// FourM
T6ucnbomgckilwftvcsv

帽子

CATEGORY | 帽子

ヘアバンドの編み方・簡単!かぎ針・輪針の動画アリ!ねじり・リボンも!

2024.02.25

編み図を見ても赤ちゃんや自分用のヘアバンドの編み方がわからない方もいるのでは。ヘアバンドをかぎ針で編むとなると、簡単には作れません。そこで今回は、初心者でも簡単なかぎ針や輪針でのリボンやねじりの編み方をご紹介。編み糸にはズパゲッティがおすすめ!

  1. かぎ針などでの簡単なヘアバンドの編み方は?
  2. 【かぎ針などでの簡単なヘアバンドの編み方①】かぎ針
  3. 【かぎ針などでの簡単なヘアバンドの編み方②】輪針
  4. 【かぎ針などでの簡単なヘアバンドの編み方③】ねじり・リボン
  5. 【まとめ】ヘアバンドの編み方を覚えるまで練習すること
ヘアバンドを赤ちゃんのために作ってあげたいと思っても、編み図を見ただけではなかなかわからないものです。編み図は読み取るのも難しいものですし、慣れている人でないと、どこから手をつけて良いかすらわかりません。
ヘアバンドを赤ちゃんのために作ってあげたいという心意気は立派ですが、実際にそう簡単には行かないものなのです。しかし、編み図がわからなくても、ヘアバンドを作る動画があれば、簡単に赤ちゃんのためのヘアバンドを作ることができます。
動画で実際に作り方を見たほうが、編み図を見るよりも、理解しやすいものです。もちろん、細かいものを作るとなると、的確なデータが書いてある編み図があったほうが良いですが、赤ちゃんに作るくらいのものであれば、動画だけで問題ありません。
そこで今回は、かぎ針や輪針を使った編み方や、ねじりやリボンヘアバンドを簡単に作る方法を動画で紹介していきたいと思います。
ヘアバンドを編む前にまずは準備が必要です。毛糸は、DMCのズパゲッティを購入すると良いでしょう。ズパゲッティには様々な色の毛糸があるため、自分の好きなものが見つかるはずです。また、ズパゲッティとは別にかぎ針自体も売ってあるため、持っていない人は一緒に購入しましょう。
かぎ針とズパゲッティの毛糸を購入したらいよいよ、ヘアバンドを編んでいきます。詳しい編み方は、以下の動画を参考にしてください。
最初はなかなか難しいと思いますが、慣れれば動画を見なくても、編むことができるようになります。最初は動画を見ながら、丁寧に編んでいき、編み方を覚えるようにしてください。そうすることで、キレイに編むことができる技術が身につきます。
ヘアバンドを編む方法としては、かぎ針で編む方法もありますが、輪針を使った方法もあります。輪針で編むメリットとしては、つなぎ目がわかりにくいことや、編んでいる最中に中断しやすいというものがあります。そこまでこだわらない人は、かぎ針を使ったほうが簡単ですので、輪針を無理に使う必要はありません。
ではさっそく、輪針でヘアバンドを作っていきましょう。以下の動画では、輪針で編む、マジックループという編み方を紹介しています。
輪針で編む人は今の時代、あまりいないものです。編み方としても難しくなるため、初心者にはおすすめできません。とはいえ、慣れれば、きれいに編むことができ、かぎ針ではできないこともできるようになるため、上級者を目指すのであれば、マスターしておきましょう。
ヘアバンドには様々な種類があります。そのため、ねじりヘアバンドや、リボンヘアバンドなどを、編みたいという人もいるでしょう。そこでここからは、ワンポイントついた、ヘアバンドの編み方を紹介していきます。
以下の動画は、ねじりヘアバンドの編み方です。ねじりヘアバンドがうまく編めれば、おしゃれアイテムの1つにすることもできます。それほど難しくないため、試してみてください。
以下の動画は、リボンヘアバンドの編み方です。リボンヘアバンドも、うまく作ればガーリーなおしゃれアイテムとして使えますので、挑戦してみてください。
ヘアバンドは編む方法だけでなく、余った生地などにゴムをつけるというやり方で作ることもできます。こちらのほうが編むよりも簡単で、早くできるため、興味のある方は試してみてください。
ヘアバンドは慣れれば、簡単に作ることができます。しかしかぎ針や輪針での編み方を覚えるのは、そう簡単ではありません。かぎ針や輪針での編み方を覚えれば、オリジナルのヘアバンドを作ることができるようになるため、動画を何度も見て、練習しましょう。

関連記事

サムネイル画像は下記より引用しました。
出典: https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/t/takekana1126/20160308/20160308212013.jpg