Apsgro31pvklo7ucu0yt

HUNTER×HUNTER

CATEGORY | HUNTER×HUNTER

【ハンターハンター】ゲンスルーの強さ考察や声優情報まとめ!

2018.05.11

多くの魅力溢れるキャラクターが登場したハンターハンターのグリードアイランド編の中で実質のラスボスとして登場したゲンスルーについて。ゲンスルーというキャラクターはハンターハンターの読者の間でも記憶に深く刻まれています。そんなゲンスルーについて紹介していきます。

  1. 【ハンターハンター】印象深く刻まれたゲンスルーとは
  2. 【ハンターハンター】グリードアイランド編にて。ゲンスルー初登場
  3. 【ハンターハンター】ゲンスルーが登場したグリーンアイランド編とは
  4. 【ハンターハンター】ゲンスルーの人物像について
  5. 【ハンターハンター】the悪役!ゲンスルーの念能力とは
  6. 【ハンターハンター】ゲンスルーの念能力その一「命の音」
  7. 【ハンターハンター】ゲンスルーの念能力その二「解放」
  8. 【ハンターハンター】印象を深く刻んだゲンスルーの実力は?
  9. グリードアイランド編アニメ化!ゲンスルーを担当した声優は誰?
  10. まとめ
ゲンスルーとは大人気漫画ハンターハンターに登場するキャラクターの一人です。ハンターハンターのファンたちの間でグリードアイランド編と呼ばれている話の中で登場したゲンスルーですが、一部のハンターハンターのファンたちの間では魅力あふれる悪役キャラクターの一人として評判が高いです。
ゲンスルーのキャラクター性だけではなく、その実力もハンターハンターの世界の中では上位に食い込むほどのものではないかと言われており、グリードアイランド編が終わった現在でも時折話題になるキャラクターです。そんなゲンスルーの魅力や実力、念能力について紹介していきます。
初めの方で軽く触れましたが、大人気漫画ハンターハンターの中でゲンスルーが初登場したのは彼以外にも魅力的なキャラクターをたくさん産出したグリードアイランド編の中です。ハンターになったばかりで現在のハンターハンターと比べるとまだ実力のなかった主人公キャラクターのゴンやキルアの前にラスボスのような立ち位置でゲンスルーは登場しました。
グリードアイランド編が終わった後では魅力溢れる悪役キャラクターとして語られているゲンスルーですが、初めてゴンやルキアたちの前に現れた時のゲンスルーは他の漫画にもよく登場するような気真面目なメガネキャラクターとして登場しており、当時のハンターハンターの読者たちはゲンスルーがラスボスとして登場するとは夢にも思わなかったのではないでしょうか。
今回紹介するゲンスルーも登場した大人輝漫画ハンターハンターの中で進行した物語、グリードアイランド編とはグリードアイランドという電脳のような世界を舞台にゴンやキルアたちがそれぞれの目的のために奮闘する話です。
まるでゲームの RPG のような世界観でスキルカードという特殊な効果を持つカードを指定枚数集めることがグリードアイランド編の大きな目的であり、その物語の中で幻影旅団やゴンの父親に関係する人物たちも多く登場し、その中でゴンやキルアが大きく成長した物語とも言えます。
グリードアイランド編に登場した件するの人物像について簡単に触れていきます。ゲンスルーの外見的特徴に目立ったものはなく、強いて挙げるとすれば長身でメガネをかけた一見すると優男風な外見でしょう。
ハンターハンターのグリードアイランド編に登場したときも特に特徴のないモブキャラクターの一人のような雰囲気でゴンやキルアたちの前に現れており、今でこそ話題のキャラクターですが当時はここまで活躍の場を与えられるキャラクターだとは思わなかったのではないでしょうか。
初登場時の印象からしばらくして、グリードアイランド編での話が進むにつれてゲンスルーの本当の性格があらわになってきました。グリードアイランド編の中盤にてゲンスルーはグリードアイランドクリアのために勧誘してきたチームメンバーたちを裏切り、殺すと言う初期の印象からはかけ離れた残忍さや狡猾さを露わにし、それと同時に今現在でもハンターハンターのファンの間でも話題になるほどの実力を見せました。
初登場時の印象とは大きくかけ離れた残忍さや狡猾さをみせたゲンスルーはグリードアイランド編の中でも特に印象深く残ったキャラクターの一人でしょう。そんなゲンスルーはグリードアイランド編の終盤でグリードアイランドのクリアのためにゴン達の前に現れ、ハンターハンターの作中でもひた隠しにしていたゲンスルーの念能力を披露しました。
