Xkazulkqbyrtykyq2898

ハンターハンター

CATEGORY | ハンターハンター

【ハンターハンター】作者まとめ!嫁と離婚!?過去作品の情報も!

2021.06.08

『ハンターハンター』は大人気のメディアミックス作品で、作者が休載することで有名です。『ハンターハンター』は知っていても作者のことはあまり知らない人も多いと思うので、作者の名前・作品・嫁の情報などをお伝えしたいと思います。

  1. 「ハンターハンター」は「メディア芸術100選」入り作品!
  2. 「ハンターハンター」の魅力はどこにあるのか?
  3. 【ハンターハンター】メインキャラクター紹介
  4. 【ハンターハンター作者】作者の名前は「冨樫義博」さん
  5. 【ハンターハンター作者】冨樫先生の代表作品は『幽遊白書』
  6. 【ハンターハンター作者】幽遊白書の見所は?
  7. 【ハンターハンター作者】より進化した『レベルE』
  8. 【ハンターハンター作者】レベルEの見所は?
  9. 【ハンターハンター作者】お嫁さんはどんな人?名前は?
  10. 【ハンターハンター作者】嫁の武内先生と離婚した?
  11. 【ハンターハンター作者】まとめ
引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/517T3-Sb4hL.jpg
「ハンターハンター」は「幽遊白書(ゆうゆうはくしょ)」で大人気となった「冨樫義博(とがしよしひろ)」先生の大人気コミックスで、「日本のメディア芸術100選 マンガ部門」に選ばれた超人気作です。
「ハンターハンター」の人気は「鳥山明(とりやまあきら)」先生の『ドラゴンボール』に匹敵する程で、最も面白いマンガの一つと言われています。
1998年と2011年に二度のアニメ化をし、映画も二度公開。メディアミックスとして大成功し、さらに多くのファンを獲得しました。
2018年現在、35巻まで発行されていますが、累計発行部数7000万部というとてもつもない大ヒットを生んでいます。

「念能力」という特殊な力による駆け引き

引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/51YTSSWjn9L.jpg
「ハンターハンター」の最大の魅力は、「念能力」と呼ばれる人間のオーラを用いた特殊能力を使う所で、様々な駆け引きをする所が面白いです。
「念能力」は戦闘で用いられるのはもちろん、対人的な駆け引きや戦闘以外の所でも使われるため、非常に奥が深く作品に引き込まれていきます。
「念能力」は生まれつきの念のタイプに合わせた六系統があり、さらに固有の能力を発現させていくため、全く同じ能力を持つ者は二人存在しなく、キャラに応じた個性豊かな能力が出てくる所が魅力ですね。

心理的駆け引きが多い

引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/51lYyejng0L.jpg
「ハンターハンター」は単純なバトル作品ではなく、多くが心理的な駆け引きをする、やや複雑な話が多いです。
そのため、『週刊少年ジャンプ』の作品としては、「ワンピース」や「ナルト」よりも「デスノート」辺りに近い要素が強めですね。
「念能力」も非常に奥が深く、戦闘力が高いキャラクターが強いわけではなく、念の相性や作戦次第で格下が格上に勝つこともありえるので、非常に複雑なものとなっています。

主人公「ゴン=フリークス」

引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/61X5CYO8X-L._SL1000_.jpg
主人公の「ゴン=フリークス」は11~12歳の少年で、大自然で生まれ育ったため野生の感覚が鋭く、身体能力も非常に高い少年です。
世界で五本の指に入る念能力者の父親「ジン=フリークス」に会うためにハンターになり、ハンターになってからは多くの仲間たちと共に死線をくぐりぬけてきました。
明るく他者と壁をつくらない少年のため、基本的に誰からも親しまれる気持ちの良い少年ですが、その純粋さを逆手に取られ、つけこんでくる悪人も多いです。
念のタイプは身体能力を高める「強化系」で、必殺技の「ジャジャンケングー」は、一流のハンターであるモラウという人物を殺しかけたほど凄まじい威力があります。
引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/81W5jGLPMbL._SL1000_.jpg

第二の主人公?!「キルア=ゾルディック」

引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/81k3WlOFjNL._SL1200_.jpg
ゴンよりも人気が高く、「ハンターハンター」の人気投票では常連一位の真の主人公?! が「キルア=ゾルディック」です。
キルアは一流のハンターでも手が出せない世界最強の暗殺者の家系「ゾルディック家」の三男で、ゴンと同じ11歳~12歳の少年です。
「ゾルディック家」の中でも特に才能が高いキルアは将来を期待されている暗殺技術の高い少年ですが、ゴンと出会い、普通の少年らしく自由に生きていく道を選びました。
念のタイプは「変化系」で、オーラを電気に変化させ相手を攻撃する能力を用います。キルア最大の技「神速(カンムル)」は、使用できる時間は限られていますが作中では特に強力な念能力で、格上の相手をも圧倒する絶対的な強さを誇っています。
引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/51zScLWRgNL.jpg

第三の主人公?!「クラピカ」

引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/81uJ0s1lpvL._SL1200_.jpg
「クラピカ」もキルア同様、主人公のゴンよりも人気のキャラクターで、人気投票では常連二位の高い人気を誇っています。
クルタ族という絶滅した民族の生き残りで、クルタ族を絶滅させた「幻影旅団」に復讐するためにハンターになりました。
性格は知的で頭の回転が速く、その頭脳明晰さは作中でもトップ3に入る程の冴えぶりで、「ヨークシン編」と「王位継承編」では実質的な主人公を担っています。
念のタイプは「具現化系」で、鎖を具現化して相手を攻撃したりしますが、彼の真髄は「緋の目」というクルタ族特有の紅く光る目になった時のみ「特質系」になる所で、その時は重いリスクと共に全系統の能力を100%引き出せる「絶対時間(エンペラータイム)」という能力を発動させます。
引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/91Gln74jyNL._SY606_.jpg

