Efc0g3ffmjsmv4o7kqy9

アブソリュート・デュオ

CATEGORY | アブソリュート・デュオ

【アブソリュート・デュオ】OPの作画がスゴイ!OP曲の歌手情報もお届け!

2018.12.12

柊★たくみ先生原作のライトノベル作品であり、MF文庫Jにて2012年から刊行が開始されている人気作品である「アブソリュート・デュオ」のOPについて今回は見ていきます。アブソリュート・デュオのOPの作画が凄いと噂ですが、どのようなものなのでしょうか?

  1. 【アブソリュート・デュオ・OP】アブソリュート・デュオとは?
  2. 【アブソリュート・デュオ】OP曲「Absolute Soul」
  3. 【アブソリュート・デュオ】OPの歌手「鈴木このみ」
  4. 【アブソリュート・デュオ】OPの作画が凄い!
  5. 【アブソリュート・デュオ】OP まとめ
アブソリュート・デュオは、MF文庫Jにて2012年から刊行が開始されたライトノベル作品であり、原作は柊★たくみ先生となっております。現段階で11巻が発売されており、2013年から月刊コミックアライブにて漫画作品も連載されるなど人気作品の一つなっております。アニメ化は2015年1月から3月まで放送されており、全12話となっております。
ジャンルは学園ラブコメ、また戦闘系のジャンルであり、アニメではタッグを組んで戦うというのが基本となっております。ちなみに漫画版は原作の巻数が2巻の時点で連載決定されており、月刊コミックアライブの誌上では初めてとなる2号連続の付録付きとなりました。一時期はかなりの人気を博しており、ヒロイン主人公共に人気がある作品の一つとなっております。
では本作「アブソリュート・デュオ」のOP曲である、タイトル「Absolute Soul」についてです。作詞は坂井竜二さん、作曲は若林充さん、編曲は村井大さんとなっております。歌い手はアニソン界で大人気である鈴木このみさんであり、12話の使い方として挿入歌となったのも特徴となっております。鈴木このみさんが歌ってらっしゃるということもあり、かなりパンチのある曲ですね。
CDの発売日は2015年の2月18日であり、初回限定版と通常盤でカップリングのデュオ曲が違っているのが特徴となっております。ゲストボーカルにも注目したCDになります!
バトルアニメに相応しい勢いのあるインパクトの強い曲であり、要所要所で緩急があるのも人気の理由だと思われます。個人的にはカッコイイアニソンの上位に組み込むほどのかっこよさがあると感じております。序盤から飛ばし気味の曲ではありますが、ラスト付近でしっかりと締められているのがプラス要素ですね。OP作画と合わさってさらにかっこいい曲に感じました。
本曲の「Absolute Soul」の歌い手である「鈴木このみ」さんについてです。1996年11月5日生まれ、大阪府出身、アミュレート、メディアファクトリー所属の大人気アニソン歌手です。愛称はこのみんであり、第5回全日本アニソングランプリにて決勝大会のグランプリ受賞者でもある実力派のアニソン歌手となっておりますね。かなり声量があり迫力のある歌が特徴となっております。
アニソン歌手を目指すようになったのはマクロスFを勧められたことがきっかけとなっており、幼少期からダンス、また歌などを学んでいたこともあって凄まじい歌唱力があるのだと思われます。2010年の第14回ORC200ヴォーカルクイーンコンテストにてグランプリ受賞、2012年の黄昏乙女×アムネジアのOPを担当しプロとしてデビューしました。2018年にはLOST SONGの主役で声優デビューも果たしております。
さて、このOP曲が凄いというのは言わずもしれたことですが、この曲が凄いというのを押し上げているのはOPの作画もかなり含まっていると個人的には感じております。OPの作画は通常のカットよりもはるかにカット数が多いのではなか?というのが個人的な意見です。凄まじい繊細な描写と戦闘シーン、さらには動きに至っても腕の動かし方までかなり凝っております。
さらに凄いのはバトルだけでなく、ラストの盛り上がり部分で戦闘シーンからダンスシーンへと変わることですね。これに関しても複雑な作画にも関わらず見ているがわを魅了する作画になっております。これらとOP曲が合わさってかなりカッコよく、また凄いOPになっているのだと感じました。個人的な意見ではありますが、これほど手の込んだOPは他にないと言ってもいいでしょう。
いかがでしたでしょうか? 今回はアブソリュート・デュオのOPについて見ていきました。OP曲がかっこいいというのはもうファンの方は知っての通りですが、作画も凄まじいと個人的には感じております。他作品、いわゆるバトルものの細かい描写などと比べてもかなり繊細な作画で迫力のあるものであると感じました。まだ聴いたことがない方は是非映像と共に聴いてみてください!