M1kyx1vsdwjllahgb7wb

攻殻機動隊

CATEGORY | 攻殻機動隊

攻殻機動隊を見る順番は?シリーズを楽しむオススメな見方をまとめてみました!

2018.05.26

まるで未来を描いているかのような独特の世界観で世界中の人々を魅了し、色褪せることなく今でも人気を誇っている『攻殻機動隊』。見てみたい!と思ってもシリーズが多すぎて見る順番が分からなくなっていませんか?今回は攻殻機動隊シリーズの見る順番をまとめました!

  1. 見る順番の前に!攻殻機動隊とは
  2. 見る順番の前に!『攻殻機動隊』のあらすじ
  3. 見る順番の前に!公安9課(攻殻機動隊)とは
  4. 公安9課(攻殻機動隊)の構成員
  5. 公安9課(攻殻機動隊)の構成員
  6. 攻殻機動隊を見る順番
  7. 【見る順番①】攻殻機動隊STAND ALONE COMPLEX
  8. 【見る順番】第2作となる『攻殻機動隊S.A.C. 2nd GIG』
  9. 【見る順番】攻殻機動隊 STAND ALONE COMPLEX Solid State Sosiety
  10. 【見る順番】攻殻機動隊STAND ALONE COMPLEX The Laughing Man
  11. 【見る順番】攻殻機動隊S.A.C. 2nd GIG Individual Eleven』
  12. 【見る順番】劇場版『GHOST IN THE SHELL/攻殻機動隊』
  13. 【見る順番】イノセンス
  14. 【見る順番】攻殻機動隊ARISE border:1 Ghost Pain
  15. 【見る順番】攻殻機動隊ARISE border:2 Ghost Whispers
  16. 【見る順番】攻殻機動隊ARISE border:3 Ghost Tears
  17. 【見る順番】攻殻機動隊ARISE borser:4 Ghost Stands Alone
  18. 【見る順番】攻殻機動隊 新劇場版
  19. 【見る順番】原作となるコミックへ
  20. 最後に
攻殻機動隊とは、1989年から連載が始まった四郎正宗さん原作の漫画作品です。1995年には劇場版アニメーションとなる攻殻機動隊が公開され、2002年にはテレビアニメ版攻殻機動隊が放送されました。今では幅広い年齢層に支持される世界的に人気の作品の一つとなっています。
時は21世紀、日本では科学技術が飛躍的に高上化し、その中でも電脳化技術と義体化技術が発展・普及していました。その結果、多くの人々が電脳によって直接インターネットにアクセス可能となった時代が到来し、生身の人間、電脳化した人間、アンドロイド、サイボーグが混在し犇めく社会となりました。
『攻殻機動隊』はこの社会で巻き起こる様々な犯罪を事前に察知し、被害を最小限に防ぐ『公安9課(通称:攻殻機動隊)』の活躍を描いた物語です。
公安9課(通称:攻殻機動隊)とは、2029年に設立された内務省直属のテロに対する攻性組織です。この組織を悦率する際の予算申請の名目は国際救助隊であり、秘密組織となっています。以上犯罪や国民に大きな影響を与える犯罪などを捜査や警備や要人警護なども担う総合的な防諜機関であり、少数精鋭のスペシャリストで構成されています。
公安9課の創設者であり課長の荒巻大輔の信念である『犯罪に対して常に攻性である』ということがそのまま公安9課の特色となっており、事前に犯罪の芽を察知して被害を最小限に防ぐことで犯罪の芽を摘んでいきます。そのため、平和のために武力を持って成し遂げることも辞さず、超法規的な権限と戦闘能力を行使しています。
公安9課のメンバーは電脳戦や情報戦に精通した人物で構成され、個々が得意としている分野もそれぞれ異なります。もちろん電脳戦や情報戦だけでなく、物理戦闘においても優れた戦闘能力を発揮するオールマイティが揃っています。
また、非公開組織である公安9課のメンバーは民間の警備会社の社員ということになっており、警察やそのほかの組織からは都市伝説のように扱われています。事件状況や事件現場によっては公安や警察と名乗り、平時でも拳銃の所持や逮捕権などが認められています。

