Dk1jvmiypwin0vz4jbrw

風の谷のナウシカ

CATEGORY | 風の谷のナウシカ

ナウシカと王蟲の奇妙な関係性がわかるのはここだけ!

2018.06.19

誰もが知る国民的アニメ映画、風の谷のナウシカには、原作となる漫画が存在します。物語の主人公であるナウシカは、原作では、超能力を使い、巨神兵の母となり、最後には人類を滅ぼしてしまいます。そんな風の谷のナウシカの物語を原作を含め詳しく説明したいと思います。

  1. 風の谷のナウシカとは?
  2. 風の谷のナウシカの粗筋
  3. 【風の谷のナウシカ】ナウシカとは?
  4. 【風の谷のナウシカ】風の谷とは?
  5. 【風の谷のナウシカ】メーヴェとは?
  6. 【風の谷のナウシカ】王蟲とは?
  7. 【風の谷のナウシカ】巨神兵とは?
  8. 【風の谷のナウシカ】ナウシカには子供がいる?
  9. 【風の谷のナウシカ】ナウシカは超能力者?
  10. 【風の谷のナウシカ】映画でも登場 吊り下げられた王蟲の真実とは?
  11. 【風の谷のナウシカ】土鬼とは?
  12. 【風の谷のナウシカ】墓所とは何か?
  13. 【風の谷のナウシカ】腐海の真実
  14. 【風の谷のナウシカ】腐海の果てる場所
  15. 【風の谷のナウシカ】ナウシカは人造人間?
  16. 【風の谷のナウシカ】王蟲の正体とは?
  17. 【風の谷のナウシカ】ナウシカが最後にとった選択とは?
  18. 【風の谷のナウシカ】ナウシカのその後
  19. 【映画 風の谷のナウシカ】ナウシカの声優は誰?
  20. まとめ
712dfwwooel. sl1000
引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/712dfwWOoeL._SL1000_.jpg
風の谷のナウシカ [DVD]
価格 ¥ 3,718
現在のスタジオジブリの母体となった『トップクラフト』が1984年に制作した日本のアニメーション映画です。宮崎駿が監督をした長編アニメーション映画では『ルパン三世 カリオストロの城』に続く第二作目の作品となります。
原作は、同じく宮崎駿による漫画作品であり、タイトルは映画と同様に『風の谷のナウシカ』です。徳間書店のアニメ情報誌である『アニメージュ』において1982年2月号から掲載が開始され、1994年3月号にて完結しました。

風の谷のナウシカはどのようにして始まるのか?

81ov6yn4bcl. sl1410
引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/81Ov6yN4BCL._SL1410_.jpg
51g3bzkv8zl
引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/51G3BZKV8ZL.jpg
かつて高度に発達した文明が火の7日間と呼ばれる最終戦争を経て技術体系の殆どを失います。戦争で各地にバラ撒かれた汚染物質は、猛毒を放出する植物と巨大な蟲が住まう腐海と呼ばれる領域を作り出します。主人公ナウシカが住む風の谷は、そんな腐海の近辺に位置する小国です。
ある時、大国トルメキアの輸送機が大量の地蟲を纏い、風の谷の近辺へ墜落します。物語はこの出来事を皮切りに進んで行く事になります。またこのシーンは映画版と漫画版では大きな違いがあり、映画版では巨神兵の胚を飛行機に積んでおり、漫画版では巨神兵の制御に必要な秘石を臨終のラステルからナウシカが受け取ります。

