U5k4kifpkjbaobcbzh2y

HUNTER×HUNTER

CATEGORY | HUNTER×HUNTER

【ハンターハンター】サトツのキャラクター紹介まとめ!声優情報やジンとの関係など

2018.05.02

現在においても多くのファンに愛されている人気漫画ハンターハンターの最初期に登場したキャラクター「サトツ」について。会長選挙編にも登場し、ハンターハンターのファンの間でも人気のあるキャラクターではないでしょうか。そんなサトツについて紹介していきます。

  1. 【ハンターハンター】最初期から登場してるキャラ「サトツ」とは
  2. 【ハンターハンター】サトツの人物像について
  3. 【ハンターハンター】印象に深く刻まれているサトツの初登場は?
  4. 【ハンターハンター】正に地獄!サトツが課した試験内容とは「地獄マラソン」
  5. 【ハンターハンター】謎に包まれたサトツの実力。念能力は?
  6. 【ハンターハンター】ゴンの父親「ジン=フリークス」との関係とは「サトツ」
  7. 【ハンターハンター】正に破天荒!ジン=フリークスはどんな人?
  8. 【ハンターハンター】選挙編にも登場したサトツ。ジン=フリークスと対面し何を思う?
  9. まとめ
今回、詳細に解説していくサトツというキャラクターは連載中の大人気漫画ハンターハンターの最初期に登場したキャラクターの一人です。ハンターハンターの最初期といえばまだ主人公のゴンがハンター資格を持っておらず、主人公のゴンを含めハンターハンターの読者がハンターという職業がどのようなものなのかはっきりとわかっていなかった時期でもあります。
そんな中でハンター試験の試験官という立場で登場したサトツというキャラクターは主人公のゴンやハンターハンターの読者たちにハンターという職業の特殊性やその謎に包まれた内容の片鱗を示して見せたキャラクターだと感じられます。
最初期に登場したキャラクターということもありますが、ハンターハンターの物語においての役割のおかげで印象に深く残っている里つというキャラクターについて詳しくおさらいしていきます。
ハンターハンターの物語での役割、最初期に登場した印象深いキャラクターということでハンターハンターの読者であれば誰もが知っているサトツというキャラクターの人物像について深く触れていきます。
ハンターハンターに登場したサトツというキャラクターを言い表すとすればまさに老紳士という言葉がふさわしいでしょう。身につけたスーツは様になっており、特徴的な髭の形をしています。その外見からトランプのキングという絵柄をイメージしたハンターハンターの読者も多いのではないでしょうか。
その外見に比例して諭すというキャラクターは物腰が柔らかく落ち着いた口調をしています。ハンターハンターの作中では少しマイペースの部分も描写されています。
ハンターハンターの主人公でもあるゴンやハンターハンターの読者たちにハンターという職業の特殊性を示して見せたサトツがハンターハンターの物語の中で初登場をしたのはまさにハンターハンターの最初期でもあるゴンがハンター試験を受けるため訪れたハンター試験会場の中でした。
ハンター試験の試験官という立場で登場したサトツはハンターという職業について深く知らないハンターハンターの読者や主人公のゴンに対し、その身をもって時に厳しく時に優しくハンターという職業について教えてくれました。そのため、サトツというキャラクターはハンターハンターの読者の中でもファンが多いキャラクターではないでしょうか。
ハンター試験の試験官という立場で登場したサトツがある意味で初めて活躍した場面はハンター試験の第一試験でもある試験の時です。通称「地獄マラソン」と言われており、その対応は単純明快で次の試験会場へ案内するサトツの後を着いていくというものです。
単純明快で非常にわかりやすい試験内容ながらその実態はまさに地獄と呼ぶにふさわしく、先頭を歩くサトツの速度は想像をはるかに超えており、ゴン達はかなりの長時間を全力疾走で追いかけることになります。この時サトツはハンターハンターの読者や主人公のゴンにハンターという職業の特殊性についてその片鱗を垣間見せた場面ではないでしょうか。
ハンターハンターの漫画に登場する念能力といえば、今現在では当たり前となったハンター達が使う特殊能力のようなものです。現在のハンターハンターではその念能力が強さの基準となっていますが、サトツが登場した時にはまだその念能力という存在について明かされていませんでした。
