Z3npmom7hm6jz3s5rk90

HUNTER×HUNTER

CATEGORY | HUNTER×HUNTER

【ハンターハンター】センリツの腕の秘密とは?戦闘能力などキャラクター紹介!

2018.05.20

初登場時の外見から多くのハンターハンターの読者を勘違いさせたキャラクターといえばセンリツでしょう。彼女は読み進めることに目が離せなくなる魅力を持っているといえます。ハンターハンターの中でも人気のあるキャラクターでもあるセンリツについて紹介していきます。

  1. 【ハンターハンター】センリツとは
  2. 【ハンターハンター】知れば好きになる?センリツの人物像
  3. 【ハンターハンター】深い事情があった。センリツの姿について
  4. 【ハンターハンター】呪いの悲惨さを物語るセンリツの腕
  5. 【ハンターハンター】センリツの念能力とは
  6. 【ハンターハンター】センリツの念能力「癒やしの演奏」
  7. 【ハンターハンター】すごいのは念能力だけじゃない。センリツの脅威的な聴覚
  8. 【ハンターハンター】センリツとクラピカとの関係
  9. アニメ「ハンターハンター」。センリツを担当した声優は?
  10. まとめ
大人輝漫画ハンターハンターのファンの中でも多くの人間の記憶の中に深く印象付けられているキャラクターの一人といえば今回紹介するセンリツというキャラクターではないでしょうか。特徴のある外見とは反した性格だけに限らず数多くの印象とのギャップをハンターハンターのファンたちの間に見せつけたキャラクターと言えます。
ハンターハンターの世界では有力なマフィア組織として知られているのノストラード組の娘の護衛団としてハンターハンターに登場したセンリツですが、初登場時の印象から考えると今のようにハンターハンターのファンたちの間で語られるほどのキャラクターになるとは想像もできませんでした。そんなセンリツというキャラクターの魅力や作中で語られる設定について紹介していきます。
今回紹介していくセンリツというキャラクターについて触れていく上で切っても切り離せない重要な部分といえばやはりセンリツの外見でしょう。センリツの外見を語る上でまず始めに目につくのがハゲかかった頭とネズミのように出っ張った前歯です。センリツの身長はまるで子供のように小さく、初めに触れた外見的特徴から初登場時のセンリツは少し不気味な印象をハンターハンターのファン達に植え付けたように思えます。
センリツはまるで悪役として登場したような風貌ですが、その外見的特徴から反してセンリツの性格はとても穏やかで機敏に相手の心を読み取り気を配る心優しい性格をしています。そんな外見と性格のギャップがハンターハンターのファンの記憶に深く印象付ける要因となったのではないでしょうか。さらに衝撃的な事実としてセンリツは男性ではなく女性としてハンターハンターの作中に登場します。
初登場と同時にハンターハンターのファンたちの間に衝撃を走らせたセンリツの外見に関してですが、これは決して作者が受けを狙って考えたというわけではありません。センリツが女性でありながらそのような醜い外見として登場したのには深い理由があります。
センリツの外見は昔から今のような状態だったというわけではなくある理由により今のような醜い外見に変化されました。センリツの外見を醜く変えた原因とされているのがハンターハンターの世界に存在する魔王という人物が作った闇のソナタという音楽です。
通称、呪いの独奏器楽曲と言われておりこの音楽を演奏または聞いてしまうと呪いにかかってしまいます。その呪いというのがセンリツの醜悪な外見であり、センリツは自分のような被害者を増やさないためにこの闇のソナタという楽曲を探しています。
センリツの外見を醜悪に変えてしまった原因とされている闇のソナタの呪いが如実に表れているのがセンリツの腕でしょう。センリツの腕は闇のソナタの呪いにより目も当てられないほどの醜悪なものに変えられてしまいました。その醜悪さはハンターハンターの作中においてセンリツの腕が露見された際にあの人気キャラクターの一人でもあるクラピカが思わず嫌悪感を顔に出すほどです。