荒巻大輔

荒巻大輔は公安9課の部長であり、この組織の創設者です。公安9課設立以前は陸上自衛軍の情報部に所属しており、脱軍した今でも内部に太いパイプを有しています。陸自にいた経験から戦術などの軍事的な知識や指揮能力に長けており、事件によっては現場に直接赴き作戦の指揮を執っています。
自身の正義と信念を強く持つ実直な性格の持ち主で、どんな巨悪にも立ち向かい敗れることはありません。また、草薙素子の才能に心酔しており、彼女の事は『エスパーよりも貴重な存在』だと評価しています。

草薙素子

公安9課の実質的なリーダーである草薙素子は、脳と脊髄の一部を除く全身を義体化したサイボーグの女性です。義体使いの腕前は世界屈指のものであり、戦闘から捜査に至るまで突出した才能を発揮します。また、事件解決のためならば非合法的な手段を用いることを躊躇わない冷静沈着な性格の持ち主です。
草薙素子は直感による判断を『ゴーストの囁き』と呼んでおり、攻殻機動隊全シリーズにおける草薙素子のメインフレーズとなっています。

バトー

Xhqdb8vpm4qlskbg9qdz
引用: https://www.instagram.com/p/Bh3S4GEnViV/?tagged=batou
肉体のほとんどを義体化した眼鏡のような義眼が特徴的な公安9課の男性メンバーです。公安9課に所属する以前は陸上自衛軍のレンジャー部隊に所属しており、両目の義眼はその頃の名残だそうです。
筋トレが趣味のごっつい身体とは裏腹にその中身はひょうきん者であり、とても人間味に溢れています。攻殻機動隊SACシリーズでは機械に深く愛情を注いでおり、タチコマに対して高級オイルを与えるなど道具以上の感情を抱いています。

トグサ

元警視庁捜査1課特別版の刑事であり、課内で唯一の妻帯者です。そして課員の中で最も義体化率が低いトグサは脳の一部電脳化している程度。元々刑事であったため戦闘経験の少なく戦闘力は高くはないですが、情報収集力や推察力、直観力はとても優れています。

イシカワ

イシカワは公安9課に所属する身長180cmの電脳戦のエキスパートです。元軍人であり、公安9課のリーダー的存在の素子とはその頃から付き合いがあり、彼女のことを『戦闘の天才』と評価しています。自身のことを『老体』と称しているため公安9課のメンバーでは高齢な方であり、作中では副業として『老人の暇つぶし』となっているパチンコ屋を経営しています。

サイトー

トグサの次に義体化率の低い、公安9課に所属する狙撃のプロフェッショナルです。その義体化部位は電脳化と左腕、左目のみとなっています。スナイパーらしい冷静沈着な性格であり言葉数は少な目ですが、『ARISE』では一変してギャンブル大好き男になっています。大戦後に電脳空間で電脳ギャンブル漬けとなり素子に病気扱いされました。

パズ

パズはほぼ全身を義体化していますが、情報収集や内偵調査を得意とする公安9課のクールな愛煙家です。戦闘力も相当高く、時には前衛に出て荒仕事もこなすオールラウンダーです。しかし大の女好きであり、『同じ女とは2度と寝ない主義』を持つパズは元恋人に事件に巻き込まれ危うく死にかけたことも。

ボーマ

ボーマは公安9課に所属し、バトーに良く似た義眼を持つスキンヘッドの大男です。ゴリゴリの武闘派だと思わせる外見とは異なり電脳戦を得意とするボーマは、作戦中はイシカワと共に情報収集に従事しています。その反面、荒仕事も普通にこなせるボーマは時には公安9課にとって邪魔になる人物を車で轢いて始末するといった汚れ仕事もこなします。

