Tzieebeklyqcuac8hn7c

宮野真守

CATEGORY | 宮野真守

【ACCA13区監察課】シュヴァーンの声優や性格は?馬鹿王子と言われる理由は?

2018.11.28

ACCA13区監察課に登場シュヴァーンは、ACCA局員たちから「馬鹿王子」と呼ばれ嫌われています。一体なぜでしょうか。この記事で、そんなACCA13区監察課のシュヴァーン王子について、性格や声優情報に注目し、一挙にまとめてご紹介いたします。

  1. 【ACCA13区監察課】作品について
  2. 【ACCA13区監察課】シュヴァーンとは【キャラ紹介】
  3. 【ACCA13区監察課】シュヴァーン王子のプロフィール【キャラ紹介】
  4. 【ACCA13区監察課】シュヴァーン王子の政策(目論見)【キャラ紹介】
  5. 【ACCA13区監察課】シュヴァーンは馬鹿王子?性格をチェック【キャラ紹介】
  6. 【ACCA13区監察課】シュヴァーン王子の担当声優は誰?【キャラ紹介】
  7. 【ACCA13区監察課】シュヴァーン役声優、宮野真守さんについて【声優紹介】
  8. 宮野真守さんの出演作品情報(声優業以外)
  9. 宮野真守さんの声優出演作品情報(ACCA13区監察課・シュヴァーンを除く)
  10. 【ACCA13区監察課】シュヴァーンについてまとめ【キャラ紹介】
さて、まずはシュヴァーンに注目する前に、彼が登場する作品であるACCA13区監察課という作品について、簡単にご紹介いたします。 ACCA13区監察課は既に完結している作品で、オノ・ナツメさんが描く漫画作品です。スクウェア・エニックス発行の「月刊ビッグガンガン」にて、2013年6月25日発売号から2016年10月25日発売号まで連載されていました。
また、本編終了後には番外編にあたる「ACCA13区監察課 P.S.」が連載されていました。 2017年のことです。 本編が全6巻、番外編が全2巻と、ACCA13区監察課は合計で全8巻が発行されています。 アニメ化も果たされており、ACCA13区監察課は高い評価を受けている作品です。
シュヴァーンとは、ACCA13区監察課に登場するキャラクターの1人です。 ACCA13区監察課の世界において、正当な王位継承権を保持している「唯一の」人物です。 つまり、基本的に何かが起きたりしない限り、ほぼ確実に次期国王はシュヴァーン王子になるということです。
アニメ「ACCA13区監察課」ではシュヴァーン王子の声優は宮野真守さんが担当されていらっしゃいます。声優情報に関しては、後ほど詳しくご紹介いたします。 今回この記事では、そんなACCA13区監察課のシュヴァーン王子に注目して様々な観点からご紹介いたします。
さて、まずはACCA13区監察課のシュヴァーン王子の詳細なプロフィールに注目していきましょう。 シュヴァーンは、ファルケ2世の末の王女によって産まれた王子です。 先述した通り、王位継承権を持っている唯一の人物でもあります。つまり、国にとっての超重要な人物であるということです。性格についてはまた後ほどご紹介いたします。
さて、ACCA13区監察課に登場するシュヴァーン王子は次期国王と言っても差し支えないポジションの人物です。 そんなACCA13区監察課のシュヴァーンですが、もし仮に自身が王として即位した暁にはどうしようと考えているのでしょう。
まず、気に入らず、快く思っていないACCAを解体しようと目論んでいます。 それに加え、議会を永久閉会させようともしています。ではどうするのかと言うと、王室が主導となって執り行われる枢機院の復権をしようとしているのです。 かなりぶっ飛んだ思想を持っていると言えますよね。
そんな政策とも言えるか怪しい目論見を持っているACCA13区監察課のシュヴァーン王子ですが、馬鹿王子という扱いを受ける描写が存在しています。それは、性格も原因の1つです。 なぜ、ACCA13区監察課に登場するシュヴァーン王子は「馬鹿王子」の烙印を押されているのでしょうか。性格はどんな具合なのでしょうか。チェックしましょう。
