Vhdynv9ogmznkiotu2kw

Free!

CATEGORY | Free!

【Free!・ネタバレ有】劇場版のあらすじと見どころを徹底解説!

2019.07.30

2013年から始まった水泳アニメ「Free!」シリーズ。水の美しい映像と、様々に交錯する人間模様が魅力的な本作。2019年7月現在までに上映された劇場版全作品について見どころをネタバレ紹介していきます。最新作「Free!RW」のネタバレも含まれます。

  1. 【Free!】「Free!」とは
  2. 【Free!】「映画 ハイ☆スピード!-Free! Starting Days-」のあらすじ【ネタバレ】
  3. 【Free!】「映画 ハイ☆スピード!-Free! Starting Days-」の見どころ【ネタバレ】
  4. 【Free!】「劇場版 Free!-Timeless Medley- 絆」のあらすじ【ネタバレ】
  5. 【Free!】「劇場版 Free!-Timeless Medley- 絆」の見どころ【ネタバレ】
  6. 【Free!】「劇場版 Free!-Timeless Medley- 約束」のあらすじ【ネタバレ】
  7. 【Free!】「劇場版 Free!-Timeless Medley- 約束」の見どころ【ネタバレ】
  8. 【Free!】「特別版 Free!-Take Your Marks-」のあらすじ【ネタバレ】
  9. 【Free!】「特別版 Free!-Take Your Marks-」の見どころ【ネタバレ】
  10. 【Free!】「劇場版 Free!-Road to the World-夢」のあらすじ【ネタバレ】
  11. 【Free!】「劇場版 Free!-Road to the World-夢」の見どころ【ネタバレ】
  12. 【Free!】劇場版Free!についてまとめ

「Free!」とは、小説『ハイ☆スピード』を原案にアニメ化された青春水泳アニメです。泳ぐことが好きで、水泳に才能のある七瀬遙を主人公に、幼馴染の橘真琴、高校の後輩・葉月渚、竜ヶ崎怜、かつて一緒にメドレーリレーを泳いだ松岡凛、桐嶋郁弥、椎名旭、ライバル校の山崎宗介、似鳥愛一郎、御子柴百太郎、遠野日和、お世話になった先輩・桐嶋夏也、芹沢尚、御子柴清十郎などの水泳にかける想い、絆、夢へ突き進む姿を描いた本作。

水滴ひとつひとつ、水疱や水しぶきなどの美しい映像、細かな描写が魅力的で、非常に人気の高い作品のひとつです。

中学生になった遙と真琴は、水泳自体は好きなものの、水泳部への入部は即決しませんでした。遙と同じクラスの旭にしつこく勧誘され、水泳部の部長だった夏也に誘われ、そして夏也の弟である郁弥と旭の喧嘩のすえ、巻き込まれる形でやっと水泳部へ入部したのです。

『映画 ハイ☆スピード!-Free! Starting Days-』ドラマCD「岩鳶中学水泳部 活動日誌」
価格 ¥ 2,999

今一歩他人に踏み込めない遙。変わっていく環境に、自身も変わらなければと無理をする真琴。慕っていた兄に突然突き放され、心の拠り所を失いつつあった郁弥。遙のレベル違いの泳ぎに、フリーの泳ぎ方を忘れてしまった旭。それぞれバラバラの方向を向いていた4人は、それぞれの弱さを見せ合うことで、本当のチームへと成長していきました。

映画 ハイ☆スピード!-Free! Starting Days-(初回限定版) [Blu-ray]
価格 ¥ 8,964

テレビシリーズ2期放送後に上映された劇場版第1弾「ハイ☆スピード」。遙と真琴の中学生時代を描いたもので、その後のシリーズ作品、劇場版第2弾「Free!TM」、劇場版第3弾「Free!TYM」、テレビシリーズ3期「Free!DF」、劇場版第4弾「Free!RW」をより楽しく観るためには欠かせない一作となっています。

「映画 ハイ☆スピード!-Free! Starting Days-」スペシャルイベント 岩鳶中学水泳部 記録会お疲れ様パーティー [Blu-ray]
価格 ¥ 5,729

見どころは何と言っても、高校生の遙や真琴とは違う、未熟で不安定な部分も多い中学生時代の姿ではないでしょうか。遙や真琴はもちろん、旭も郁弥も思春期真っ只中で、素直になれず感情のまま行動してしまう様子はもどかしく、また青春を謳歌しているようで非常に微笑ましい部分でもあります。

また、凛と渚と泳いだリレーが「最高のチーム」で、それ以上はないと思うと言う真琴に、「それでいい」「全部最高のチームだ」と言った旭の場面もいいシーンですよね。それぞれのチームに、それぞれ最高の絆があるのだ気づかせてくれます。このときの出来事がなければ、遙たちが高校でもリレーを泳ぐことは無かったかもしれませんね。

