Grv99nab86hwwnk7g8en

千と千尋の神隠し

CATEGORY | 千と千尋の神隠し

【千と千尋の神隠し】台湾がモデルになっている?料理や場所を徹底検証

2021.06.14

『千と千尋の神隠し』は台湾が舞台の一つと言われていますが、『千と千尋の神隠し』の台湾の反応・料理・場所などを比較し、食べ物情報など観光に役立つ情報も紹介します。台湾語についてもお届けするので、台湾語で『千と千尋の神隠し』がどのように呼ばれるかもお伝えします。

  1. 『千と千尋の神隠し』とは?
  2. 『千と千尋の神隠し』の興行収入は日本一!!
  3. 『千と千尋の神隠し』の魅力とは?
  4. 『千と千尋の神隠し』は10歳の女の子が観るアニメ?
  5. 『千と千尋の神隠し』は宮崎駿監督の最高傑作!
  6. 『千と千尋の神隠し』のグラフィックはアナログの極致
  7. 『千と千尋の神隠し』はラストシーンが感動
  8. 【千と千尋の神隠し】台湾語ではタイトルはどうなる?
  9. 【千と千尋の神隠し】台湾のコスプレイヤーの反応
  10. 【千と千尋の神隠し】謎の食べ物の正体は台湾料理?
  11. 【千と千尋の神隠し】モデルは台湾のどの場所?
  12. 【千と千尋の神隠し】九份の場所比較からわかること
  13. 【千と千尋の神隠し】台湾の九份の観光で気をつけたいこと
  14. 【千と千尋の神隠し】台湾の九份への観光は人気が高い
  15. 【千と千尋の神隠し】台湾のモデル等まとめ

スタジオジブリの長編アニメーション

引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/51KX4zMgahL.jpg
『千と千尋の神隠し』はスタジオジブリのアニメーションで、監督は「宮崎駿(みやざきはやお)」氏です。宮崎駿氏が監督した作品で有名なものを一部抜粋すると、以下が挙げられます。
『風の谷のナウシカ(1984年公開)』『天空の城ラピュタ(1986年)』『となりのトトロ(1988年)』『魔女の宅急便(1989年)』『紅の豚(1992年)』『もののけ姫(1997年)』『千と千尋の神隠し(2001年)』『ハウスの動く城(2004年)』『崖の上のポニョ(2008年)』『風立ちぬ(2013年)』
以上、早々たる作品で、知らない方はいない程かと思います。一部、作品名やジブリというキーワードは知っている人はいても、監督の名前は「宮崎駿」だと知らない方もいるので、覚えておいて損はないでしょう。
引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/51cFMKHHA-L.jpg

『千と千尋の神隠し』の日本興行収入は『君の名は。』以上

引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/51QNjf%2BqXWL.jpg
『千と千尋の神隠し』の興行収入は308億円と日本一で、それは新海誠監督のアニメーション『君の名は。』以上で圧倒的です。
第2位の『君の名は。』の日本興行収入が250億円なので、そこから58億円も引き離している『千と千尋の神隠し』は凄まじい人気の作品ですね。
ただし、『君の名は。』は全世界でヒットしたので、世界興行収入で言えば『君の名は。』の方が上で、『君の名は。』は世界で最も売れた日本映画として知られています(世界興行収入337億円)。
それでも、『千と千尋の神隠し』は日本興行収入では圧倒的で、監督の知名度もまだまだ新海誠監督より宮崎駿氏の方が有名でしょうから、総合力ではまだ『千と千尋の神隠し』が上ではないでしょうか。
引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/51EW0MSHPJL.jpg

幻想的な世界に迷い込む少女の物語というのがグッド

引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/61NGIhBsFaL.jpg
『千と千尋の神隠し』の魅力は、普通の世界(舞台は日本)にいた少女「千尋(ちひろ)」が突然不思議な世界に迷い込み、そこで様々な体験をしていく所にあります。
今でこそ「異世界ファンタジー」というジャンルはありふれていますが、当時はまだ比較的新しく、かつスタジオジブリという大手アニメーション制作会社で異世界ファンタジーを展開したため話題となりましたね。
ジブリという老若男女楽しめる大衆アニメーションを制作している会社が鋭意制作した異世界ファンタジーアニメーション『千と千尋の神隠し』は大成功し、日本一の映画として現在までも高い人気を誇っています。
引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/91R-V197HhL._SL1500_.jpg

