2018年09月02日 UPDATE

【艦これ】赤城は加賀と仲良し?レシピやフィギュア情報も大公開!

大ヒットをかました人気ゲーム、またアニメや劇場版でもさらにヒートした作品である「艦これ(艦隊これくしょん)」に登場する艦娘の一人である「赤城」。艦これでは序盤で手に入る数少ない正規空母である赤城について今回はじっくりと見ていこうと思います!

目次

  1. 【艦これ】赤城とは?
  2. 【艦これ】赤城のモチーフとなった戦艦とは?
  3. 【艦これ】序盤で入手できる正規空母「赤城」
  4. 【艦これ】赤城は大食らい?
  5. 【艦これ】さらに食っちゃ寝キャラになった赤城
  6. 【艦これ】色々とネタにされている赤城さん
  7. 【艦これ】赤城とボーキサイトについて
  8. 【艦これ】赤城の様々なイメージについて
  9. 【艦これ】追加ボイスで腹ペコキャラ認定になる赤城
  10. 【艦これ】赤城と加賀について
  11. 【艦これ】アニメでも赤城は大食いだった
  12. 【艦これ】アニメ放送前の赤城のPVについて
  13. 【艦これ】限定グラフィックでもご飯が外せない赤城さん
  14. 【艦これ】赤城のケッコンカッコカリについて
  15. 【艦これ】赤城の知らない子
  16. 【艦これ】赤城と瓜二つの「大和煮さん」
  17. 【艦これ】赤城のレシピについて
  18. 【艦これ】赤城のフィギュア
  19. 【艦これ】赤城の声優「藤田咲」
  20. 【艦これ】赤城 まとめ

【艦これ】赤城とは?

赤城は、あの大人気ゲーム、およびアニメ作品の「艦これ(艦隊これくしょん)」に登場するキャラクターの一人であり、正規空母でもある人物です。当初の設定で他のキャラクターのお姉さん的存在という立ち位置で作られたキャラクターとなります。艦名は「赤城」、図鑑No.6であり、艦級は「赤城型1番艦」(正確には天井型2番艦)、艦種は正規空母となっております。

後輩から慕われるとても優しい艦娘であり、空母機動部隊の旗艦でもある航空母艦です。タグ付けとしては戦艦といよりは赤城でのタグが多いとされております。見た目は和服、弓道着のような格好で加賀と並んで描かれることが多いキャラクーでもあります。相棒的存在の加賀と色違いの衣装を身に付いていると言ってもいいでしょう。

見た目的にも年齢はお姉さん的な年齢であると推測され、主人公である吹雪の憧れの存在という位置付けになっております。加賀からもどちらかというと頼れる人物として見られていると言ってもおかしくはないと個人的には思います。あくまでも個人的な感想ですので、一つの参考として見ていただければと思います。

【艦これ】赤城のモチーフとなった戦艦とは?

赤城のモチーフとなったのは旧日本海軍が所有する、歴史でも有名なあの「空母 赤城」となっております。赤城という名前は群馬県の赤城山というところから取っているとされております。元々は八八艦隊、巡洋戦艦の「天城」の姉妹艦として製造される予定だったのが、ワシントン海軍軍縮条約によって空母に改造されることになったという経緯があります。

かの有名な戦艦長門よりも巨体であり、巡洋戦艦並みの速度を身につけた航空母艦であり、初めは三段空母となる予定が改造によって一団となった経緯もあります。同じ改造を施された加賀とは違い、対空砲が旧式であったことや艦橋を左中央に設計したのが失敗であったと言われております。太平洋戦争において大きな戦績を挙げており、最後のミッドウェー海戦で撃沈されるまでは大きな活躍をしておりました。

【艦これ】序盤で入手できる正規空母「赤城」

赤城は艦これにおいての正規空母入手では序盤での任務報酬にて入手が可能となっており、正規空母の中では一番最初に入手できるものと言っても過言ではないでしょう。艦これでは一番身近な航空母艦であると言ってもいいと思います。だた、一体目の入手は簡単ですが、二体目以降はかなり難易度が上がりレア度も相当高く「ホロ」となっております。

史実上ではかなりの名母艦であっただけに序盤から投入したのであると個人的には考えております。正規空母を身近に感じてもらおうという運営の考えであったのかもしれません。入手した時点での構成に関してはよくても重巡洋艦が基本となる艦隊編成となるので、他と比べると圧倒的火力であることがわかります。序盤では貴重な戦力と言ってもいいでしょうね。

【艦これ】赤城は大食らい?

