K3wzhafs7o9kgpqigwoh

HUNTER×HUNTER

CATEGORY | HUNTER×HUNTER

【ハンターハンター】ハンゾー念能力が判明!?実力を徹底検証!

2018.04.24

ハンターハンターでは初期のハンター試験から登場するハンゾー。服部半蔵から取っているだけに見た目は忍者であるハンゾーですが、ハンターハンターが続いている現在では立派なハンターに? 久しぶりに登場したハンゾーについて深く見ていこうと思います!

  1. 【ハンターハンター】ハンゾーとは?
  2. 【ハンターハンター】ハンゾーの能力とは?
  3. 【ハンターハンター】純粋な戦闘力が高いハンゾー
  4. 【ハンターハンター】ハンゾーの性格
  5. 【ハンターハンター】ハンター試験でのハンゾー
  6. 【ハンターハンター】ハンゾーはハンター試験時点でかなり強かった説
  7. 【ハンターハンター】現在のハンゾーと今後について
  8. 【ハンターハンター】ハンゾーの声優「松本吉朗」
  9. 【ハンターハンター】ハンゾーの声優「岸尾だいすけ」
  10. ハンゾー まとめ
ハンゾー(半蔵)といえばやはり皆様が気になっているキャラクターでもあると思います。キメラアント編終了後の選挙編にて突然といえば突然ですが再び登場することとなったハンゾーですが、なんとだいぶ強くなって帰ってきたと言ってもいいキャラクターです。ハンゾーは初期のハンターハンターから登場しており、当時から強いと話題になっていたキャラクターでもあります。第287期のハンター試験受験者でゴンたちと同じですね!ジャポンという国の出身ですがもはや日本ですね(ジャパン)。モチーフは忍者となっておりあの服部半蔵からネーミングをとったと言ってもいいでしょう。年齢は初期当時の年齢で18歳となっております。ハンターになろうと思った理由は伝説の書物である「隠者の書」というものを探すということらしいのですが、実際はそれ以外にもありそうですね! そんなハンゾーですが、今一番気になっているのは今後どのようにハンゾーが物語に関わってくるのか、また念能力に関してもそうですね、色々と見ていこうと思います!
ハンゾーの念能力ですが、ついに解禁となりました。解禁というのもおかしな言い方ですが、今までハンゾーの強さというものがどのようなものなのか気になっている中、ハンター試験後にクラピカと同じくして早くも念能力を手に入れたハンゾーです。忍者だけに忍者のような念能力と言える「分身の術」というものです。ハンゾーはこの能力を「幽体離脱(ザタッチ)」と呼んでいました。まさにあの幽体離脱ですね・・・ネタでしょうか? 半径20メートル以内であれば本体が目を閉じて横になって入れば、分身は自由自在に動くことができるというものです。まさに忍者らしい能力とハンターハンターの作風にふさわしい能力と言えるでしょうね!この分身の術ですが、系統的にはおそらく放出系と言ってもいいのではないでしょうか? 一番近いと言いますか、当てはまるのがこの系統であると思われます。また他にも忍者てきな意味と体術が長けているだけに強化系の能力もありそうな感じはしますね!まだまだわかっていない部分も多いので今後の展開も手に汗握ります!
純粋な戦闘力も高かったと言えるでしょう。ハンター試験ではヒソカやイルミを除けば唯一念能力なしで最強クラスだったようにも思えます。忍者だけに相当な鍛錬を行ってきたのでしょう。近接戦闘ではヒソカやイルミをも圧倒するだけの力があったのではないか? と思います。今となっては念能力も手に入れて相当な実力であることがわかりますね! 今ではあのイルミたちとも互角に近い状態だと思われます。念能力なしの純粋な肉弾戦ではおそらくかなり上位に組み込むのは間違いなさそうですね! ハンター試験ではゴンとバトルしていましたが、ゴンが手も足も出なかったのは恐らくご存知であると思いますが、今のゴンと勝負したらどちらが勝つのでしょうか? もちろんあのゴンさん状態では確実にゴンの方が強いでしょうが、通常の状態でゴンと勝負するのもまた見て見たい気がします!
