// FourM
Opx4bzi8n9zfwiubqjxk

健康

CATEGORY | 健康

肌が汚いあなたに!原因と絶対きれいになる改善方法を解説!【決定版】

2024.02.25

肌が汚いから自分の素顔が好きになれない!そんな悩みを抱えている女性はいませんか?自信を持ってすっぴんになれる女性はそう多くはありません。でも諦めるのはまだ早いです!これから汚い肌の原因と改善方法について解説しますので、あなたの肌をきれいにしてみませんか?

  1. 肌が汚いとこんなデメリットが・・・
  2. まずは肌が汚い原因を理解しましょう
  3. 【肌が汚い原因①】メイクによるもの
  4. 【肌が汚い原因②】洗顔・クレンジング
  5. 【肌が汚い原因③】ストレス
  6. 【肌が汚い原因④】睡眠不足
  7. 【肌が汚い原因⑤】食生活
  8. 【肌が汚い原因⑥】ホルモンバランス
  9. 【肌が汚い原因⑦】アレルギー
  10. 【肌が汚い原因⑧】乾燥
  11. 【肌が汚い原因⑨】毛穴の黒ずみ
  12. 諦めないで!肌はきれいになる!
  13. 【改善方法①】メイクの見直し
  14. 【改善方法②】スキンケア
  15. 【改善方法③】生活パターンの見直し
  16. 【改善方法④】体の中からきれいになる
  17. 【改善方法⑤】病院での治療
  18. 【改善方法⑥】古い角質の除去
  19. 【改善方法⑦】毛穴のケア
  20. 《肌が汚い原因と改善方法について》まとめ
引用: https://www.pakutaso.com/shared/img/thumb/takebe20160224294812_TP_V.jpg
肌が汚いとどうしても隠したくなってしまいますよね。メイクで隠せば厚塗りになってしまい、さらに肌への負担を増やして悪循環に陥ってしまいます。デメリットはたくさんあるけれど、どうすればいいのかわからない!そんな方はまず自分の肌を理解するところから始めましょう。

人からどう見られているか気になる

引用: https://www.pakutaso.com/shared/img/thumb/SGnikibiIMGL7791_TP_V.jpg
自分の汚い肌が周囲の人の目にはどう映っているのか・・・大丈夫!人は変わることができます。
引用: https://www.pakutaso.com/shared/img/thumb/skincareIMGL7882_TP_V.jpg
肌が汚い原因は人によって様々ですが、自分の肌に起きていることを理解しなければ改善する方法も見つけられません。どんな原因が自分の汚い肌に当てはまるか、チェックしていきましょう。

肌が汚い原因は一つとは限らない

人によって差はありますが肌は色々な原因が積み重なって汚れていきます。そのため多くの人は原因が複数見つかることも・・・ですが目を背けずに肌に起きている状況を受け入れていきましょう。

関連記事

女性には欠かせないメイクも肌が汚れる原因の一つです。自分のしているメイクで肌に余計な負担をかけていないか、確認していきましょう。

劣化した化粧品を使っている

引用: http://cdn.wimg.jp/coordinate/d1o9th/20171019085058749/20171019085058749_500.jpg
化粧品も購入してから時間が経過すると含まれている成分が劣化していきます。目に見える変化が無くても肌にふれると影響が及ぶものも多いので、気づかずに使っている人も多いのです。

メイク道具が汚い

パフやブラシは定期的に洗ったり、交換しているでしょうか?実は汚れたメイク道具には菌が繁殖しやすいので、衛生面は注意しなければなりません。

肌をこすりすぎている

引用: https://www.pakutaso.com/shared/img/thumb/skincareIMGL8028_TP_V.jpg
メイクをする時何度も同じところをこすったり、力を入れてこすることはありませんか?きれいにするためにやっている行為が実は肌に大きなダメージを与えていることもあるのです。
引用: https://www.pakutaso.com/shared/img/thumb/skincareIMGL7972_TP_V.jpg
毎日行う洗顔やクレンジングはやり方を間違えてしまうと、肌にとっては悪影響でしかありません。今までやっていた方法が正しいのか、もう一度確認していきましょう。

