Rhhx5grbcopaw30kmasb

七つの大罪

CATEGORY | 七つの大罪

【七つの大罪】マーリンの正体、驚きの年齢とは!声優情報などキャラ紹介まとめ

2020.06.29

七つの大罪メンバーの一人であり最強の魔術師でもある「マーリン」。七つの大罪作品では第一部後半から登場するキャラクターですが登場から一気に人気を博した人物の一人でもあります。今回はそんなマーリンについて綴っていこうと思います!

  1. 【七つの大罪】マーリンとは?
  2. 【七つの大罪】マーリンの性格は?
  3. 【七つの大罪】マーリンの強さは?
  4. 【七つの大罪】マーリンの神器
  5. 【七つの大罪】大陸最強の魔術師「マーリン」
  6. 【七つの大罪】マーリンはビビアンの師匠?
  7. 【七つの大罪】第一部ではアーサーと共に居たマーリン
  8. 【七つの大罪】マーリンとアーサーの関係は?
  9. 【七つの大罪】ガランに石化されるマーリン
  10. 【七つの大罪】研究が大好きなマーリン
  11. 【七つの大罪】研究のためにメラスキュラを捕らえるマーリン
  12. 【七つの大罪】マーリンの実年齢がヤバい!?
  13. 【七つの大罪】マーリンの正体「ベリアルインの娘」
  14. 【七つの大罪】魔神王と最高神の祝福を受けているマーリン
  15. 【七つの大罪】マーリンの魔力「無限インフィニティ」
  16. 【七つの大罪】マーリンの魔力「瞬間移動」
  17. 【七つの大罪】マーリンの魔力「絶対強制解除(アブソリュート・キャンセル)」
  18. 【七つの大罪】マーリンの魔力「完全なる立方体(パーフェクト・キューブ)」
  19. 【七つの大罪】マーリンの声優「坂本真綾」
  20. マーリン まとめ
七つの大罪メンバーの一人にして、ブリタニア大陸一と言われるほどの魔術師である「マーリン」。セクシーな色気を漂わせる大人の女性という感じがにじみ出ているキャラクターであり、スタイルも抜群です。肉体年齢は30歳前後であり、そこそこ若いと言えるでしょう。身長は177㎝、体重は57キロとルックスも女性としては最高峰であり、七つの大罪メンバーでは一番魅力的な女性とも言えるかもしれません。
七つの大罪の刻印は紅蓮の豚であり、右首に刻まれております。黒髪のロングヘアで雰囲気的にも魔女という感じを醸し出しております。全体的に露出度が高く口調も特徴的です。色欲の罪だけにその意味を前面に出しているとも言えるかもしれません。七つの大罪メンバー周りでは巨乳が多いためマーリンは実際には控えめな部類に入っておりますが、普通に考えると大きいと言えるでしょう。
ブリタニア大陸ではナンバーワンの魔術師と謳われており、その実力も作品を見ればお分りいただけると思います。見た目は若いですが、実年齢はディアンヌやキングをもはるかに凌ぐものがあり、また口調も古風な物言いが多いとされています。メリオダスのことを「団長殿」と呼ぶ唯一の人物でもあります。
冷静沈着で焦るそぶりはほぼ見せないいつも全体を見渡して着実に判断する頭脳と冷静さを持っています。大人な対応やそれなりの優しさというものも持ち合わせており、作中では数少ないまともな人物とも言えるでしょう。先を見通し、参謀的な役割をも果たすキャラクター位置であり、団長や他の団員たちを冷静にされる役割をも担っております。
七つの大罪メンバーがもはや普通ではないためマーリンも実際の人間としては普通ではない感性の持ち主とも言えるでしょう。駆け引きや相手の心を読み解く力も優れていると言えると思われます。ポーカーフェイスであり、ガランのような戒禁がなければよほどの相手でない限りはうまくその場をやり過ごせると言うだけの技量を持っていると言えるでしょう。
マーリンの純粋な闘級は4710と七つの大罪では通常状態のメリオダス以上もの力を持っており、武力は低いものの魔力が圧倒的でありブリタニア一と言うだけあると言えるでしょう。不思議な魔力が多いと言うことと、結界や呪いに関しては絶対的な力を持っており、パーフェクトキューブでさえ無効化してしまう魔力を持っております。
マーリンは戦闘以外でも様々な貢献をしており、「呪言の玉」などや「女神の琥珀」なども作っております。またゴウセルの鎧もマーリンが作っており魔力や呪いに関することに関してはエキスパートと言ってもいいでしょう。その反面研究好きであり、研究のためであればある程度ぶっ飛んだこともしでかしてしまうというちょっとズレた感覚を持っております。
マーリンの神器「明星アルダン」は見た目はただの鉄球ですが、マーリンにとっては様々な用途に使用できる魔法の玉と言ってもいいでしょう。数千以上のルーンが刻まれており、ガランに石化された際は神器に精神を移すなど通常では考えられないことも可能でありまだ神器に関して深く知られていない部分も多いとされております。
神器は10センチから15センチほどの鉄の球体であり、マーリンが使用しているときは大抵浮いております。これがマーリンの力によって浮いているのかそもそも神器そのものの力なのかはわかりません。魔術師がよく使用する水晶に少し似ている気もしました。魔術師に最適な見た目をした神器であると個人的には思いましたね。
