Yunpwyyby4vgyqfifpma

バケモノの子

CATEGORY | バケモノの子

【バケモノの子】チコの正体は?グッズ・ぬいぐるみ・お母さんまとめ

2021.07.20

必ずもう一度観たくなる名作品「バケモノの子」。面白いアニメ映画を私たちに届けてくれる細田守監督の作品は魅力満載!本記事では「バケモノの子」に登場するキャラクター、チコとの正体に迫ります!チコのグッズやぬいぐるみ情報やお母さんという謎の噂についてもご紹介!

  1. 話題沸騰!アニメーション映画「バケモノの子」ってなに?
  2. 「バケモノの子」はバケモノと人間の子の絆が描かれている!
  3. 本記事では「バケモノの子」で注目のキャラクター「チコ」についてたっぷりご紹介!
  4. 「バケモノの子」のチコと九太はどのように知り合ったの?
  5. 「バケモノの子」チコの正体は最後まで語られていない!?
  6. 「バケモノの子」チコの正体を考察!チコの特徴は何?
  7. 「バケモノの子」チコの正体を考察!チコは九太の相棒
  8. 「バケモノの子」チコの正体を考察!お母さん説が濃厚?!
  9. 「バケモノの子」チコのグッズは?ぬいぐるみが可愛い!
  10. 「バケモノの子」で注目のキャラクター「チコ」について、正体やグッズをご紹介! まとめ
引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/81WmlaPPbOL.jpg
2015年の7月に公開されているアニメ映画「バケモノの子」を知っていますか?本記事では「バケモノの子」に注目していきたいと思います。
今回注目する作品「バケモノの子」は、「時をかける少女」をはじめとする、誰もが聞いたことのある心に残るアニメ映画を作られているスタジオ地図による作品です。
ストーリーはさすが細田守監督と納得してしまうほど、深く、高いクオリティ。バケモノと人間の師弟関係を描いた「バケモノの子」は、一度観てしまうと誰もがその世界観に引き込まれてしまいますよ。
何度観ても面白いと好評なので、ご家族でもカップルでも友達同士でも楽しむことの出来る作品となっています。
引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/81l1QMuxPLL._SL1500_.jpg
「バケモノの子」は、バケモノと人間が登場するお話とわかった所で、簡単にバケモノの子がどのようなストーリーだったのか、あらすじを振り返っていきます。まず「バケモノの子」の主人公となる人物は「蓮」と呼ばれる幼い男の子です。
母親の死が原因で家出してしまった蓮は、熊徹と出会います。熊徹のあとを追うと、蓮がたどり着いたのは、バケモノが住む町でした。
バケモノの子と言えば人間の子供である「蓮」がバケモノの世界に住んでいる「熊徹」に弟子入りするといった内容のストーリーでしたね。
蓮は熊徹に弟子入りする事で、バケモノの世界に住む事となります。熊徹やそのほかのバケモノからは、「蓮」ではなく「九太」と呼ばれています。
お話の中では「九太」と呼ばれている事の方が圧倒的に多いので、私たちファンの間でも、「蓮」よりも「九太」のイメージの方が強いですね。
「バケモノの子」では弟子入りしてバケモノの世界に住む事となった人間の子供「九太」とバケモノである「熊徹」がメインキャラクターとなります。
本記事では「バケモノの子」のキャラクターをご紹介するのですが、そのキャラクターがどうやら謎に包まれているようで…?
その謎に包まれているキャラクターは、いつも九太のそばにいるマスコットキャラクターのような存在です。白いモフモフという表現が一番近いような気がします。
この白いモフモフ、名前は「チコ」といいます。本記事では「チコ」の正体やグッズ、ぬいぐるみ情報に迫ります!
チコは、バケモノの子の中でも謎の生物とされているようです。チコは九太のそばにいつもいる、とお伝えしましたが、チコと九太には出会いがあります。
チコは「バケモノの子」の本編が始まってすぐ、九太が母親の死から心を閉ざしてむしゃくしゃして家出をしてしまった時に登場します。
家出をした九太はまだ小さい子供なのに、夜の町を一人きりで歩いていました。危なくてひやひやしてしまいますが、その時に九太が出会ったのが「チコ」です。
ちっこい(小さい)という第一印象から、九太はこの謎の生物を「チコ」と呼ぶようになります。その出会いから、片時も九太のそばから離れていないチコ。とっても可愛いです。