正規空母は艦船の中でも最大級の火力を誇っておりますが、その分資源の消費量が著しく激しい他にドックの占拠時間というのも他のものとは比べ物にならないほどとなっております。このことから正規空母の燃費の悪さというものを「大食らい」というイメージに変えて定着し、その大食らいというものでのネタが多数存在しているのも事実です。

これに関してはゲーム作品では初期プレイヤーからのイメージが特に強く「大食らいすぎる」というところが大きく声が上がっている部分です。ただその分火力や防御力と言った面に関しては他よりもはるかに上であるのは確かです。さらにゲーム作品だけでなくアニメ作品でもこの「大食らい」というものの描写があり、作品全体で「空母=大食らい」という設定になりました。

【艦これ】さらに食っちゃ寝キャラになった赤城

上記のことを踏まえて正規空母でも特に筆頭している赤城が大食艦と呼ばれるようになり、赤城=食べるというイメージが定着しました。またその他にも赤城の名台詞として「一航戦、赤城、出ます」というセリフが改変され「一航戦、赤城、寝ます」というものになったため、さらに「食べて、寝る=食っちゃ寝」キャラというものが付け加えられました。

ただこれは赤城だけに限らず、同等の空母や艦も存在することが挙げられます。なので赤城だけが高コストで燃費が悪く「大食らい&食っちゃ寝」であるというわけではありません。しかし一番イメージが最初に定着したのが赤城であるということや他の正規空母や戦艦が珍しくレアで入手困難であるため、序盤で入手できる赤城に定着したと思われます。

【艦これ】色々とネタにされている赤城さん

基本的に上記のイメージが強いということから4コマ漫画を初めとし、様々なところでネタにされいじられている部分があります。これも赤城というキャラクターの性なのかもしれません。しかしこれは悪い意味ではなく、キャラクターを愛しているからこそであり、かわいいとされているからこそ、ここまで表立ってネタになっているのだと思われます。

あくまでも個人的な見解ではありますが、私自身赤城やそれと相棒的な存在である加賀もかなり好きなキャラクターですので、ファンが多いだけにネタにされることも多いのだと個人的には感じております。決して悪い意味で言われているのではないと思われます。ネタにされるということはそれだけ皆に知れ渡っているということでもありますね。

【艦これ】赤城とボーキサイトについて

赤城に関することで挙げられることの一つとして「ボーキサイト」というものがあります。ボーキサイト自体は作中では特に珍しいものではありませんが、戦艦とは違いボーキサイトを食うのが正規空母になります。さらに初期ではバグが度々あり、1−1で駆逐艦相手に謎のボーキサイトが大量に吹っ飛ぶというバグがあったり・・・また紫電改二と震電改というものの性能面が通常通り発揮されることなくボーキが吹き飛ぶというものがありました。

このボーキサイトに関してですが、作中では「食べる」とよく表現されております。実際には食べるものではなく「素材や資源」として使用することになっておりますが、表現として「食う」ということが言われており、そのせいなのかアニメでは幻のボーキサイトというものが出てきたり、食べるような描写がありました。実際は食べるものではありません(人体にとってとても有害なものです)。

【艦これ】赤城の様々なイメージについて

当初、赤城は「皆から慕われているしっかり者のお姉さん的存在」というものが基本設定でした。その設定と同じく正規空母という立ち位置と発せられるボイスなどから真面目なリーダー的存在のお姉さんというものが定着しました。同じくして「大食らい」というのもオマケで付いてくるのは致し方ないことではありますが、基本は設定と変わりないといえます。

さらに個々の提督によっては「素敵なお姉さん」だったり「誰にでも優しいけれど自らを戒める赤城姉さん」、また任務系のセリフが多いことから「戦闘にしか興味がない赤城姉さん」など様々あります。その中でもやはり多かったのが、食べるということでありそれにちなんで「食べるのも作るのもいける(大量)艦娘」というものがあります。

【艦これ】追加ボイスで腹ペコキャラ認定になる赤城

2014年7月18日に念願の追加ボイスがあり、空母ボイス、補給ボイスや2014年の夏季イベントである「AL作戦/MI作戦」の期間限定ボイスが実装されました。期間限定のボイスはかなり貴重なものとなっており、普段は凛としていてリーダー的存在で怖いものなどないというしっかりしたボイスが基本なのですが、迫り来る作戦に際して「不安」や「怯え」などを彷彿させるボイスがありました。

普段の赤城からは想像もできないものであったために人気でしたね。さらに放置ボイスではまさかの「腹ペコなボイス」が追加されます。これに関しては「ごはん」という言葉を言いかけるのですが、すぐさま訂正し「作戦」と言い直すようなもので、運営側も赤城は腹ペコキャラであるということを認定するような使用が盛り込まれました。これは正直ファンにとってはとても魅力的と言ってもいいでしょうね。