ブリタニア大陸最強の魔術師と謳われているマーリンですが、そもそも魔術師というのがあまり出てきていないだけにそりゃあマーリンが強いだろう!と思われる方も多いと思います。私個人的にはそう思います。魔術師というとマーリンの弟子であるビビアンとマーリンくらいしか出てきていないので差のつけようがないというのが現段階の見解となります。
しかしながら後々にマーリンの素性を知っていくとそりゃマーリンが最強じゃん、と言えるようなものになってきました。特殊な呪文を唱えることもなくただ指を鳴らせば瞬間移動したりなどかなりぶっ飛んだ力を見せているマーリン・・・ビビアンが田舎の魔術師風情などという言葉を口にしていただけにやはり他にも魔術師がいると思いますが、マーリン自体が特別だと個人的には思いました。
作品の第一部で適役として登場した魔術師のビビアンですが、その師匠にあたるのがマーリンとなります。ビビアンからは相当嫌われていたようです。嫌われていた理由にマーリンの刺青である紅蓮の豚がかなり頭に残っているらしくホークを見たときはかなり怒っておりました。それだけ過去に色々とあったということなのでしょう。
しかしながらビビアンも魔術師としては上級クラスであり、さすがマーリンの弟子だけあると言えると思います。ビビアンが弟子だった時代のことなど過去に関しての描写はありませんでしたので、その点に関しては不明な部分が多いですが、かなり昔からビビアンの師を務めていたということは確かです。ギルサンダーに大層ご執心だったと言っていただけにその頃からよくビビアンを知っていたのでしょう。
第一部でメリオダスたちは散り散りになった七つの大罪メンバーを集めて回っておりますが、その中でどうしても見つからなかったのがマーリンとエスカノールになります。そのうちの一人であるマーリンは隣国のキャメロットの若き王であるアーサーの元にいたとされておりました。アーサーと共にいた理由についてはおそらく原作を読んでいるうちになんとなく推測はできるでしょう。
あのタイミングでアーサーが現れたということを考えるとこれはおそらくマーリンがアーサーに助太刀するように耳打ちしたということが言えるのではないでしょうか? マーリンもメリオダスたちを助けるためにあの状況で現れたと見るのが一番いいと思われます。
マーリンとアーサーの関係についてですが、現段階のアニメではまだまだわからないことが多いと思われます。ただマーリンが必要以上にアーサーに固執しているということと、何か危険があったら即座に身を呈して守っている姿が描かれていることからマーリンがアーサーに対して特別な感情を持っていると推測するのが一番いいと思われます。
後々に原作ではアーサーを助ける場面がたくさんあります。アーサーがエクスカリバーを手にして死んだときが一番重要な場面だったのではないでしょうか? アーサーにとってのマーリンというよりはマーリンにとってのアーサーがどうか?と考えるのが一番いいと思われます。アーサーに対しておそらくですが恋の感情を抱いていると考えるのが一番でしょう。
十戒の面々が復活した際にまずガランがメリオダスたちの前に現れます。当時の十戒は魔力がからっきしだったにも関わらずメリオダスたちを圧倒しました。魔神化したメリオダスですらまるで歯が立たないような状況でした。そんな中でマーリンももちろん自分が戦っても到底勝てる相手でないことを悟ったと思われます。
ガランに対してお得意の時間稼ぎに関する言葉を述べましたが、それがガランの戒禁に引っかかってしまいます。真実のガランというものでガランに対して偽りを表すと石化してしまうというものでした。マーリンが駆け引きを行ったのも単なるブラフであり時間稼ぎであっただけに嘘をついた形になり石化してしまうという流れになってしまいました。
作品を見ていてわかりますが、マーリンは相当な研究好きであることが言えるでしょう。色々なものを作り出していることもありますが、まず一番に言えるのは王であるバルトラが衰弱してそれの治療を行う際にキャメロットへと運びますがそこで治療と称した研究のようなものをするという謎の行動に出ます。これを見てわかる通り王に対しての敬意はありつつも研究という探究心には負けるというマーリンの本性がわかりますね。
また他にも研究材料を集めるということで色々な生物を捕まえたり、またその研究のために色々なものを犠牲にしたりなど研究に関してはかなり興味があると言ってもいいでしょう。これもマーリンの性格が前面に出ていると言ってもいいと思われます。
キャメロットでバリアの役割を果たしていたメラスキュラですが、最終的にはマーリンに捕まってフラスコの中に入れられてしまいます。マーリンのことなので研究材料として捉えたということになります。魔神族の十戒ということもあって研究のしがいがあると思ったのでしょう。ポーカーフェイスだけに何を考えているのかわからない部分があってちょっと恐ろしいですね。
これに関して言えば他にも十戒のメンバーを研究のために捕まえております。グレイロードもその一人となりました。結果的にメラスキュラはゼルドリスに返すことになりますが、メラスキュラの扱いというものがかなり酷いものになっていると言わざるを得ないと思いました。