タチコマ

タチコマは公安9課が運用している思考戦車です。AIを搭載しているので自らで思考し、自律的に行動が出来る多脚戦車のタチコマは、その内臓されているAIがとても幼くとても可愛いのが特徴です。特2バトー専用のタチコマはバトーが与える高級オイルによってAIが進化しています。
原作となるコミック、テレビアニメ、劇場版と3種類が存在する攻殻機動隊。しかしテレビアニメ版攻殻機動隊と劇場版攻殻機動隊では監督が異なる為、ちょっと違う雰囲気となっています。そしてそれぞれに登場するキャラクターたちの設定や時代背景なども異なってきます。『攻殻機動隊』のオススメの見方を見ていきましょう!
攻殻機動隊の原作はコミックですが、やはり映像で見ると結構わかりやすいかと思います。なのでまず初めに見るおすすめははテレビアニメ版攻殻機動隊の第1作目となる『攻殻機動隊STAND ALONE COMPLEX』です。
西暦2030年を舞台とした作品であり、他のシリーズで登場する『七色の人形遣い』と本作の主人公である草薙素子が出会わなかった世界という設定となっています。この作品は1話完結編と『笑い男事件』編で構成されています。
次に見るのはテレビアニメ版シリーズ第2作品目となる『攻殻機動隊S.A.C 2nd GIG(セカントギグ)』です。S.A.C.から2年が経った西暦2032年が舞台となり、S.A.C.の時に解散の危機となった公安9課のメンバーが再結集してからのストーリーとなっています。
個別の11人事件を中心に描かれており、クゼによる『革命』なども描かれています。また、本作での登場人物はS.A.C.と変わらないメンバーが登場しています。
Ri79qf3vpd3hafrwwa1v
引用: https://www.instagram.com/p/BjCmwz-B_lJ/?tagged=%E6%94%BB%E6%AE%BB%E6%A9%9F%E5%8B%95%E9%9A%8A
続いてはテレビアニメ版攻殻機動隊の第3作品目となる『攻殻機動隊 STAND ALONE COMPLEX Solid State Sosiety(ソリッドステートソサエティ)』です。長いのでこちらも省略して『S.A.C.SSS』と呼ばれています。
S.A.C. 2nd GIGからさらに2年後となる2034年が舞台です。前作で草薙素子が失踪してから2年後、トグサが公安9課を率いてメンバーも増員された新生公安9課による超ウィザードハッカー『傀儡回し』の追跡が描かれており、この傀儡回しの正体が草薙素子ではないかと疑がわれはじめます。
テレビアニメ版第4作品目となる『攻殻機動隊STAND ALONE COMPLEX Laughing Man』では西暦2030年が舞台となり、前作の続きではありません。
この作品では『攻殻機動隊STAND ALONE COMPLEX』の代名詞とも言える『笑い男事件』が遂に完結します。複数の模倣犯が出現したこの事件は、世間の裏に隠された警察や政治組織の巨悪を暴こうとした『アオイ』一人の青年の物語。アオイが6年前に瀬良野社長を誘拐した事件の真相がここで明らかになります。
テレビアニメ版第5作品目となる『攻殻機動隊S.A.C. 2nd GIG Individual Eleven』は、前作の『The Laughing Man』に続き、過去の事件を一つの映像としてまとめた総集編になっています。
『攻殻機動隊S.A.C. 2nd GIG Individual Eleven』では『個別の11人事件』を再構築した内容となっており、アクション濃度がアップされ、『もう一つの個別の11人事件』というシナリオになっています。テレビシリーズを色濃く残して制作された『The Laughing Man』とは異なり、本作は大胆な編集が施されました。
アニメ版攻殻機動隊である程度ストーリーや設定について理解したあとに見ると良いのが劇場版攻殻機動隊です。この作品は原作となるコミックの第1巻を原作として制作され、『草薙素子が人形遣いと出会ったら』というパラレルワールドで物語が展開されています。
