Folyx68edq545j4cuhhp

十二大戦

CATEGORY | 十二大戦

【十二大戦】砂粒がかわいい!最後・寝住との関係・和平案まとめ【ネタバレ注意】

2021.07.15

『十二大戦』に登場するキャラクター「砂粒」は、戦士でありながら平和主義者。人は傷つけませんが、戦闘能力は高く、十二大戦の優勝候補のひとりです。今回は『十二大戦』の砂粒がどんな最後を迎えたのか、寝柱とはどんな関係なのかなど、彼女の気になるところをまとめました。

  1. 【十二大戦】砂粒がかわいい!最後・寝住との関係・和平案まとめ【ネタバレ注意】:十二大戦とは
  2. 【十二大戦】砂粒がかわいい!最後・寝住との関係・和平案まとめ【ネタバレ注意】:砂粒とは
  3. 【十二大戦】砂粒がかわいい!最後・寝住との関係・和平案まとめ【ネタバレ注意】:過去
  4. 【十二大戦】砂粒がかわいい!最後・寝住との関係・和平案まとめ【ネタバレ注意】:寝住との対話
  5. 【十二大戦】砂粒がかわいい!最後・寝住との関係・和平案まとめ【ネタバレ注意】:最後
  6. 【十二大戦】砂粒がかわいい!最後・寝住との関係・和平案まとめ【ネタバレ注意】:和平案
  7. 【十二大戦】砂粒がかわいい!最後・寝住との関係・和平案まとめ【ネタバレ注意】:担当声優
  8. 【十二大戦】砂粒がかわいい!最後・寝住との関係・和平案まとめ【ネタバレ注意】:まとめ
引用: https://pbs.twimg.com/media/DJffWoPUMAIX-LK.jpg
十二大戦とは、12年に一度行われるバトルロイヤルです。十二支の名を冠する12人の戦士たちが集まり、ルールに則って、最後のひとりになるまで殺し合います。作中で行われる十二大戦は、第12回目の十二大戦でした。
十二大戦の開催には膨大な費用と労力がかかっています。第9回十二大戦では、宇宙ステーションが会場として使われ、今回12回目の十二大戦では50万人規模の大都市が使われました。十二大戦優勝者には、ひとつだけどんな願いも叶えることができる権利が与えられます。
引用: https://pbs.twimg.com/media/DCGjSNOVwAAO69S.jpg
『十二大戦』に登場する十二支の戦士のひとり、『申』の戦士――『平和裏に殺す』砂粒。本名は柚木美咲です。7月7日生まれで、身長は150cm、体重は40kg。根からの平和主義者で博愛主義者です。これまでに314の戦争と229の内乱を和解に導いてきた、凄腕の戦士。戦いを生業とする他の戦士からすれば、同業者でありながら商売敵でもあります。
引用: https://pbs.twimg.com/media/DOMoxZ6V4AAey7f.jpg
液体・個体・気体を自在に操ることができ、『十二大戦』に登場する十二支の戦士の中でも、高い戦闘能力を持っていますが、砂粒はその力を、人を傷つけるためには使いません。彼女の武器は自身の戦闘能力ではなく、停戦交渉と和平案。敵を倒すという手柄は立てていないので、戦士としての知名度は高くありませんが、知る人ぞ知る英雄です。
プライベートでは普通の女性で、趣味はお菓子作り。5年の付き合いになる同棲中の恋人がいて、結婚を考えていたようです。
引用: https://pbs.twimg.com/media/DNEb4EVU8AEE_vc.jpg
とある霊山で生まれた『十二大戦』の砂粒は、そこに暮らす三人の仙人、水猿・岩猿・気化猿から、戦士としての手ほどきを受け、高い戦闘能力を手に入れました。しかし彼女は会得した仙術を、平和のために使うことを決めます。平和主義者でありながら戦士という、彼女の矛盾した生き方が始まりました。
引用: https://pbs.twimg.com/media/DNEb4D1U8AAOpPm.jpg
多くの争いを、和解案を提示して止めてきた砂粒ですが、全てが上手くいったわけではありません。彼女がひとつ争いを止めても、そこからまた新たな争いが生まれ、人が死ぬということもありました。それでも砂粒は悔しさに歯を食いしばりながら、何度も立ち上がり、争う人間に平和への道を説いてきたのです。
引用: https://pbs.twimg.com/media/DXSGMMNVoAAQuns.jpg
