G6pxhovcjhyjkhacpxbr

佐々木望

CATEGORY | 佐々木望

【うしおととら】蒼月潮の声優はや名言を紹介!獣化やその後など主人公の魅力まとめ

2018.11.14

テレビアニメ化もした大人気少年漫画『うしおととら』。今回はそんな『うしおととら』から獣の槍の使い手、主人公のの蒼月潮をピックアップしてみました。それではさっそく蒼月潮のキャラクター情報や名言、担当の声優・獣化やその後をみていきましょう。

  1. 【うしおととら】蒼月潮のキャラクター情報・名言・獣化・声優・その後どうなったのかを紹介!うしおととらとは?
  2. 【うしおととら】蒼月潮のキャラクター情報・名言・獣化・声優・その後どうなったのかを紹介!どんな物語?
  3. 【うしおととら】蒼月潮のキャラクター情報・名言・獣化・声優・その後どうなったのかを紹介!テレビアニメ
  4. 【うしおととら】蒼月潮のキャラクター情報・名言・獣化・声優・その後どうなったのかを紹介!蒼月潮
  5. 【うしおととら】蒼月潮のキャラクター情報・名言・獣化・声優・その後どうなったのかを紹介!性格
  6. 【うしおととら】蒼月潮のキャラクター情報・名言・獣化・声優・その後どうなったのかを紹介!獣化
  7. 【うしおととら】蒼月潮のキャラクター情報・名言・獣化・声優・その後どうなったのかを紹介!その後
  8. 【うしおととら】蒼月潮のキャラクター情報・名言・獣化・声優・その後どうなったのかを紹介!名言
  9. 【うしおととら】蒼月潮のキャラクター情報・名言・獣化・声優・その後どうなったのかを紹介!声優
  10. 【うしおととら】蒼月潮のキャラクター情報・名言・獣化・声優・その後どうなったのかを紹介!まとめ
『うしおととら』は1990年~1996年まで小学館の週刊少年サンデで連載されていた漫画です。作者は漫画家の藤田和日郎。小学館文庫から全19巻が出版されており、発行部数2640万部以上の大人気作品です。主人公の蒼月潮(あおつきうしお)が自宅の蔵の地下に封印されていた強力な妖怪「とら」を解き放ち、封印に使っていた妖怪退治の武器「獣の槍」を使って現れた妖怪たちと戦っていきます。
その途中で、さまざまなキャラクターたちのエピソードが描かれており、物語の終盤になるにつれてすべてが繋がっていく構成になっており、非常に面白い漫画です。
父親が僧ということもあり自宅が寺の主人公、蒼月潮はある日蔵の地下に封印されていた最強最悪の妖怪、通称「とら」と出会います。たまたま自宅に来ていた同級生の麻子と真由子がとらの妖気に誘われてきた妖怪に襲われていたために、とらの封印を解いてしまいました。
封印を解いたら力をかしてやると言っていたとらでしたが、あっけなく裏切り、人間であるうしおを殺そうとしましたが「獣の槍」を持ったうしおにとらは返り討ちに合ってしまい。2人は強力して麻子と真由子を襲う妖怪を退治します。
そうして出会った2人は、身近に出現した妖怪退治を始めましたが、大妖怪であるとらを解き放ってしまったうしおの存在を見過ごせない妖怪退治集団「仏教団体・光覇明宗」がうしおととらの元に刺客を放ちました。うしおたちは彼らの手から逃れるためと、実は生きていると判明した母に会うために北海道を目指します。その途中に妖怪や刺客の妨害を受けながら、成長をしていくうしおととらを描いた物語です。
テレビアニメ『うしおととら』は第1シーズンが2015年7月~12月。第2シーズンが2016年4月~6月にTOLYO MXほかで放送されました。話数は全39話。アニメーション制作を行ったのは「MAPPA & VOLN」。
監督は西岡聡が務めました。『うしおととら』は連載中にもOVAとしてアニメが制作されたことがありましたが、まだ物語が完結していない状況だったため、全10話で終了となっています。2015年に制作されたテレビアニメは、連載からかなり時間が経っていましたが、ファンからは喜びの声が多数上がりました。
蒼月潮は『うしおととら』の主人公です。東京都みかど市の寺に住んでいる中学2年生。ある日、自宅の敷地にある蔵の地下で「獣の槍」によって封印されていたとらを発見し、妖怪に襲われていた幼馴染たちを救うためにとらの封印を解いてしまいます。
人間などエサと同様に考えているとらによって一度は危機に陥りましたが「獣の槍」でとらを返り討ちにし、協力して妖怪を退治しました。妖怪と戦うときには「獣の槍」の力によって髪が伸び、瞳が縦に割れます。さらに爪や牙が長くなったりとしますが、基本的には人間と大差ない姿です。
蒼月潮は少年漫画の主人公らしく、正義感が強く真っ直ぐな性格をしています。他人のためならどんな危険にも立ち向かう心優しい少年です。しかし、私生活はだらしなく、食欲は旺盛、いい加減な性格をしているため幼馴染の中村麻子にいつも怒られていますが、本人はへらへらとしていることが多いです。
蒼月潮は「獣の槍」と使うことによって獣化し、姿が変化。黒髪が伸びて瞳孔が縦に割れ、爪が伸びたり牙が生えたりと、獣の姿にづきます。さらに身体能力も爆発的に良くなり、第1話では封印が解けたとらが、あっという間にひれ伏しました。いつものほほんとした少年ですが「獣の槍」を持った途端に、雰囲気までもが頼もしくなります。
蒼月潮は白面の者との最終決戦で、「獣の槍」の使いすぎによってとらの姿になってしまうはずでした。実際に白面の者を倒したあとに一度獣化しかけましたが、ジエメイとギリョウの力によって獣化を阻止。無事に人間の姿に戻ることができました。その後、両思いになった中村麻子たちの元に笑顔で帰還することができました。

