E5sntmf54wlqibn6cjsg

ワンピース

CATEGORY | ワンピース

ワンピースの予言が話題!予言書や内容とは?予言王など書籍の紹介も!

2021.08.01

ワンピースは今ファンの間でネット上の予言が話題になっています。なかでも特に2011年4月に書き込まれた予言に対して賛否両論様々な意見が出ています。そこで今回は多々あるものの中からこのワンピースの予言について、そして予言書や予言王などの書籍も併せて紹介します。

  1. 【ワンピース予言】2009年4月に話題になった予言とは
  2. 【ワンピース予言】予言は当たっていた!?その①
  3. 【ワンピース予言】予言は当たっていた!?その②
  4. 【ワンピース予言】予言は当たっていた!?その③
  5. 【ワンピース予言】予言は当たっていた!?その④
  6. 【ワンピース予言】予言は当たっていた!?その⑤
  7. 【ワンピース予言】予言は当たっていた!?その⑥
  8. 【ワンピース予言】残りの3つは当たるのか!?
  9. 【ワンピース予言】予言書・予言王などの書籍にも注目
  10. 【ワンピース予言】まとめ
2009月4月9日、かの有名な巨大掲示板“2ちゃんねる”にワンピースの今後の展開を予言する以下のような書き込みがされました。
“少し未来のワンピースを教えますね。 麦わら一味はバラバラになりますが、新世界に入る前に再会します。 四皇の一角、白ひげ海賊団の白ひげとエースは死にます。 新世界に入ったら麦わら一味は七武海のドフラミンゴと戦います。
大将の一人が元帥になってもう一人の大将が辞めます。  ルフィが死に別れたはずの兄弟と再会します。 また四皇の誰かが死にます。(これは言えません) 麦わら一味が大海賊団の一つになります。 黒ひげが海軍を落とします。 黒ひげが海賊王になります …がそこから先は言えません。” (2ちゃんねるより転載)
Bthzhszcl7cyge4y6cyi
この書き込みがあった2009年4月9日時点で描かれているワンピースのストーリーは、シャボンディ諸島編で麦わらの一味がバーソロミュー・くまによってバラバラにされてしまったところまでです。ルフィの義兄であるサボに至ってはまだ存在すら明らかにもなっていませんでした。
そのためこの予想に対して当時はそんなわけないと言われていました。しかし時が経つに連れてこの予想通りの展開になり、その的中率の高さに内部からのリークでは?という声が多く上がり、2015年秋以降から特に注目されるようになりました。今では都市伝説として多くのワンピースファンの間で有名な話になっています。
Empira6bxxqtce23xc2p
では2018年10月の段階でこのワンピースの予想がどこまで的中しているかを見て行きましょう。
まずは最初の<麦わら一味はバラバラになりますが、新世界に入る前に再会します>からです。
麦わらの一味は上記で説明した通りシャボンディ諸島でバーソロミュー・くまによってバラバラにされてしまいました。その後麦わらの一味はすぐに集結する予定でしたがルフィがエース救出を計った結果失敗し、自分の弱さを痛感して修行することに決め2年後のシャボンディ諸島で合流することにしました。そしてバラバラになった麦わら一味は2年後再集結を果したのです。
Xt3zeeb5kjlgokn2bw59
ということはつまりこの予想は見事【的中】したと言うことになります。
X3bz07odod2gwtx6gb1v
次は<四皇の一角、白ひげ海賊団の白ひげとエースは死にます>です。

この予想の書き込みがあった段階ではおそらく誰も頂上戦争が起こることを予想できていなかったでしょう。ワンピース史上で最も規模の大きいと言える頂上戦争は、ルフィが成長する機会となりましたがそれと同時にワンピースの重要人物が死んでしまった戦争でもあります。