自分が凛を傷つけてしまったと思い、中1の冬水泳部をやめた遙。しかし、遙が水泳部をやめたことで、チームメイトの郁弥を今度は悲しませることになりました。高校で水泳部を作り、再び凛との絆を取り戻した遙は、昔から変わらず側にいてくれる真琴、高校での仲間・渚や怜との絆とても強く感じていました。

劇場版 Free! フリー Timeless Medley 絆 [レンタル落ち]
価格

今まではただ泳ぎたいからと泳いできた遙ですが、高校3年ともなると進路を決めていかなければいけません。そのなかでフリーしか泳がないと言っていた遙が、フリーを泳ぐのをやめメドレーリレーだけを泳ぐように。進む道が決められず悩む遙は、凛や真琴と喧嘩をしてしまいました。

劇場版 Free! -Timeless Medley- 絆 [Blu-ray]
価格 ¥ 5,452

「Free!TM 絆」は、3年に進級する少し前から話が始まります。冒頭の、中学時代水泳をやめてしまった遙と、それに複雑な想いを抱える郁弥のシーンや、幼児の頃からずっと側にいる遙と真琴の映像など、注目したい場面は非常に多くあります。内容としてはテレビシリーズ2期となる「Free!ES」を遙視点でまとめたものになりますよ。

劇場版 Free!-Timeless Medley-絆 ポストカードセット
価格 ¥2,300

2期の総集編のようなものではありますが、テレビシリーズに比べて、遙にとって誰かとの絆は非常に大切なのだろう、と思う部分も多くあります。いつも支えてくれる真琴や、引っ張り上げてくれる凛など、水泳と同じくらい友人や仲間のことも大切にしているのが非常によくわかります。

1期は無表情気味だった遙が笑う回数も増え、彼らが築いてきた友情が目に見える形で現れるのはいいですよね。特に冒頭の真琴と遙のシーンは、今ほど親しくない2人が、距離を縮めていく過程を距離感で上手に描いていき、次第に隣にいるのが当たり前のようになる姿が、共に歩んできた年月を感じさせますよ。

松岡凛は、かつて父が水泳で世界を目指していたことを知り、同じ夢を追いかけることを決めます。自分と同じ夢を持ってくれた凛に、父も嬉々として水泳を教えますが、彼がまだ幼いうちに漁師だった父親は事故死。帰らぬ人となってしまいました。

劇場版 Free! -Timeless Medley- 約束 [Blu-ray]
価格 ¥ 5,785

より一層強く、父の夢を追いかけることを決意した凛。中学から水泳留学でオーストラリアへ行くものの、世界の壁の高さを知り、挫折してしまいそうになります。そんな彼を救ったのは、かつての仲間である遙・真琴・渚、そして新しい仲間・怜でした。すべてを吹っ切り、鮫柄学園の3年となった凛の元に幼馴染の宗介が転校してきました。

『劇場版 Free!-Timeless Medley-』オリジナルサウンドトラック
価格 ¥ 2,340

「Free!TM 約束」は主に、「Free!ES」を凛視点で描いたものなります。テレビでは凛と遙が主体に描かれますが、本作は凛と宗介が主体に描かれていきます。一度仲間であることをやめてしまった凛と宗介の、数年越しのぶつかり合いがやはり見どころですよね。

集合 A4オリジナルクリアファイル 「劇場版 Free! -Timeless Medley-」 アニメディア 2017年7月号付録
価格

ただ、宗介と凛の大まかな部分はテレビシリーズでも見られるので、劇場版での見どころをあげると、凛の幼少期の描写や、「Free!DF」への伏線となる郁弥・旭の描写など新規で追加されたシーンではないでしょうか。

凛の父はとても子煩悩で、凛がずっと父親のことを胸に想っている理由が非常によくわかります。妹の江もとても可愛いので、是非松岡家の様子に注目したいですね。また、映画の最後で宗介が郁弥について凛に教えるシーンがあります。「遙のフリーにそっくりだった」という宗介の言葉は、郁弥を表す大事なフレーズになるので是非聞いておきたいところです。

#1 運命のチョイス!

遙の借りる部屋を探しに東京にやって来た真琴と遙。物件を探している最中、2人はスイミングスクールに通う1人の少年と出会い、成り行きから彼の泳ぎを見ることに。

#2 秘湯のクーリングダウン!

お世話になった凛と宗介に何か贈り物をしたい愛一郎。商店街の景品で温泉のペア宿泊券をゲットした似鳥と百太郎は、それを凛と宗介にプレゼントすることにします。

特別版 Free! -Take Your Marks-Blu-ray【台本付数量限定版】
価格 ¥ 7,217

#3 結束のバタフライ!

新入部員獲得のため、プロモーション映像を撮影をすることにした怜、渚、江。遙や真琴も協力し、無事に撮影は終了したものの、怜と渚は何かが足りないと考えます。

#4 旅立ちのエターナルブルー!