原作漫画に記された粗筋

510cmq0sssl
引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/510CMQ0SSSL.jpg
風の谷のナウシカ原作漫画(アニメージュ・コミックス・ワイド版 第一巻)の冒頭に記されている前置きと、裏表紙に記載されている粗筋を以下に紹介します。
” ユーラシア大陸の西のはずれに発生した産業文明は数百年のうちに全世界に広まり巨大産業社会を形成するに至った。大地の富をうばいとり大気をけがし、生命体をも意のままに造り変える巨大産業文明は1000年後に絶頂期に達しやがて急激な衰退をむかえることになった。『火の7日間』と呼ばれる戦争によって都市群は有毒物質をまき散らして崩壊し、複雑高度化した技術体系は失われ地表のほとんどは不毛の地と化したのである。その後産業文明は再建されることなく永いたそがれの時代を人類は生きることになった。 ”
” かつて栄えた巨大産業文明の群は時の闇の彼方へと姿を消し、地上は有毒の瘴気を発する巨大菌類の森・腐海に覆われていた。人々は腐海周辺に、わずかに残された土地に点在し、それぞれ王国を築き暮らしていた。───風の谷───そこは人口わずか500人、海からの風によってかろじて腐海の汚染から守られている小王国であった。 ”
51psv31hfzl
引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/51PSV31HFZL.jpg
映画、アニメ、両方の風の谷のナウシカにおいて主人公を務める16歳の少女です。腐海の畔に存在する小国、風の谷の族長ジルの娘です。母や10人の兄弟は全て腐海の毒によって死亡しています。父と同じく『風使い』と呼ばれ、一人乗りの全翼機『メーヴェ』を使い熟し空を自由に飛ぶ事が出来ます。
511q5tfjixl
引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/511q5TFJixL.jpg
猛毒植物と巨大蟲の巣窟である腐海の畔に存在する辺境諸国の一つです。人口は500人程度であり、主に第一次産業により成り立つ小国です。風の谷という名前が示す通りに、風というものをとても大切にしており、腐海の毒を退ける、風車を用いて水を汲み上げる、風を利用して飛行する、といった具合に風が生活に必要不可欠となっています。
基本的には争いを好まない穏やかな気質を持った民ですが、トルメキアの同盟国としてその価値を示す為に、有事の際には族長自らガンシップで戦地に赴き兵として従軍します。
5197w6trwbl
引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/5197W6TRWBL.jpg
51zcgd7ec5l
引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/51ZCgd7eC5L.jpg
41qb341z1vl
引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/41QB341Z1VL.jpg
ナウシカが愛用する一人乗りの全翼機です。作中では度々凧と称されますが、グライダー等とは違い推進装置を有しています。『メーヴェ』とは、ドイツ語でカモメを意味する言葉です。
16歳の女性であるナウシカが軽々と持ち運べる程に軽量です。ロマンアルバム「風の谷のナウシカ」のラフスケッチによれば機体重量12kgとの設定があります。機体はその見た目に反して中々頑丈なようで、ヘビゲラの硬質な尾先に翼が直撃した際にも問題なく飛行を続ける事が出来ています。
原作漫画中では最大3人まで搭乗した事があり、推力は格段に落ちるものの、二人以上の搭乗が可能である事が伺えます。
41qqjrrl5vl
引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/41QQjRrl5VL.jpg
41p1jztrf l
引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/41P1JzTRF-L.jpg
映画、風の谷のナウシカの冒頭で、ミトを追う王蟲をナウシカが鎮めたシーンはとても印象的だと思います。
王蟲は非常に大きな体を持っていおり、全長で80m、体高で30m程の大きさがあります。ビル9階分程の高さで、尚且、野球場に丁度すっぽり入る位の長さと言えば、その大きさがイメージしやすいかと思います。重さは明言されていませんが、水に潜れる事から比重を1だと仮定して体積から6万t程であると予想出来ます。
外見はダンゴムシのような姿をしており、15個のキャノピーのような瞳が特徴的です。口元に幾つも存在する金色の触手は、生物の怪我を治癒する能力があります。風の谷のナウシカ原作漫画においては、非常に高い知性を持っている描写があり、テレパシーを用いて人間(ナウシカ)と会話をする事が出来ます。
その圧倒的な風貌にそぐわず、極めて温厚な生物であり、理由も無く人々を傷つけたりといった事はしません。しかし、腐海を広範囲に渡って焼く、等の度を過ぎた自然破壊を人間が行った場合、大地を埋め尽くす程の王蟲の大群が人里に押し寄せる事があります。これは大海嘯と呼ばれ、かつて栄華を誇ったエフタルが破滅した直接の原因です。
