Qejkcvbw7bmfxjaisbfy

うしおととら

CATEGORY | うしおととら

【うしおととら】鏢(ひょう)の最後を解説!本名や技、過去も徹底紹介!

2018.11.24

テレビアニメ化もされた大人気少年漫画『うしおととら』。今回はそんな『うしおととら』から妖に復讐する男、鏢(ひょう)をピックアップしてみました。それではさっそく、鏢(ひょう)の最後や過去、本名や技などのキャラクター情報をみていきましょう。

  1. 【うしおととら】鏢(ひょう)の本名などのキャラクター情報・技・過去・最後について紹介!うしおととらとは?
  2. 【うしおととら】鏢(ひょう)の本名などのキャラクター情報・技・過去・最後について紹介!どんな物語?
  3. 【うしおととら】鏢(ひょう)の本名などのキャラクター情報・技・過去・最後について紹介!テレビアニメ
  4. 【うしおととら】鏢(ひょう)の本名などのキャラクター情報・技・過去・最後について紹介!鏢(ひょう)
  5. 【うしおととら】鏢(ひょう)の本名などのキャラクター情報・技・過去・最後について紹介!性格
  6. 【うしおととら】鏢(ひょう)の本名などのキャラクター情報・技・過去・最後について紹介!技
  7. 【うしおととら】鏢(ひょう)の本名などのキャラクター情報・技・過去・最後について紹介!過去
  8. 【うしおととら】鏢(ひょう)の本名などのキャラクター情報・技・過去・最後について紹介!最後
  9. 【うしおととら】鏢(ひょう)の本名などのキャラクター情報・技・過去・最後について紹介!声優
  10. 【うしおととら】鏢(ひょう)の本名などのキャラクター情報・技・過去・最後について紹介!まとめ
『うしおととら』は1990年~1996年まで小学館の週刊少年サンデで連載されていた漫画です。作者は漫画家の藤田和日郎。小学館文庫から全19巻が出版されており、発行部数2640万部以上の大人気作品です。
主人公の蒼月潮(あおつきうしお)が自宅の蔵の地下に封印されていた強力な妖怪「とら」を解き放ち、封印に使っていた妖怪退治の武器「獣の槍」を使って現れた妖怪たちと戦っていきます。その途中で、さまざまなキャラクターたちのエピソードが描かれており、物語の終盤になるにつれてすべてが繋がっていく構成になっており、非常に面白い漫画です。
父親が僧ということもあり自宅が寺の主人公、蒼月潮はある日蔵の地下に封印されていた最強最悪の妖怪、通称「とら」と出会います。たまたま自宅に来ていた同級生の麻子と真由子がとらの妖気に誘われてきた妖怪に襲われていたために、とらの封印を解いてしまいました。
封印を解いたら力をかしてやると言っていたとらでしたが、あっけなく裏切り、人間であるうしおを殺そうとしましたが「獣の槍」を持ったうしおにとらは返り討ちに合ってしまい。2人は強力して麻子と真由子を襲う妖怪を退治します。
そうして出会った2人は、身近に出現した妖怪退治を始めましたが、大妖怪であるとらを解き放ってしまったうしおの存在を見過ごせない妖怪退治集団「仏教団体・光覇明宗」がうしおととらの元に刺客を放ちました。うしおたちは彼らの手から逃れるためと、実は生きていると判明した母に会うために北海道を目指します。その途中に妖怪や刺客の妨害を受けながら、成長をしていくうしおととらを描いた物語です。
テレビアニメ『うしおととら』は第1シーズンが2015年7月~12月。第2シーズンが2016年4月~6月にTOLYO MXほかで放送されました。話数は全39話。アニメーション制作を行ったのは「MAPPA & VOLN」。
監督は西岡聡が務めました。『うしおととら』は連載中にもOVAとしてアニメが制作されたことがありましたが、まだ物語が完結していない状況だったため、全10話で終了となっています。2015年に制作されたテレビアニメは、連載からかなり時間が経っていましたが、ファンからは喜びの声が多数上がりました
