Gvjqf6prbbiy3cqbkdgx

機動戦士ガンダム

CATEGORY | 機動戦士ガンダム

サスロ・ザビの声優は誰?ドズルとの関係は?【機動戦士ガンダム】

2020.06.29

ジオン公国国王デギン・ソド・ザビの次男として度々メディアミックスに名前だけ登場していたサスロ・ザビですが、シャアの生い立ちを描いた「THE ORIGIN」にて初めてサスロ・ザビが登場しました。ここではザビ家の人間で特に登場回数の少ないサスロ・ザビを紹介します。

  1. サスロ・ザビの初登場は『機動戦士ガンダム THE ORIGIN』
  2. サスロ・ザビはどんな人物なのか?
  3. 【サスロ・ザビ】まさかの開始数十分で暗殺!
  4. 【サスロ・ザビ】すぐ暗殺されるのに死亡フラグが無い!
  5. 【サスロ・ザビ】見せ場はキシリアを殴ったシーンのみ!
  6. サスロ・ザビとは一体なんだったのか?
  7. サスロ・ザビは影が薄いが大きな活躍をした
  8. サスロ・ザビを暗殺した犯人は誰なのか?
  9. サスロ・ザビの声優は藤真秀さん
  10. サスロ・ザビは意外と重要人物だった
『機動戦士ガンダム』は40年近い歴史誇る名作アニメ作品ですが、連邦の最大の敵であるジオン公国の次男サスロ・ザビという人物は、本編である一年戦争時には既に暗殺されていたため、全くと言っていいほど語られていませんでした。ジオンと言えば真っ先に思い浮かべるキャラクターは、キシリア・ギレン・ドズルの三名をはじめ、次いでガルマとデギンあたりでしょうか(最近ではミネバが人気ですか)。
サスロ・ザビに関しては情報がほぼない状態だったので、どんな人物かわかりませんでした。しかし、シャアの生い立ちを描いた「THE ORIGIN」でサスロ・ザビという人物が登場し、キャラクター像が見えてきましたね。
『機動戦士ガンダム』が初めて放送されてから約35年後に制作された『機動戦士ガンダム THE ORIGIN』にて、ようやく初登場したサスロ・ザビ。35年の重みを考えたら、歴史に埋もれた知られざる英雄なのかと思いましたが、ハッキリ言ってザビ家の中で最も残念かもしれない人物でした。
キャラクターとしては外見はドズル、内面はギレンとキシリアの悪い所を足して割ったような性格。外交的手腕はありそうな描写がされていましたが、人物として人望は無さそうなキャラクターです。ザビ家の人間は世間ではガルマ以外は不人気でしたが、サスロ・ザビが語られないのは人物として魅力が無かったからかもしれません。
『機動戦士ガンダム THE ORIGIN』において初登場した「最後のザビ家」のキャラクターと言っても過言ではないサスロ・ザビ。そんな彼の華々しいスクリーンデビューは、開始数十分であっけなく幕を閉じてしまいます。しかも、車で移動していた時に謎の爆破に巻き込まれ暗殺……という、ベタな暗殺方法で退場してしまいます……。
35年という時間の重みはなんだったんだろう……と思いますが、人物として独裁的で強引なキャラクターだったので、ザビ家の人間も悲しんでいる人物はいませんでした。車に同乗していた生き延びたドズルが怒りを見せただけで、父であるデギンも悲しんだ描写はなかった可哀そうな人物ですね。
『機動戦士ガンダム』は味方キャラクターでもあっけなく死んでしまう作品ですが、ほとんどのキャラクターは死ぬ間際に何らかの見せ場を残してから死んでいきます。古い作品のため死亡フラグがわかりやすく、「あぁこれから死ぬな」と予測できるのです。
サスロ・ザビというキャラクターは世論操作が上手いことが特徴だったので、「これから汚い手を使ってくんだろうなぁ……」と思い視聴していましたが、あっけなく暗殺され「えっ……?(笑)もう死んだ……?(笑)」って感じになってしまいましたね。サスロ・ザビは『機動戦士ガンダム』のキャラクターとしては珍しく、死亡フラグがわかりづらいキャラクターでした。
