU8AEno6A?format=jpg&name=small

メイドインアビスのオーゼンは深界二層にて登場しました。 監視基地(シーカーキャンプ)で防人をしていて、弟子のマルククと暮らしながら、リコが訪れるのを待っていました。

探窟隊「地臥せり」のリーダーも勤めています。 リコの母親のライザからリコのことを頼まれていましたが、リコに対する対応は驚くべきものでした。

メイドインアビスのオーゼンの声優をしたのは大原さやかさんです。 大原さやかさんは、落ち着いた女性キャラクターを演じることが多いことで知られています。 「ARIA」シリーズのアリシア・フローレンス役や「xxxHOLiC」の壱原侑子役で有名です。

声優の出演するラジオ番組のほとんどアニラジと呼ばれる中、アニメと関係ない地上波のラジオ番組にレギュラー出演している数少ない声優さんです。 バラエティー番組やCMのナレーションを数多くを行っていています。

また、ルミネなどの店内アナウンスや鉄道外車の駅アナウンス等の仕事も行っているため、意外なところで大原さやかさんの声を聞くこともあります。

オーゼンを実際に演じるまで、メイドインアビスを読んだことがなかった大原さやかさんは、オーゼンは主人公たちを明るく指導するキャラクターだと考えていたそうです。

メイドインアビスのオーゼンは監視基地にたどりついたリコ達を一泊させた後、リコの出生の秘密等について語り始めます。 しかし、この時の内容がものすごくひどいです。 母親ライザに会うためにやってきたリコに対して、ライザが既に死んでいることを告げます。

リコは死産で遺物の力で生き返りましたが、動く死体かもしれないことなどリコにとってはあまりにもショッキングな内容でした。 オーゼンはリコがショックを受けて泣き出しても、構わず話し続けるどころかより心をえぐるように話を続けます。

実際はリコを試すためにあえてひどい話し方をしているわけですが、この後の行動も含めて悪役のようだと思った人は少なくないようです。

リコへの仕打ちに起こったレグが怒り戦闘になりますが、オーゼンの力は圧倒的でした。 全ての武装は全く通用せず、レグがどのくらい頑丈なのかを試すために激しい攻撃を加えました。 結局、部下に止められますが、興奮してつい本気で叩いてしまったと言うところが怖いです。

結局、リコに厳しい言葉を浴びせたのは、ライザに頼まれていたこともわかりますが、その激しさにツンデレのツンが激しすぎるとも言われました。 ただし、その後はリコやレグのことを気遣う優しい面を見せています。

2人に徹底した生存訓練を行い、とても面倒見の良い人物であることもわかります。 その後のリコが産まれた時のエピソードも含めて、相当に義理堅くお人好しの人物です。 相当に偏屈で誤解されやすいのは間違いありませんが。 そういうところも含めてオーゼンの魅力でしょう。

Mgjpkov49yrjdtemq9c5
引用: https://twitter.com/sasimo_fate/status/1153440467465322496?s=20

リコを嫌っているとまで言ったオーゼンですが、実際は産まれたリコを取り上げたのはオーゼンでした。 更に死産だったリコを呪い除けの籠に入れて、四層から地上まで運んだのもオーゼンだったことがわかります。

オーゼンはライザが生きている可能性が高いことを伝え、大切にしていたライザの武器無尽鎚をリコに渡しました。 その後は、下層へ向かうリコとレグを見送っています。

メイドインアビスのオーゼンは弟子のライザへの好意がすごいです。 幼いライザと知り合ったばかりの時も、冷たくしながらなんだかんだで優しいで、ライザが結婚した時はムンクの叫びのような顔になっていました。

かなり不気味な顔ですが弟子が結婚したと聞いて、こんな顔になってしまうところがオーゼンのかわいいところです。 オーゼンは、マルルクのこともかなり可愛がっています。 月笛のジルオをなんとか弟子にしようとして、ジルオが来ると喜んでしまうところも可愛いです。

メイドインアビスのオーゼンは、リコの母親ライザの師匠です。 幼いライザを白笛の殲滅卿と呼ばれるまでに育てあげました。 ライザはかなりずうずうしく弟子になっていますが、オーゼンの乱暴な扱いに全く動じないところがすごいです。

ライザが成長してからは、師弟と言うよりは友人のような関係になっています。 ただ、ライザが結婚したときのショックの受け方が尋常ではないため、それ以上の感情があったのではないかと言われています。

ライザが死んだと聞かされた時は、墓を暴いて遺体がないことを確認までしました。 ライザの方も、オーゼンが襲撃された際に「連中を根絶やしにしてやる」と迄言っており仲の良さがわかります。

