Xfgxu4dmgqjxggesx6fi

ハンターハンター

CATEGORY | ハンターハンター

【ハンターハンター】ブロヴーダの流した涙から人間性が分かる?キャラクター紹介!

2020.06.28

漫画ハンターハンターの待望の連載再開に伴い始まったキメラアント編。そのキメラアント編の中に登場するブロヴーダについてご存知でしょうか。ハンターハンターのの中でも感動する名場面を生み出したブロヴーダについて紹介していきます。

  1. 【ハンターハンター】ブロヴーダも登場するキメラアント編とは
  2. 【ハンターハンター】ブロヴーダの人物像について
  3. 【ハンターハンター】ブロヴーダの念能力
  4. 放出系念能力とは
  5. 【ハンターハンター】ブロヴーダを語る上で欠かせない!レイナについて
  6. 【ハンターハンター】キメラアント編においてのブロヴーダの活躍!
  7. 【ハンターハンター】キメラアント討伐部隊vsブロヴーダ
  8. 【ハンターハンター】戦いから離れ、故郷の村に帰るブロヴーダ
  9. 【ハンターハンター】ブロヴーダが涙を流した理由
  10. まとめ
ブロヴーダのことについて紹介して行く前にブロヴーダが登場したキメラアント編について軽く触れていきます。ハンターハンターの中でも多くの感動する名場面を生み出したことでハンターハンターの読者の間でも深く印象付けられている話のひとつでもあり、是非一度読んでもらいたい物語でもあります。
キメラアント編とは、ハンターハンターの待望の連載再開に伴い始まった物語です。簡単に概要を説明するとこの話の中で登場した新種の生物キメラアントとハンターたち人類の壮絶な戦いを描いた物語です。今回紹介するブロヴーダはハンターたちの敵でもあるキメラアントとして登場します。
キメラアント編の中でハンターたちの敵キャラクターとして登場するブロヴーダの人物像について紹介していきます。ブロヴーダとはキメラアント編の中で登場する新種の生物キメラアントであり、その外見は人類としての特徴を著しく外れており、ロブスターのようなエビの外見をしています。
キメラアントの特徴として二つの生物の混成というものがあり、ブロヴーダは人間とロブスターのようなエビとの混成生物です。性格は怒りやすく、すぐ頭に血が上ってしまうような短気な性格をしています。外見は人類の特徴を著しく外れているとはいえ怪物というほどに醜くはなく、短気の性格を除けばマスコットのような愛らしさもありハンターハンターの読者の間でも人気があります。
ハンターハンターの世界では定番となっている特殊能力の一つとして念能力がありますが、今回紹介するブロヴーダも念能力を持っています。その念能力は放出系念能力とされており、その念能力の概要はブロヴーダの特徴的な両手の大きなハサミから念を散弾銃のように発射するというものです。ブロヴーダから発射された弾の破壊力はそれなりに高く、軍用の高度な扉を破壊することができます。
軍用の扉を破壊するだけでなく、機関銃のように連射すればトラックを貫通することもできます。しかし、装甲車を貫くことはできず、念能力の強さとしてはあまり高くない印象を抱きます。それ以外にもブロヴーダの念能力は特殊な部分はなく、人類側の使う銃の代用品程度にしかならずブロヴーダ自身の戦闘能力はあまり高くないように思います。
ブロヴーダが使う放出系念能力とは名前の通り、身体の中を流れている念を体外に排出し操る念能力です他にも強化系や具現化系などの系統が存在しますが、念を身体から排出し自在に操れるのはこの放出系と云われる念能力を保有している者だけです。
他にも保有する念能力の系統には性格も関係しているとされており、放出系念能力を保有する念能力者に多くみられる性格が「短気で大雑把」と言われています。このことから考えると短気で怒りやすいブロヴーダは典型的な放出系念能力者の一人だと考えられます。
ブロヴーダのことを語る上で切っても切れない存在がブロヴーダと同じキメラアントである「レイナ」です。ブロヴーダとレイナの関係はキメラアント編の中でも最大級とも言える感動的な場面を作り出しましたが、実際のところハンターハンターの作中ではキメラアント編の終盤以外でこの二人が深く関わった場面はあまりありません。良くも悪くも同じキメラアント仲間と言う程度の関係ですが、レイナの存在はブロヴーダを語る上で忘れてはならない存在です。