作者の名前は少し読み方が難しい「冨樫義博(とがしよしひろ)」さん

引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/51R2Slnn7mL.jpg
『ハンターハンター』の作者の名前は「冨樫義博(とがしよしひろ)」さんです。
冨樫先生は休載が多いことでも知られていますが、持病の腰痛が原因で長期連載が出来ないと言われています。
冨樫先生は先の展開を予想させないストーリーを考えるのが上手く、つい先のことが気になってしまう作品づくりが上手いですね。

『幽遊白書』は冨樫先生の出世作

引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/8148X5qthUL._SL1200_.jpg
冨樫義博先生の代表作品と言えば、出世作の『幽遊白書(ゆうゆうはくしょ)』でしょう。
『幽遊白書』は主人公の「浦飯幽助(うらめしゆうすけ)」が霊界の探偵になり、仲間たちと共に様々な妖怪と戦っていく物語です。
『HUNTER×HUNTER』にも精通するような世界観で、『幽遊白書』の登場人物たちはハンターの念能力と同じような霊能力を使って戦うので、まさにハンターの礎となった作品だと言えます。
『幽遊白書』は『HUNTER×HUNTER』よりシンプルな世界観で、主人公の幽助も熱血漢なのですが、幽助のキャラが『HUNTER×HUNTER』のジンに少し似ていることから、同一人物なのではとファンの間で囁かれていた時期がありました。

「ハンターハンター」とは違って純粋でわかりやすい世界観と戦闘シーン

引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/71OPUad3L6L._SX522_.jpg
『HUNTER×HUNTER』は複雑な念能力バトルに頭脳戦が多い難解な作品ですが、『幽遊白書』はシンプルな戦闘シーンが強調されているため、『HUNTER×HUNTER』よりバトルシーンが強調されていて読みやすい所があります。
『HUNTER×HUNTER』は実際は駆け引きや心理戦が多く、戦闘シーンはそんなに多くありませんが、『幽遊白書』は戦闘がメインのため、冨樫先生が描くバトルが好きな人は『HUNTER×HUNTER』より『幽遊白書』の方が楽しめるかもしれません。
『幽遊白書』には『HUNTER×HUNTER』のバトルシーンの礎となった描写が多いため、バトルが好きな人はぜひ『幽遊白書』を見てみると良いと思います。

冨樫先生が一番描きたいことを描いた作品『レベルE』

引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/91DdcDsllyL._SX522_.jpg
冨樫義博先生の名作と言えば、『幽遊白書』ともう一つ、『レベルE』でしょう。
『レベルE』はかなり多角的な視点で描かれた作品で、『HUNTER×HUNTER』よりさらに自由な世界観が魅力の作品です。
キャラクターの視点も移り変わりが多く、オムニバス形式で描かれた作品のため、より幅広い層が楽しめる作品になっています。
ある意味、『幽遊白書』よりコチラの『レベルE』の方が『HUNTER×HUNTER』に近い雰囲気があり、『HUNTER×HUNTER』は『幽遊白書』と『レベルE』を足して割ったような雰囲気ですね。

冨樫先生が自由に描いたことがわかる作品

引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/71atLHZZnUL._SY679_.jpg
『レベルE』の魅力は、冨樫先生がかなり自由に描いたことがわかる作品で、制約なしに伸び伸びと描いたことが伝わってくる所にあるでしょう。
オムニバス形式を取っている所も、冨樫先生の中の様々な側面を楽しめるという意味で成功していると思います。
かなり趣味的な作品なので好みはわかれるかもしれませんが、ハマる人はドハマりすると思います。

冨樫先生のお嫁さんの名前は武内直子さんで「セーラームーン」の作者

引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/810E9Dd0xgL._SL1314_.jpg
冨樫義博先生のお嫁さんの名前は「武内直子(たけうちなおこ)」さんで、名前だけではわからないかもしれませんが、武内さんは『セーラームーン』の作者です。
冨樫先生は嫁も漫画家という漫画家夫婦で、しかも二人とも人気漫画家な所が凄いですね。
武内先生は冨樫先生のアシスタントもしているという噂があり、たまに絵が変わるのは武内さんが描いているからかもしれません。

冨樫先生と武内先生が離婚したというのは嘘

引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/81Orm86ubtL._SX522_.jpg
冨樫先生が休載が多いのは、嫁の武内先生と離婚してアシスタントがいなくなったから、というような噂がたくさんありましたが、それは嘘です。
後に冨樫先生は子供のことも話しており、竹内先生とも問題なく付き合っているようだったので、冨樫先生が嫁と離婚したというのは単なる妄想が広まった噂にすぎません。

単なる噂に踊らされないように気を付けたい

引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/51Lm95CpSUL.jpg
冨樫先生と武内先生が離婚したというのは噂に過ぎない嘘だったので、根拠のない話を信じてはいけませんね。
冨樫先生はあまり気にしてないとは思いますが、それでも変な噂を流すのは失礼だと思うので、誰が流した噂かしりませんが嘘はつかないでほしいです。
サムネイル画像は下記より引用しました。
出典: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/51R2Slnn7mL.jpg