Grp35vlkeew7rncymemv

グリザイアの果実

CATEGORY | カテゴリー

【グリザイアの果実】名言まとめ!一姫や雄二、主要キャラたちの名言の数々を紹介!

2018.12.21

『グリザイアの果実』の登場人物たちは数々の名言を残していて、特に雄二・一姫・麻子の三人は非常に素晴らしい名言を多く放っています。ここでは『グリザイアの果実』の登場人物たちの中でも、雄二・一姫・麻子の名言にピックアップしてまとめてみました。

目次

  1. 【グリザイアの果実】風見雄二の名言
  2. 【グリザイアの果実】風見雄二の名言②
  3. 【グリザイアの果実】風見雄二の名言③
  4. 【グリザイアの果実】風見雄二の名言④
  5. 【グリザイアの果実】風見雄二の名言⑤
  6. 【グリザイアの果実】風見雄二の名言⑥
  7. 【グリザイアの果実】風見一姫の名言
  8. 【グリザイアの果実】風見一姫の名言②
  9. 【グリザイアの果実】風見一姫の名言③
  10. 【グリザイアの果実】風見一姫の名言④
  11. 【グリザイアの果実】日下部麻子の名言
  12. 【グリザイアの果実】日下部麻子の名言②
  13. 【グリザイアの果実】日下部麻子の名言③
  14. 【グリザイアの果実】日下部麻子の名言④
  15. 【グリザイアの果実】名言まとめ

雄二が姉の一姫から受けた影響は計り知れなく、それはヒース・オスロは愚か、後に師匠となる日下部麻子すら超える影響を一姫から受けたのではないかと思います。

「私ね? 『出来ることはあったのに』っていう後悔が一番悔しいと思うの」

どんな時でもあきらめない一姫が放った名言がこちら。

バス事故で死にかけた一姫でしたが、一人最後まで弱音を吐くことなく最善を尽くしていましたが、一姫の中にはこの言葉があったから頑張れたのでしょう。

「自分には何も出来ないと決め付けるな、そんな奴は何処で何をしたって全部無駄にしちまう。人間なんてのは結局、物の考え方次第でどうとでも変わる。いいか?今後はこう考えろ『苦手はあっても不可能はない』わかったか?」

雄二の師匠として雄二の心を救った二人目の人物が、兵士として優秀な「日下部麻子(くさかべあさこ)」です。

ヒース・オスロの元で心が壊れていた雄二でしたが、麻子の指導によって徐々に人間らしさを取り戻し、麻子を師匠と呼ぶにまで回復していきました。

セリフからもわかる通り、麻子は非常にストイックでかつ正しい人間なので、オスロの所で壊れていた雄二は麻子のおかげで再び人間らしさを取り戻し、水を得た魚のように生き生きとしていきます。

「本っていうのは著者の生き様そのものだ、他人の人生が詰まってる。そして気になったことを試せば、他人の人生を自分の中に取り入れることになる、まさに人生丸儲けって奴だ」

徐々に人間らしさを取り戻していった雄二に対して、次は学習を求めた麻子の名言がこちら。

普通に参考になる名言で、社会で生きる上で使えそうな教訓ですね。

「たった一つの道でいい、究めてみろ。一つの道を究めるためには、様々なことを学ぶ必要がある。そして必要だからと学ぶうちに、いつの間にか自分に向いた学び方を覚える。たとえそれがどんな道であろうと、その道を究めた人間というのは、他の何をやるにしても自分の得意分野に置き換えて物事の要領を得る」

ある程度、成長した雄二に麻子が放った名言がこちら。

雄二は結局、ダイレクトに麻子と同じ道を選んだわけですから、特に雄二の心に残った教えだったのではないかと思います。

「人生って奴は、無駄を楽しむもんだ。無駄を重ねてきた奴の方が、生きるのが上手い。楽しい人生って奴だ」

3 / 4