B5c5aaremfabjj2zrzm7

Free!

CATEGORY | Free!

【Free!】ファンなら行きたい聖地10選!鳥取ってこんなに素敵な場所なんです!

2019.09.13

大人気の水泳アニメ「Free!」シリーズ。最終的に主人公たちは東京に行ってしまいましたが、1期『Free!』では鳥取県を舞台に話が進んでいました。本作の聖地は鳥取県岩美郡岩美町で、ここでは押さえておきたい岩美の聖地巡礼ポイントを紹介していきます。

  1. 「Free!」とは
  2. 【Free!】岩美駅【聖地】
  3. 【Free!】大岩駅【聖地】
  4. 【Free!】田後神社【聖地】
  5. 【Free!】田後港神社【聖地】
  6. 【Free!】その他田後周辺【聖地】
  7. 【Free!】浦富海岸【聖地】
  8. 【Free!】荒砂神社【聖地】
  9. 【Free!】日野神社【聖地】
  10. 【Free!】大谷海岸【聖地】
  11. 【Free!】鳥取砂丘【聖地】
  12. 『Free!』の聖地についてまとめ
[朗読劇台本付]Free! -Dive to the Future- トーク&リーディング スペシャルイベント[Blu-ray]
価格 ¥ 6,058

「Free!」とは、水泳の才能がある主人公と仲間、ライバルたちの成長と葛藤を描いた青春アニメになります。アニメ1期と、その後続いたシリーズを指す言葉ですね。

最新シリーズでは主人公たちも成長し舞台は東京中心になり、今後は世界が舞台になっていきそうな雰囲気もありますが、そもそもの始まりは鳥取にある岩鳶町。「岩鳶町」というのは架空の名前で、モデルになったのは同県の岩美という町です。アニメ放送後は岩美全体をあげてファンを迎え入れてくれました。

やはり最初の聖地といえば駅ではないでしょうか。主人公が駅を利用しないので、作中での登場はあまり多くないですが、観光で来るとき最初に訪れるであろう場所は駅になりますよね。駅を見ただけでどれだけ丁寧なロケハンをしたのかわかるようですよ。

また、映像と同じ景色はもちろんそうですが、景色の良さにも注目したいところですね。都心部では駅は建物内にあることも多く、こうして自然を感じられるような作りは開放感があり、天気のいいはとても気分が高まりそうです。キャラクターたちがどういうところに住んでいるのか見渡せるのが素敵なところでもあります。

場所:岩美駅

住所:鳥取県岩美郡岩美町大字浦富字国次809

鳥取駅方面から来た場合は、駅をひとつ戻ることになるのですが、この大岩駅にも是非立ち寄りたいですね。大岩駅は、まだ陸上部だった怜が走って学校に行くため使っていた駅になります。大岩駅から岩美駅までは3kmほどなので、動きやすい服装であれば怜のように走ったり、歩いて岩美駅を目指してもいいかもしれませんね。

また、怜が大岩駅で降りていたのは新学期始まってすぐで、非常に桜の綺麗な時期だったので、よりアニメに近い景色を撮りたい場合は春に行くのがいいでしょう。大岩駅の沿線には桜並木が続いているので、車内にいるときも景色に注目したいですね。

場所:大岩駅

住所:鳥取県岩美郡岩美町大字大谷字上赤梨子1667

遙の家の近くにある田後神社。階段下近くにある右へ行く道は、アニメでは真琴の家へいく階段ですね。鳥居の側から今にも遙が顔を出しそうです。遙や真琴の日常のワンシーンが想像できる部分で、遙たちが高校生のときはよく登場した風景でもありますので、是非押さえておきたいですね。

階段の下から見ると、真琴や他のメンバーの視点に近いですが、上から見ると遙の視点に近づくような気がしますよね。遙が先に真琴を待っていることは稀ではありますが、下へと続いていく景色は、アニメの映像など関係なく美しい風景で、是非その街並みを眺めたいところです。

場所:田後神社

住所:鳥取県岩美郡岩美町田後501

アクセス:岩美駅より岩美町営バス 田後・陸上線 田後・陸上行き「田後」下車

遙と真琴がたびたび大事な話をした場所でもある田後港神社。登る前の景色と、登りきったあと田後港をのぞむ景色は、アニメそのままなので注目したいですね。アニメと同じロケーションでの写真撮影はもちろんですが、ぜひ周りの景色にも目を向けたいところ。

写真でもわかる通り、田後港神社は高い場所にあるので、岩美の町並みと地平線をぐるっと見渡すことができます。晴天の日に行けば空と海のコントラストが非常に美しそうですね。アニメの映像通り夜に行っても綺麗そうですが、アニメで描かれているより階段が狭いので登るときは足元に十分気をつけてください。

場所:田後港神社

住所:鳥取県岩美郡岩美町大字田後496

アクセス:岩美駅より岩美町営バス 田後・陸上線 田後・陸上行き「田後」下車

江、渚、真琴が話し合っていた場所ですね。「田後公園展望台」という場所で、奥に写る田後港からわかる通り、田後港神社のすぐ近くにあります。学校帰りに見晴らしのいいところに座ってお話しするというのは、なかなかな青春の1ページですよね。

また、上記写真の奥にあるもうひとつの展望台は、「Free!ES」で渚が家出した際テントを立てようとした場所になります。屋根のある部分の左側が該当スペースですね。なかなかの広さがあるので、渚がここにテントを立てようとしたのもなんとなく頷けます。