クレンジングの洗浄力

クレンジングは商品によって洗浄力に差があります。自分のメイクの濃さに合わせて使用するクレンジングを選ばなければ、十分な効果が得られなくなってしまいます。

洗顔の回数や頻度

引用: https://www.pakutaso.com/shared/img/thumb/PJMIMGL0300_TP_V1.jpg
毎日朝と夜に必ず洗顔をしている、そんな方も多いのではないでしょうか?でも本当に肌はそこまで汚れているのでしょうか?何事もやりすぎは気をつけなければいけません。寝起きは寝ているときに汗をかいたなどの理由が無ければ、ぬるま湯ですすぐ程度でも問題ありません。洗いすぎると皮脂が足りなくなり、肌荒れの原因になります。

関連記事

引用: https://www.pakutaso.com/shared/img/thumb/tsuchimoto0I9A6480_TP_V1.jpg
現代人であれば少なからず抱えるストレスも、汚い肌の原因になります。汚い肌がストレスの元になっていることもあるかもしれませんね。

ストレスの発散方法に注意

引用: https://www.pakutaso.com/shared/img/thumb/AMI88_konosyuoisisugi1264_TP_V1.jpg
ストレスがたまったら甘いものをいっぱい食べてしまう、お酒をいっぱい飲んでしまう、そんなストレス発散をしている方は少し方法を考えた方がいいかも・・・
引用: https://www.pakutaso.com/shared/img/thumb/tcar170809-0061_TP_V1.jpg
深夜までテレビを見たりスマホをいじっていて、いつも寝不足・・・仕事が忙しくていつも帰宅が深夜・・・そんな方は睡眠時間の不足や質の悪い睡眠になっていることが考えられます。

寝る時の環境も大切

毎日使う布団やベッドはどんな状態ですか?寝具は定期的に交換しているでしょうか?肌にふれる枕が汚れていると、どんなに対策をしても効果が感じられなくなってしまいます。
引用: https://www.pakutaso.com/shared/img/thumb/XEN7615011_TP_V1.jpg
食事は直接体内に入るものだからこそ、気を配りたい部分です。好き嫌いが多い、ファーストフードが大好き、そんな方はもしかしたら食事が原因かもしれません。

食事の時間も重要

引用: https://www.pakutaso.com/shared/img/thumb/214hariIMGL9956_TP_V1.jpg
どんなに栄養バランスのいい食事でも、食べる時間が乱れると体に負担がかかってしまいます。深夜に食事をする、朝食は食べないそんな食生活でも肌は汚くなります。

関連記事

引用: https://www.pakutaso.com/shared/img/thumb/PAK85_lalaonakaitaidesu20140321_TP_V1.jpg
女性は生理があるため、それに合わせて体のホルモンバランスが変化します。女性ホルモンの影響で肌の調子が変わることも理解しておきましょう。

妊娠や出産で肌が変化する人もいる

引用: https://www.pakutaso.com/shared/img/thumb/YOU86_ninpusan_TP_V1.jpg
妊娠や出産は女性の体に大きな変化をもたらすため、肌の様子が突然変わってしまう人もいます。そんな時は体にやさしい方法で改善を図るようにしましょう。
引用: https://www.pakutaso.com/shared/img/thumb/SAYA160105202992_TP_V1.jpg
花粉やハウスダストなどアレルギーを起こす物質は様々で、症状も個人差があります。大人になってからアレルギーを発症する人もいるので、肌以外にも違和感を感じているならアレルギーを疑ってみるのもいいでしょう。

病気が原因でも汚い肌になる

引用: https://www.pakutaso.com/shared/img/thumb/TAIONIMGL0176_TP_V1.jpg
アレルギーの他にも肌が汚くなる病気は数多くあります。肌の皮脂が不足するものや、病気の治療の薬の影響であったりと自己判断が難しいものもあります。そんな時は病院を受診して医師の判断に従うようにしましょう。
引用: https://www.pakutaso.com/shared/img/thumb/DSCF3206-Edit_TP_V1.jpg
乾燥が進むと肌のキメが乱れてしまい、シワやくすみの原因になってしまうことも・・・様々な肌トラブルを招いてしまう恐れもあり、乾燥は肌にとって一番の大敵です。