普段は青い瞳をしていますが、破壊衝動に駆られ、他の生物を攻撃する時は目が赤色に輝きます(攻撃色)。因みに映画、風の谷のナウシカの王蟲の鳴き声は布袋寅泰さんのギターの音です。
51dmtitztkl
引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/51DMtitZtkL.jpg
513sbrdk9pl
引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/513SBrDK9pL.jpg
51 fdvnp hl
引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/51-fDVnp-HL.jpg
1000年前に高度産業文明を崩壊させた『火の七日間』において、世界を焼き払った人工生命体です。王蟲をも上回る非常に大きな体を持っています。映画では体表がドロドロとしたマグマの様なデザインとなっていますが、原作漫画では筋肉組織がむき出しの人体模型のような姿をしています。また映画の冒頭で流される巨神兵達は手に光の槍らしきものを持っていますが、原作漫画でそれは登場しません。
陽子収束弾(プロトンビーム)を口、又は額から放つ事ができ、遥か遠くの山を消し飛ばすだけの威力があります。しかし原作漫画に登場した巨神兵は、起動に不備があった為か肉体の構築が不十分であり、攻撃を加える度に肉体が腐敗してしまいます。
また、原作漫画における巨神兵は背部に光の輪を作り出す事で空間を歪め、飛行をする事が出来ます。その速度は機動性に優れるガンシップを以てしても全く追いつけない程に高速でした。しかし、飛行もまたビームと同じように使用には肉体の腐敗を伴い、最終的には使えなくなってしまいます。
加えて、原作巨神兵は言葉を理解するだけの知能と、ナウシカや神聖皇帝と同じようにテレパシー等の超常の力を使う事が可能です。知能に関してはナウシカから名を授かった段階より大きく発達しました。
41danhv0zxl
引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/41DaNhV0ZxL.jpg
41jzfqlpivl
引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/41JzfqLpIvL.jpg
風の谷のナウシカ原作漫画では、ナウシカは自らが起こした巨神兵の母親となります。ナウシカが母親となった理由は、巨神兵起動のキーとなる秘石を持っていたからです。ナウシカは自らの子となった巨神兵にエフタル語で無垢を意味する『オーマ』という名を授けます。オーマはナウシカを母と慕い、ナウシカの言う事であれば何でも素直に従うようになります。
オーマと共に旅をするナウシカですが、オーマの放つ毒の光によって徐々に衰弱してしまいます。物語序盤からのナウシカの相棒であったキツネリスのテトも、この毒の光によって死亡してしまいました。
この毒の光の正体については原作で明言される事はありませんが、強大な力を持つ巨神兵を核兵器の暗示と考えた場合、放射能であると解釈する事も出来ます。
51bf0s1jskl
引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/51BF0S1JSKL.jpg
こちらも映画には存在しない設定ですが、ナウシカを始めとする風の谷のナウシカ原作に登場する一部のキャラクターはテレパシーや念写、念動といった超常の力を扱う事が出来ます。登場する超常の力は、念話、念動、読心、念写、憑依、です。また超常の力を扱う事の出来る人物として、ナウシカ、王蟲、マニ族僧正、神聖皇弟、チクク、巨神兵、ヒドラ、セルム、巨神兵、が存在します。
61vkv88xshl
引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/61VKV88XSHL.jpg
51g6jrbpknl
引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/51g6JrBPKNL.jpg
映画、風の谷のナウシカのラストで非常に衝撃的だったシーンと言えば、ペジテの飛行ガメに吊り下げられた王蟲の幼体のシーンでしょう。風の谷のナウシカ原作にて、あのシーンのより詳しい説明が存在します。
原作中にてナウシカは、あの大きさ(人間よりかは全然大きい)まで育った王蟲をどのようにして捕まえたのか、について疑問を呈します。いくら幼体と言えど人間より遥かに強靭な甲殻をもった王蟲を、ましてや腐海から連れ去るなど不可能に近いのでしょう。
しかし物語が進むと王蟲は捕獲されたのではなく、培養槽により人間に育てられていたという事が判明します。またそれらのテクノロジーが聖都シュワに存在する墓所と呼ばれる場所からもたらされている事を知ります。
61kzhf2ezql
引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/61KZHF2EZQL.jpg
風の谷のナウシカ原作中においてトルメキアと双璧を成す大国が土鬼です。物語の最終地点であるシュワを首都に持ちます。神聖皇帝を頂点として、僧会という官僚機構が国政を担っています。墓所の主との契約により、旧世界の技術を行使する事が可能です。