砂粒の精神的な強さは、十二大戦中に行動をともにすることになった、寝住との対話にも表れています。十二大戦に参加した戦士のひとりである寝住。彼は砂粒と違い、平和主義者というわけではありません。むしろ和平はまだしも、平和は嫌い。寝住は戦場にいないときは高校に通っていますが、そこには彼曰く「平和ボケしたクズ」ばかりだそうです。
引用: https://pbs.twimg.com/media/DNEb4DNUIAE7KQj.jpg
砂粒は多くの人を救っていますが、それはそこそこの比率でクズを救っているということ。むしろ救われたことで、人はクズになる。守れば守るほど殺したくなってくるのだと、寝住は言います。平和主義者の砂粒は、その辺りどう折り合いをつけているのか、と寝住は訊ねました。
引用: https://pbs.twimg.com/media/DNEn1AAU8AAt-H7.jpg
砂粒は折り合いはつけず、一生悩むと答えます。その答えにはいまいち納得していない様子の寝住。寝住は砂粒の平和主義を、現実が見えていない奴の言う綺麗事、と言い捨てます。しかし砂粒は世界のあちこちで、様々な人間の非人道的な行いを見てきました。そのうえで綺麗事を言っているのです。「綺麗事なめんなよ、ボク」と優しく言う砂粒には、確かに寝住にはない強さがありました。
引用: https://pbs.twimg.com/media/DNc4FExV4AAVOQ-.jpg
十二大戦中、砂粒は憂城と戦闘になりました。憂城の大鉈捌きを見る限り、彼に剣術の心得はなく、ただ振り回しているだけのようです。砂粒はこれなら背後を取って制圧できると思い、憂城の背後に回りました。その瞬間、突如憂城は達人のような手捌きで刃を背後に向け、見えていないはずの砂粒を刺し貫きました。
引用: https://pbs.twimg.com/media/DPuXouwUIAE8OlQ.jpg
憂城が背後の砂粒を正確に刺し貫くことができたのは、支配下にあった断罪・弟の首を使用したおかげでした。離れた場所に置いた断罪・弟の首。その目を通して砂粒の動きを読んでいたのです。両の肺を潰された砂粒は死亡。憂城の「友達」として、死体を彼に使役されることになります。平和主義という志を失った、英雄の成れの果てでした。
引用: https://pbs.twimg.com/media/DNc4FEHUEAAGhK9.jpg
十二大戦を誰も死なせず終わらせる。それが砂粒の当初の目的でした。そのために彼女は、誰も死なずに十二大戦を終わらせる和平案を考えていたようです。結局どんな和平案を考えていたのか、砂粒の口から語られることはありませんでしたが、考えていた案はひとつではなかったようです。
引用: https://pbs.twimg.com/media/DMgg-l3V4AACse7.jpg
十二大戦の審判・ドゥデキャプルは、もし砂粒が十二大戦の裏事情を知っていたなら、和平案に「たったひとつの願い」を直接利用するのではなく、十二大戦主催者側を交渉相手にすることを目論んでいたかもしれない、と言っています。
引用: https://pbs.twimg.com/media/DMeqcRqVAAAU5Sd.jpg
十二大戦は、少数の有力者による国を賭けの対象としたイベントでした。十二大戦後は、世界の権力図が大きく変わるのです。十二大戦の裏側は、戦士たちには知らされていませんが、もし砂粒がそれを知っていたとしたら、賭けを楽しんでいる有力者たちにアプローチする和平案を考えていたかもしれません。
引用: https://pbs.twimg.com/media/DCGjTEfUMAQDKec.jpg
『十二大戦』で砂粒の声を担当したのは、声優の早見沙織さんです。早見沙織さんは、『十二大戦』唯一の平和主義者・砂粒の精神的な強さを見事に演じていました。
引用: https://pbs.twimg.com/media/DLOCc8sUIAEQXhs.jpg
『十二大戦』という作品の中で、珍しい善人であった砂粒。平和を求めた彼女は、平和という概念を理解できない異常な殺戮者・憂城によって殺されてしまいました。しかも死んだあとも、憂城に十二大戦で死体を利用されるとは……。見るのが辛かったですね。以上、『十二大戦』の砂粒についてご紹介しました。
サムネイル画像は下記より引用しました。
出典: https://pbs.twimg.com/media/DdeI4peV4AERa6M.jpg