『となりのトトロ』でも『魔女の宅急便』でもない作品をつくりたかった宮崎駿氏

引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/41Y3EKHX11L.jpg
宮崎駿監督は、それまで幼児向けに『となりのトトロ』、思春期の女の子向けに『魔女の宅急便』を制作していましたが、ちょうど10歳くらいの女の子に向けた作品をつくっていなかったことが心残りで、その年代に向けて『千と千尋の神隠し』を制作したと言います。
児童向けにつくられた『千と千尋の神隠し』ですが、にも関わらず興行収入日本一の映画となり、さらに現在までも最も人気のジブリ作品として知られているのは凄いことですね。
『千と千尋の神隠し』は確かに10歳頃の女の子たちの心を掴みましたが、素晴らしい世界観から老若男女問わず大人気となり、不滅の名作となりました。
引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/51aeSHtVy1L.jpg

宮崎駿監督のクリエイターとしての魂が集約された作品が『千と千尋の神隠し』

引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/41Coypl46%2BL.jpg
宮崎駿監督は『千と千尋の神隠し』以降、『ハウルの動く城』や『崖の上のポニョ』など趣味的な作品をつくるようになり、視聴者を楽しませる以上に独自の趣味を表現するような世界観にシフトしていきました。
しかし、『千と千尋の神隠し』まで宮崎駿監督は明確に見せたいターゲットやテーマを決めており、自分の趣味以上に映画としての完成度を突き詰めていっていました。
確かに、方向転換した『ハウルの動く城』のグラフィックは現在見ても素晴らしい映像ですが、それでもストーリーとして純粋に楽しいと思えるのは『千と千尋の神隠し』だと思う人は多いでしょうね。
見せる映画の極致として宮崎駿監督が制作したのが『千と千尋の神隠し』で、それ以降の作品はかなり監督の趣味で制作されたものなので、純粋に作品としてのレベルは『千と千尋の神隠し』がピークではないでしょうか。
引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/51DXT34P8WL._SX306_BO1,204,203,200_.jpg

アナログにこだわる宮崎駿監督のグラフィック

引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/51PYUGGoMML.jpg
現在、多くのアニメーションでデジタルが主流になっていますが、宮崎駿監督は徹底してアナログにこだわり、デジタルを使わない方針でアニメーションを制作しています。
90年代のアナログのアニメは現在見たら作画崩壊も良い所の作品が多いですが、しかしジブリアニメーションはアナログにも関わらずデジタルを超えかねないクオリティーで制作されている所が凄いです。
この『千と千尋の神隠し』も例外ではなく、とてもアナログとは思えない程の美麗なグラフィックで、現在の最新アニメと比べても本作の方が上の部分は大いにあるでしょう。
徹底したアナログ至上主義の宮崎駿監督ですが、この『千と千尋の神隠し』はそんな宮崎駿監督の美学の極致でもあるので、グラフィックに度肝を抜かれることも確かでしょう。
引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/418HgrL7LAL.jpg

一見すると意味不明なラストシーンが感動の『千と千尋の神隠し』

引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/91exW%2BO7n6L._SL1500_.jpg
『千と千尋の神隠し』は主人公「千尋」の成長物語で、千尋は不思議な世界で様々な経験をし、愛を覚えながら10歳の女の子とは思えないほど成長していきます。
物語の冒頭では無気力で恐がり、そして特別美人でもない千尋は魅力の無いどこにでもいるボーっとした女の子でしたが、後半では生命力に溢れ大切なもののために行動する女の子に成長していく所が良いですね。
そして、物語のクライマックス。千尋は元の世界に戻ることができ、両親とも再会を果たすのですが……最後のシーンは意味不明と思う人がいたり納得できないと思う人もいたようですね。
しかし、ラストシーンの意味がわかると感動せずにはいられない作品で、深みを感じると思います。
引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/51XhcyMtpPL.jpg

『千と千尋の神隠し』の台湾語タイトルは「神隱少女」

引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/51RBuMKLbxL._SX397_BO1,204,203,200_.jpg
『千と千尋の神隠し』は台湾語ではどう呼ばれるのか気になりますね。台湾語は日本人には馴染みがないので、台湾語で『千と千尋の神隠し』がどう呼ばれるのか気になる所です。
台湾語では本作は「神隱少女」と呼ばれ、台湾語だと日本語とだいぶ違う印象ですね。まるで「地獄少女」みたいで、ちょっと不吉な印象もなきにしもあらずです。
「千と千尋」というキーワードは作中で重要なだけに、台湾語の「神隱少女」はちょっと寂しい気もしますが、台湾語には「千と千尋」を表現する語彙が無いのかもしれません。
台湾語でも「千と千尋」を表現して欲しかったですが、台湾語の「神隱少女」もこれはこれでなかなか趣のあるタイトルではありますね。
引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/51-a0XjYcQL._SX349_BO1,204,203,200_.jpg