海軍本部の中将階級以上の者を含めた10万もの海兵と軍艦50隻、王下七武海やPX軍団そして白ひげ海賊団とルフィ(と引き連れていた脱獄者たち)などが参加した大規模戦争である頂上戦争は、白ひげ海賊団の掟を破り仲間を殺した黒ひげと追いかけたエースの戦いがきっかけです。
Xyanviy8rztzamm5zeuk
結果エースは黒ひげに負け海軍に引き渡されてしまい、公開処刑されることになってしまいます。そしてそれは白ひげ海賊団と海軍との戦争の始まりを意味していました。
それを知ったルフィが白ひげ海賊団と共にエース救出に向かい、そこで覇王色の覇気の発動に成功しエース解放に成功したのです。
しかしそんなルフィとエースの前に赤犬が現れ、白ひげの人生をエースを煽るかのように侮辱します。当然エースは激怒し喧嘩を買いますが完敗してしまいます。赤犬は次にルフィを狙い攻撃を放ちますが、その瞬間エースがルフィを庇い心臓を貫かれてしまったのです。
E1xzvjag7stufyt6xrou
エースはルフィと親父である白ひげに言葉を残し静かに息を引き取りました。そして赤犬の攻撃で致命傷を負った白ひげも、黒ひげ海賊団にとどめを刺されてエースの後を追うように亡くなったのです。
つまりこの予想も見事【的中】したということになります。
Xuyqmnhnsc5y9h73v8ah

次は<新世界に入ったら麦わら一味は七武海のドフラミンゴと戦います>です。

ドフラミンゴと麦わら一味はこれまで人間屋やベラミーなどの絡みで麦わら一味と間接的な絡みがある人物でしたが、参加した頂上戦争が終わった後も麦わら一味とドフラミンゴとの戦いに目を付ける人は少なかったのではないでしょうか。

ドフラミンゴとはドンキホーテ・ドフラミンゴのことで、ドレスローザの王にして王下七武海の一人、天夜叉の異名を持ち超人系悪魔の実イトイトの実の能力者であるドンキホーテ海賊団の船長です。元天竜人でその生い立ちから天竜人が支配する世界が破滅することを望んでいました。そのため‟闇の仲介人“として世界各地で紛争を煽り武器を売りさばいていました。