ハンターハンターの搾取ではゲンスルーの念能力は具現化系とされていましたが、この時にゲンスルーの詳細な念能力の概要が判明しました。そのゲンスルーの念能力とは具現化系だけではなく、放出系や操作系といった系統の違う様々な念を巧みに使っており、ゲンスルー独特の使い方をしていました。ゆえにゲンスルーの念能力は現在のハンターハンターの中でも珍しい部類に入る念能力のひとつではないでしょうか。
ゲンスルーの念能力の中で一番有名な念能力が今回紹介する「命の音(カウントダウン)」だと考えられます。初披露された際の強烈な印象だけではなく、グリードアイランド編の中でも特別猛威を振るった念能力であるためハンターハンターのファンの間でも記憶に深く刻まれている人は多いのではないでしょうか。
そのゲンスルーが使った念能力「命の音」を簡単に説明すると対象に爆弾を取り付け爆発させると言うわかりやすいながらも強力な念能力です。操作系、放出系、具現化系をバランスよく掛け合わせた念能力となっており、その発動条件のひとつが相手に触れて「ボマー」と口にする事です。その後にゲンスルーが念能力「命の音」の説明と解除方法を口頭で伝えることで能力が発動します。
強力な念能力と感じられるゲンスルーの念能力「命の音」の解除方法はゲンスルーに触れて「ボマー捕まえた」と口にすることです。6000回のカウントの間にそれが出来なければ取り付けられた爆弾は爆発します。
相手に念能力の説明をしなければいけないと言う手間はありますが発動してしまえば強力すぎるゲンスルーの念能力には仲間のサブとバラというキャラクターのサポートが必要であり、ゲンスルー一人では発動できないという欠陥があります。
強力な念能力でありグリードアイランド編の作中でも猛威を振るったゲンスルーの念能力は一つだけではありません。もう一つ、グリードアイランド編の中で猛威を振るったゲンスルーの念能力とは「解放(リリース)」という念能力です。
このゲンスルーの念能力は最初に紹介した「命の音」と関係しており、簡単に概要を説明すると「命の音」で取り付けた爆弾を即座に爆発させるための念能力です。仲間のサブ、バラと右手親指を触れ合わせて「解放(リリース)」と口にすることで爆弾を爆発させることができます。「命の音」と同じように仲間の協力が必要という点はハンターハンターの作中でも大きな欠点となりました。
現在と比べるとハンターハンターの主人公キャラクターでもあるゴンやキルアの実力は低く、念能力においても覚えたばかりという欠点が複数存在していましたがそれでもグリードアイランド編のラスボスとして登場したゲンスルーは今夜キルアの大きな壁として立ちふさがり、ハンターハンターの読者の間でも印象深く残った悪役キャラクターとなったことでしょう。
そんなゲンスルーの実力とは実際どの程度のものなのでしょうか。ゲンスルーの念能力はグリードアイランド編の中でも特別猛威を振るった念能力であり、その威力も驚異的なものでした。しかし、その念能力を発動させるためには仲間のサブとバラの存在は必要不可欠であり、厳密に言うとゲンスルー個人の実力として考察の材料とするのは難しいです。
また、ゲンスルー個人の念能力に「一握りの命」と言う相手の触れた部分を爆発させるという能力がありますが、これを戦いの主軸に考えて実力を考察してもゲンスルー自体の進退能力は特出しているというわけではないため、ゲンスルー個人の実力はハンターハンターの中でも中間あたりなのではないでしょうか。
しかし、複数の念能力の系統をバランスよく使いこなせると言う部分は天才的であり、チームの中で真価を発揮するキャラクターなのではないでしょうか。
人気の中、アニメ化もされたハンターハンターのグリードアイランド編。ラスボスという役割を担っていたゲンスルーも当然ながら登場しています。
アニメ化されたハンターハンターのグリードアイランド編においてゲンスルーを担当した声優は小山剛志さんという方です。主役というわけではありませんが、ゲンスルー以外にも多くの印象に残るキャラクターを演じておりファンの多い声優の方でもあります。
ハンターハンターのグリードアイランド編に登場した名悪役キャラクターのゲンスルー。調べてみると序盤と終盤で印象ががらりと変わる二面性を持ちつつ、わかりやすい圧倒的な実力でハンターハンターの読者の記憶に深く刻まれた魅力のあるグリードアイランド編のラスボスとして登場したキャラクターでしょう。ハンターハンターのファンの間で話題となったのもうなずけます。