G3nbpf4a5udvpuhzlml1

ハンターハンター

CATEGORY | ハンターハンター

【ハンターハンター】ノブナガ=ハザマの能力とは?キャラクター紹介!

2021.06.20

ハンターハンターでは特別な存在として知られている「幻影旅団」のメンバーである「ノブナガ・ハザマ」。日本刀の使い手であり、モチーフはもちろん織田信長でしょう。そんなハンターハンターでも人気なノブナガについて今回は触れていこうと思います。

  1. 【ハンターハンター】ノブナガ・ハザマとは?
  2. 【ハンターハンター】ノブナガの念能力は?
  3. 【ハンターハンター】ノブナガの団員の中での序列は?
  4. 【ハンターハンター】モチーフは織田信長?
  5. 【ハンターハンター】ノブナガの得意技
  6. 【ハンターハンター】ウヴォーギンとノブナガの関係
  7. 【ハンターハンター】ノブナガがゴンたちを気に入った理由とは?
  8. 【ハンターハンター】ノブナガの声優「松山鷹志」1999年版
  9. 【ハンターハンター】ノブナガの声優「内田直哉」2011年版
  10. ノブナガ まとめ
ハンターハンター作品の中でも特に人気の集団「幻影旅団」の初期メンバーであり、日本の歴史上の人物である「織田信長」をモチーフとしたキャラクターです。流星街と呼ばれる場所で育ったノブナガは人一倍の仲間想いであり、ウヴォーが鎖野郎(クラピカ)に殺された時は誰よりも犯人を見つけ出し殺したがっていました。我の強い性格であり、自らの意見や考え方を重視する傾向にあることからウヴォーやフランクリンとはよく喧嘩していたと言います。また作中でもフェイタンやフィンクスと一触即発する場面もあることから喧嘩っ早い性格であることもわかります。刀を使う戦闘スタイルでありその部分も武士である織田信長からとったものと思われ、名前の「ハザマ」という部分は「桶狭間」からとっているとも考えられます。黒く長い髪が武士を思わせる一風変わったキャラクターでもありますね!
ノブナガは刀の使い手ですが念能力もそれに応じた「強化系」の能力者となっています。強化系であるウヴォーと組んで戦うことが多かったノブナガは自ら強化系の相棒を欲しがっているという風にも捉えられますね。また円を使って繰り出される居合はかなりの腕前であるらしく達人級であることがわかっています。ただ多対一の戦闘にはむかず、一対一に限定される戦闘スタイルであることも推察できます。複数人相手の場合はかなり不利な戦闘スタイルであることがわかりますね。一対一であればかなりの強さと言ってもいいでしょう。円で自らの間合いを作り、「間合いに入ったら斬る」などの名台詞を残していることから古来日本の居合術を完全に再現しているスタイルとも言えますね。武士であるだけに親近感があり、幻影旅団の中でも人気のキャラクターとしての地位を確立しています。
幻影旅団のメンバーは13人の中で中程であることがわかっています。それだけを見ると旅団の中ではそこまで強いとは言えませんね。これはあくまでも純粋な戦闘能力という部分での順位であることから、状況や気持ち的な面も含めて上下してくる可能性もあります。ナンバーワンはいうまでもなくリーダーであるクロロでしょうが、強化系で一対一で戦うとすれば順位はもう少し上がってくるのではないか?とも推測できます。正確な順位はわかりませんが(団員全員の能力がまだ作品で登場しいないので)、幻影旅団はツワモノ揃いですので他の一般能力者と比べると天と地の差があると言ってもいいでしょう。
上記でも述べてきたようにノブナガのモチーフとなっているのは、日本の歴史上の人物である「織田信長」であることがわかります。単純に名前が「ノブナガ」ということと、武士と同じく「刀」を使うということ、さらに名前である「ハザマ」が「桶狭間」からとっているということがもう織田信長であるとしか言いようがありませんね。織田信長と言えば恐ろしい武将として語り継がれておりますが、その厳格な表情やまた髭など容姿も似せていることがわかります。武士であるだけにまげがあることから、ノブナガも長い髪を括っているという描写が多々あります。下ろしているところも多いですが、この辺りもかつての武士を模しているのではないか? と思われます。