とはいえサトツは正式なハンターの一人でもあるため、念能力を持っているのは確かでしょう。では、サトツの念能力とはどのようなものなのでしょうか。残念ながら現在においてもハンターハンターの作中ではサトツの念能力は正式に明かされていません。しかし、地獄マラソンで見せた身体能力の高さを考慮して考えてみるとサトツの念能力は強化系に属するものではないでしょうか。
また、サトツはハンターハンターの作中でもトランプを意味深に掲げている場面が多く存在しており、サトツの念能力が強化系であればトランプに念を込めるなどした戦い方をするのではないかと思われます。
主人公のゴンやハンターハンターの読者たちの前に試験管として現れたサトツの性格は紳士と言う言葉がぴったりと当てはまりますが、ハンター試験の試験官となる前は今の姿が想像できないほどに真逆の性格をしていたようです。純粋に名誉だけを求めた貪欲でがめつい性格をしていたと言われています。
そんなサトツが今のような落ち着いた性格になった原因は主人公のゴンの父親のジンフリークスが関わっているとハンターハンターの作中で言われています。サトツとジンフリークスは同じ遺跡ハンターという共通点があり、昔のサトツはジンフリークスの手がけた仕事に感銘を受け、尊敬とともに仕事に対する姿勢を改めるようになったと言われています。
サトツがハンターとしての仕事に対する姿勢を改めるきっかけとなったツインフリークスという人物はどのような人なのでしょうか。主人公のゴンの父親であり、ゴンがハンターを目指すようになったきっかけということはハンターハンターの読者であれば誰もが知っている共通知識でしょう。登場する誰もが尊敬の念を抱く偉大なハンターとしてハンターハンターの作中でも語られてきていました。
ゴンが出会ってきたハンターの誰もが尊敬していた偉大なハンターのジンフリークス。しかし、ハンターハンターの物語が進むにつれこのジンフリークスの意外な事実が明かされてきました。後にジンフリークスというハンターは尊敬するものは多いものの、その素顔は破天荒という言葉が似合う人物であることが判明します。
尊敬するハンターは多いものの実際の素行からジンフリークスというハンターは尊敬の念を抱くハンター以上に嫌っているハンターが多く、ハンター協会からも問題視されるほどの問題児でした。
ハンターハンターの作中でも語られているジンフリークスの実績は確かなものながら、その実態は破天荒極まる問題児。そんなジンフリークスとサトツが会ったのは記憶にも新しい会長選挙編のことでした。仕事に対する姿勢を改めるまでに尊敬していたサトツですが、意外にもこの会長選挙編までジンフリークスに会ったことはありませんでした。
この会長選挙編で初めて本物のジンフリークスを満たサトツはイメージとの落差に何を思ったのか、ハンターハンターの作中でも深く言及されていません。
しかし、実際のジンフリークスが破天荒で嫌われているハンターだとしてもジンフリークスが残した実績は本物であり、その功績は素直に称えられるものです。実際のイメージとは違うものだったとしてもサトツはジンフリークスに対して抱いた尊敬の念を覆したりはしなかったのではないでしょうか。
主人公のゴンやハンターハンターの読者たちの前に現れハンターという職業の手本として振る舞ったサトツというキャラクターをアニメで演じた声優は二人います。始めにサトツを演じた声優は上別府仁資(びふひとし)さんという方で、1999年に放映されたハンターハンターのアニメでサトツを演じました。
ハンターハンターの後期にあたる2011年に放映されたハンターハンターのアニメでは古川登志夫さんという方がサトツを演じました。この方は同じ声優の神谷さんの宿敵として共演することが多く、サトツ以外にもドラゴンボールのピッコロを演じるなどの実績があります。
ハンターハンターの最初期に登場し、ハンターハンターの読者や主人公のゴンにハンターとしてのイロハを伝授したサトツはその役割からハンターハンターの読者たちの印象に深く刻まれたキャラクターの一人です。ハンターハンターの物語の中においてもまだ明かされてない情報が多く、今後の登場が期待されているキャラクターでもあると思います。
サムネイル画像は下記より引用しました。
出典: https://twitter.com/Nsr500X/status/883057924351905792