場所:田後公園展望台付近

住所:鳥取県岩美郡岩美町大字田後509

アクセス:岩美駅より岩美町営バス 田後・陸上線 田後・陸上行き「田後」下車

浦富海岸は、遙と真琴の通学路になります。石段の上の道路は、砂浜の近くだからか、ただのアスファルトやコンクリートではなく、レンガのようなものが連なっているのが特徴。アニメでもレンガ調の道として描かれているので、是非そのシーンを見つめてみてください。

このアングルはアニメで何度か登場したものですね。通常は家へ帰るため、ひとつ上の画像のアングルで描かれる海岸シーンですが、遙と真琴が足を止め話をするシーンはその多くがこのアングルで描かれます。海水浴シーズンは海水浴客も多いですが、シーズンを外せば写真のような見晴らしのいい景色を撮ることが可能です。

場所:浦富海岸

住所:鳥取県岩美郡岩美町大字浦富

アクセス:岩美駅より岩美町営バス 田後・陸上線 田後・陸上行き「浦富海岸」下車

※「浦富」「浦富海岸口」というバス停もありますが、海岸により近いのは「浦富海岸」になります。どのバス停で降りても、海岸へ行くことは可能です。

荒砂神社は、浦富海岸のすぐ近くにある神社で、遙、真琴、渚、怜がお参りをした神社になります。2期でおみくじを引いた場所もここで、小学生時代の真琴と凛が階段に座って話していたのもこの神社ですね。常時登場というわけではありませんが、重要な場面でちょいちょい登場している神社になります。

おみくじは実際置いてあるそうなので、くじを引くことも出来ますよ。また、観光という点では、境内の裏から眺める景色が美しいのが特徴。アニメでは境内裏まで写しませんでしたが、そこをチェックしてもいいですね。

場所:荒砂神社

住所:鳥取県岩美郡岩美町浦富2475−17

アクセス:岩美駅より岩美町営バス 田後・陸上線 田後・陸上行き「浦富海岸」下車

※「浦富」「浦富海岸口」というバス停もありますが、荒砂神社にもっとも近いのは「浦富海岸」になります。どのバス停で降りても、神社へ行くことは可能です。

趣ある神社が多いのも岩美町の特徴かもしれませんね。日野神社は、「Free!ES」で登場した、凛と宗介が小学生時代アイスを食べていた場所になります。荒砂神社といい神社の階段に座るのが好きな人物たちですね。石灯籠が並ぶ参道もアニメで描かれているので撮影ポイントでもあります。

参道はなかなかの長さがありますね。その外側にある木も相まって非常に雰囲気のある道となっています。神社側から撮っても、参道の外から撮っても、非常に荘厳な風景がおさめられそうです。日中はもちろんのこと、日暮れに行くとまた違う雰囲気を味わうことができそうですね。

場所:日野神社

住所:鳥取県岩美郡岩美町大谷2181

アクセス:岩美駅より日本交通路線バス 岩美・岩井線(中央病院経由便含む) 上り(鳥取方面行き)「岩美西小学校」下車

特別版「Free!TYM」にて、遙が凛につめ寄ったシーンに使われた場所です。特別版は劇場公開だったため、テレビシリーズのみ視聴している方にはあまり馴染みのない場所かもしれませんが、遙は東京へ、凛はオーストラリアへとそれぞれ旅立つ前の、最後のすれ違いを見せたシーンに使われた場所になります。

ビーチとしても、浦富ほど観光客も多くないようで、落ち着いて雰囲気が特徴的。海水浴シーズンに行ってものんびりとできそうなのがいいところでもありますね。雲のない夜には、写真のような星空を眺めることもできますよ。夜に行くとよりアニメ映像に近い雰囲気になりますね。

場所:大谷海岸

住所:鳥取県岩美郡岩美町大字大谷911

アクセス:岩美駅より日本交通路線バス 岩美・岩井線(中央病院経由便含む) 上り(鳥取方面行き)「大谷西口」下車

鳥取といえば、という場所でもありますし、こちらも「Free!TYM」に登場した場所になります。1期のアジアンなEDを覚えている方も多いと思いますが、「Free!TYM」ではそのEDを少々変え、新歓ムービーとして撮影を行いました。広大な砂丘が本当に美しい場所ですよね。

また、アニメの映像通り、鳥取砂丘では実際にラクダに乗ることが可能です。チャッピーという名前のラクダはいないようですが、それぞれ名前も決まり、公式サイトに乗っているので、砂丘でラクダに乗りたい方は事前に調べていくといいかもしれませんね。

場所:鳥取砂丘

住所:鳥取県鳥取市福部町湯山2164−661

アクセス:車の場合は、鳥取自動車道「鳥取IC」より約20分

公共交通機関の場合は、鳥取駅より路線バス 砂丘線 鳥取砂丘行き「鳥取砂丘」下車

岩美駅の岩井線鳥取方面行きで「砂丘東口」まで行くことも可能ですが、10分ほど歩く必要があります。岩美駅から電車で鳥取駅まで向かうか、バスで「砂丘東口」まで行くかは当日の天候や時間などを参考に決めるといいかもしれません。

鳥取砂丘など岩美町ではない部分にも時間をかけずに行けるので、聖地巡礼しやすいのが「Free!」シリーズの特徴かもしれませんね。岩美町自体も観光客やコスプレに寛大な対応をしてくださっているので、まだ行ったことのない方にはオススメの場所になります。