51n6gtxq1nl
引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/51N6GTXQ1NL.jpg
ドルクの首都、シュワに存在する黒色の立方体の構造物です。旧世界の科学の粋が集められており、ヒドラや粘菌の製造方法、また肉体の寿命を延ばす方法等は全てこの墓所からもたらされたものです。
硬質セラミックを凌ぐ頑強さをもっており、通常兵器では破壊はおろか表面に傷を入れる事すら出来ません。また周囲は300メルテ(約300m)の堀で覆われています。近づいた者にビームを打ち込む機構も備えており、これらの防衛機能によりトルメキアの兵は墓所に立ち入る事が出来ませんでした。
物語の最後ではナウシカの子である巨神兵のオーマとビームを打ち合い、その結果、外壁に亀裂が生じます。しかし墓所のビームを受けたオーマもまた、300メルテの堀へと落下してしまいます。
61hukbx%2b2nl
引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/61huKBX%2B2NL.jpg
ナウシカは物語の終盤で腐海の真実に辿り着きます。腐海とは、大地を致命的に汚染した大量の毒素を、自ら取り込み長い年月を掛けて無毒化する浄化装置だったのです。ナウシカとアスベルが迷い込んだ腐海の深部にて、マスク無しでの呼吸が行えた理由は、腐海が毒を生む植物ではなく、浄化する為に作られた植物だったからです。この腐海を作ったのは火の七日間以前の、旧人類です。
516t3nvdx1l
引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/516T3NVDX1L.jpg
腐海は非常に長い年月を掛けて毒素を取り除きますが、その腐海が果てる場所というのは、そのまま毒素が存在しない場所という意味になります。ナウシカは精神のみでこの場所へと行った事があります。実際に存在する場所である事がセルムによって語られていますが、その場所を知るのはセルムは始めとする森の人のみとなります。
51q0xcwf52l
引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/51Q0XCWF52L.jpg
ナウシカ達は火の七日間以前の人類(旧人類)によって作られた人工種族です。腐海による長い浄化の最中に、世界を維持する目的の為に作られました。通常の人間である旧人類が生きて行けないような汚染された環境であってもマスク一つで活動する事が可能です。
しかし、ナウシカ達人工人類は汚染に強い半面、極端に清浄に空気に対して耐性がありません。もし腐海が世界の浄化を終え、綺麗な空気が満ちれば、ナウシカ達は生命を維持する事が出来ません。ナウシカ達は旧人類によって浄化の期間に世界を維持する事だけを目的として作られた生命体だったのです。
墓所にて、ナウシカが旧人類と対話とした際には、ナウシカ達を清浄な空気で生きて行けるように作り変える技術がある旨が語られますが、その真偽の程は原作でも明かされません。
51av0ppbw8l
引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/51AV0PPBW8L.jpg
王蟲もまた、ナウシカ達と同じように人工的に作られた生命体の一部です。腐海や蟲達を含めた生態系そのものが人類が巻き散らかした毒素の後始末を一手に引き受ける浄化装置そのものだったのです。人工的ではない旧世界の生物は、聖都シュワ近辺に点在する『庭』と呼ばれる場所にて、庭の主と呼ばれる不老不死の存在に守られています。
51g3wx50fsl
引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/51G3WX50FSL.jpg
ナウシカは全ての真実を知った後、巨神兵(オーマ)に旧人類の全てが詰まった卵を握りつぶさせます。この旧人類というのは今現在の私達の祖先であると考えられます。
ナウシカがこのような行動をとった理由としては様々な考え方が存在しますが、旧人類があまりにも生命を弄ぶ事をしすぎたから、というのが最も自然な考え方であると思います。
61gphjabq0l. sl1000
引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/61GphJAbQ0L._SL1000_.jpg
ナウシカは墓所にて旧人類を滅ぼした後に、土鬼の地に留まったとされています。また風の谷へと帰ったのはチチク成人後(恐らく10年以上経ってから)とされています。
以下に、風の谷のナウシカ原作(アニメージュ・コミックス・ワイド版 第八巻)の最後に記された宮崎駿氏による後書きを紹介します。
” 語り残した事は多いがひとまずここで、物語を終ることにする。この後、ナウシカは土鬼の地にとどまり、土鬼の人々と共に生きた。彼女はチククの成人後、はじめて風の谷へ帰ったとある年代記は記している。またある伝承は、彼女がやがて森の人の元へ去ったとも伝えている。帰還したクシャナは、やがてトルメキア中興祖と称えられるにいたるが、生涯代王にとどまり決して王位につかなかった。以来、トルメキアは王を持たぬ国になったという……。 ”

