// FourM
Lgdc8vnlj1xeh1rbfint

落とし方

CATEGORY | 落とし方

プラスチックの黄ばみの落とし方は簡単!あれを使えばスッと落ちる!

2024.02.22

プラスチック製品は、時間の経過とともにどうしても黄ばみが出てきます。プラスチックの黄ばみの簡単な落とし方は興味がわきます。重曹やオキシドールキッチンハイター、除光液を使ったプラスチックの黄ばみの簡単な落とし方や拭き取り方、黄ばみの防止法などをまとめました。

  1. プラスチックの黄ばみをどうにかしたい
  2. ①重曹をつかったプラスチックの黄ばみ簡単な落とし方
  3. ②オキシドールをつかったプラスチックの黄ばみ簡単な落とし方
  4. ③キッチンハイターをつかったプラスチックの黄ばみ簡単な落とし方
  5. ④除光液をつかったプラスチックの黄ばみ簡単な落とし方
  6. 拭き取りの方法はプラスチックの黄ばみ簡単な落とし方のポイント:激落ちくんを使ってみる
  7. プラスチックの黄ばみ簡単な落とし方のポイント:素材の変化で黄ばみが出てくる
  8. プラスチックの黄ばみ簡単な落とし方のポイント:環境による黄ばみの原因
  9. プラスチックの黄ばみ防止は?
  10. プラスチックの黄ばみ簡単な落とし方を参考に早速チャレンジしよう
プラスチックの黄ばみは、プラスチック製品には避けては通れない道のようです。自然の木材や、金属に比べると、劣化しないように見えるプラスチックですが、永遠ではなく、時間の経過とともにプラスチック自体が劣化してしまう事はどうしようもありません。劣化の表れのひとつとして、黄ばみが出てきます。
引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/51CJZDOMMbL.jpg
重曹は、環境にやさしくて、安全なところが魅力的で、広く掃除の汚れ落としや、脱臭に使われています。プラスチックの黄ばみ取りににも使われます。重曹は、水に溶かして、プラスチックに吹き付けたり、雑巾などに含ませて拭き取ります。
引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/7121QposWdL._SL1000_.jpg
重曹水をキッチンペーパーなどに吹き付けて、重曹水が湿った状態で、放置しておいてから、重曹水を拭き取りますとより効果がある場合があります。
コップの茶渋などを取る方法を応用して、黄ばんだプラスチック製品を、重曹水に浸しておくのもいいアイデアです。重曹水はしっかり拭き取ります。
けがをした時の消毒などに使われるオキシドールもプラスチックの黄ばみ取りに使われるアイテムです。オキシドールは、傷の拭き取りをするときのように、オキシドールを布にしみこませて、プラスチックの黄ばんだ部分を拭き取ります。
引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/71sXj5ob6FL._SL1500_.jpg
オキシドールをキッチンペーパーにたっぷりとしみこませて、オキシドールが、湿った状態で放置してから、オキシドールを拭き取りをすると、より効果が出る場合があります。オキシドールは、成分が強いので、ゴム手袋をして使用します。