ブロヴーダと同じキメラアントでもあるレイナの特徴はまさに蟻と言うにふさわしく、ブロヴーダと同様に人類の特徴から著しくかけ離れています。また、ブロヴーダと同じように元々が人間であるレイナはキメラアント編の中でキメラアントの女王に襲われた最初の犠牲者でもあり人間の頃は幼い女の子でした。そのため、キメラアントになった後も精神的にも肉体的にも幼い女の子の様に描かれています。
ハンターハンターの作中、キメラアント編においてのブロヴーダの主な活躍は他のキメラアント編に登場するキャラクターの中でも比較的に少ない方だと思われます。キメラアント討伐を目論む人類側のハンターたちと本格的な戦闘をした場面もあまりなく、実力の関係からか人類側のあんたたちを苦戦させるようなキャラクターとして描かれてはいませんでした。
キメラアント編の中盤または終盤でキメラアントの女王は死亡しますが、キメラアントの女王が死亡した後ブロヴーダは人類側の警官隊を虐殺するなどの活躍を描かれます。その後に東ゴルドーという王国の桜に従うことになりました。
キメラアントの女王の死後、東ゴルドーの王に仕えることになったブロヴーダは宮殿に侵入してきたキメラアント討伐隊と言う人類側のハンターたちと戦闘をすることになります。念能力を持っていない一般人相手では驚異的な強さを誇るブロヴーダですが念能力同士の戦闘となると若干ブロヴーダが不利なため、苦戦を強いられることになると思われていました。
ハンターハンターの読者の予想とは裏腹にキメラアント討伐隊とブロヴーダの戦闘はあっけなく終わりを迎えました。厳密に言うとブロヴーダはキメラアント討伐隊と戦う前に人類側の味方となったイカルゴというキメラアントが放った睡眠弾により眠ってしまいそのまま戦うこともなく戦線離脱となってしまいました。
キメラアントの王でもあるメルエムが倒された後、つまりキメラアントの終盤でブロヴーダは人類と戦う意思を失くしていました。うっすらと蘇ってきていた人間だった頃の記憶を頼りに故郷の村を訪れます。この時に同じ村の出身であったキメラアントのレイナを連れて行きます。
確信のない人間だった頃の記憶を頼りに故郷の村にたどり着いたブロヴーダはレイナを母親のもとに無事に送り届けます。感動の再会を果たすレイナと母親を前に、ブロヴーダは村を離れるためとその場を立ち去ろうとします。しかし、レイナに呼び止められ村の人たちにも温かく迎えられたブロヴーダは思わず涙を流しました
キメラアント編の中でも感動する名場面として語られているブロヴーダが涙を流した場面。その理由は何なのか、予想の一つとしてはレイナと一緒に襲われた兄がブロヴーダだったのではないかと言われていますがそれはハンターハンターの作中で否定されています。
最も考えられる理由として考えられるのは村の人たちが温かく迎えてくれたということではないでしょうか。キメラアントになった後、ブロヴーダは多くの人間を殺害しています。また、人間とは大きくかけ離れた外見的特徴もあり、ブロヴーダはレイナを送り届けた後俗世と離れ、障害を一人で過ごすつもりだったのでしょう。
しかし、ブロヴーダの予想とは反して村の人たちはブロヴーダを温かく迎えてくれました。このことによりブロヴーダはキメラアントとなった後でも人間だった頃と同じように暮らせ、化け物のような外見でも人間として受け入れてくれるという事実が嬉しくて涙を流したのではないでしょうか。
キメラアント編の中でも屈指の感動する名場面を生み出したブロヴーダ。キメラアント編の序盤では一貫して悪役というイメージで描かれていましたが、物語の終盤ではその性格も一変し、村の人に受け入れられたことによって涙を流すと言う寂しがりやな面も見せました。ブロヴーダとレイナのその後も気になり、こういった主役ではないキャラクターが織りなす物語の一つ一つがキメラアント編の魅力の一つなのではないでしょうか。
サムネイル画像は下記より引用しました。
出典: https://www.instagram.com/p/BESy7c6ONFY/?tagged=%E3%83%96%E3%83%AD%E3%83%B4%E3%83%BC%E3%83%80