Xpwcpmeoxzzjib8n953m

ラプンツェル

CATEGORY | カテゴリー

【ラプンツェル】映画の評価まとめ!「あたらしい冒険」の評価も紹介!

2018.11.21

大人気ディズニー映画『塔の上のラプンツェル』。グリム童話をもとに作られたラプンツェルは、ディズニー映画のなかでも非常に評価の高い作品となりました。そんなラプンツェル の評価について、新たなシリーズ「あたらしい冒険」も含め紹介していきます。

目次

  1. 【塔の上のラプンツェル】ラプンツェルとは
  2. 【塔の上のラプンツェル】映画の評価は良い? 悪い?【評価まとめ】
  3. 【塔の上のラプンツェル】映画評価ポイント①「おてんばなプリンセス」【評価まとめ】
  4. 【塔の上のラプンツェル】映画評価ポイント②「ヒーローが泥棒」【評価まとめ】
  5. 【塔の上のラプンツェル】映画評価ポイント③「挿入歌」【評価まとめ】
  6. 【塔の上のラプンツェル】映画評価ポイント④「映像美」【評価まとめ】
  7. 【塔の上のラプンツェル】映画評価ポイント⑤「王道ストーリー」【評価まとめ】
  8. 【塔の上のラプンツェル】ディズニー映画らしさが高評価!【評価まとめ】
  9. 【塔の上のラプンツェル】「あたらしい冒険」の評価は?【評価まとめ】
  10. 【塔の上のラプンツェル】評価についてまとめ

「ラプンツェル 」とは、2011年に公開された、ディズニー映画です。塔の中で暮らす少女・ラプンツェルと、その塔に忍び込んだ泥棒・フリンとの出会い、成長、恋を描いた本作は、ディズニーらしさと、物語の王道が詰め込まれた非常に魅力的で、楽しくなる作品となりました。

塔の上のラプンツェル DVD+ブルーレイセット [Blu-ray]
価格 ¥ 5,470

ディズニー長編アニメの50作目となったラプンツェル は、その記念すべき作品にふさわしいほど、ディズニーの良さが詰め込まれました。原作のグリム童話が好きな人も多くいたとは思いますが、原作とはまるで違ったハッピーな結末に幸福感を感じたという評価も多かったよう。ディズニー映画のなかでも非常に高評価となったについて、その評価を紹介していきます。

塔の上のラプンツェル (ディズニー物語絵本)
価格

ラプンツェルの映画の評価についてですが、総合的にとても高い評価を得ていました。ディズニーファンは元より、原作であるグリム童話のファンからも高い評価を獲得した本作。その後「あたらしい冒険」などの続編が制作されるなど、人気も非常に高かったようですね。ストーリーの展開に関して、もっと詳しく丁寧な説明を求める声もありましたが、それでも作品の出来を評価する意見のほうが多く見られました。

The Art of 塔の上のラプンツェル(ジ・アート・オブ 塔の上のラプンツェル) (WALT DiSNEY PICTURES)
価格 ¥ 4,104

ただ、本作のヴィランズである魔女・ゴーテルの最期に関しては、「かわいそう」という意見も多く、ここは評価の分かれどころといった感じです。原作ファンや、フリンとラプンツェルのハッピーエンドを望んでいた人にとっては、彼女の最期に納得する部分があるものの、主役2人に肩入れせず、原作を知らない人からは、ゴーテルの扱いに対する声もありました。

1/5