オキシ漬けという方法

オキシドールは、過酸化水素と呼ばれ、強い殺菌効果とともに、漂白効果も強い薬品です。過酸化水素の力を使った漂白剤を溶かした水につけておく方法をオキシ漬けといいます。オキシ漬けも、プラスチックの黄ばみ取りに派いいアイデアです。
引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/81IAgN7NIML._SL1500_.jpg
キッチンハイターが代表する、塩素系の漂白剤も、プラスチックの黄ばみ取りに有効です。キッチンハイターは、食器の漬け置きと同様に、キッチンハイターを水に溶かした液に黄ばんだプラスチックを浸して、放置します。キッチンハイターは、しっかりと洗い落とします。
キッチンハイターは、効果が強烈な漂白剤ですので、ビニール手袋をして使用します。また、換気を行うことも忘れてはなりません。キッチンハイターは、容器に入った液体以外にも、泡状でスプレーして使うタイプも販売されています。泡タイプのキッチンハイターは、プラスチックの黄ばんだ部分に直接吹き付けて、拭き取った後、水でよく洗い流します。キッチンペーパーにキッチンハイターを吹き付けて、湿った状態で放置してから、水でよく洗い流す方法も効果的です。
マニュキュアを落とすときに使用する除光液は、汚れ落としにもよく使われるアイテムのひとつ。除光液は強力な汚れ落とし効果を持っていますが、除光液の強力な脱色効果は、プラスチック自体を傷めてします可能性もありますので、除光液の使用は注意が必要です。
引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/31MjMd9mDLL.jpg
除光液を使ってプラスチックの黄ばみを取る方法で有名なのが、激落ちくんなどに代表されるメラニンスポンジに除光液を浸して擦る方法です。ただし、この方法は除光液の強力な脱色力の効果と、プラスチックの表面を削る効果が重なって、プラスチックの表面を傷つけてしまう危険が多くあります。
プラスチックの表面が傷ついてしまってもかなわないという覚悟で使用するならば、除光液とメラニンスポンジの組み合わせは効果的です。
激落ちくんに代表されるメラニンスポンジは、水につけてこするだけで、さまざまな物の汚れを落とすアイテムとして大人気です。プラスチックの黄ばみ取りにも、メラニンスポンジは有効です。水を付けて、擦るだけなので、とても簡単です。ただし、メラニンスポンジは、プラスチックの表面を傷つけてしまう可能性が高いアイテムです。
プラスチックの表面を傷つけたくない場合は、メラニンスポンジの使用は避けたほうがいいでしょう。多少の傷がついてもかまわないプラスチックアイテムなら、メラニンスポンジを使った黄ばみ落としは、とても簡単な方法です。時間もかからないし、ただ水につけてこするだけなので、準備の必要もありません。
プラスチック素材は、丈夫で長持ちという印象がありますが、実は意外と劣化が見られる素材になります。一般的にプラスチックといわれるものは、「ABS樹脂」を素材に作られているものが多いですが、ABS樹脂は時間経過とともに色が変わってきます。これがいわゆる黄ばみとなります。
プラスチック製品は、製造の過程で、多くの添加物を配合しています。プラスチック製品に含まれるさまざまな配合物も、時間の経過とともに、黄ばみの原因になるといわれています。
白いプラスチック製品で、はやの中にあるものといえば、エアコンが代表的なアイテムです。数年間使ったエアコンは黄ばみが目立ってきていると思います。この黄ばみもよく見ると部屋によって差がある場合があります。この差の原因の多くは、日当たりに関係していることが考えられます。
日光による紫外線は、プラスチックの黄ばみの原因と考えられます。さらにタバコを吸うことが多い部屋のプラスチック製品も黄ばみやすい傾向にあります。
プラスチックは、時間の経過とともに劣化が始まって、黄ばみは自然と出てきてしまいます。それを防止するのは難しいことですが、緩和して、黄ばみが出にくく防止していく事は可能なようです。環境や保護によってプラスチックの黄ばみが出にくくなる防止解決策を紹介しましょう。
日の光もプラスチックの劣化を速めてしまう原因になります。日の光が当たらないように気をつけることも黄ばみ防止につながります。プラスチックにカバーをかけて保護をしたりラップをかけて保護することも黄ばみ防止のひとつの方法です。空気と触れることを防ぐことで黄ばみが防止できる可能性が高まります。環境が悪くなったり、見た目が悪くなってしまうことも考えられるので、いずれの場合もプラスチックのアイテムによる防止方法になります。
プラスチックは、耐久性があって、永遠に美しく使えるように感じますが、時間の経過とともに、劣化が進んでいき、黄ばみが発生します。黄ばみは、プラスチック製品には、避けられない現象です。黄ばみがひどくなる前にこまめに黄ばみ取りを行っていくのも長くプラスチック製品を使うために必要な事でしょう。気になる黄ばみを取る方法に、重曹やオキシドールキッチンハイター、除光液を使った黄ばみの簡単な落とし方や拭き取り方、黄ばみの防止法などがあります。黄ばみ落としの方法にはそれぞれ、良いところと悪いところがあります。黄ばみを落としたいプラスチック製品に合った方法で、黄ばみ落としにチャレンジしましょう。
サムネイル画像は下記より引用しました。
出典: https://www.instagram.com/p/BlxmVRlFd7g/?tagged=%E3%82%AD%E3%83%83%E3%83%81%E3%83%B3%E3%83%8F%E3%82%A4%E3%82%BF%E3%83%BC%E6%BC%AC%E3%81%91