Pdsh99qzfqvlklmptev0

七つの大罪

CATEGORY | 七つの大罪

【七つの大罪】デリエリ『十戒』のかわいい魅力を一挙大公開!

2021.06.15

七つの大罪作品では適役である十戒のメンバーの「デリエリ」。十戒メンバーの中でも特に人気で可愛いとされているデリエリですが、彼女は女神族に対して特に恨みを持つ十戒でもあります。そんな七つの大罪作品でも可愛いとされるデリエリに着目します!

  1. 【七つの大罪】デリエリとは?
  2. 【七つの大罪】デリエリの性格とは?
  3. 【七つの大罪】デリエリの強さは?
  4. 【七つの大罪】デリエリ復活後にモンスピートと行動している理由
  5. 【七つの大罪】デリエリが可愛いとされる理由とは?
  6. 【七つの大罪】デリエリと十戒
  7. 【七つの大罪】デリエリと女神族の因縁
  8. 【七つの大罪】デリエリがエリザベスを恨む理由
  9. 【七つの大罪】デリエリの口癖
  10. 【七つの大罪】メリオダスに破れるデリエリ
  11. 【七つの大罪】女神族ネロバスタをフルボッコにするデリエリ
  12. 【七つの大罪】とにかくデリエリが可愛い
  13. 【七つの大罪】メリオダスの行動に疑問を持つデリエリ
  14. 【七つの大罪】デリエリの声優「高垣彩陽」
  15. デリエリ まとめ
デリエリは七つの大罪作品の女性キャラクターの中でも特に人気のキャラクターであり、魔王直属の超精鋭部隊である「十戒」のメンバーの一人です。3000年前の聖戦時に破れ封印されておりましたが、フラウドリンによって復活します。
年齢は封印前時点で377歳とかなり年齢ですが見た目はピチピチの超イケている女性という感じですね! 見た目はオレンジ色の髪の毛にツリ目、そして何より特筆すべきなのは「裸」ということです。
もちろん全て露出しているわけではなく重要な部分は闇で隠れております。片腕が闇な理由は3000年前の戦いで片腕を失っていることが理由になります。「ケツから言って〜」という言葉を必ず口にしており結論から喋るのが口癖となっているのも特徴的です。実際に何を喋っているのかわからない部分が多いですが相方であるモンスピートが通訳を行なっていてなんとか伝わっているという事実があります。
明確なことはわかりませんが、聖戦時と聖戦後では大きくその性格は変わったと言えるかもしれません。一つに女神族に対して強い恨みを持っており自分を律することすら忘れてしまうほどに激情する場面も見られました。基本の性格は面倒くさがりという風にも思えます。「ケツから言って」という言葉通りに結論から物事を話す大雑把な性格であると見られます。
また「ん」などの言葉が多くモンスピートの通訳なしにはわからない言葉もあり、話に関しては端折る場面もしばしば見受けられます。十戒の個々メンバーに関しての情報はあくまでも個人的な推測が大いに入っておりますので、あくまでも一つの参考までに見ていただければと思います。デリエリだけで見れば「面倒臭がり」というのが一番にあげられるのではないでしょうか。
デリエリの闘級は50500であり、聖戦時の魔力がある状態では52000と圧倒的数値を誇っています。得意技は「連撃星(コンボスター)」であり、その名の通りの連撃を与える技となっております。
連続で当たることが意味をなしており、一撃ごとに20万ポンドの重さが加えられていきます。この技で50回以上耐えられることがきた人物はメリオダスと四大天使であるエルミエルのみであり相当な威力であることがわかります。
この技を見る限りデリエリが肉弾戦メインの戦いをしていることがわかります。遠距離タイプではなく近距離タイプの戦闘スタイルというわけですね。他の技に関しては今のところわかっていませんが、他にもあると思ってもいいでしょう。ただメインの技としてはこの技が挙げられることから得意なのは武力ということが一つ言えると思います。