メイドインアビスのオーゼンは、自他共に認める大人気ない性格です。 相手が子供達だから、優しく接するという事はありません。 試すためとはいえリコに厳しい言葉を投げ続け、泣き出しても痛めつけるような言動を続けていました。

レグから「いくらなんでも大人げないぞオーゼン!!」と言われたときは「それ、よく言われたよ」と返しています。 よく言われた相手が誰なのか気になるところです。

あまりに礼儀知らずだったとはいえ、幼いライザへの扱いも蹴飛ばしたりとかなり乱暴で大人気無いものでした。 ライザも時には泣き出したこともあるようですが、乱暴な扱いをされてもオーゼンにまとわりついていたようです。

Eqbi8dm9wkkywzrkcrio
引用: https://twitter.com/cosmoxhorns/status/1152472693981081601?s=20

ただ、オーゼンの大人気ないと言われる性格は、何事に対しても真剣なことの裏返しでもあります。 相手が子供だからといって適当なことを言ってごまかしたりはせず、真実を教えるためにあえて厳しい態度をとっている部分もあります。

子供だからといってアビスに関する情報を出し惜しみしたりせずに、極めて現実的で貴重な知識を教えてくれます。 子供に厳しい態度をとりますが、決して子供が嫌いなわけではありません。 リコやレグに対する指導を見ていても、厳しいながらもかなり面倒見の良い人物であることがわかります。

メイドインアビスのオーゼンには弟子のマルルクがいます。 監視基地で見張り役を担当しています。 真面目で礼儀正しい性格で、常にメイド服を着ています。 年齢はリコと同じ位に見えますが、特例として探窟家として一人前の青笛を持っています。

レグと同等かそれ以上に精神が脆いですが、判断力はかなり優秀で厳しいオーゼンに「さすがが私の弟子だ」と褒められています。仕草や外見は女の子に見えますが、一人称が「ボク」であることや色々と思わせぶりな描写から実際は男の子の可能性があります。

生まれつき日光の弱い体質のため、地上で生活することが難しく、オーゼンに助けられてからずっと監視基地で生活しています。 弟子として住み込みで働いていますが、マルルクのことを心配したオーゼンが一緒に生活していると言った方が正しいようです。

言いつけを守らなかった場合には、オーゼンは厳しい罰を与えています。 しかし、常にマルルクのことを気遣っていて、オーゼンの優しい性格が分かります。 マルルクもオーゼンをお師さまと呼んで慕っているようです。

メイドインアビスの地臥せりは、オーゼン配下の探窟隊です。 レグとの戦闘でやりすぎたオーゼンを止めに入っています。

オーゼンには「地上に帰る場所の無いろくでなし」言われていますが、態度を見る限りフランクで気のいいメンバーで構成されています。 外見を見る限り普通の人類で、男女両方のメンバーがいます。

隊の雰囲気はかなりいい感じで、中の良さが伺えます。 オーゼンの性格もよく理解しているようで、メンバーはオーゼンを慕っているようです。 優しいメンバーが多く、ひどい目にあわされたリコとレグを慰めていました。

メイドインアビスのオーゼンは、白笛になってからかなりの年月が経っていますが非常に若々しい外見をしています。 デザインのコンセプトは「ミノタウロス+魔女」ということで、女性ながら身長2メートルを超える長身です。

ただし、極端に猫背の姿勢をとることが多いため、それほど大きく感じない場合もあります。 アニメではかなり変わった髪型のキャラクターが多いため、気にならないかも入れませんがオーゼンが変わった髪型をしているのは理由があります。

長年の探窟で頭皮がねじれてしまっているオーゼンは、そのことを隠すためにこんな髪型をしているようです。 また、靴を履いているため分かりづらいですが、足の形もかなり変形しているようです。

メイドインアビスのオーゼンは、リコに対してあまりにも酷い態度を取り続けたため、大人気無いだけではなく「度し難いぞオーゼン!!!」と言われてしまいます。 度し難いはレグの口癖ですが、よほど印象的だったのか、今ではオーゼンと度し難いはセットのような扱いを受けています。

元々は、度し難いはライザの口癖だったようで、レグとライザの関係性をうかがわせる言葉になっています。 度し難いと言われた時、オーゼンは少し反応していました。 愛弟子の口癖を言われた時は、どんな気持ちだったのでしょうか?