2008年には押井監督の新作映画上映記念として本作がリニューアルされ、『攻殻機動隊2.0』が公開されました。作品の一部分が3DCGに変更され、全体的な色調やサウンドなどもリニューアルされました。
劇場版攻殻機動隊の第2作品目となるのがこの『イノセンス』。タイトルに『攻殻機動隊』が入っていませんが、前作の『GHOST IN THE SHELL』の続編となっています。
公安9課(攻殻機動隊)の少佐である草薙素子が失踪してから2年が経過した西暦2034年を舞台にした物語となっており、本作の主人公であるバトーはトグサとともに事件の捜査に向かいます。
続いては劇場版の新たなシリーズとなる『攻殻機動隊ARISE』です。『攻殻機動隊ARISE』は60分の短編で構成されており、主人公の草薙素子が公安9課(攻殻機動隊)に所属する以前に所属していた『陸軍義体化部隊【501機関】』に居た頃が描かれています。
『殻機動隊ARISE border:1 Ghost Pain』では西暦2027年を舞台とし、自走地雷を用いた爆殺事件と兵器売買の収賄容疑が掛かった軍人が殺害された事件を草薙素子が追うストーリーとなっています。
ARISEシリーズ第2作品目となる『攻殻機動隊ARISE border:2 Ghost Whispers』では、前作の時に所属していた『501機関』から独立を果たした草薙素子が描かれています。
『501機関』から独立を果たした草薙素子は軍内部である程度の自由を獲得し、その後公安9課(攻殻機動隊)の荒巻大輔から9課へ所属しないかと勧誘されましたが草薙素子はこの誘いを断りました。そして草薙素子は人工知能(AI)を搭載したロジコマを輸送している際に武装集団に襲われてしまいます。
ARISEシリーズの第3作目となる『攻殻機動隊ARISE border:3 Ghost Tears』では遂に草薙素子が公安9課(攻殻機動隊)のメンバーと仲間になり活動していきます。
恋人と休暇中であった草薙素子にバトーから爆弾テロを知られる連絡が入ります。現場は制圧したものの主犯である人物の胸にはテロリストのシンボルが刻まれており、同じ頃ダムでも爆発が発生。草薙素子たちはこの2つの事件に潜む水企業の陰謀を追っていきます。
ARISEシリーズの最終章となる作品です。戦後復興の兆しが見え始めた2028年に警備機動隊による無差別発砲事件が発生します。
『ファイヤー・スターター』が引き起こした無差別発砲事件の解決に挑む公安9課(攻殻機動隊)のメンバーの活躍と事件の裏に潜む少女と男の謎が描かれています。シリーズ最終章に相応しい壮絶なラスト展開が見どころの作品です。
そして最後は最新作となる『攻殻機動隊 新劇場版』へと繋がります。攻殻機動隊ARISEシリーズの完結編ともいえるこの作品はARISEの世界観を引き継いでおり、シリーズで発生した謎が解けるストーリーとなっています。
『攻殻機動隊 新劇場版』では2029年が舞台となり、総理大臣殺人の事件を草薙素子やバトー、トグサが捜査を開始します。通称・攻殻機動隊と呼ばれる組織の起源や、超絶ハッカースキルを有する全身義体のサイボーグ・草薙素子の出生秘話などが描かれています。
テレビアニメ版と劇場版を見終わった後は原作となるコミックにチャレンジしてみましょう。攻殻機動隊は原作、アニメ、劇場版とそれぞれのキャラクターの色付けが異なっており、原作を下敷きに制作されてはいますが別物だと言える作品となっています。攻殻機動隊の原点となる世界観にもっと触れたい人は是非原作コミックをご覧になってみてください。
今回はたくさんシリーズが出ている攻殻機動隊の見方についてご紹介させていただきました。シリーズが多すぎてはじめて見るという方には順番が難しい作品ですが、まるで未来を見てきたかのような世界観に魅了されること間違いなし!数が多いのですべて見るにも結構時間がかかるかと思いますが、是非一度『攻殻機動隊』をご覧になってみてはいかがでしょうか。
サムネイル画像は下記より引用しました。
出典: https://www.instagram.com/p/Bh58CrqDpvt/?tagged=%E6%94%BB%E6%AE%BB%E6%A9%9F%E5%8B%95%E9%9A%8A