Dk1jvmiypwin0vz4jbrw

風の谷のナウシカ

CATEGORY | 風の谷のナウシカ

ナウシカと王蟲の奇妙な関係性がわかるのはここだけ!

2018.06.19

誰もが知る国民的アニメ映画、風の谷のナウシカには、原作となる漫画が存在します。物語の主人公であるナウシカは、原作では、超能力を使い、巨神兵の母となり、最後には人類を滅ぼしてしまいます。そんな風の谷のナウシカの物語を原作を含め詳しく説明したいと思います。

目次

  1. 風の谷のナウシカとは?
  2. 風の谷のナウシカの粗筋
  3. 【風の谷のナウシカ】ナウシカとは?
  4. 【風の谷のナウシカ】風の谷とは?
  5. 【風の谷のナウシカ】メーヴェとは?
  6. 【風の谷のナウシカ】王蟲とは?
  7. 【風の谷のナウシカ】巨神兵とは?
  8. 【風の谷のナウシカ】ナウシカには子供がいる?
  9. 【風の谷のナウシカ】ナウシカは超能力者?
  10. 【風の谷のナウシカ】映画でも登場 吊り下げられた王蟲の真実とは?
  11. 【風の谷のナウシカ】土鬼とは?
  12. 【風の谷のナウシカ】墓所とは何か?
  13. 【風の谷のナウシカ】腐海の真実
  14. 【風の谷のナウシカ】腐海の果てる場所
  15. 【風の谷のナウシカ】ナウシカは人造人間?
  16. 【風の谷のナウシカ】王蟲の正体とは?
  17. 【風の谷のナウシカ】ナウシカが最後にとった選択とは?
  18. 【風の谷のナウシカ】ナウシカのその後
  19. 【映画 風の谷のナウシカ】ナウシカの声優は誰?
  20. まとめ
712dfwwooel. sl1000
引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/712dfwWOoeL._SL1000_.jpg
風の谷のナウシカ [DVD]
価格 ¥ 3,718

現在のスタジオジブリの母体となった『トップクラフト』が1984年に制作した日本のアニメーション映画です。宮崎駿が監督をした長編アニメーション映画では『ルパン三世 カリオストロの城』に続く第二作目の作品となります。

原作は、同じく宮崎駿による漫画作品であり、タイトルは映画と同様に『風の谷のナウシカ』です。徳間書店のアニメ情報誌である『アニメージュ』において1982年2月号から掲載が開始され、1994年3月号にて完結しました。

風の谷のナウシカはどのようにして始まるのか?

81ov6yn4bcl. sl1410
引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/81Ov6yN4BCL._SL1410_.jpg
51g3bzkv8zl
引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/51G3BZKV8ZL.jpg

かつて高度に発達した文明が火の7日間と呼ばれる最終戦争を経て技術体系の殆どを失います。戦争で各地にバラ撒かれた汚染物質は、猛毒を放出する植物と巨大な蟲が住まう腐海と呼ばれる領域を作り出します。主人公ナウシカが住む風の谷は、そんな腐海の近辺に位置する小国です。

ある時、大国トルメキアの輸送機が大量の地蟲を纏い、風の谷の近辺へ墜落します。物語はこの出来事を皮切りに進んで行く事になります。またこのシーンは映画版と漫画版では大きな違いがあり、映画版では巨神兵の胚を飛行機に積んでおり、漫画版では巨神兵の制御に必要な秘石を臨終のラステルからナウシカが受け取ります。

原作漫画に記された粗筋

510cmq0sssl
引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/510CMQ0SSSL.jpg

風の谷のナウシカ原作漫画(アニメージュ・コミックス・ワイド版 第一巻)の冒頭に記されている前置きと、裏表紙に記載されている粗筋を以下に紹介します。

” ユーラシア大陸の西のはずれに発生した産業文明は数百年のうちに全世界に広まり巨大産業社会を形成するに至った。大地の富をうばいとり大気をけがし、生命体をも意のままに造り変える巨大産業文明は1000年後に絶頂期に達しやがて急激な衰退をむかえることになった。『火の7日間』と呼ばれる戦争によって都市群は有毒物質をまき散らして崩壊し、複雑高度化した技術体系は失われ地表のほとんどは不毛の地と化したのである。その後産業文明は再建されることなく永いたそがれの時代を人類は生きることになった。 ”

” かつて栄えた巨大産業文明の群は時の闇の彼方へと姿を消し、地上は有毒の瘴気を発する巨大菌類の森・腐海に覆われていた。人々は腐海周辺に、わずかに残された土地に点在し、それぞれ王国を築き暮らしていた。───風の谷───そこは人口わずか500人、海からの風によってかろじて腐海の汚染から守られている小王国であった。 ”

1 / 6