メイドインアビスのオーゼンは、白笛の中でも無双の怪力を持つと言われています。 その力は、ドリルでも傷つかないほど頑丈なレグの腕が軋むほど強くです。 また、デコピン一発でリコを気絶させています。 レグとの戦闘では、途中から名称不明の鎧を身につけました。

逸話がいくつもあり、30人乗ったゴンドラを引き上げた話や10メートルある岩を支えたと言われています。 単に怪力というわけではなく、火葬砲が発射される瞬間に接近して防ぐなど、判断力に優れています。

白笛であることやレグを全く寄せ付けなかったことを考えると、現在登場しているメイドインアビスのキャラクターの中では最強ではないでしょうか?

一級遺物「千人楔」

W8enf4fwbgonopxmlqhs
引用: https://twitter.com/itidaan/status/907220827455741953?s=20

オーゼンが自分の体に埋め込んでいる遺物で、本人が言うには健康の秘訣だそうです。 オーゼンの外見が若々しいままなのと関連があるのかは分りません。 肉体に一指しすれば千人力を得られるといわれる一級遺物で、オーゼンは全身の120カ所に差し込んでいます。 オーゼンの凄まじい怪力の理由です。

全身に差し込んでいるためか、オーゼンの皮膚は人間とは思えない状態に変化しています。 オーゼンの肌の状態を見たレグは「人の事をとやかく言う割によっぽど人間離れしている」とあっけにとられていました。

元々は自分に使う予定ではなかったようですが、探窟中に大怪我を負ったオーゼンは仕方なく千人楔を使用。 高額を払って買い取ることになりました。 それ以降は発見するたびに、自ら買い取って使用しているようです。

メイドインアビスのオーゼンの鎧について

名称は不明ですが、レグとの戦いでは全身を覆う鎧のようなものを身に付けました。 三度笠を思わせる和風のデザインで分厚い手甲が特徴です。

2メートルを超えるオーゼンの全身を覆うため、さながら巨大ロボットのような威圧感があります。 わざわざ戦闘中に着ているため何らかの遺物と思われますが、どんな能力があるのかは分かっていません。

メイドインアビスのオーゼンは、実際は何お人好しの部類と言われる人物です。 しかし、登場した時は大人気ないという言葉では生ぬるいような容赦のない面を見せています。

ボンドルドのことを「筋金入りのろくでなしだ。私みたいに優しくないから気をつけるんだね」と言った際には、レグから「それは冗談なのか?」言われてしまいました。

しかし、実際のボンドルドの外道振りを見た読者は、誰もが納得しました。 更にオーゼンがライザ以外の白笛をよく思っていないため、実はオーゼンが白笛の中で1番まともなのではないかという説まで出ています。

Sxsf7u7cozuj0d2gbtno
引用: https://www.instagram.com/p/BvTxxobHkJP/

メイドインアビスのオーゼンは若々しい外見をしています。 年齢は判明していませんが、かなりの歳の可能性が高いです。 白笛の称号を獲得してから50年以上経過していることが判明しています。 1人前の探窟家とされる蒼笛に慣れるのが、15歳以上とされているため普通に考えれば65歳以上と考えられます。

白笛が最高位の探窟家と考えると、70歳を優に超えていると考えるのが妥当でしょう。 地上とアビスでは時間の感覚が違うらしいので、あまり歳をとっていない可能性もあります。

しかし、かなり特殊な健康法を行ってもいるので、若さを維持するために結構努力しているのかもしれません。 ちなみにメイドインアビス4巻の特典には、怪力おばあさんと記載されています。

メイドインアビスの主人公レグは、記憶喪失です。 リコの母親ライザと口癖が同じことやフラッシュバックする記憶の中にライザがいることから、以前はライザと一緒にいたことは間違い無いようです。

レグのことについては現在でも詳しくわかっていませんが、オーゼンはレグについて何か知っている可能性が高いです。 ただ、レグがどのくらい頑丈か試そうとしているため、レグのことを直接知っているわけではないと思います。

恐らく、ライザからレグのことを聞いていたのではないでしょうか? オーゼンはレグを送り出す際に「色々思い出すまで行かせたくはなかったなぁ…」と言っています。 また、レグの火葬砲の弱点を指摘していて、どうしても使わなければならない時以外は、使わないように忠告しています。

メイドインアビスのオーゼンについてご紹介しました。 オーゼンは偏屈ですが、義理堅く面倒見の良い性格でした。 メイドインアビスはどんどん深く潜っていく物語なので、再登場するのかわかりません。 ただ、色々と謎も多いのでぜひ再登場して欲しいですね。

サムネイル画像は下記より引用しました。
出典: https://www.instagram.com/p/BXiJi4enZvm/?hl=ja&tagged=%E3%82%AA%E3%83%BC%E3%82%BC%E3%83%B3