Rkfntblykopyb10po1lk

HUNTER×HUNTER

CATEGORY | HUNTER×HUNTER

【ハンターハンター】ボノレノフの独特な戦い方を徹底検証!活躍や声優情報まとめ

2018.04.27

ハンターハンターでは幻影旅団の一人である「ボノレノフ」。普段は包帯ぐるぐるで謎が多かった人物ですが、ハンターハンターキメラアント編でその姿が露わになりました。ボノレノフの強さなどについて今回は着目し、その全貌に触れていこうと思います!

  1. 【ハンターハンター】ボノレノフとは?
  2. 【ハンターハンター】幻影旅団のメンバーであるボノレノフ
  3. 【ハンターハンター】ボノレノフの念能力は?
  4. 【ハンターハンター】全身包帯のボノレノフ
  5. 【ハンターハンター】ヨークシン編でのボノレノフ
  6. 【ハンターハンター】キメラアント編でのボノレノフ
  7. 【ハンターハンター】ボノレノフの全身穴の意味
  8. 【ハンターハンター】ボノレノフの入れ墨ってどこ?
  9. 【ハンターハンター】ボノレノフの声優「チョー」
  10. ボノレノフ まとめ
ボノレノフはハンターハンターでも人気の集団である「幻影旅団」のno.10に当たる人物です。見た目は包帯ぐるぐる巻きであり、登場当初は謎が多かった人物ですがキメラアント編にて色々と判明しました。ボノレノフ、通称は「ボノ」と呼ばれており、旅団では初期メンバーではなく後に入ったメンバーの一人となっております。痩せ型の体型で手にはボクシング用のグローブ、またボクサー用のトランクスを身につけており、いかにもボクサーという感じを醸し出しております。ボノレノフの正体は少数部族である「ギュドンドンド族」と呼ばれる一族の生き残りであり、一族の中の「武闘士」に当たります。ヨークシン編ではおそらく戦ったのでしょうがその戦いは見れずどのような戦いをするのか不明だったのですが、キメラアント編でそれを見れることができました。包帯の下には身体中無数の穴が相手おり、これも一族武闘士の特徴であるということらしいですね。流星街を襲ったキメラアントとの戦闘でその強さというものが露わになったということも一つ言えることでしょう!
現段階のストーリーでは幻影旅団は数を減らしており、初期メンバーも当初からは減っております。そんな中でもまだ生き残っているボノレノフですが、今後も戦闘シーンは見れるのでしょうか? 個人的には強者との戦いを見てみたいものですね! 幻影旅団ではno.10の数字を背負っており、戦闘員の一人でもあります。幻影旅団といえば盗賊ですが、特殊な力を持つ人物と圧倒的力を持つ戦闘員にわかれている気がします。コルトピやマチなどはどちらかというと戦闘向けではなく特殊な才能を生かした団員であるということがわかりますね。逆にボノレノフのような人物はもっぱらの戦闘員であるということがわかります。盗賊としてのスキルよりも敵を倒すスキルの方が圧倒的に大きいことからの推測です。
ボノレノフの念能力は「具現化系」となっており、全身に空いた穴が戦闘に大きく関係してきます。舞闘士と呼ばれるだけあって「舞う」ことによって体の穴に風がとおりそれが音を奏でメロディーになり、それを演奏することで戦闘力に変える力を扱うのがボノレノフの能力の基本となります。クラシックのように曲ごとに色々な具現化を扱い攻撃するということで変わった戦闘スタイルというのはいうまでもないでしょう。序曲(プロローグ)から始まり、現段階では木星(ジュピター)までがみられております。この能力の固有名は「戦闘演武曲(バト=レ・カンタービレ)」と呼ばれています。念能力は未だ未知数な部分が多く旅団内でも上位に入るくらいの戦闘力はあるとみても良いでしょう。