ノブナガの得意技と言えばやはり「円」を使って繰り出される「居合術」に限るでしょう。技名というのははっきりわかりませんが、居合というのは瞬時に鞘から刀身を抜き出す日本古来の術であります。ここでもかつての武士というものと織田信長の強さを表しているのではないかと思いました。居合以外にもおそらく技はあるのでしょうが、その辺りはまだわかりません。実際にノブナガが戦っている部分は作中ではなく、どのような戦い方をするのか、その辺りにも今後注目がいくと思われます。個人的にもノブナガには今後活躍してほしいと思っているので、是非戦っている場面を描いてほしいですね!
幻影旅団のメンバーだった「ウヴォーギン」と「ノブナガ」はかつてツーマンセルで戦ういわゆるパートナーであったと作品では語られています。実際にはノブナガの戦闘スタイルとウヴォーギンの戦闘スタイルが多人数戦に有利であった、また強かったということが言われています。ノブナガもウヴォーギンを気に入っており(喧嘩は絶えなかった)ウヴォーギンが鎖野郎に殺された時は涙を流したという場面もあることから昔からの腐れ縁というだけではなさそうです。ウヴォーギンの強さというのはいうまでもありませんが、かなり強く鍛え上げられた肉体とロケットランチャーを食らってもへでもないという異常なまでの念の強さから鎖野郎なんかに負けるはずがないとノブナガは言っておりました。現にクラピカの鎖の能力は幻影旅団のみに使用できるチート的な技であり、純粋に勝負していたらきっとウヴォーギンが勝っていたことでしょう。ノブナガとウヴォーギンはかなり深い絆というもので繋がれていると言ってもいいかもしれませんね!
ゴン達が幻影旅団をストーキングして捕まってしまい幻影旅団のアジトの一つに連れていかれる場面がありますが、そこでゴンはノブナガと腕相撲をします。ゴンがノブナガの言葉に怒りを表し、そしてウヴォーギンのように熱くなるという性格もあったからなのか、ゴンを気に入ります。また「強化系」ということもあり、ゴンとキルアを幻影旅団の入団に推薦するというまさかの事態に陥ります。ゴンたちからすればかなりやばいと言ってもいいでしょうね。ノブナガがゴンを気に入ったのはウヴォーギンに似ていること、これが一番の要因であったことがあげられると思われます。もし強化系でなければノブナガはゴン達をきにいってはいなかったでしょう。あくまでも個人的な推測ではありますが、私自身はそう思っております。
「松山鷹志」(まつやまたかし)さん、東京都出身の超大物声優さんです。2017年からは青二プロダクションに所属し、今後の活躍にも大いに注目が集まる声優さんの一人です。松山鷹志の特徴と言えば破天荒なアドリブ屋ということで作中では幾度となくアドリブをふっかけていたようです。しかしそれがかなり作品とマッチしていることからここでも才能があるということがわかりますね。同じ声優さんからは「アドリブ大王」とまで言われているほどらしいです。声優だけでなく俳優としての活躍もあり「仮面ライダー」や「トランスフォーマーカーロボット」など俳優業も盛んです。アドリブに関してですが、自らアドリブの構成を練るということからアドリブにかなり力を入れているということが窺えます。そのキャラクター性から皆から慕われており、今後のアニメでの活躍もきになるところですね!
「内田直哉」(うちだなおや)さん、1953年5月1日生まれ、東京都出身のベテラン声優さんです。現在は大沢事務所に所属し、声優業だけでなく俳優は舞台ドラマミュージカルなど幅広い芸能活動をしておられます。特撮ものでの出演も多く、特に仮面ライダーでの活躍はかなりの実物であるのがわかりました。主な出演作は「アンパンマン」や「ワンピース」「デスノート」「カイジ」「Naruto」などの大物作品に出演しており、今後の活躍もかなり期待されます。ベテランの風格がありつつ、皆に優しいところから誰にでも慕われている良い声優さんであるということが言われています!
いかがでしたでしょうか? ノブナガについて綴ってきましたが、幻影旅団という集団の中でもかなりの人気を誇るキャラクターである事がわかりました。また日本の古来の人物をモチーフにしていることからそれも人気のきっかけになっていると思われます。まだまだ活躍が期待されているノブナガですが、今後はどのような活躍をしてくれるのか、また戦闘シーンも今後は是非描いてもらいたいと思いますね。今後のハンターハンターの内容にも注目が集まります!
サムネイル画像は下記より引用しました。
出典: https://www.instagram.com/p/3OEaZMC9Da/?tagged=%E3%83%8E%E3%83%96%E3%83%8A%E3%82%AC