鏢は自身の妻と子供を妖に奪われたという過去を持っており、その辛い経験から妖への復讐を誓った男です。復讐対象である妖によく似た存在が日本にいるという噂を聞きつけた鏢は、日本に渡り、とらや潮と出会います。復讐対象の妖によく似た存在というのがとらだったため、鏢ととらは戦うこととなり、彼は一度はとらを追い詰めたほどの力を持っています。
鏢が妖と戦うときには呪符と呼ばれるお札を使います。さらに妖を退治するときには、依頼者からお金をもらっているうようです。鏢という名前は本名ではなく、自身が愛用している武器である鏢からとっています。鏢の顔の右側には大きな3本の傷が刻まれており、その右眼は既に失われています。
しかしその眼の代わりに青紫水晶を埋め込んで眼の代用としてはめ込んでいるようです。さらにこの義眼は「浄眼」といい、まやかしを見破る能力が備わっているため、普通の人間には見えない妖怪を見ることができます。さらにその眼を使って暗示をかけることも可能です。本名は捨てたと語っており、作中で語られることはありませんでした。
子供と妻を殺した妖に復讐心を抱いているため、妖や悪人に対しては無慈悲な性格をしています。目的を達成するためなら手段を厭わず、己の感情さえも表に出すことは少ないです。しかしまだ更正が可能だと判断した妖に対しては、見逃したりと完全な悪では無い者には慈悲を与えることもあるようです。たくさんの悪を手にかけてきましたが決して殺戮主義者というわけではないようですね。
子供と妻を殺した復讐対象である妖が日本にいるという噂を聞きつけ、潮たちと出会った鏢。彼は復讐相手によく似ていたとらと戦い、あと一歩のところまでとらを追い詰めましたが、誤解がとけてとらは見逃して貰います。こういった優しいところも多い性格なので、妻子を殺されていなければ、鏢はきっと良い父として暮らしていたのでしょうね。
鏢は青紫水晶の眼「浄眼」を使って妖を見ることができ、まやかしを看破する力を持っています。その眼を使って暗示をかけることもできるようです。扱っている武器は、中国の投擲武器である「鏢」。そして鏢は十五雷正法という15の退魔術を使用します。
鏢は最後、妻と子供の仇である妖「紅煉」を倒して死んでしまいます。その際に自ら右眼を抉り出し、片腕を噛み千切られながら「紅煉」の口に爆砕符となった右眼をつっこむという執念を感じる戦いを繰り広げました。絶命する瞬間には、今は亡き妻子がいる家へと帰っていきます。
鏢の最後が描かれたシーンは、『うしおととら』の中でも名シーンとして語られています。壮絶な人生を送った男が復讐を追えて、普通の父としてこの世を去っていく場面は、涙無しでは見られません。ぜひ原作漫画やテレビアニメでチェックしてみてください。
テレビアニメ『うしおととら』で鏢の声を担当したのは、声優の浪川大輔さんです。浪川大輔さんの生年月日は1976年4月2日。出身地は東京都。所属事務所はスティラックで、声優意外にもナレーターや俳優、歌手などさまざまな場所で活躍されています。代表作は『BLACK LAGOON』のロック役や『Fate/Zero』のウェイバー・ベルベット役などです。また洋画の吹き替えでイライジャ・ウッドなどの有名俳優の声を担当。2010年の第4回声優アワードで助演男優賞を受賞するなど、実力派声優としてたくさんの作品に出演しています。
今回はテレビアニメ化もされた大人気少年漫画『うしおととら』から、妖への復讐を誓った男、鏢をピックアップして紹介してきましたが、いかがだったでしょうか。鏢は昔、彼の帰りをまっていた妻と子供を妖に殺されたという悲惨な過去をもっており、そのせいでとらと戦うことになりましたが、誤解がとけたことで見逃してくれました。
女性や子供を傷つける者を決して許さない彼は、本当はきっと優しい男なのでしょうね。そんな鏢の活躍が見たいという方は、ぜひ原作漫画やテレビアニメをチェックしてみてください。