Lwornhgyz0vmzyior0cx

アイドルマスター

CATEGORY | アイドルマスター

矢吹可奈が劇場版で太った経緯とは!?セリフやソロ曲などキャラ情報まとめ

2018.05.27

アイドルマスター ミリオンライブ!のアイドル、矢吹可奈。彼女は、無印アイマスの劇場版「輝きの向こう側へ」にもゲスト出演しています。劇中矢吹可奈は太ってしまっていましたが、この記事ではその経緯を含め、矢吹可奈についていろいろとご紹介します。

  1. 矢吹可奈とは誰?
  2. 矢吹可奈のプロフィール
  3. 矢吹可奈が尊敬しているアイドル
  4. 矢吹可奈と音楽
  5. 矢吹可奈のソロ曲① 「オリジナル声になって」
  6. 矢吹可奈のソロ曲② 「おまじない」
  7. 矢吹可奈のソロ曲③ 「あめにうたおう♪」
  8. 矢吹可奈が太った理由は?
  9. 矢吹可奈とプチシュー
  10. 矢吹可奈のセリフたち
  11. 矢吹可奈の声優情報
  12. ミリマス・ミリシタの矢吹可奈についてのまとめ
矢吹可奈は、アイドルマスター ミリオンライブ!に登場するアイドルの1人です。
歌が大好きで、なんでもかんでも歌にして歌い始めるという特徴を持つアイドルですが、非常に音痴という大きな個性を持っています。
属性はVocalです。歌が好きですからね。矢吹可奈によってVocalだからといって歌が上手というわけではない、ということが判明しました。
2014年に公開された「劇場版アイドルマスター 輝きの向こう側へ」にアイドルマスター ミリオンライブ!(以下、ミリマス)からゲスト出演をし、物語の中核を担うキャラクターとしてフォーカスされていました。
後ほど理由とともに詳しくご紹介しますが、劇中で太る様子が描写されています。
矢吹可奈は、神奈川県出身の8月18日生まれの14歳。
趣味はなんでも歌にすることで、特技は合唱。好きなことは屋上で歌うこと。
という、超歌が大好きなアイドルです。これぞVocal属性。しかし、音痴です。
声優は木戸衣吹さんが担当しています。
矢吹可奈は如月千早のことを尊敬しており、「歌姫」と呼んで慕っています。如月千早はアイマスシリーズの中でも特に「歌」に全力を注いでいるアイドルですので、本人にとっても嬉しいのではないでしょうか。
ミリマスのゲーム内に登場する、矢吹可奈のカード「ドローイングライブ」では、PS3ゲーム「アイドルマスター ワンフォーオール」に登場する如月千早の顔だけを矢吹可奈に変えて描いている様子がカードに描かれています。
矢吹可奈が「これが未来の私の姿です!」と宣言していることから、本当に強いあこがれを抱き、目標にしているアイドルだということがわかります。
対して、如月千早は矢吹可奈に対してどんな印象を持っているのでしょうか。
ミリマス内で、如月千早は矢吹可奈と一緒に練習をしたことに対して「彼女(矢吹可奈)の歌に対する姿勢は本当に真摯で…たくさん元気を貰いました」
と評しています。
如月千早にとっても、矢吹可奈に一目置いている存在であるともとれる発言です。お互いに刺激し合って、もっともっと「歌」を聞かせて欲しいですね。
矢吹可奈は歌が本当に大好きですが、音痴なのが玉に瑕。下手の横好きと言ってしまえる現状です。
しかし、その音痴を頑張って克服しようとひたすらに猛特訓しているのも事実です。
歌が音痴ですが、楽器の演奏に関しては吹奏楽部から大量のスカウトが来たり、演奏だけしてたい方がいいと言われるなど相当上手いようです。
音感が無いわけではなさそうですね。いつか、特訓や努力が芽生えて音痴を克服した時。美しい歌声を披露してくれる日がやってくるかもしれません。
失敗ばかりだけど、それでもめげずに前へ進む気持ちが込められたソロ曲で、歌詞の随所からその気持ちが伝わってきます。
矢吹可奈の歌への想いが強く込められているバラードです。
矢吹可奈を知っている人ほど、胸に響くソロ曲と言えます。
矢吹可奈の矢吹可奈のソロ曲としては2曲目となる「おまじない」
このソロ曲は、バラード調だった1曲目のソロ曲「オリジナル声になって」とは一転して、明るくて軽いアップ店舗な楽曲になっています。
歌詞は「なんでも歌にする」ことが趣味の矢吹可奈がまさにそのまま表れています。
過去に誰かに励まされたことを受けて、今度は自分が誰かを励まそうとしているような流れが歌詞から読み取れます。