Rncykqxiy8kykp3tf47m
そして四皇の一人・カイドウを倒すべく王下七武海のトラファルガー・ローと同盟を組んだルフィは、ドフラミンゴの人造悪魔の実の生産を止めるためにドレスローザ王国へ向かい、ドフラミンゴの行いが許せず戦うことに決めたのです。
つまりこの予想も【的中】したということになります。
Yp5az8ndbsvd6nmjq0mv
次は<大将の一人が元帥になってもう一人の大将が辞めます>です。
ワンピースにおける大将とは海軍本部の最高戦力と称される3名の総督のことで、元帥とは全兵を統べる海軍の総大将のことです。
頂上戦争が終結するまでは元帥はセンゴクでした。センゴクはヒトヒトの実 モデル"大仏"の能力者で、ルフィが海賊なる以前から海軍として活躍し「智将」を名乗る優れた頭脳と高い戦闘力で伝説級の海賊を相手に海軍を率いてきた人物です。
Cdtzf23nwwkcyxjbq7ej
一方頂上戦争が終結するまでは、大将には通称‟青雉“のクサン、通称“黄猿”のボルサリーノ、通称‟赤犬“のサカズキの3名が就いていました。三大大将として作中で麦わら一味をかなり苦しめてきた存在です。
Fhawvlvjsohfkmm5xkps
しかし頂上戦争終結後、パンクハザードの決闘をきっかけにこの顔ぶれがガラッと変わります。それまで元帥を務めてきたセンゴクが退任しサカズキが元帥に昇格、そしてクザンが退役し代わりに通称“藤虎”のイッショウが大将に就任したのです。
Jdpxoujqpqt3ay8khgwf
まさにこの予言通り大将の一人が元帥になってもう一人の大将が辞めたのです。
グランドラインの三大勢力の1つである海軍のトップメンバーであり、大将は一番麦わら一味と関わりが深かった存在だったので、そのメンツの変化を予想できた人はそういなかったはずです。
Jmgltlnfhoqueja2e6g2
次は<ルフィが死に別れたはずの兄弟と再会します>です。
この予想は特に多くの人を驚かせた予想です。なぜなら先に述べたようにこの予想の書き込みがされた時点では、ルフィの兄弟はエースのみだったからです。しかも新たに兄弟が登場するだけでなく、死に別れたという境遇まで提示しているのです。
そしてこの予想が出た後に、ルフィにはエースの他に「サボ」という兄弟がいたことが明らかになったのです。
Domcfuausqk4qxyng7dr
サボはかつてグレイ・ターミナルに住んでおり、エースやルフィと共に幼少期を過ごした男の子です。5歳の頃にエースと出会い5年かけて海賊貯金を貯めていましたが、海賊団の手下の金を奪ったことでルフィが攫われ拷問にかけられてしまい、エースと共に救出します。
それからというものサボはその海賊団から本格的に命を狙われるようになり、山賊の所に住まわせてもらうことになります。その後エース・ルフィ・サボは悪童として評判になり、杯を交わして義兄弟となったのです。
しかしその後、ゴア王国の貴族である父親に見つかり実家に連れ戻され、養子として迎えられていたステリーからグレイ・ターミナルが焼き払われることを聞きます。そのことをエースとルフィに伝えようとしますが失敗し、ゴア王国で暮らすことで自分が変わってしまうことを恐れ海に出ました。
Ebplwdo273vot6xcmne5
しかしその際に天竜人の船を知らずに横切ってしまい砲撃を受け消息が途絶えました。そしてそのことを知ったエースとルフィはサボは死んだものと思っていたのです。
しかしサボはドラゴンに助けられて生き延びていました。ただ本能的に貴族と両親を拒んでいたものの、重傷を負ったことで記憶を失っており、ドラゴンに頼んで革命団の一員として旅をしていたのです。
長い月日が経ち革命軍No.2に出世したサボは頂上戦争でエースの訃報を目にし、全ての記憶を取り戻しました。そしてショックで寝込み目覚めた後にエースの代わりにルフィを守るためエースの能力であるメラメラの実の回収を全革命軍に通達したのです。そして武器製造工場の破壊を目的にドレスローザに侵入した際、コリーダコロシアムにてルフィと涙ながらの再会を果たしたのです。
Mh9exmauwozxiua2bze3
つまりこの予想も見事【的中】しました。
Hcgkbyi71uwk2dougu8y
次は一つ飛ばして<麦わら一味が大海賊団の一つになります>についてです。
ワンピースが新世界に入りドレスローザにてドンキホーテ海賊団との戦いで共闘した海賊や犯罪者、傭兵や武道家などの7つの団体が麦わらの一味の傘下に入り麦わら大船団が結成されました。
バトルロメオら代表7名が親子の杯を交わし麦わら一味の傘下に加えてほしいとルフィに頼んだのです。
W0xpafw7n99zhhqjakxe
対してルフィは「酒好きじゃねェし飲んじまったら大船団の大船長になっちまうだろ?」と答えています。ゾロもこいつには無理だとフォローを入れますがバルトロメオたちは納得しません。そしてその理由を尋ねるとルフィは「窮屈」だと答え、偉くなりたいのではなく海賊王になりたいのだと言うのです。
しかし海賊王は偉く支配する者ではなく、自由である者という考えを持ったルフィに理解を示し、一層惚れ直したバルトロメオたちは勝手にルフィを大頭に「麦わら大船団」を結成したのです。ただルフィはやはり容認はしていません。
Vhxc9vajqe4taya8cl88
この予想では「大海賊団」という言葉を使っており「大船団」とは若干意味合いが異なりますが、有力な船長たちがルフィ本人は認めてないものの傘下に入ったのは確かです。またこれまでに麦わら一味は多くの国や島を救い、王族とも交流があります。