ナウシカ CV 島本須美

映画、風の谷のナウシカでナウシカの声を担当されたのは島本須美さんという日本の女性声優さんです。1954年12月8日に高知県高知市で生まれました。血液型はA型、身長は162cmとの事です。以前は劇団青年座、青二プロダクション、大沢事務所さんに所属していたそうですが、今現在はフリーで活躍されているそうです。

その他出演作品

映画、風の谷のナウシカのナウシカの他には、『ルパン三世 カリオストロの城』のクラリス、『となりのトトロ』のサツキの母親、『もののけ姫』のトキ、『銀河鉄道999』のスージィと本家アリババ、『うる星やつら』の雨森露子、『銀河疾風サスライガー』のステファニア、『ドラえもん』のキー坊、『生徒諸君!心に緑のネッカチーフを』の北城真理子、『機動警察パトレイバー』の藤井綾乃、『金田一少年の事件簿』の紅亜理沙、『石田とあさくら』の木下、『少女終末旅行』のエリンギ、『3月のライオン』の幸田母、等を担当されています。
51yh6yr3bdl
引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/51YH6YR3BDL.jpg
51vjsxndrzl
引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/51vjSxNdRzL.jpg
51peksbymal
引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/51PEkSBYmaL.jpg
611z%2btdxrvl. sy496 bo1,204,203,200
引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/611z%2BTDXRVL._SY496_BO1,204,203,200_.jpg
ワイド判 風の谷のナウシカ 全7巻函入りセット 「トルメキア戦役バージョン」 (アニメージュ・コミックス・ワイド版)
価格 ¥ 3,072
以上のように風の谷のナウシカの原作には映画に勝るとも劣らない素晴らしい見所が沢山存在します。少々難しく感じる所もあるとは思いますが、重厚に練られたストーリーは圧巻の一言です。
原作では、ナウシカと蟲の触れ合い(特に王蟲)が多く存在するので、映画のそこに魅力を感じた人は原作を絶対に楽しめると思います。さて、遠い未来に私達の祖先がナウシカに滅ぼされないよう今の内から博愛の精神を身に着けましょう。