ボノレノフは普段包帯ぐるぐる巻き状態ですが、それにもやはり意味があるようです。個人的な推測ではありますが、穴が音を奏でるということが戦闘に大きく関わってくるということで隠しているというよりも普段は音が鳴らないように包帯やグローブなどで全身を覆っているのであろうと思われます。そうでなければ普段から音鳴りっぱなしですもんね。風が通り抜けるたびに能力を発動していてはとても生活できるものではありません。包帯ぐるぐる巻きで謎多き人物でしたがキメラアントにてそれがわかり結構スッキリした部分があります。幻影旅団自体謎が多いのですが、その中でもボノレノフはほとんど喋らないですし、特に謎が多かっただけに色々と判明してくるとこれはこれで面白いものですね!
ヨークシン編でのボノレノフはもちろん戦闘に参加しておりましたが、結局その戦いは見れませんでした。ヨークシン編でもあの包帯をとったのでしょうか? そもそもボノレノフは包帯を取らなければ戦えないのでしょうか? 舞うことでメロディーを奏でて戦うことがメインなボノレノフですのでヨークシンでもおそらくキメラアントの時のように戦ったのでしょうが、もしかしたらただの人間ということでそこまでしなくとも勝てたのかもしれませんね。ただ音を奏でる以外に戦い方があるかどうかは不明ですが・・・。
キメラアント編ではボノレノフはバッチリと活躍しましたね。この時のボノレノフは結構大技的なものを出しておりましたが、キメラアントが強かったのかそれともただ見せ場を作るために大技を出したのか・・・それも個人的には少しきになる部分です。ジュピターの威力は相当なものでしょう。最終的にぺしゃんこになってましたからそこまで大技出さなくても勝てたんじゃね?と思われる部分があります。可哀想なくらいに圧倒的な力の差で殺されてしまいましたね、キメラアント。
上記でも述べてきましたが全身の穴は念能力を扱うものに関係するということです。ただひとつ気になるのは一族の舞闘士はこの穴を身体中に空けているということで他の武闘士たちが生きていれば同じような能力になっていたのでしょうか? そこまで追求してしまうともはやキリがありませんがそれでも少し気になりますね。大小様々な穴が空いているということで、これに近い部族が現在の地球上にもいたような?と少し思いました。まあそれはさておき、穴に風を通すことで音を出しそれを戦闘に使うという能力自体面白いですね!
これは実際に気になっている方も多いでしょう。大体のメンバーは刺青の位置を把握しておりますたボノレノフだけは未だ刺青がどこにあるのかわかりません。戦闘時にトランクス以外全て露わになっていることから考えられるのはトランクスを履いている部分のどこかですね。あとは想像にお任せしようと思いますが、そうなるとかなり面白いですね。なぜなら、ネット上の情報では団員の刺青を彫っているのは「マチ」だということでつまりは・・・ということですね。これは少々面白いことでもあります。正直どうなのかはわかりませんが、こういう細かい部分を考えるととても面白いですね!
チョー(長島茂)さん、1957年12月15日生まれ、埼玉県出身、日本ではもはや知らない人はいないであろうというほどの名声優です。陽気なキャラクターを演じることが多く、教育テレビのいないいないばあでワンワンを演じていたこともかなり有名ですね! 主な出演作品はワンピースをはじめ、GTO、日常、ひだまりスケッチ、カイジ、犬夜叉、花咲くいろは、クレヨンしんちゃん、などなど日本を代表するアニメの主役級に出演しております。声優界では大ベテランであり、次世代を育ているという面でも活躍してほしいですね!
いかがでしたでしょうか? 今回は幻影旅団のメンバーであるボノレノフについて綴ってきました。ボノレノフ自体まだまだ謎が多い人物ですが、今後もおそらくは活躍を観れる場面があるでしょう。旅団のメンバーも少しずつ変わりつつあるので、ボノレノフが強敵と戦う場面も少なからずあるはずです。今後のストーリー展開にも大きく関わってくる人物ですので、今後も見ものですね!