さらにサボがいることで革命軍の後ろ盾も期待できます。海賊王を目指すルフィが率いる麦わら一味が今後さらに強い者たちと対峙することを考えると、今回結成された大船団が大海賊団に展開していく可能性は十分に考えられます。
そのためこの予想に関しては的中とは言い切れないものの、限りなく可能性の高い△という評価になるのでしょう。
Wtagqtgs6n1awwgehzt6
実は2018年10月の段階で予想が的中しているのは9つ中6つ(6つ目は確実ではありませんが)だけです。しかし残りの3つは外れたわけではなく、今後起こりうる可能性がある内容なのです。
まず<四皇の誰かが死にます。(これは言えません)>についてです。
T5p0xrbwy8ux74cfuvxh
ワンピースに登場する四皇とは、新世界のにて皇帝の用に君臨する王下七武海と並び世界を支配する大海賊4人のことを指します。そして現在の四皇は赤髪のシャンクス、黒ひげ“マーシャル・D・ティーチ”、ビッグ・マム”シャーロット・リンリン、百獣のカイドウです。予言が的中するということはこの4人の中の誰かが死ぬということになります。
Inattp2qo7omfttz75az
これまでの的中率を考えるとすべて的中する可能性も十分考えられます。ではこの予想通りとなると誰が死ぬのか。ネット上では様々な予想・考察がなされていますが、一番多く上がっているのは「シャンクス」です。まず1つに黒ひげはこの後に出てくる予想で名が上がっている最重要人物の1人であるためまだ死ぬ可能性は低いと考えらます。
またルフィ&ローとカイドウは近いうち対峙することになる敵同士であり、ビッグマムに対してもルフィは喧嘩を売っています。そんな敵対する相手である3人が死ぬ場合、「死ぬ」ではなくて「倒す」「倒される」という言い方の方がしっくりきませんか?
そもそもこれまでルフィは敵を倒したことがあっても死なせたことはありません。一方で敵ではないシャンクスなら「死ぬ」という言い方でも何の違和感もなく、ルフィが仇を取るというのが残念ではあるもののストーリー的にしっくりくるのではないでしょうか。
Oaqg7efzlrbnw7lqkdhy
次は<黒ひげが海軍を落とします>です。
黒ひげはヤミヤミの実の能力者で白ひげから奪ったグラグラの実の能力も持っている四皇の1人です。また複数の能力を持てていることなどイヌイヌの実の能力者である可能性も噂されています。こうなると黒ひげは実質最強の能力者であると言って間違いありません。史上最強の囚人たちも仲間にし敵なしの黒ひげは海軍自体を倒してしまう可能性は大いに考えられるでしょう。
最後に<黒ひげが海賊王になります>です。
X5sizs7zi6nlrvrgwxai
海軍を倒す可能性を十分に秘めている黒ひげが海賊王になる可能性も十分考えられます。海軍を倒してしまえばあとは海賊王になるという流れが自然だからです。そもそも海賊王とは何かというとロジャーの死後は「ワンピースを手に入れたもの」という解釈が近いです。しかし海賊王と呼ばれたロジャーはグランドラインを制覇してそう呼ばれるようになりました。
さらにはロジャーはグランドラインの最終地点でありワンピースの鍵を握るラフテルには上陸していない可能性が出てきています。なぜならロジャー一味の船位はラフテルを「確認」したのは海賊王の一団だけだと言っているからです。確認という言葉を使ったのは上陸していないからなのでは?と噂されているのです。
このことから黒ひげもロジャーと同様にラフテルに上陸できないものの、世界を一周したことで実質上の海賊王になるというパターンなのではないかと予想が立てられます。これなら黒ひげが海賊王になるという予想も嘘ではなくなります。
Drv8ryaahljxz0s0qk5d
ただロジャーが求めている男という意味での海賊王は白ひげの発言通り黒ひげではなく、ラフテルにたどり着けてなおかつ世界をひっくり返す人間になりうるルフィが本当の意味での海賊王になるのではないでしょうか。
ワンピース予言王
価格 ¥ 780
こちらの書籍にはゾロが覇気色の覇気が使えることやナミの正体、ロジャーの病の原因など読めば必ずワンピースを読み返したくなるようなワンピース考察本の決定版です。
ワンピース極大予言書
価格 ¥ 750
ここから紹介するワンピース予言書シリーズは、ワンピース愛好家のチャム池谷さんがこれまでにない独自の視点と深い洞察で読み解いた過去に類を見ない考察本シリーズとなっています。
ワンピース最終予言書
価格 ¥ 750
ワンピース究極予言書
価格 ¥ 750
究極予言書にはDの謎やカイドウの正体、最悪の世代の今後などの考察がされています。
ワンピース禁断予言書
価格 ¥ 750
Mbxcjz7swfr6n0zkbtnz
いかがでしたでしょうか?ワンピースは超大作で非常に多くの謎と伏線が張り巡らされたドキドキワクワクする作品です。作中に散りばめられた謎や伏線を繋ぎ合わせて、こうではないかああではないかと予想を巡らせるのもワンピースの楽しみ方の1つと言えるでしょう。今回紹介した書き込みはただのワンピース予想ではなく、説明してきたように多くが見事的中しワンピース予言として最もファンに注目されているものです。
まだ答えが出ていないものもあるのでこれからどうなるかを楽しみにしている人も多いでしょう。また併せて紹介したようにワンピースは予言書や予言王という名の書籍も発売されています。書き込みや書籍の予言に目を通すことでより一層ワンピースを楽しむことができるはずです。
サムネイル画像は下記より引用しました。
出典: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/51%2Bbnbcoe2L._SX322_BO1,204,203,200_.jpg