もうすぐオーストラリアに旅立ってしまう凛にサプライズパーティーを計画する岩鳶高校水泳部。その最中、江の行動に凛がとある勘違いをしたことで事態は思わぬ方向へと転がっていきます。

『特別版 Free! -Take Your Marks-』OP/ED主題歌「FREE-STYLE SPIRIT/タイトル未定」 (特典なし)
価格 ¥ 1,047

#1 運命のチョイス!

仲の良い鮫柄組や、3期にも登場するキャラクターの出演など、見どころはたくさんありますが、真琴のコーチシーンなどは、やはり注目しておきたいところです。物件の下見中に知り合った少年・岬の話を聞き、プールで彼に水泳を教えることにした真琴と遙。真琴は言葉で丁寧に教え、遙は泳ぎで魅せるというシーンは、2人の将来の夢への一歩を表しているようですよ。

また、遙が借りると決めた部屋の前の住人で、岬をコーチしていた人物が尚だと判明するシーンも見どころですね。

#2 秘湯のクーリングダウン!

仲良く旅行する凛、宗介、愛一郎、百太郎の姿は是非注目したいところ。凛と宗介のためにプレゼントした温泉旅行ですが、凛の実家に同じ場所の宿泊券があったことで4人での旅行となりました。百太郎が一緒ということで、だいぶ賑やかで慌ただしい旅行になりましたが、そのおかげで凛も宗介もだいぶ楽しそうにしていたのが非常に良かったです。

また、3期への伏線となる夏也と湊風館高校の登場、百太郎が宗介にプレゼントしたお守りなどにも注目したいですね。

spoon.2Di vol.34 (カドカワムック 726)
価格

#3 結束のバタフライ!

渚たちが撮影したPVはもちろんですが、PVに足りないものに気づいた怜が、映像に新しく追加したセリフが見どころになります。「Free!」シリーズは、仲間との絆を大切にし、そしてその絆を次のチーム、次の世代へと繋いでいく物語でもありますが、まさにそれを言語として形にした怜。「絆を受け継ぐ」という言葉には、彼の部長としての強い覚悟が感じられますね。

他にも旭と怜がすれ違うシーンや、旭と凛が初めて出会うシーン、そして3期から活躍する「PKH東」の名前が登場するなど、「Free!」シリーズ視聴者には楽しい場面が多くありますよ。

#4 旅立ちのエターナルブルー!

2期最終話EDのその後を描いた4話。凛の盛大な勘違いから始まる勘違いの連鎖がやはり見どころと言えるのではないでしょうか。江が百太郎と付き合っていると勘違いしたことから、凛が遙と勝負して負けたらオーストラリア行きを辞めるという話にまで至りました。完全なるギャグ回かと思いきや、最後の最後で遙の熱い想いが聞けるなど3期への良い布石となる話でした。

4話は、この後放送された3期に登場する遠野日和と郁弥の話で終わるという構成で、3期を視聴する前に是非見ておきたい話となりましたね。

大学生となった遙と真琴は東京へ上京していました。東京で岩鳶中の同級生・旭、貴澄と再会した2人は、中学時代、旭とともに一緒にリレーを泳いだ1人、郁弥のことを思い出します。郁弥も東京にいると知った遙、真琴、旭は、なんとかして郁弥に会おうと努力します。郁弥の友人・日和による妨害でなかなか郁弥と向き合えない遙たちでしたが、一緒に泳ぐことでかつての友情を取り戻すことに。

郁弥と仲直りした遙は、全日本選抜とその後に行われる世界大会へ照準を合わせていきます。オーストラリアへ行っていた凛も、全日本選抜に出場するため日本に帰国し、肩の手術を受けた宗介や、小学校の同級生・貴澄と再会。旭や郁弥、日和など、ライバル、そしてチームメイトとなり得る人々と知り合っていきます。

「Free!RW」は、テレビシリーズ第3期となる「Free!DF」を再構成し、新規カットを追加した作品です。おおまかに言えば総集編になりますが、新カットも非常に多く3期を視聴済みでも楽しめる作品となっています。見どころはその新作カットでしょう。かなり自然に入り込んでいるため、どこが3期でどこが新カットかわからないほど。

そのなかでも、貴澄の仲介により知り合うことになった、凛・宗介、旭・郁弥・日和の出会うシーンは3期視聴者にとってとても見たい場面のひとつでもあったため、映画でそのシーンが追加されたのはとてもよかったですね。

また、本編では名前と姿だけ登場し、話すシーンがなかった鳴武沢の金城楓の出番があったのも見どころのひとつ。フリーの日本記録に最も近い男と言われる楓は、今後フリー種目へと出る遙たちにとって最大の敵となるでしょう。そんな楓と、日和・郁弥の確執が描かれ、次回作で何が明かされるのか期待が高まりますね。

「ハイ☆スピード」「Free!TM」「Free!TYM」「Free!RW」と劇場版を展開してきた「Free!」シリーズ。劇場版は特に、シリーズすべて視聴している方、円盤を購入している方が楽しめるよう作られていて、総集編のようなものであっても、作品ファンとしては見逃せないですね。