もともとこの二人はパートナーと言ってもいいくらいに一緒にいるという感じですね。常にツーマンセルで動いている二人ですが、その理由についてはわかりません。ただ復活後、エスタロッサが戒禁を奪いに来た際の場面を見て考えるとモンスピートがデリエリを好きだということが一つ言えるかもしれません。あくまでも個人的推察ですが、戒禁の影響でその理由を話せずにいるというのが現状だと思われます。
デリエリの戒禁は「純潔」ですが、この戒禁に関しては現段階では不明です。どのような力を持っているのかも不明な段階と言えます。ただモンスピートの戒禁が沈黙ということで自分がデリエリを好きでいることを話せなかったということが一つ言えるのではないでしょうか? あくまでも個人的な見解ですが、二人の行動や言動を考えるにそうであると思われます。
デリエリが可愛いと言われる理由ですが、これに関してはおそらく見た目が一番だと思います。どの時代もセクシーな女性には惹かれるというのが男性の性でしょう。見た目がもはや全裸であり、物語をずっと見ていて若干のギャップ感というものも一つ可愛いとされる所以なのではないでしょうか? とにかく見た目が可愛いというのが一番に言えることだと個人的には思いました。
他にも喋り方や声優さんの声、そして七つの大罪では気の強い女性が人気であると思われるのでその辺りも関係していると思われます。作画的に気の強い女性の表情がとても良いというのが個人的な感想です。個人的には髪の毛が長いのが好みでした。結局モンスピートによって切られますが、短いのもアリと言えばアリですね!
十戒と言えばもはや七つの大罪ファンにとっては説明も不要でしょうが、一応付け加えて置くと、魔神王直属の精鋭部隊ということで魔神王に連なる最強の魔神族という存在です。その中の一人であるデリエリですが、デリエリは十戒の中でどのくらい強いのでしょうか? 十戒のメンバーはそれぞれがそれぞれの特殊な力があるので得手不得手というのを考えると誰が一番強いかというのは正直わかりにくいと思います。
ただ一つ言えるのは最強はおそらくゼルドリスかエスタロッサであり、その下はそれぞれに個々の能力を有しているという感じでしょうか? デリエリは純粋な戦闘能力でいうと十戒でも上位に食い込むのではないかというのが個人的な推測になります。かつて女神族の四大天使と交えて生き残っていることを考えるとその辺りが妥当だと思いました。
デリエリと女神族、特にエリザベスや四大天使とは因縁の関係にあります。それはかつて聖戦時にデリエリの姉が女神族によって拉致された際にエリザベスと交渉し、解放する約束でした。しかしながらリュドシエルの策略によって目の前で姉を含む魔神族を皆殺しにされたことが大きな要因となっています。
エリザベスは当初魔神族を解放するという約束しており、そのことを破る形となってしまったのがデリエリの恨みを買う原因となりました。
もちろんエリザベスは当初からずっと魔神族を解放すると考えていましたが結果的には騙したような形になってしまいデリエリはエリザベスをずっと恨むようになりました。この戦いで心臓と左腕を失いましたが、今でもその傷の影響を見せないほど強いというのはいうまでもありません。女神族に対してはかなりの恨みを持っているということですね。
上記でも述べたように魔神族を大量に拉致された際にまず交渉したのがエリザベスでした。エリザベスは魔神族を解放するよう働きかけるという返答をしましたが結果的にリュドシエルの画策によってエリザベスは約束を守ることができなくなってしまいました。もちろんエリザベスは解放するよう考えていましたが、騙されたと思うデリエリ。これは正直仕方ないと言えば仕方ないかもしれません。
このような経緯があってデリエリは今でもエリザベスをずっと恨み続けているというのが理由となります。本心を今更知ったところで死んでしまった姉が帰ってくることもないので結果的には恨み続けるのでしょうが、十戒にも混乱が起きている今、もしかしたらデリエリも心境の変化というものが今後あるかもしれません。エリザベスとの因縁を変える場面があるかもしれませんね。