台湾でカオナシのコスプレをした女の子が凄い反応

引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/313TSMwju5L.jpg
台湾でカオナシのコスプレをした幼稚園の女の子の反応がネットで良い反応で、あっという間に93万人の反応を得ることができました。
カオナシのコスプレをした幼稚園の女の子は素材が可愛く、それだけでもネットの反応は良かったのですが、カオナシのコスプレをしてさらに反応が上昇。癒し系だという反応を得ていました。
女の子のカオナシのコスプレは他の幼稚園の子たちには恐い子もいたようで、泣いている写真もありましたが、全体的には好評な反応で『千と千尋の神隠し』の人気が伺えましたね。
台湾の幼稚園の女の子がカオナシのコスプレをして良い反応を得たのは2016年。既に公開から15年たっても全世界の子供たちから良い反応を得ている『千と千尋の神隠し』はやはり名作で、これからも良い反応を得続けること間違いないですね。
引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/416ylKbfUxL.jpg

冒頭で千尋のお父さんが食べていた料理は台湾の食べ物?

引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/41mezq1e53L.jpg
物語の冒頭でお父さんが食べていた謎の料理ですが、日本では見かけない食べ物だったので、謎の料理として日本人には何の食べ物かわかりませんでした。
しかし、お父さんが食べていた料理は「肉圓(バーワン)」という台湾料理で、日本には馴染みのない食べ物の可能性があることが示唆され始めました。肉圓(バーワン)は台湾語で肉だんごのことで、肉料理だということが伺えます。
あくまでも台湾の食べ物である肉圓(バーワン)に似てるだけで、本当に台湾料理の肉圓(バーワン)を食べていたのかどうかは不明ですが、高確率で台湾料理である肉圓(バーワン)を食べていた可能性もありますね。
長らく謎とされてきた冒頭の食べ物ですが、本作が台湾をモデルにしているとすれば、台湾料理である肉圓(バーワン)を作中に登場させるのも自然な流れです。
謎の食べ物の肉圓(バーワン)ですが、実物を見ると結構おいしそうな食べ物なので、是非バーワンという食べ物を食べてみたいですね(どんな味の食べ物なのか気になります)。
引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/719YFMrNeDL._SL1066_.jpg

千と千尋の神隠しのモデルは台湾の九份

引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/71vpJZ1Cb2L._SL1392_.jpg
『千と千尋の神隠し』のモデルとなった場所の一つは、台湾の「九份(きゅうふん)」と呼ばれる場所だと言われています。
九份は台湾の中でも場所は比較的北部にある街で、風景を比較しても九份は本当に『千と千尋の神隠し』に登場しそうな建物が存在している場所ですね。
『千と千尋の神隠し』のファンは、ぜひ行ってみたい場所でしょう。実物と作品のグラフィックを比較しても、随分雰囲気が味わえると思います。

台湾の九份は街そのものが『千と千尋の神隠し』っぽい

引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/31PDQZ91YQL.jpg
日本にも『千と千尋の神隠し』のモデルになった温泉旅館は数多くありますが、九份の場合は固有の建物が似ているというよりも、街そのものが『千と千尋の神隠し』に出てきそうな街並みです。
九份そのものの街並みと『千と千尋の神隠し』の世界観を比較してみると非常に似ていることがわかり、比較した結果『千と千尋の神隠し』は九份の街並みに似ていると思った方がいたのでしょう。
実際に九份を観光しなければ比較できない細かい部分はあると思いますが、観光者が提供してくれた写真による比較だけでも、九份は随分作中の街並みに似ていることがわかり、比較すると非常に酷似していることがわかります。

台湾の九份の観光には雨具を持っていくと観光が楽になる

引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/91OscinGNYL._SL1500_.jpg
『千と千尋の神隠し』のファンは作中の街並みと九份の街並みを比較するために九份に観光したいと思うかもしれませんが、九份の観光には注意点があります。
それは、九份は蒸し暑く雨が多い土地なので、観光時は雨具を用意することがおすすめなことです。雨具があることで観光が楽になり、場所を比較しながら観光するのが楽しくなると思うので、各々に適切な雨具を持って観光した方が良いですね。

台湾の中でも九份へ観光に行きたい日本人は多い

引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/31-8JSKnGkL._SX359_BO1,204,203,200_.jpg
『千と千尋の神隠し』のモデルになった場所だからか、近年は九份に行きたい日本人が多くで、台湾の中でも人気の観光地として九份という場所は日本人に人気のようです。
そのため、九份は日本人観光客も多めで現地で素敵な出会いもあると予測できるので、場所比較以外にも出会いの楽しみがあるでしょう。
同じ作品を好きな日本人同士で盛り上がり、一生の思い出をつくりたいですね。
引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/61WqYm6gu1L.jpg
台湾の九份には『千と千尋の神隠し』の風景に近い景色が見れるので、おすすめですね。
日本にも数多くのモデルが存在しますが、海外のモデルを見たい方は台湾の九份に行くのが良いでしょう。
サムネイル画像は下記より引用しました。
出典: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/51-a0XjYcQL._SX349_BO1,204,203,200_.jpg