Dp1wjy4s8y579wbdf4pg

うしおととら

CATEGORY | うしおととら

【うしおととら】アニメ最終回をネタバレ!とらの最後のセリフの意味は?

2018.11.24

テレビアニメ化もされた大人気少年漫画『うしおととら』。今回はそんな『うしおととら』からテレビアニメ版の最終回のネタバレをまとめてみました。それではさっそく、潮たちと白面の者の激闘が描かれたテレビアニメ最終回の除法をみていきましょう。セリフの意味も大調査。

  1. ネタバレ注意!【うしおととら】とらが最後に言ったセリフの意味は?アニメ最終回を解説!うしおととらとは?
  2. ネタバレ注意!【うしおととら】とらが最後に言ったセリフの意味は?アニメ最終回を解説!テレビアニメ
  3. ネタバレ注意!【うしおととら】とらが最後に言ったセリフの意味は?アニメ最終回を解説!あらすじ
  4. ネタバレ注意!【うしおととら】とらが最後に言ったセリフの意味は?アニメ最終回を解説!主人公
  5. ネタバレ注意!【うしおととら】とらが最後に言ったセリフの意味は?アニメ最終回を解説!とら
  6. ネタバレ注意!【うしおととら】とらが最後に言ったセリフの意味は?アニメ最終回を解説!アニメの最終回
  7. ネタバレ注意!【うしおととら】とらが最後に言ったセリフの意味は?アニメ最終回を解説!漫画の最終回
  8. ネタバレ注意!【うしおととら】とらが最後に言ったセリフの意味は?アニメ最終回を解説!とらのセリフ
  9. ネタバレ注意!【うしおととら】とらが最後に言ったセリフの意味は?アニメ最終回を解説!その後
  10. ネタバレ注意!【うしおととら】とらが最後に言ったセリフの意味は?アニメ最終回を解説!まとめ
『うしおととら』は1990年~1996年まで小学館の週刊少年サンデで連載されていた漫画でう。作者は漫画家の藤田和日郎。小学館文庫から全19巻が出版されており、発行部数2640万部以上の大人気作品です。
主人公の蒼月潮(あおつきうしお)が自宅の蔵の地下に封印されていた強力な妖怪「とら」を解き放ち、封印に使っていた妖怪退治の武器「獣の槍」を使って現れた妖怪たちと戦っていきます。その途中で、さまざまなキャラクターたちのエピソードが描かれており、物語の終盤になるにつれてすべてが繋がっていく構成になっており、非常に面白い漫画です。
テレビアニメ『うしおととら』は第1シーズンが2015年7月~12月。第2シーズンが2016年4月~6月にTOLYO MXほかで放送されました。話数は全39話。アニメーション制作を行ったのは「MAPPA & VOLN」。監督は西岡聡が務めました。
『うしおととら』は連載中にもOVAとしてアニメが制作されたことがありましたが、まだ物語が完結していない状況だったため、全10話で終了となっています。2015年に制作されたテレビアニメは、連載からかなり時間が経っていましたが、ファンからは喜びの声が多数上がりました。
父親が僧ということもあり自宅が寺の主人公、蒼月潮はある日蔵の地下に封印されていた最強最悪の妖怪、通称「とら」と出会います。たまたま自宅に来ていた同級生の麻子と真由子がとらの妖気に誘われてきた妖怪に襲われていたために、とらの封印を解いてしまいました。
封印を解いたら力をかしてやると言っていたとらでしたが、あっけなく裏切り、人間であるうしおを殺そうとしましたが「獣の槍」を持ったうしおにとらは返り討ちに合ってしまい。2人は強力して麻子と真由子を襲う妖怪を退治します。
そうして出会った2人は、身近に出現した妖怪退治を始めましたが、大妖怪であるとらを解き放ってしまったうしおの存在を見過ごせない妖怪退治集団「仏教団体・光覇明宗」がうしおととらの元に刺客を放ちました。うしおたちは彼らの手から逃れるためと、実は生きていると判明した母に会うために北海道を目指します。その途中に妖怪や刺客の妨害を受けながら、成長をしていくうしおととらを描いた物語です。
