Qkogymifgrprh6jva6xa

早見沙織

CATEGORY | 早見沙織

【異能バトルは日常系のなかで】櫛川鳩子のかわいい魅力は?声優やセリフも紹介!

2018.12.21

『異能バトルは日常系のなかで』のヒロインの一人「櫛川鳩子」は主人公「安藤寿来」の幼馴染で、白髪に白い眼がかわいい美少女です。ここでは『異能バトルは日常系のなかで』のかわいいヒロイン「櫛川鳩子」の声優やセリフを紹介していきます。

  1. 【異能バトルは日常系のなかで】作品紹介
  2. 【異能バトルは日常系のなかで】作品のあらすじ
  3. 【異能バトルは日常系のなかで】主人公紹介「安藤寿来」
  4. 【異能バトルは日常系のなかで】ヒロイン紹介①神崎灯代
  5. 【異能バトルは日常系のなかで】ヒロイン紹介②櫛川鳩子
  6. 【異能バトルは日常系のなかで】ヒロイン紹介③高梨彩弓
  7. 【異能バトルは日常系のなかで】ヒロイン紹介④姫木千冬
  8. 【異能バトルは日常系のなかで】櫛川鳩子のかわいい魅力
  9. 【異能バトルは日常系のなかで】櫛川鳩子の長セリフが神
  10. 【異能バトルは日常系のなかで】櫛川鳩子の声優は早見沙織さん
  11. 【異能バトルは日常系のなかで】櫛川鳩子まとめ

GA文庫(SBクリエイティブ)のライトノベル原作のメディアミックス

『異能バトルは日常系のなかで』は「GA文庫(SBクリエイティブ)」のライトノベル原作のメディアミックスで、2018年1月に刊行されて13巻を持って完結しました。
2014年にはアニメ化され、王道を突きながらもオリジナリティーある設定とキャラクターの可愛さで人気を博しました。
略称は「異能バトル」や「いのバト」ですが、前者の「異能バトル」だと他の作品の異能バトルものを連想してしまうこともあるので、「いのバト」と言った方が伝わるかもしれません。

主人公の安藤寿来は重度の厨二病の少年

主人公の「安藤寿来(あんどうじゅらい)」は重度の厨二病患者で、同じ高校の文芸部員の女子たちから呆れられる毎日でしたが、ある日、文芸部員たちは突如として異能を開花してしまいます。
「神崎灯代(かんざきともよ)」は時間を止めることが出来る「永遠(クローズドクロック)」、「櫛川鳩子(くしかわはとこ)」は地水火風光の属性魔法を全て使いこなす「五帝(オーバーエレメント)」、「高梨彩弓(たかなしさゆみ)」は触れた物をあるべき状態に戻す「始原(ルートオブオリジン)」、「姫木千冬(ひめきちふゆ)」は万物を想像する「創世(ワールドクリエイト)」と、強力な異能を開花させてしまったのです。
しかし、一歩で最も異能を欲しがっていた主人公「安藤寿来」は、熱くない黒い炎を出現させるだけの「黒焔(ダークアンドダーク)」という使えない異能を開花したにすぎませんでした。
ハッキリ言ってチートレベルな能力を開花させた他の女の子達に比べ、全く使えない異能を開花した安藤は哀れまれましたが、安藤自身は女の子たちの能力を羨ましながらも、自身の「黒焔(ダークアンドダーク)」を気に入り、さらに厨二の高みを目指すのでした。

声優:岡本信彦

「安藤寿来(あんどうじゅらい)」は『異能バトルは日常系のなかで』の主人公で、文芸部員で重度の厨二病を患っているイタイ少年です。
日頃から周囲が反応に困る程の厨二発言をする少年で、基本的に周囲の女の子には軽く流されています。
「異能はタダかっこいい」というのがポリシーで、チート級の能力を持つヒロイン達の能力を羨ましがっているものの、自身の全く使えない能力「黒焔(ダークアンドダーク)」を激しく気に入っています。

声優:山崎はるか

「神崎灯代(かんざきともよ)」は『異能バトルは日常系のなかで』のヒロインの一人で、ヒロインの中で最もメインヒロインぽく、なにかと優遇されているキャラクターです。
ショートの赤髪に紫の瞳が可愛く、快活な性格なのでこの手の学園ラブコメにしては珍しいヒロインですが、恥じらいが強くとてもかわいい女の子ですね。
強力な異能「永遠(クローズドクロック)」で時間を止める能力を持っており、能力の強力さで言えば作中でもトップレベルです。

