// FourM
Tejoxfsdvfl86k86zo0v

DIY

CATEGORY | DIY

テレビの壁掛けはDIYで!配線から金具、おすすめアームも紹介!

2024.02.22

壁掛けテレビをするときに悩みの種なのがDIYでできるかどうかということ。実は壁掛けテレビはグッズなどを使うことによって手軽にDIYすることができるんですよ。そこで、壁掛けテレビのDIY方法をご紹介。配線の隠し方、金具での補強法、おすすめアームをまとめました。

  1. 壁掛けテレビのDIY方法を大特集!
  2. 【壁掛けテレビのDIY】①まずは必要な金具やアームを用意しよう
  3. 【壁掛けテレビのDIY】②賃貸の時に便利なグッズ
  4. 【壁掛けテレビのDIY】③配線はモールですっきり隠す
  5. 【壁掛けテレビのDIY】④壁掛けテレビDIYは補強グッズも重要
  6. テレビの壁掛けは自分できる!配線や金具の補強もDIYで!
テレビを置くスペースを節約できる壁掛けテレビは、持ち家、賃貸問わず人気の設置方法の一つ。そんな壁掛けテレビですが、実はDIYをすることも可能なんです。そこで以下では壁掛けテレビのDIY方法をご紹介!配線の隠し方や補強のやり方などもお送りいたします。

テレビDIYには金具やアームがまず必要

引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/61sFXgSAs5L._SL1500_.jpg
テレビ 壁掛け 金具 Ycind 32~65インチ LED液晶テレビ対応 左右移動式 角度調節可能 最大耐荷重50KG 長持ち 日本語取扱説明書付き …
価格 ¥ 2,199
壁掛けテレビのDIYですが、まずは必要な道具をそろえましょう。絶対に必要となるのが、テレビを壁につけるための「金具やアーム」。これがないと壁に固定することができないため、必須と言えるでしょう。おすすめなのが、色々なサイズのテレビに対応している金具。上記のアイテムは32~65インチと幅広いサイズに対応しています。

角度調整アームが搭載されていると便利

引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/71QZPBxhR-L._SL1500_.jpg
また、角度が調整できるアームだとさらにテレビが見やすくなっておすすめ。できれば15度以上は可変するアームを用いるとよいでしょう。

基本のDIY方法

では、上記の動画を参考にして基本のDIYに取り掛かりましょう。まずは、下地検知器を使用して壁の下地を探しましょう。ポイントとなるのが、柱となる部分にネジ止めすること。柱にとめないと動画でも触れられているように、ネジが外れやすくなってしまいます。下地を確認したらあとは金具の説明書通りに壁に設置するだけ。金具を壁に取り付けたらテレビをはめ込んで完成です。

突っ張り棒は壁を傷つけずに壁掛けにすることが可能

引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/31-qBzA2sLL.jpg
Aceofparts 突っ張り棒式テレビ取り付け金具 エアーポール 2本タイプ・下向角度Lサイズ
価格 ¥ 31,780
壁掛けテレビを取り入れるときに悩みの種なのが、「賃貸であるということ」。賃貸だと壁に気軽に穴をあけることができないためあきらめている方も多いのではないでしょうか。しかし、ご安心を。こちらの突っ張り棒式のテレビ取付金具であれば、突っ張り棒を使用するため壁に穴をあけずに壁掛けテレビを実現することができます。

壁掛け風に見せる壁寄せスタンドも◎

引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/31mieN%2BkoHL.jpg
エース・オブ・パーツ テレビスタンド 壁寄せ 壁掛けテレビラック 32-42インチ対応 ブラック/シルバー DS-102BS 【テレビスタンド】
価格 ¥ 10,000
また、こちらの壁寄せスタンドも賃貸で壁掛けテレビを実現するのにおすすめのグッズ。厳密には壁掛けではありませんが、壁にしっかりと寄せられるスタンドのためスペースを節約することができます。

モールで配線をすっきりと隠す

引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/41uHNtn%2BDcL.jpg
壁掛けテレビを設置するのは良いですが、困ってしまうのが配線の隠し方。そんな配線ですが、「モール」というアイテムを使って目立たなくすることができます。モールとは上記の画像のようなレール状のグッズ。壁の色と同色のモールを使えば遠目からはほとんど配線が見えなくなります。

短い距離ならケーブルソックもおすすめ

引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/51jdWURLixL.jpg
壁掛けテレビとコンセントとの距離が近い場合には上記のようなケーブルソックを使うのもおすすめ。壁にわざわざ設置する必要がなく、配線にかぶせるだけなので非常に簡単に配線を隠すことができます。

壁に板を張り付けて補強しよう

壁掛けテレビを設置する壁の強度が足りない場合には、上記のように板であらかじめ補強し、そこに金具などを取り付けるのがおすすめです。こうして補強することによって、テレビの落下やズレなどをあらかじめ防ぐことができます。
以上、壁掛けテレビのDIY方法をご紹介いたしました。実は簡単な壁掛けテレビのDIY方法。賃貸の場合には、突っ張り棒や壁寄せスタンドなどもうまく利用するのがコツです。壁がボロボロになりそうなときには板などを使って補強もお忘れなく。

関連記事

サムネイル画像は下記より引用しました。
出典: https://www.instagram.com/p/BnjLVCvn2PL/?hl=ja&tagged=%E5%A3%81%E6%8E%9B%E3%81%91%E3%83%86%E3%83%AC%E3%83%93