【艦これ】赤城と加賀について

赤城と加賀に付いてですが史実上でも同じく「コンビ」のような航空母艦になっております。そのことから作品でも相棒としての設定となっており、アニメ作品では基本的に一緒なことが多い二人です。赤城がお姉さん的な一面で包容力もあり優しい女性であれば、加賀は寡黙でクール、また超絶美人なところからとても人気の高いキャラクターとなっております。

全キャラクターの中でも特に人気のキャラクターの一人とされているのが加賀であり、相棒としてはとても鼻が高いことでしょう(想像です)。この二人の関係性に関してはお互いをお互いが信頼しているいいパートナーというべき存在であると個人的には感じております。あくまでも個人的な見解ですので、一つの参考としてみていただければと思います。

【艦これ】アニメでも赤城は大食いだった

アニメが放送されどのようなキャラクターになっているのかと思いきややはり想像通りの大食いキャラクターでした。もちろん食べているだけのキャラクターではありませんが、食事に関しては基本的になんでも大盛りにしていることが挙げられます。当初はプレイヤーからの言葉がどんどんとキャラクターを変えていき、今では赤城=大食らいは当たり前と言ってもいいくらいですね。

しかしまたそこがかわいいところであり、じゃがいもを頬張る姿はとても魅力的だったと個人的には感じております。もちろん食べているだけではなくアニメでも頼れるリーダー的存在は健在であり、皆を引っ張っていくいいお姉さん的なキャラクターであったと個人的には思っております。11話に関してはやはり実際にアニメをみていただきたいと思いますね!

【艦これ】アニメ放送前の赤城のPVについて

またアニメが放送される前に発表されたせんでんのPVでは赤城が足を停止したまま弓を射る描写があり、これに関してかなり多数のパロディ動画が制作されました。他のキャラクターが水上をスキーのように滑っている描写が多い中、赤城は静止しているということでこれもネタになったようです。個人的にはそこまでおかしいものではありませんでしたが、ファンの方にとってはとても面白いポイントだったようです。

これを俗に「艦こPVパロ」と呼ばれており、今でも多数制作されているようです。しかし実際に空母は艦載機を飛ばす際に風上に向けて航行するということがあるためある意味PVの行動自体は自然であると言ってもいいでしょう。

【艦これ】限定グラフィックでもご飯が外せない赤城さん

上記では赤城=ごはんというイメージの記事を多く綴ってきましたが、やはり限定グラフィックでもごはんの書き下ろしがありました。2016年10月5日に丼屋である「なか卯」とのコラボにて限定のグラフィックが公開されたのですが、まさかそれが赤城になるとは・・・まさに赤城=ごはんですね。「親子丼mode」という名前であり、なか卯の制服を着用したデザインとなっております。

ちなみに中破すると丼の中身がからになる仕様です。ある意味赤城にとっては名誉である限定グラフィックであると個人的には感じました。大食らいというところからおそらくコラボ企画が入ったのでしょうが、艦これの人気度というものが流石にすごいと言えるものがここでわかりましたね。

【艦これ】赤城のケッコンカッコカリについて

ケッコンカッコカリは艦娘と婚姻を結ぶというもので、赤城は自らの撃沈(トラウマ)と言ってもいい「ミッドウェー海戦」での5分間を提督とであれば塗り替えることが可能であるとかもという信頼の言葉を語っております。これにはおそらく愛情なども含まれていると考えても良さそうでう。もちろん個人的な見解ですので参考までにお願い致します。

また2014年8月には全国のファミマで数量限定の「赤城目覚まし時計」が発売され、そのボイスがまさに正妻空母と言えるようなものでした。そのことがあってから正妻のネタも増えており、ある意味母性のあるキャラクターという位置付けになったのも事実です。作中ではもっとも母性のあるキャラクターとして絶大な人気を得たのがこの機会だったと言ってもいいでしょう。

【艦これ】赤城の知らない子

赤城の有名なセリフのなかで「烈風? いえ、知らない子ですね・・・」というものが存在します。これは史実上ミッドウェー海戦で撃沈してしまったことから、烈風という開発が遅れていた艦上戦闘機が結局登場することがなくなってしまったという事実に由来する言葉となっております。この「知らない子」というもののセリフがかなり広まっており、赤城がミッドウェー海戦から後の戦況の認識がどうなっているのかわからないという弊害を彷彿されるものとなっております。