デリエリの口癖といえば「ケツから言って」ですが、このケツというのはいうまでもありませんが、「結論」ということですね。この特徴があればこそデリエリというキャラクターが生きている一つの理由にもなると個人的に考えます。キャラクターにはそれぞれ特徴がありますが、この口癖というものは七つの大罪では珍しい設定だと思います。
他のアニメではそれなりに口癖というものを重要視していますが、七つの大罪ではそこまで口癖に執着してないだけにちょっと珍しいキャラクターと言ってもいいでしょう。そしてこの口癖がある意味このデリエリを有名にしたと言ってもいいと思います。声優さんの演技力がすごいというものありますが、かなり耳に残る声であることは間違いないでしょう!
大喧嘩祭りでメリオダスを殺すことに成功はしますが、永遠の生という呪いをかけられたメリオダスは再び復活します。そして復活して以前の力を取り戻したメリオダスによってモンスピートと共にフルカウンターで吹き飛ばされてしまいます。結果的にはメリオダスに破れたという形になりました。死んではいませんが、十戒の統率者であるメリオダスによって簡単に負けたということになりますね。
そして吹き飛ばされた後、飛ばされた先の村で服を着て生活し生き延びていくことになります。フルカウンターを食らって行方をくらましたと言ってもいいかもしれません。十戒の当初の目的は魔力を得てこの世界を再び支配することだったのですが、結果的に十戒はバラバラとなりつつあります。モンスピートと共に村でこじんまりと暮らしている様はちょっと意外な光景でした。
女神族に対して強い恨みを持っていることはもう述べてきましたが、この女神族というものに対しては躊躇がないということが一つわかったことでした。女神族であるネロバスタと出会った際はなんのためらいもなく簡単に殺してしまうという場面があったことからそれだけ女神族に対しての恨みが莫大であるかということがわかります。
十戒の戦い方は戦いというものを正直楽しんでいるところが大きいですが、女神族に対しては一切の手加減や遊びはなく、圧倒的な力で殺したところを見るとデリエリがどれだけ女神族を恨んでいるかがわかります。
しかしながらエリザベスに対してはすぐに手を出しませんでした。これは正直驚きでもありましが、通常普通に戦っていれば確実にデリエリが勝っていたので物語上そうしたと考えるのが自然かもしれませんね!
デリエリが当初登場した時からデリエリの人気はうなぎ登りと言ってもいいでしょう。個人的にも七つの大罪キャラクターのなかで1、2を争うほどの可愛さだと思います。これは正直個人的な意見ではありますが、キャラクター性というものが珍しいと言ってもいいかもしれません。人間味がある人物よりもアニメチックな人物の方がアニメファンからは支持が大きいと個人的に解釈しております。
メリオダスのフルカウンターで吹き飛ばされたデリエリたちですが、なぜメリオダスが自分たちを殺さなかったのか?ということに対して疑問をもっていました。デリエリを含めて十戒のメンバーの心境が少しずつ変わってきているというのが現段階の作品の内容であることがわかります。
高垣彩陽(たかがきあやひ)さん、1985年10月25日生まれ、東京都出身、ミュージックレイン所属の超人気声優さんです。声優業だけでなくボーカルユニットである「スフィア」のメンバーでもあります。絶大な人気を誇るスフィアは超人気声優のユニットであり、今でもその人気は衰えません。声優としてもとても特徴的な声の持ち主でどの作品でも人気を博しております。
いかがでしたでしょうか? 今回は十戒のメンバーの一人であるデリエリについて綴ってきました。現在のアニメではまだ登場が少ないですが、今後アニメでもどんどん登場することになると思いますので、今後のアニメの展開に期待ですね!
サムネイル画像は下記より引用しました。
出典: https://www.instagram.com/p/BiSDAxigbio/?tagged=%E3%83%87%E3%83%AA%E3%82%A8%E3%83%AA