卑劣で狡猾な人物が多いザビ家ですが(特にギレン)、そんなザビ家の中でもサスロ・ザビは最も人間としてデキの悪い人物だったかもしれません。キャスバル(シャア)とアルテイシア(セイラ)をランバ・ラルと奪い合う形を取りたくなかったキシリアは、その気高さから三人を見逃したのですが、サスロはキシリアのその行動に激高。彼はキシリアの頬を殴ります。
それを見て普段なら無感動なギレンすらも一瞬眉をひそめ、たまらずドズルも止めに入りました。サスロ・ザビは、優秀でも感情のコントロールが効かない扱いづらい人物として、ザビ家の中でも疎まれ始めていたのかもしれません。
『機動戦士ガンダム THE ORIGIN』にてアニメ初登場を飾ったサスロ・ザビ。約35年の時を経て最後のザビ家の人間がアニメデビューして、期待していた人もいたかもしれません。しかし、彼の活躍はキシリアを殴った挙句、あっけなく何者かに暗殺されたという不名誉な幕引きでした。
結局、サスロ・ザビとはなんだったのでしょうか。彼の功績を考えるとすれば、ジオン・ズム・ダイクンの死を連邦の策略だと世論を操作したことと、彼自身の死をもってラル家を衰退させられたことの二つでしょう。サスロの死は、ラル家による謀略ということで世論を欺くことができましたが、彼は間接的にダイクン家もラル家も衰退させたのです。
散々なアニメデビューで開始早々退場したサスロ・ザビですが、彼の功績は意外と大きく、彼の存在が後の歴史に与えた影響は計り知れません。なぜなら、ジオン・ズム・ダイクンの死を連邦の策略だと世論を動かすことでジオンと連邦との対立を深め、さらに彼自身の死をもって第三内部勢力であったラル家をも衰退させることに成功したからです。
サスロの死はアニメ内ではサラッと扱われていますが、以上の流れを考えると彼の存在は歴史上非常に大きく、後のルウム戦役・一年戦争の動機を、ハッキリ明確化した捨て駒としての役割があったのです。
サスロ・ザビを暗殺した犯人ですが、アニメ内ではハッキリと誰が犯人なのか明示されていません。当然、ラル家の人間ではないことは間違いないのですが、怪しいのはキシリアかギレンかのどちらかでしょうね。殴られて私恨を持ったキシリアがサスロを暗殺したと考えるのもストレートですが、その後のギレンの不敵な雰囲気から、ギレンはキシリア以上に暗殺の犯人として怪しいです。
結局、サスロを暗殺した犯人は明示されていませんが、キシリアはどこか騎士道精神のようなものがあるため、犯人としてはギレンの方が怪しそうですね。身内を犠牲にすることに躊躇が無い……というのが、ギレンの精神性でもありますし。
アニメ『機動戦士ガンダム THE ORIGIN』で初のアニメデビューを果たし、結局、犯人が誰なのか特定できないまま暗殺されたサスロ・ザビですが、そんなサスロの声優は藤真秀(ふじしんしゅう)さんが務めています。藤さんは既に50歳を超える方ですが、声優歴は10年程で舞台俳優などもされている声優です。
アニメにおける声優としての活動は多くありませんが、吹き替えの声優としての活動は非常に多く、海外映画の吹き替えの主役級キャラを何人も演じられている声優です。渋い声質なので、アニメでもドンドン活躍してほしい声優ですね。声優としての幅を広げアニメ界でも頑張ってほしい声優です。
ここまで読めばわかる通り、誰に暗殺されたか犯人がわからないまま歴史に埋もれたサスロ・ザビですが、大衆操作に優れ頭のキレた人物であったことは明示されています。あっけなく暗殺されたので、その辺りも普通に見ていたらサラッと流れてしまう影の薄い人物ですが、サスロ・ザビは宇宙世紀の歴史を動かすきっかけとなった重要な役割を果たしました。
彼なしには後の歴史は動かなかったかもしれないことを、ガンダムファンとしてもう一度再認識したいですね。アニメでは良い活躍シーンはありませんでしたが、歴史上大きな役割を演じた裏方的存在です。
サムネイル画像は下記より引用しました。
出典: https://twitter.com/G_THE_ORIGIN/status/991150736766525440