蒼月潮は『うしおととら』の主人公です。東京都みかど市の寺に住んでいる中学2年生。ある日、自宅の敷地にある蔵の地下で「獣の槍」によって封印されていたとらを発見し、妖怪に襲われていた幼馴染たちを救うためにとらの封印を解いてしまいます。
人間などエサと同様に考えているとらによって一度は危機に陥りましたが「獣の槍」でとらを返り討ちにし、協力して妖怪を退治しました。妖怪と戦うときには「獣の槍」の力によって髪が伸び、瞳が縦に割れます。さらに爪や牙が長くなったりとしますが、基本的には人間と大差ない姿です。
とらは、500年もの間うしおの家にある蔵の地下で「獣の槍」で封印されていた大妖怪です。大きな虎のような見た目をしており、長い爪と牙を持つ猛獣のような妖怪。妖怪の中ではかなり強い存在で、800年前の戦いでその勇猛さから他の妖怪たちから一目置かれる存在のようです。妖怪たちと対面しているときには大妖怪らしい振る舞いをしているものの、うしおの前では友人のように接しており、喧嘩やはしゃぎあったりしています。
物語の序盤ではうしおを食ってやろうと企んでいたようですが、うしおと共に他の妖怪たちや刺客と戦ううちに相棒のような存在になっていきます。『うしおととら』は主人公のうしおと、とらが戦いや日常を通して絆を深めていく物語です。最終的にはラスボスの白面の者と戦う前に「わしらとヤツのタイマン」と言うほどに、絆が深まりました。
アニメ版『うしおととら』の最終回は、本作のラスボスである白面の者との最終決戦が描かれています。圧倒的な強さを持った白面の者は、獣の槍への恐怖を克服するためにその眼を潰します。気配だけで攻撃してくる白面の者を倒すためにとらが提案したのは、白面の者と同じ匂いをしている自分に獣の槍を刺して、敵に悟られずに攻撃するというものでした。
捨て身の提案を聞いた潮は、とらだけにかっこつけさせないと言って、2人で力を合わせて白面の者を討ち取りました。しかし戦いの最中、白面の者の牙にやられてしまったとらは既に助からないほどの傷を負っていました。傷のせいで今にも消えてしまいそうなとらに潮は「オレを喰うんだろ!」と声をかけ、とらは「もう、喰ったさ」と笑顔で答えます。そしてとらは消えてしまいました。
テレビアニメ版『うしおととら』は39話という限られた話数の中で、物語を完結させなければならなかったため、原作漫画で描かれたシーンが、かなりの量カットされてしまいました。しかし、原作でも屈指の名シーンとして語られる最終回は、しっかりとテレビアニメでも描かれました。なので、最終回に関しては原作漫画もテレビアニメ版もそれほど違いはありません。
とらが消える寸前に潮が「オレを喰うんだろ」と言い、それに対してとら「もう……喰ったさ。ハラァ……いっぱいだ」と言いました。これがとらが最後に言ったセリフです。初めは敵同士だった2人が長い時間を共に過ごし、相棒となりました。とらが言った「喰ったさ」というのは、潮との思い出や時間を喰ったということなのでしょうね。
蒼月潮は白面の者との最終決戦で、「獣の槍」の使いすぎによってとらの姿になってしまうはずでした。実際に白面の者を倒したあとに一度獣化しかけましたが、ジエメイとギリョウの力によって獣化を阻止。無事に人間の姿に戻ることができました。その後、両思いになった麻子たちの元に笑顔で帰還することができました。その後の物語は残念ながら描かれていませんが、潮は麻子たちと幸せな日常を送っていることでしょう。
今回は大人気少年漫画『うしおととら』のテレビアニメと漫画の最終回をピックアップして紹介してみましたが、いかがだったでしょうか。蒼月潮ととらは白面の者との壮絶な戦いを繰り広げ、潮は人間には戻れないかもしれないところまで侵食されてしまいました。
しかし潮ととらは、他の仲間の協力のおかげで、見事に白面の者を倒します。しかしとらが死んでしまうのはとても悲しかったですね。そんな2人の活躍が見たいという方は、ぜひ原作漫画やテレビアニメをチェックしてみてください。