そもそも、ACCA13区監察課のシュヴァーンは王位継承者という立場から非常に「甘やかされて」育ってきました。性格はこれに起因し、非常に傲慢な性格で、周りの物事を見るための視野が狭いという人間性を持っています。また、王という立場には欠かせない要素の1つである「人望」もないと言われています。 これらのこともあり、ACCA局員たちからは「馬鹿王子」と見られ、嫌われています。
ではここからは、ACCA13区監察課に登場するシュヴァーンの担当声優に注目していきましょう。 アニメ「ACCA13区監察課」にてシュヴァーンを演じられている声優は宮野真守さんです。 劇団ひまわりに所属されていらっしゃいます。
小学生時代から劇団ひまわりに所属されていらっしゃったお方で、当時は舞台でご活躍されていたそうです。子役経験があるということですね。とは言ってもあまりレッスンには積極的でなかったそうです。 ちなみに、小学校から高校生までサッカー部に所属されていたようですね。
高校のご卒業後はアルバイトと劇団ひまわりの全日制クラスのかけもちを両立させ、演技を磨かれていたそうです。当時の劇団ひまわりの全日制クラスは非常に厳しかったものらしく、それに加えてアルバイトとの両立をさせるのはつらかったそうです。それでもやり遂げているのですから、宮野真守さんが凄い人物であるということがわかります。
宮野真守さんは埼玉県大宮市(現在のさいたま市)ご出身で、1983年6月8日生まれ、現在35歳の男性声優です。 子役として幼い頃から幅広くご活躍されていた宮野真守さんでしたが、声優としてのデビューは高校3年生の頃でした。 NHK教育にて放送されていた海外ドラマ「私はケイトリン」のオーディションに受かったのです。その後声優としての仕事が多く来るようになり、キングダムハーツやDEATH NOTEで知名度を大きく広め、一気に人気も高まりました。
2008年には、「第2回声優アワード」にて「主演男優賞」を、2012年には、「第6回声優アワード」にて「助演男優賞」とST☆RISH名義で「歌唱賞」を、2014年には、「第8回声優アワード」にて「歌唱賞」をそれぞれ受賞されており、声優アワードにおいて非常に多くの受賞経験がおありです。高い評価を受けていることが分かります。 また、上記の他にも様々な賞の受賞経歴があり、様々なシーンで高い評価を受けているということですね。
・西友大市 CM ・3年B組金八先生第4シリーズ - 足達勝司 ・映画 テニスの王子様 - 柳蓮二 ・Wonderful World - 片山誠志 ・ウルトラマンプレミア2011 - モロボシ・シン ・ノブナガ・ザ・フール - オダ・ノブナガ
・ときめきメモリアル Only Love - 青葉陸 ・機動戦士ガンダム00 - 刹那・F・セイエイ ・東京喰種トーキョーグール - 月山習 ・銀河英雄伝説 Die Neue These 邂逅 - ラインハルト・フォン・ローエングラム ・キングダム ハーツ シリーズ - リク ・うたの☆プリンスさまっ♪ シリーズ - 一ノ瀬トキヤ / HAYATO
ここまで、ACCA13区監察課に登場するシュヴァーンについて、キャラ情報や馬鹿王子と呼ばれる理由、担当声優である宮野真守さん情報などに注目してきました。
シュヴァーンが馬鹿王子と呼ばれているのはその性格や甘やかされて育ってきた環境に起因していると言えるでしょう。また、ACCAを解体させようと企んでいるということもあり、それが原因で局員たちから嫌われているというのも大きな理由の1つと推測できます。
ACCA13区監察課は既に完結していますので、新しく手を出しやすい作品であると言えるでしょう。興味のある方は是非チェックしてみてください。