そのような理由からセンリツは自身の腕を公衆の面前にさらすことを避けており、普段は全身が隠れるほどの長いコートを羽織っています。闇のソナタを聞いたのが短時間だったためセンリツはその程度で済んでいますが闇のソナタを演奏したセンリツの友人は全身がセンリツの腕と同じように変化し悶絶死しています。
ハンターハンターの作中において登場する事にセンリツの心優しい面が描かれていきその外見とのギャップやそうなってしまった経緯から多くのハンターハンターのファンが登場と共に気になるキャラクターとして認識したのではないでしょうか。そんなセンリツの念能力はセンリツの心優しい性格が反映しているかのような念能力です
ハンターハンターの作中においてミュージックハンターという肩書きを持っているセンリツはその肩書きの通り念能力を音楽に見立てて使用します。あえて分別するとすれば放出系の念能力と思われます。
センリツの心優しい性格が反映されている念能力とは、楽器を使って対象の疲労や体力を回復するというものです。作中においてはっきりとした名前は登場していませんが、多くのハンターハンターのファンたちの間では「癒しの演奏」と言われています。
センリツの使う念能力癒しの演奏とはその名前の通りセンリツが楽器を通して演奏した音を聞くと疲労や体力が回復します。演奏に使う楽器に関しては限定されていませんが、ハンターハンターの作中においてセンリツはこの念能力を使う際にフルートという楽器を使っています。相手に危害を与えるような戦闘力はないもののまさにセンリツの性格を反映させた素晴らしい念能力だと言えます。
ハンターハンターの作中において念能力だけではなく純粋な身体能力がずば抜けて高いキャラクターというのはたくさん登場しています。今回紹介するセンリツというキャラクターもその一人であり、一般人とは一線を画す超人的な身体的能力をひとつ持っています。
戦慄だけが持つ超人的な身体能力とは簡単に説明すると驚異的なほどの聴覚です。戦慄の聴覚は一般人と比べるとずば抜けて高く会話の盗聴や足音から人を判別することもできます。また、心臓の鼓動から他人の心理状態や性格をある程度読み取ることもできます。
ハンターハンターの作中においてセンリツが好きなハンターハンターのファンたちが特に気に入っていると言われているのがクラピカとの絶妙な関係性だと思われます。お金のつながりという淡白な関係性が多いハンターハンターの作中の中でもセンリツとクラピカの関係性は親密というほどでもなく淡白というわけでもない、いじらしいような関係性を保っているように見られます。
後を引くようなものではなくあっさりとした淡白な繋がりが多いハンターハンターの作中の中でもクラピカは特に相手を深く信用しないキャラクターといえます。そんなクラピカですがセンリツにだけは一定の信頼を置いており、数少ない信用できる同僚としてセンリツにしか見せない気を許した表情をしています。
初登場時の外見やその後のクラピカとの絶妙な関係性からハンターハンターのファンたちの間で人気となったセンリツですが、ハンターハンターがアニメ化された際にセンリツを担当した声優の方は二人います。1999年に放送されたハンターハンターのアニメではTARAKOさんという方がセンリツを担当しました。
TARAKOさんはハンターハンターのセンリツだけでなく、主にギャグキャラや動物キャラを声優として担当することが多く、代表的な主演作はあの国民的アニメのちびまる子ちゃんのまる子役です。しかし、落ち着いた雰囲気の女性キャラクターを演じることもあり、アニメによって印象が変わる声優と言えます。
2011年に放送されたハンターハンターのアニメでは冨永みーなさんという声優がセンリツを担当しました。冨永みーなさんは子役タレントとしても活動した経歴があり演技派声優として知られています。TARAKOさんと同じように演じ分けをしっかりとできる声優で、センリツ以外にも磯野カツオやアンパンマンのドキンちゃんを担当した声優として有名です。
特徴的な外見から初登場時にはハンターハンターのファン達に強烈なインパクトを与えた旋律ですが、ハンターハンターの作中に登場するごとに心優しい性格やクラピカとの関係性から数多くのファンを虜にしたキャラクターといえます。そんなセンリツはハンターハンターの新章でもある暗黒大陸編にも登場しており今後の活躍が気になります。