マーリンの素性が謎なだけに実年齢などは不明でしたが、今となっては原作でようやく語られております。なんと団長とほぼ同じだけの年数を生きていると言ってもいいくらいでした。団長が生きていたのが3000年前の聖戦時ということになりますので、おそらくではありますが3000歳は軽く超えていると見てもいいでしょう。
もちろんマーリンに関しては普通の人間ではないということが言えます。不死ということもなさそうなのですが、それはおそらくマーリンの出身地にも関係していることがあると個人的には推測しております。マーリンの見た目は30歳前後くらいなのでそれを考えるとやはり魔術師だなと思わせられました。
マーリンの正体に関してはかなり長くの間不明とされておりましたが、原作ではようやくですが語られるようになりました。マーリンは「ベリアルイン」という賢者の里の生き残りであることがわかったのです。自らを「ベリアルインの娘」と言っておりました。十戒のメンバーもベリアルインの生き残りということでかなり驚いておりましたね。
ベリアルインは過去に魔神王と最高神によって滅ぼされておりますが、そこで唯一生き残ったのがマーリンという子になります。魔神王にも組しない、また最高神側にも組しないという中立の立場を貫いてきたベリアルインの娘ということでまだまだ謎は多ですが、かなりヤバい力を持っているのは間違いなさそうです。
元々ベリアルインでも特別な才能を持った子供ということでした。それを聞きつけた魔神王と最高神はもちろんマーリンを欲しがりました。マーリンは自らに対して気にいる贈り物をした方につくという条件を出します。ここで魔神王からは「魔界の秘術に関するほぼ全ての知識、そして女神の洗脳を防ぐ加護」というものでした。また最高神からはいかなる戒禁や呪いなどを無効化する加護というものでした。
ここでマーリンの悪知恵が働きます。どちらも貰っておいてどちらにも付かないという結果になりました。ここで魔神王も最高神ももちろん怒ります。それによってベリアルインは滅びたということになりました。しかしながらどちらの加護も受けているマーリンは当然死ぬことはなく生きのこり、最高の加護を持ちながら生き続けてきたということですね。
これはマーリンが本当に最強クラスであることがわかる魔力になります。マーリンが発動した魔力はマーリンの意思で解除しない限り永遠に発動し続けるというものです。これは生死に関わらずということなので、作中では正直最強クラスの魔力であることがわかります。
仮にパーフェクトキューブを発動させた場合、自ら解除しなければ確実に永遠に続くということですね。他にも加護を受けているだけに色々な呪いを知っているであろうマーリンです。そのほかの魔力もマーリンの手にかかれば永遠に続くということではっきり言ってチートと言ってもいいでしょう。
これはビビアンも使用しておりましたが、マーリンの十八番の魔力と言ってもいいものです。もちろんビビアンよりも発動が早く多くのものを移動させることが可能となっており、それだけマーリンの凄さというものがわかる魔力ですね。作中ではキャメロットへ一瞬で移動したり、またメリオダスたちを王室付近まで飛ばしたということから大人数を移動させるのもわけがないということがわかります。
いかなる魔力もマーリンの前で通じないということが言えるでしょう。魔力による結界などを強制的に解除するというものであり、マーリンの中でも特別チートな技となります。ビビアンが作り出したパーフェクトキューブもこれによって簡単に解除されてしまいました。
この魔力に関しては作中ではよく使われている魔力になりますが、完全に外部と内部を遮断する立方体の結界をはる魔力になり、いかなる攻撃をも通さない魔界由来の魔力となります。これはあのエスカノールと力を取り戻したメリオダスが戦っても壊れないという頑丈さを誇ります。またガランが斬りつけても全くビクともしないということでその頑丈さがわかりますね!
坂本真綾(さかもとまあや)さん、1980年3月31日生まれの東京都出身、フォーチュレスト所属の大人気声優さんです。元々子供時代から吹き替えやアニメの声優をやっており、声優界ではかなりの古参とも言える声優さんです。通常のアニメでの主役では天空のエスカフローネからであり、そこから一気に人気街道を進むことになります。
また声優だけでなく歌手としてもかなりの実力を持っており、特に有名なのが「カードキャプターさくら」のプラチナなど今では伝説的な名曲とされている曲をいくつも排出しております。代表作として、機動戦士ガンダムシードディスティニー、ツバサクロニクル、桜蘭高校ホスト部、ソウルイーター、黒執事、荒川アンダーザブリッジ、四畳半神話大系などなど数々の名作に出演しております。
いかがでしたでしょうか? 今回は七つの大罪メンバーのマーリンについて綴ってきました。マーリンは今原作でも重要な役割であり、今後の展開に関してもまだまだ活躍されるキャラクターとなっております。不明な部分もまだあるので今後の展開に要注目ですね!
サムネイル画像は下記より引用しました。
出典: https://twitter.com/m_sannisukii/status/996415777090621441