ハンゾーの性格は見たままでもあり、また作中でも色々と語られていました。とにかくおしゃべりであるということ、そして陽気であり誰とも接するコミュニケーション能力の高い人間性を持っている人物です。コミュ障なんてもはや程遠い人間ですね。この社交的な性格から誰とでも仲良くまた誰にでも自らの情報を喋ってしまうことから忍者ですがスパイには全く向いていないということが一つ挙げられるでしょう。純粋な性格でいえばハンターハンターの中でもかなり良い性格の持ち主であり、良いハンターであることもいえます。陽気な性格ではありますが、一度戦闘になると一切妥協しない芯の強い心を持っていることと、信念の強さも持っていることからゴンの諦めの悪さと根性を認める場面も名場面の一つで記憶に残っていますね!
ハンター試験でのハンゾーは初期でかなり強いと言われていたキャラクターの一人です。試験では面白いキャラクターというのが大きかったと個人的には感じております。強さよりも面白さというところで抜きんでていたのでは?というのが大きなハンゾーの印象ですね! 大胆な発言もありつつまたちょっと抜けている部分もあってキャラクターとしては十分なキャラ立ちを見せていました。ハンター試験編で登場したキャラクターで生き残っているキャラはそう多くなくあのポックルもキメラアント編で死亡しています。そんな中どうなっているのか?と気になっていたキャラクターがここで登場したということは今後の物語にも大きく関わってくると見ていいと思います。今後の展開にも期待が集まりますね!
ハンター試験編ですでに強かったハンゾーですが、現段階ではかなりの強さになっていると推測できます。どの程度強くなっているのか?という部分は強者との戦いがない限りはわかりませんが、ハンター試験の時点で通常の戦闘だけで相当強いということが言われていたのでそれに念能力が加わればもはや相当強いと言っても過言ではないでしょう。それにまだ念能力の矛先しか出てきてませんが、分身の術という便利な術も手に入れたようであり、それを生かせばまるで本当の忍者のようですね! 今後、ハンゾーが強い相手と戦う場面がきっとあると思いますので、それも楽しみの一つですね!
現在のハンゾーは暗黒大陸編でカキン帝国の王子の警護をしていますが、今後どうなるのでしょうか? まるで予想がつきませんが、暗黒大陸編はかなり熱い内容になると思いますし、またこれまでの物語の中でも一番長くなると見ているのでより面白いハンゾーの姿が見られると思っております。あくまでも個人的な予想ではありますが、どのようになるのか想像するだけでもワクワクしますね! 今後のハンゾーの活躍というものにも期待しましょう!
松本ヨシロウ(松本よしろう)さん、1972年12月5日生まれ、兵庫県出身のベテラン声優さんです。1999年からのハンゾーの声を担当している声優さんですが、その活躍ぶりは凄いと言えるほどです! 数々の名作に出演し、るろうに剣心や浦安鉄筋家族、こち亀、テニスの王子様、フルメタ、エンジェルハートなど様々な名作に登場しております。名脇役と言ってもいいほどの名声優さんです。今後の活躍にもどんどん期待がかかっている声優さんの一人です。
岸尾だいすけ(きしおだいすけ)さん、1974年3月28日生まれ、愛知県出身、青二プロダクション所属のベテラン声優さんです。最近はYouTubeでも活躍を見せています。岸尾さんの特徴は声の幅広さにあります。一人で多数の役を演じるほど声の幅が広く業界では虹色の声の持ち主とも呼ばれています。数々の名作に登場しており、声の幅広さから主役から脇役まで色々なキャラクターを演じております。今後の活躍も期待されますね!
いかがでしたでしょうか? ハンゾーについて綴ってきましたが、ハンゾーの今後が気になるというが一番だったと思います。初期から強かったというのはもはや記載するまでもないことでしたが、今後の活躍が今気になっている人物の一人でもありますね! 暗黒大陸編が盛り上がっている中、今後のハンゾーに注目です!
サムネイル画像は下記より引用しました。
出典: https://twitter.com/book54ew/status/878900905621508096