「バケモノの子」のスタートでは九太はまだ子供なのに、物語が進むにつれて九太は大人になっていきます。成長してという事は何年もの時間が流れているはずですよね。
ですが、なんと物語の初めに出会ったチコは九太が大人になった最後のワンシーンまでずっと一緒にいるのです。しかも姿やかたちはそのまま!
ずっと登場するチコですが、バケモノの子の本編ではチコの正体については一切語られていないのです!語られていないからこそチコの正体、かなり気になりますよね。
チコの正体がわからないという事で、チコの特徴を知って、正体を考察していきましょう!
まず、チコの特徴と言えば先ほどもお伝えしましたが「白いモフモフ」。初めてチコと出会った九太は、チコに対して君はねずみなのか?と問いかけていましたが、チコの第一印象ではそんな風に見えませんね。
チコは話さないのですが、鳴き声があります。「キュウ」と可愛らしい声で鳴きます。ちなみにチコの声優を担当されているのは諸星すみれさんだそうです!
特徴を知った所でますます謎に包まれる「チコ」ですが、「バケモノの子」の脚本と監督を担当されている細田守さんが気になるチコについてコメントされていたようなのでそちらもご紹介します!
細田守監督は「バケモノの子」を作っている時に、相棒のような癒される雰囲気を持つキャラクターを登場させたかったと語られていました。
細田守監督のそんな想いから生まれたキャラクターこそが、チコだったんですね!「バケモノの子」は結構ハラハラドキドキしてしまう展開も多いため、確かに癒されるキャラクターは重要です。
チコはいつも九太のそばにいるので、数々の困難に立ち向かう九太を支える、応援するキャラクターと考えられるでしょう。
「バケモノの子」に登場するチコは九太のお母さんなのではないかという意見が多く見られました。「なぜお母さんなの?」と思ってしまう方も多いかと思いますが、チコと出会う前に九太が家出した理由は「お母さんの死」でしたよね。
外に出た九太はすぐにチコと出会いましたね。更にチコは九太が悩んだ時に鳴いていたり、何かをアピールする仕草も確認されています。そして更にチコがその行動をするのが、決まって九太がお母さんを思い出す場面なのです。
この事だけでもチコが九太のお母さんなのでは?と考えられますが、更に確信できる場面が最後のシーン。
「バケモノの子」のラストでは人間の世界で、学校に通おうと一生懸命勉強している九太の姿が描かれています。その時に九太が飾っていたお母さんの写真が登場するのですが、その写真が映し出された時、お母さんの写真の横にいるのがチコだったのです!
このシーンが存在する事で、映画を観た方の中で一気に“チコが九太のお母さん説”が濃厚となりました!
引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/61SPRtSZPTL._SL1014_.jpg
ご紹介した「バケモノの子」のチコ。ぬいぐるみのようでとっても可愛いですよね!あなたもチコにそばにいてほしいと思いませんか?
そんな方に朗報!なんと「バケモノの子」のチコには多くのグッズがあるんです!
「バケモノの子」本編のチコはかなり小さめですが、30センチもの大きさがあるチコの特大ぬいぐるみや、本当にチコがそこにいるかのようなマスコットタイプのグッズも!
ぬいぐるみだけではなく、ポーチやタオルのグッズも多く存在するので気になる方は要チェックです!あなたもチコグッズを集めて近くでチコに見守ってもらいましょう!
引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/61IwhL9R1KL._SL1050_.jpg
今回は、まるでぬいぐるみのように可愛らしいキャラクター「チコ」についての情報をたっぷりとご紹介してきましたがいかがでしたでしょうか。
最後まで正体不明なチコですが、やはり九太のお母さん説が濃厚ですね。実際にバケモノの子を視聴した方も「チコは九太のお母さん」と考える方が多いようです。
心温まる名作「バケモノの子」。今回ご紹介した「チコ」の正体がわかった所でもう一度「チコ」に注目して観ると面白いです!未視聴の方も視聴済みの方も「バケモノの子」を観る時には是非、九太のそばから離れない「チコ」の姿に注目してご覧ください!
サムネイル画像は下記より引用しました。
出典: https://pbs.twimg.com/media/CCsdRNsVIAEIhUu.jpg