または、劇場版を経ての矢吹可奈を表現しているとも捉えられます。
こちらのソロ曲も、矢吹可奈の歌が大好きだという気持ちが強く伝わってくるソロ曲になっています。
ゆったりとした曲調ですね。
矢吹可奈は、ミリマスアイドルとしてゲスト出演した「劇場版アイドルマスター 輝きの向こう側へ」の劇中、トラブルに見舞われるメンバーたちの中核として、非常に重要なポジションとして描写されています。
劇中で矢吹可奈はものすごく太るというアイドルらしからぬ事件を起こしました。ふっくらとした姿がスクリーンに映し出され、誰が見ても一目瞭然な太る様子だったため、いい意味でも悪い意味でも衝撃を与えた劇場版でした。
では、なぜ矢吹可奈は太ることになってしまったのでしょうか?
太る理由…それは「ストレスでお菓子を食べ過ぎて太ってしまったから」というもの。
非常にシンプルな理由ではありますが、アイドルにとっては太るということは、死活問題ですね。
矢吹可奈本人としては、バックダンサーとして上手くできなさそうという現状でストレスを感じ、そのストレスが原因でお菓子を食べ過ぎてしまったということになります。その結果、太るという流れとしてもシンプルです。
太るという事件はもちろんですが、それ以前にバックダンサーをしっかり務められるかどうかということに対して、強い責任を感じてしまったということですね。
ちなみに、ゲーム内での設定とは異なり、矢吹可奈は如月千早ではなく天海春香に強い憧れを抱いています。
よく、矢吹可奈といえばプチシューといったようなものをインターネット上で見かけます。
これは、劇場版のワンシーンが原因。
矢吹可奈がプチシューを食べているところを天海春香に見つかり、慌ててプチシューを隠すシーンがあるのですが、そこがやたら「ヌルヌル」な作画だったことが多くのファンの心に残ったことが原因と言われています。
また、劇中ではお菓子を食べ過ぎて太ってしまいますので、プチシューと相まって「矢吹可奈は食いしん坊」という印象も持たれたようです。
矢吹可奈のセリフたちを、いくつか抜粋してご紹介します。なんでも歌にすることが趣味の彼女のセリフは、どれも大体メロディが付いています。
「えいぎょ~♪ まいりましょ~♪ イッツ・ショ~♪」
「お仕事が終わっても~も~♪ も~っとも~っと歌いたい~♪」
「越えられない壁はない~♪ きっときっとへこたれない~♪」
「迷っても~♪ 突き進むんで~す♪ アイドルレ~ス♪」
「おはようございまーす! 私、いつでも歌う準備は出来てますからね~♪ ら~らら~♪」
まだまだセリフは沢山ありますが、大半が「♪」付きセリフです。
セリフ一覧や、セリフ紹介等々を見てみると「♪」の量に圧倒されます。
矢吹可奈のセリフ1つ1つから、歌が大好きな様子が強く伝わってきます。
矢吹可奈の声優を担当されているのは、木戸衣吹さん。ホリプロに所属しています。
1997年11月14日生まれで、執筆時点では20歳です。
青森県出身ですが、中学生ながら単身で2012年に上京しました。劇場版アイドルマスターでは、15歳ながらアフレコに臨むなど、若くして才能を発揮されている声優さんです。

木戸衣吹さんの声優出演作品

お兄ちゃんだけど愛さえあれば関係ないよねっ / 姫小路秋子
帰宅部活動記録 / 安藤夏希
彼女がフラグをおられたら / 菜波・K・ブレードフィールド
エロマンガ先生 / 神野めぐみ
若くして多くのメインキャストを掴んでいる木戸衣吹さん。これからの声優活動も非常に楽しみですね。
矢吹可奈は、プチシューが印象的な歌が本当に大好きなアイドル。
劇場版でゲスト出演ながら物語の中核を担う役割を果たした彼女は、食いしん坊という印象を持たれてしまいました。
しかし、実際は歌に対して熱意が溢れるアイドル。音痴ではありますが、音痴を解消すべく全力で特訓に励んでいます。
如月千早には「真摯に歌に向き合っている」とまで評されている矢吹可奈。ひたむきなその努力は、いつかきっと報われることでしょう。
今後の成長が非常に楽しみなアイドルと言えるでしょう。
音痴が治るのかどうかはわかりませんが、ファンみんなで矢吹可奈の努力・成長を見守っていきたいですね。
サムネイル画像は下記より引用しました。
出典: https://www.instagram.com/p/BZRGABJD4UR