蒼月潮の名言①

「オレが間違ってんのかもしれねえ……オレ、ガキだしさ……でもよ.……許せねえもんは許せねーんだよ!! 礼子サンは、生きてながら死んでんだぜ、わかってんのかよ!? 友達も、喜びも……笑いガオもとったら……女の子にゃ骨だけしか残らねえじゃないか!!」

蒼月潮の名言②

「価値とかなんてしらねーやっ! オレはただ間違ったコトが大キライなんだいっ!」

蒼月潮の名言③

「みんな……がんばってんだ……あっちのスチュワーデスさんたちだって、厚沢さんも……勇ちゃんもがんばってる。なら……次はオレの番さ!」

蒼月潮の名言④

「感じるぞ……獣の槍、おまえはまだ死んじゃいねえ! なら……もう一度!いや何度でも呼んでやる!獣の槍よ来い!」

蒼月潮の名言⑤

「おしまいなんていうなよォ! おしまいなんていうなよォ! いっぱい人が死んじゃったんだぞ!! もう帰ってこないんだよ!! でも……オレ達は……まだ生きてるじゃないか……キリオ……」
テレビアニメ『うしおととら』で主人公の蒼月潮の声を担当しているのは、声優の佐々木望さんです。名前が似ていますが女性声優の「ささきのぞみ」や女優の「佐々木希」とは別人の男性声優です。佐々木望さんの生年月日は1967年1月25日。出身地は広島県広島市。所属事務所はなく、フリーで活動されており声優意外にもナレーターや歌手として活躍されています。代表作は『キャプテン翼』の大空翼役や『カードキャプターさくら』の柊沢エリオル役などです。
今回は大人気少年漫画『うしおととら』から主人公の蒼月潮をピックアップしてしょうかいしてきましたが、いかがだったでしょうか。蒼月潮は少年漫画の主人公らしく、真っ直ぐで誠実な少年です。正義感も強く、回りの人たちを守るために一生懸命に戦う姿がとてもかっこいいので、とても人気があるキャラクターですね。
物語の序盤にはやや頼りない姿をみせたり、幼馴染の中村麻子に怒られたりするシーンもありましたが、成長するにつれて彼の背中に守られる描写も多くなっていき、とても頼もしい姿も見せてくれます。蒼月潮の活躍が見たいという方は、ぜひ原作漫画やテレビアニメをチェックしてみてください。