公式で発表されている4コマでは「トラウマスイッチ」や「赤城スイッチ」などというものでネタにされておりますが、一応克服しようと努力していた様子があるとされております。ある意味このトラウマに関しては切っても切れないものであると言ってもいいと思います。

【艦これ】赤城と瓜二つの「大和煮さん」

大和煮さんに関してですが、これは艦これの初期制作、生みの親と言ってもいい同人サークルの「C2機関」というところが発表した同人誌の「こんな日には缶詰開けよ。2」にてしばふ氏が描いた「大和煮さん」というキャラクターが登場しており、この大和煮さんというキャラクターが一部では赤城にそっくりであるという噂が立っており、そのことから「いえ、知らない子ですね」とまるで狙ったような描写があります。

艦これに関してはこういうネタ的な描写も少なくはなくある意味でファンを楽しませてくれることが多い作品であると個人的には感じました。また2017年4月22日に大阪王将と艦これのコラボで抜擢され、読売新聞で登場した赤城ですが、上部の服とアクセがまさかの大和煮さんとほぼ同じであったという事実がありました。これも狙っていると言っていいでしょうね。

【艦これ】赤城のレシピについて

赤城のレシピについてですが、膨大な数の資材が必要とされております。特に大型艦建造に関しては全て1000単位であり、それでいて赤城6%と驚異の数値を叩き出しております。細かく書くと、燃料4000、弾薬2000、鋼材5000、ボーキ5200となっております。正規空母としては妥当な数値なのでしょうかね。

【艦これ】赤城のフィギュア

ねんどろいど 艦隊これくしょん -艦これ- 赤城 ノンスケール ABS&PVC製 塗装済み完成品フィギュア
価格 ¥ 3,200
『艦隊これくしょん -艦これ-』より、航空母艦「赤城」がねんどろいど化! 特徴である甲板のほか、電探、マストなども出来る限り再現しました。空母らしく「艦載機」が3機と、回避運動をイメージした「水飛沫エフェクト」が付属するので、組み合わせにより機動部隊旗艦らしい凛々しい赤城さんが再現出来ます。一方で、大食いの代名詞となった赤城さんをイメージした「山盛りご飯」「ちゃぶ台セット」や「ボーキサイト満載のバケツ」も付属しますので、コミカルな赤城さんもお楽しみいただけます。

ではここで赤城のフィギュアについて綴っていこうと思います。まずはねんどろいどになります。完成品であり、塗装も施されているもので、艦載機が3機、また回避運動というものをイメージさせたエフェクトが付属しているということでまさに作中の赤城をイメージさせるねんどろいどであると個人的には感じております。オススメの一品です。

アズールレーン 赤城 1/7スケール PVC製 塗装済み完成品 フィギュア
価格 ¥ 14,682
指揮官様、ずっとずっとこの赤城の側にいてくださいね。絶対、絶対に、赤城から離れてはいけませんよ… 大人気スマートフォン専用シューティングゲーム『アズールレーン』より、一航戦「赤城」が1/7スケールにて初立体化! 存在感のある九尾や上半身の造形など細かい部分まで忠実に再現。 戦闘海域をイメージしたベースや甲板、長く美しい髪はクリアパーツ成形を活かし、 光に透ける美しい仕上がりになっております。 今後発売予定の姉妹艦「加賀」と並べて世界観を是非お手元でお楽しみください。

もう一つはまだ発売されてないもので今年の12月31日に発売予定のフィギュアとなります。こちらも完成品で塗装済みであり、1/7スケールの赤城となっております。立体化した1/7スケールのものは初となりかなりレアなものであると個人的には感じております。お値段は多少張りますが、ファンは是非手に入れたいものですね!

【艦これ】赤城の声優「藤田咲」

藤田咲(ふじたさき)さん、1984年10月19日生まれ、東京都出身、アーツビジョン所属の人気声優さんです。主な出演作品は「つよきす」や「夜桜四重奏」、「そらのおとしもの」や「デュラララ!!」、また「伝説の勇者の伝説」、「WORKING!!」など人気作品のメインキャラを演じております。今後の活動にも注目したいですね!

【艦これ】赤城 まとめ

いかがでしたでしょうか? 今回はあの大人気ゲーム、またアニメ作品である「艦これ(艦隊これくしょん)」に登場するメインキャラの一人である「赤城」について綴ってきました。赤城というキャラクターはとても母性があり、現段階ではとても面白いキャラクター、また嫁としてはまさに大抜擢なキャラクターであるように個人的には感じました!

サムネイル画像は下記より引用しました。
出典: https://pbs.twimg.com/media/CKpiQK8VEAAN1sg.jpg