乾燥で肌が汚い人の特徴

引用: https://www.pakutaso.com/shared/img/page/skincaren11.jpg
乾燥している人の肌はツヤやハリが失われているという特徴があります。また肌の再生サイクルが乱れてしまうので、くすんだ状態になってしまうことも。ちょっとした刺激で肌荒れを起こす人は乾燥が原因になっていることもあるので、根本から解決していきましょう。
毛穴に汚れが蓄積すると黒ずんで見えるため、肌が汚く見えてしまう原因になります。特に鼻やあごの周囲は黒ずみが目立ちやすい部分なので注意しましょう。

毛穴の汚れの原因は?

引用: https://www.pakutaso.com/shared/img/page/skincarem06.jpg
毛穴に詰まる角栓は色々な汚れが混ざり合っています。主に皮脂・古くなった皮膚・落としきれなかったメイクが時間をかけて蓄積し、頑固な角栓となります。

黒ずみの正体は?

引用: https://www.pakutaso.com/shared/img/thumb/YUKI86_musimegane15141124_TP_V1.jpg
毛穴の角栓が黒ずんでしまう原因は、酸化にあります。油は長時間空気に触れることで酸化し、黒く変色していきます。毛穴の汚れには皮脂や化粧品に含まれる油分があり、それが酸化し黒ずみとして目立ってしまうのです。
引用: https://www.pakutaso.com/shared/img/thumb/TSUCH160130390I9A6572_TP_V1.jpg
汚い肌は隠すしか方法が無い、そう諦めてしまっている方はいませんか?まずは原因に合った改善方法を実践してみましょう。

焦らない気持ちも大切!

引用: https://www.pakutaso.com/shared/img/thumb/Photoelly039_TP_V1.jpg
改善方法を試したけれどすぐきれいにならない、でも焦って結果を求めてはいけません。肌が時間をかけて汚くなっていくように、きれいになるまでも時間が必要です。ゆっくり少しずつきれいにする気持ちを忘れないようにしましょう。
引用: https://www.pakutaso.com/shared/img/page/skincarek08.jpg
化粧品も開封してから時間が経つと劣化していきます。劣化した化粧品を肌に直接つけるとなれば、どんな悪影響があるかわかっていただけるのではないでしょうか。現在使っている化粧品をいつ購入したか、もう一度見直してみましょう。

ファンデーションや化粧下地は半年ごとに交換

引用: https://www.pakutaso.com/shared/img/thumb/MS251_kosumesetsi_TP_V1.jpg
ファンデーションや化粧下地は肌につける量も多いので、一番気を使ってあげたいものです。ベストな交換時期はシーズン毎ですが、長くても半年で交換しましょう。量が残っていてもったいないという方は、パウダーファンデーションであれば砕いてフィニッシュパウダーとして使いましょう。その場合でも開封してから一年以上経過したものは、交換することをおすすめします。

メイク道具はいつも清潔に!

引用: https://www.pakutaso.com/shared/img/thumb/PAK86_okesyouhin_TP_V1.jpg
パフやブラシなど肌に直接ふれるメイク道具は使うたびに洗って、清潔に保つことが大切です。毎日洗うのは難しいときでも、週に一度は洗うようにしましょう。洗ったメイク道具はしっかり乾燥させることも大切!濡れている状態で放置すれば雑菌が繁殖しやすいので、乾燥させることを忘れずに!

肌はやさしく扱いましょう

汚い部分を隠そうとするばかり、強く肌をこすったり何度もこすってはいませんか?肌はとてもデリケートなため、ちょっとした刺激で傷がついてしまいます。目に見えない小さな傷が肌荒れの原因になってしまうので、やさしくふれるように気をつけましょう。
引用: https://www.pakutaso.com/shared/img/thumb/skincareIMGL7952_TP_V.jpg
高級なスキンケア用品を使えば肌はきれいになる、そう思っている方も多いかもしれませんが、間違えたスキンケアの方法では効果も減少してしまいます。スキンケアの手順をもう一度確認してみましょう。

洗顔後は早めのスキンケアを!

