Ijekaaoiv4ahjfsxuymb

銀河万丈

CATEGORY | カテゴリー

【北斗の拳】サウザーのキャラ紹介!名言・画像・声優まとめ

2018.10.10

この記事では、大人気漫画『北斗の拳』、およびTVアニメ『北斗の拳』に登場するサウザーについて、サウザーのプロフィールや人物像、声優情報などご紹介します。『北斗の拳』の作品情報もともに画像やセリフ、名言をご紹介いたしますので、本作を知らない方も楽しんでいただければ幸いです。

目次

  1. 【北斗の拳】大人気漫画『北斗の拳』とは?
  2. 【北斗の拳】サウザーのプロフィール
  3. 【北斗の拳】サウザーの人物像
  4. 【北斗の拳】サウザーの能力
  5. 【北斗の拳】「南斗六聖拳」について【サウザー】
  6. 【北斗の拳】「南斗六聖拳」の伝承者【サウザー】
  7. 【北斗の拳】サウザーの名言
  8. 【北斗の拳】サウザーの画像
  9. 【北斗の拳】サウザーの声優(銀河 万丈)
  10. 【北斗の拳】サウザーまとめ
61fimepfrel
引用: https://images-fe.ssl-images-amazon.com/images/I/61fiMePfREL.jpg

『北斗の拳』(ほくとのけん)は、原作:武論尊、作画:原哲夫により描かれる漫画作品でり、本編は1983年~1988年の約5年間「週刊少年ジャンプ」にて連載され、全巻27巻でコミックスが発売されています。

こちらの書籍は、世界中で発売され累計発行部数1億冊以上を発行しています。この1億冊以上という記録は日本の漫画の中ではトップ10に入るほどのもので、本作が世界中で大人気であることがわかります。

本作は現在様々なメディア展開を積極的に行っていることでも有名な作品であり、各登場人物の外伝ストーリーとなる漫画やTVアニメ版の放送はもちろんのことですが、TVゲーム化やパチンコの機体にも導入されており、現在でも根強い人気を誇っています。

ちなみに同作者の描く『蒼天の拳』(そうてんのけん)は、本作の主人公たちの時代より少し前の時代を描いた作品であり、2001年から2010年まで『週刊コミックバンチ』にて連載されました。単行本では全22巻が刊行されており、225話分収録されています。

あらすじ

西暦199X年、世界は核戦争の勃発により世界中の文明が滅びました。その結果、秩序がなくなり暴力のみが社会を支配するまさに弱肉強食の世界になってしまいました。国家の機能を失うも生き残った人類たちは、暴力にものを言わせる悪党に怯えながらの生活を余儀なくされていました。

そんな中、本作の主人公であるケンシロウは、一子相伝の暗殺拳である北斗神拳を伝承した拳法家です。彼は親友であり南斗聖拳の伝承者であるシンにより、許嫁であるユリア奪われてしまいます。その後、混乱しきった世紀末の世界で、シンとの再会や義理の兄弟であるラオウ、トキ、ジャギと繰り広げるケンシロウの拳法家としての生き様を描いています。

北斗の拳全15巻・全巻セット (北斗の拳) (集英社文庫(コミック版))
価格 ¥ 10,028
北斗の拳イチゴ味 聖帝サウザー様 with ターバンのガキ 1/8スケール PVC製 塗装済み 完成品フィギュア
価格 ¥ 17,280

サウザーは、『北斗の拳』に登場するキャラクターであり、「南斗六聖拳」の一つである「南斗鳳凰拳」を伝承した拳法家です。彼は、同じ「南斗六聖拳」の伝承者であるユダの裏切りをそそのかし、南斗聖拳の分裂を引き起こした黒幕的存在です。

彼は、自らを「聖帝」と名乗りその知略と武力をもって広大な領土を支配下に収めた人物であり、子どもたちを奴隷にし「聖帝十字陵」の建設をさせました。

サウザーはもともと孤児でしたが「南斗鳳凰拳」の先代の伝承者であるオウガイに拾われ、次の「南斗鳳凰拳」の伝承者となるために過酷な修行をおくりました。サウザーは師匠であるオウガイを非常に慕っており、オウガイもまた厳しいながら愛情を持ってサウザーを育てました。

サウザーは、「南斗鳳凰拳」は一子相伝の拳法のため、「南斗鳳凰拳」を継承する時、オウガイを自身の手で殺めており、彼は実の父親のように慕っていたオウガイを失ったことがきっかけで非情な独裁者になってしまいます。

レガシーOFリボルテック 北斗の拳 サウザー 約145mm ABS&PVC製 塗装済み可動フィギュア LR-034
価格 ¥ 6,350
1/5