声優:早見沙織

「櫛川鳩子(くしかわはとこ)」は『異能バトルは日常系のなかで』のヒロインの一人で、主人公の安藤とは幼馴染で彼のことを「じゅーくん」呼びます。
白髪で白い瞳でおっとりした性格ですが、開花した異能は「五帝(オーバーエレメント)」という地水火風光属性を操る攻撃魔法で、かなりアグレッシブです。
能力の特性上、五人の中で比較的異能を使うことが多く、仲間に危機が迫ればアタッカーとして大活躍します。

声優:種田梨沙

「高梨彩弓(たかなしさゆみ)」は『異能バトルは日常系のなかで』のヒロインの一人で、文芸部部長を務めていますが、空手や柔道で黒帯なため徒手格闘も強かったりします。
能力が「始原(ルートオブオリジン)」という物をあるべき姿に戻す……つまり回復系の能力なので、徒手格闘と合わせれば結構強いですね。
常に落ち着いていて冷静な雰囲気があるキャラクターですが、時折エキセントリックな性格も覗かせるキャラクターです。

声優:山下七海

「姫木千冬(ひめきちふゆ)」は『異能バトルは日常系のなかで』のヒロインの一人で、まだ小学生ですが文芸部顧問の里見先生の姪っ子なので、毎日のように文芸部に顔を出しています。
金髪ツーサイドアップで非常にかわいい女の子で、年齢相応の甘えん坊な雰囲気を醸し出している所が、ロリ好きにはたまらないですね。
しかし、能力は万物を創り出す「創世(ワールドクリエイト)」という非常に強力な異能で、鳩子の「五帝(オーバーエレメント)」に匹敵する強力な能力者です。

櫛川鳩子は色白でおっとりしてる所がかわいい

ここで紹介する櫛川鳩子は、髪の毛も瞳も白い女の子で、性格もおっとりしていてマイペースな所がかわいいです。
しかし、根は意外と負けず嫌いで、小学生の千冬相手に本気で異能バトルに熱が入ってしまったり、恋のライバルである灯代を強く意識したり等、内なる気の強さは作中のキャラクターの中でも随一です。
寿来とは幼馴染で彼のことを「じゅーくん」と呼びますが、付き合いが長いにも関わらず鳩子には寿来のオタク趣味や厨二病が理解できず、オタク話で盛り上がれる寿来と灯代の関係を羨ましがっています。
それでも、寿来の方はオタク話ができない鳩子のことを物足りないと思いつつも、昔から黙って話を聞いてくれた大切な友達という意識を持っていて、鳩子が思っていたよりずっと寿来は彼女のことを大切にしていたことがわかります。

櫛川鳩子の長セリフがアニメ史に残る神レベル

鳩子がアニメ第7話で放った長セリフが、アニメ史に残るほどのインパクトで非常に話題になりました。
鳩子が放った長セリフがどういう経緯で話されたかと言うと、幼い頃から寿来の厨二話に付き合っていた鳩子でしたが、「どうせお前にはわからない」と寿来に言われ続け、ついにストレスの限界に達した鳩子は、「わかんない……わっかんないよ!!」と叫んだ後、およそ二分半に及ぶ長セリフで積年の想いを寿来にぶつけ、視聴者をも唖然とさせました。
この鳩子の長セリフを言った声優の「早見沙織(はやみさおり)」は、この長セリフを一発で取ったらしく、あまりに迫真の演技でその場にいた声優たちも思わず拍手してしまったとのこと。
怒りと泣き声が混じった鳩子の長セリフは伝説となり、今でもこれだけインパクトのある長セリフを放ったキャラクターは、他にはいない程だと思います。
鳩子の長セリフは非常に強烈なインパクトで刺さってくるので、ぜひ7話を見て確認してみてください。

櫛川鳩子の声優は2010年代を代表する女性声優の早見沙織さん

櫛川鳩子の声優は、『やはり俺の青春ラブコメは間違っている。』のヒロイン「雪ノ下雪乃(ゆきのしたゆきの)」や『賭グルイ』の主人公「蛇喰夢子(じゃばみゆめこ)」の声優と務めている「早見沙織(はやみさおり)」さんです。
早見さんは2010年代を代表する人気女性声優の一人で、今では人気女性声優ベスト10には入る程の方ではないでしょうか。
鳩子の演技はすさまじかったですが、『賭グルイ』の蛇喰夢子もエキセントリックで物凄く良いです。

櫛川鳩子の長セリフは伝説級

櫛川鳩子の長セリフですが、声優の早見沙織さんの演技が凄すぎて心に残りますね。
ちなみに、鳩子のセリフは原作小説だともっと長く、かなり痛々しい内容になっているので、気になった方はぜひ原作も読んでみることをオススメします。