引用: https://www.pakutaso.com/shared/img/page/skincaren05.jpg
洗顔後は皮脂が少ない状態になっているので、肌に蓄えられている水分がどんどん蒸発してしまいます。蒸発を防ぐには早めのスキンケアで補い、保護してあげることが重要です。

たっぷりの化粧水で保湿

引用: https://www.pakutaso.com/shared/img/page/skincaren06.jpg
肌はうるおいが不足するとキメが乱れたり、皮膚の再生サイクルが遅くなってしまいます。スキンケアではまずたっぷりの化粧水で保湿してあげましょう。プチプラの化粧水でも十分なのでたっぷり使いやすい商品を選ぶことも大切です。化粧水を使った後は乳液やクリームで保護することも忘れずに!
引用: https://www.pakutaso.com/shared/img/thumb/PAK153123758_TP_V.jpg
食事や睡眠は体を健康に保つために欠かせないものであり、きれいな肌を目指すうえでも欠かせません。生活パターンを改善して体の中からきれいになりましょう。

食事は規則正しく栄養バランスを考えて!

引用: https://www.pakutaso.com/shared/img/thumb/smoothieIMGL4190_TP_V1.jpg
食事は3食規則正しくが理想ですが、忙しい朝や残業などで難しいこともあるでしょう。そんなときはスムージーや野菜ジュースなどで手軽に栄養補給をするのも効果的です。ダイエットで食事制限をするときも、体に必要な栄養は摂取するように意識すると肌荒れも予防できます。ですがサプリメントや栄養ドリンクなどに頼りすぎないようにし、食事で栄養を摂取するように心がけましょう。

睡眠は量より質が大事

引用: https://www.pakutaso.com/shared/img/thumb/HIR93_sofa-deneteiruneko_TP_V1.jpg
1日は24時間しかないので、忙しいと睡眠時間を削ってしまいがちです。短時間だと睡眠不足になりやすいと思われますが、短時間でもぐっすり眠ることができれば問題ないとされています。眠る30分前は入浴して体を温める、寝具はいつも清潔に、起きたら朝日を浴びるなどを実践することで良質な睡眠が取りやすくなります。

ストレスを解消する方法を見つけよう!

引用: https://www.pakutaso.com/shared/img/thumb/SAYAPAKU4770_TP_V1.jpg
ストレスも適度に解消することが大切です。体と心の両方に優しいストレス解消法は軽い運動や入浴です。軽い運動を生活に取り入れると代謝が活発になり、皮膚が再生するサイクルも整いやすくなります。入浴はお気に入りの入浴剤やアロマを入れると気持ちも安らぎますし、毛穴が開いて汚れも落としやすくなるので肌をきれいにしたい方におすすめしたいストレス解消法です。
引用: https://www.pakutaso.com/shared/img/thumb/TIG88_bednouederirakkusu_TP_V1.jpg
生活習慣にも気をつけているのに、肌荒れが治らない・・・そんな方は体の中から肌をきれいにするように心掛けてみましょう。

便秘は肌の敵!

引用: https://www.pakutaso.com/shared/img/thumb/YK0I9A6222_TP_V1.jpg
食事に気を使っても便秘になりやすい方は、水分が不足していることが考えられます。成人が一日に必要とする水分の量は2~3リットルといわれていますが、こまめに水分補給することも重要です。コーヒーやお茶ではカフェインの摂取量が多くなってしまうので、できるだけ水を飲むようにしましょう。目覚めてすぐにコップ一杯の水を飲むと腸が刺激されスムーズな排便を促せるので、便秘の方におすすめの方法です。

生理と上手に付き合う

引用: https://www.pakutaso.com/shared/img/thumb/hartIMGL0491_TP_V1.jpg
生理前になると肌が汚くなる・・・そういった悩みを抱えている女性は多いとされています。でも生理は女性にとって必要なものであり、上手に付き合っていく方法を見つけることが一番大切です。女性ホルモンのバランスを整える方法としては生活習慣の見直し、漢方やサプリメントもあります。自分が生活に取り入れやすいものを見つけ、続けることがポイントです。
引用: https://www.pakutaso.com/shared/img/thumb/OZPA87_shinsatusuruisya20140321_TP_V1.jpg
肌が汚い原因がアレルギーや病気によるものだったら、自己判断の改善方法だけではきれいにすることが難しいです。なかなか肌がきれいにならないときは、病院を受診するようにしましょう。

アレルギーは大人も要注意?

引用: https://www.pakutaso.com/shared/img/thumb/N612_nanohanatokazoku_TP_V1.jpg
食べ物にアレルギーが出なくても、ハウスダストや花粉などアレルギーを発症する物質はたくさんあります。大人になってから発症する人も多いので、何事も自己判断は要注意です。季節によって肌の調子が変わる、かゆみが出たり湿疹ができるなどの症状がある方は病院を受診して、医師に診断してもらうことが大切です。

症状に合わせた治療が必要

引用: https://www.pakutaso.com/shared/img/thumb/N811_toridashitajyouzai_TP_V1.jpg
肌が汚い原因は様々ですが、あまりに症状が酷くなるとスキンケアや生活習慣の見直しだけでは治らないこともあります。炎症を起こしたり痛みを伴っているときは、迷わず皮膚科を受診しましょう。病院での治療を行い症状が落ち着いてから、同じ状態を繰り返さないように改善方法を生活に取り入れていきましょう。
引用: https://www.pakutaso.com/shared/img/thumb/skincareIMGL8013_TP_V1.jpg
肌に余計なものが残っていると、どんなに効果的なスキンケアをしても意味が無くなってしまいます。まずは汚れの原因となっているものを取り除いていきましょう。

ピーリングできれいに!

皮膚は一定のサイクルで生まれ変わっていきますが、そのサイクルが乱れてしまうといつまでも古い角質が肌に残ったままになります。古い角質は肌のごわつきやくすみの原因になりますが、洗顔だけでは取り切れないためピーリングが効果的です。ピーリング剤は古い角質をこすり取るのですが、頻繁に使うと余計に肌を傷つけてしまいます。週に1度か肌が硬くなっていると感じられるときにのみ、使うようにしましょう。

手軽なふき取りローション

引用: https://www.pakutaso.com/shared/img/thumb/skincareIMGL7935_TP_V.jpg
ふき取りローションはコットンに含ませて肌をなでると、古い角質や毛穴の汚れが取り除けます。汚れの除去はピーリングの方が強いですが、ふき取りローションは刺激が少ないので毎日使用することもできます。蓄積した角質はピーリングで、日々の汚れはふき取りローションでと使い分けると効果的です。
引用: https://www.pakutaso.com/shared/img/thumb/skincareIMGL7850_TP_V1.jpg
毛穴は汚れが蓄積されやすく、落としにくいという欠点があります。また一度広がってしまった毛穴は元に戻らないので、重要なのは汚れをためこまないこと。定期的に毛穴のケアを行い、きれいな肌を維持しましょう。

毛穴の汚れは頑固

毛穴につまった角栓は、簡単には取れない頑固な汚れです。きれいに取り除くには鼻に貼ってはがすパックがありますが、肌に与えるダメージも大きいとされています。洗顔やクレンジングで効率的にきれいにするには、まず蒸しタオルやスチームで毛穴を開いていきます。それからきめ細かく泡立てた洗顔フォームなどで、やさしく円を描くようにマッサージしていきます。

洗浄力の高い酵素洗顔

汚い肌の頑固な汚れを取り除くには酵素洗顔もおすすめです。酵素の力で毛穴につまった皮脂や古い角栓を分解して落としていくので、肌がつるつるになります。酵素洗顔は高い洗浄力なので、短時間で洗い流す必要があり、使用回数も週に1~2回までにしましょう。また肌に刺激を感じるときは使わないようにするなど、注意も必要です。
引用: https://www.pakutaso.com/shared/img/thumb/kawamura1030IMGL3937_TP_V.jpg
今回は肌が汚い原因とそれぞれの原因に合わせた改善方法をご紹介しましたが、いかがでしたか?肌をきれいにすることは決して簡単なことではありませんが、継続して対策を行っていくことで効果が出てきます。効果の表れ方には個人差がありますが、生活や体に無理のない範囲で実践していきましょう。

関連記事