Xefkpm1tdo4zsnfrzs2j

キャプテン翼

CATEGORY | キャプテン翼

【キャプテン翼】日向小次郎はコーラが好物?彼女は?セリフや声優情報まとめ

2021.06.27

キャプテン翼の代表的なキャラといえば日向小次郎です。強力なシュートと強引なドリブルで得点を量産し、常に自信たっぷりな態度で周囲を引っ張る、翼とは違ったリーダーとして知られています。今回はキャプテン翼の日向小次郎について紹介します。

  1. 【 キャプテン翼 】日向小次郎はどんな選手?
  2. 【 キャプテン翼 】周りを惹きつける日向小次郎のカリスマ性
  3. 【 キャプテン翼 】日向小次郎のライバルは大空翼!
  4. 【 キャプテン翼 】日向小次郎の得意技は進化を続けるタイガーショット
  5. 【 キャプテン翼 】敵も吹っ飛ばす日向小次郎の豪快なドリブル!
  6. 【 キャプテン翼 】日向小次郎は貧乏な家庭からのし上がった苦労人
  7. 【 キャプテン翼 】日向小次郎はなぜいつも袖をまくり上げるのか
  8. 【 キャプテン翼 】日向小次郎が所属しているユベントスってどんなチーム?
  9. 【 キャプテン翼 】日向小次郎の彼女?好意を示す相手、赤嶺真紀とは
  10. 【 キャプテン翼 】日向小次郎はコーラが好物という意外な一面も
  11. 【 キャプテン翼 】日向小次郎の自信に溢れるセリフは必見!
  12. 【 キャプテン翼 】日向小次郎の声優は大物揃い!
  13. 【 キャプテン翼 】2018年リメイク版日向小次郎の声を担当する声優は佐藤拓也
  14. 【 キャプテン翼 】日向小次郎が銅像に!葛飾区の公園に設置
  15. 【 キャプテン翼 】日向小次郎の戦いはこれからも続く

努力を惜しまないパワーが魅力のフォワード

日向小次郎は埼玉県出身で4人兄弟の長男です。ポジションはフォワードで、典型的なストライカータイプです。背番号は9番を付けることが多く、本人も強いこだわりを持っています。その生い立ちから養われたハングリー精神と闘志溢れるプレイから『猛虎』という異名で呼ばれており、日向の技名にも虎にちなんだ名前が多くあります。
小さい頃からサッカーの才能が開花し、アルバイトなどで練習に出れない日が多い中でレギュラーを掴み、明和FC時代には小学5年生からエースストライカーとして活躍しました。その後も東邦学園中・高等部、全日本ユースで活躍し、高校卒業後にはイタリアの名門クラブであるユベントスへ入団しました。

大空翼とは違う魅力を持ったプレーヤー

キャプテン翼 東邦学園優勝 ポスター 51.5×72.8cm 日向小次郎 高橋陽一 movic
価格
日向小次郎は自分にも他人にも厳しいタイプで、高いカリスマ性を持った選手です。ピッチで気が抜けたプレーをした選手は容赦なく叱り飛ばします。他人だけでなく、自分のプレーに納得いかなければ、自らに対して激しく怒り、さらに闘志を燃やして相手に立ち向かいます。そうした姿に周囲も影響を受け、彼の所属するチームはどんどん強くなっていきました。
大空翼も周りに活を入れるために強い口調になることはありますが、日向はさらに激しい口調で回りを叱咤します。しかし、日向自体も並々ならぬ努力をしているため、その言葉には説得力があります。勝つためなら自分にも他人も妥協させないという強い意志、それが日向小次郎の人気を高めた一因となっています。

憎しみの相手から頼れる相棒へ

キャプテン翼 5 (ジャンプコミックス)
価格 ¥ 432
日向小次郎のライバルといえばもちろん大空翼です。翼との出会いは明和FC時代に南葛FCと対戦した時から始まります。試合では勝ったものの、翼との対決では勝つことができなかったことがきっかけで、翼に対して強い敵対心を持つようになりました。さらに東邦学園のスカウトが翼への興味をほのめかしたことで、そのライバル心はさらに強くなっていきました。
憎しみにも似たライバル心は、翼との対決を重ねることにより、次第に薄れていき、ジュニアユースでチームメイトになった頃には、共に高め合う存在として見るようになりました。その後は全日本以外では別のチームで戦うことになりますが、常にお互いのことを気にかけ、良き友人として交流を重ねています。

誰もが真似した強力シュート

キャプテン翼~小学生編~ DISC.13 [DVD]
価格
日向小次郎の強力なシュート技のうち、最も有名なのがタイガーショットです。恩師である吉良の指導の元、特訓を重ねて編み出したシュートはまさしく『猛虎』の異名にふさわしい威力を誇ります。ちなみにこの技名は日向小次郎が付けたわけではなく、シュートを見たスポーツ新聞記者が名付けました。
タイガーショットには特別な回転などはありませんが、体重をしっかり乗せて鋭く足を振りぬくことで、威力とスピードを高めました。その威力はサッカーボールがコンクリートにめり込み、ゴールポストに当たっただけでボールが破裂してしまうほどです。ちなみに顔面ブロックでおなじみの石崎はこのタイガーショットも顔面で受け止めてます。脅威の顔面ですね。
タイガーショットは後に改良を重ねていき、ネオ・タイガーショット、雷獣シュートと名前を変えました。さらにタイガーショットでパスをしてみたり、オーバーヘッドで放ったり、大空翼のドライブシュートをさらにタイガーショットするという離れ業までできるようになります。努力の末に会得したタイガーショットは日向小次郎にとって欠かせない必殺技となりました。

まるでブルドーザーのような強力なドリブル

日向小次郎はシュートだけでなく強力なドリブル突破も武器としています。鍛え抜かれた体格と走力を活かしたドリブルで相手を吹っ飛ばしながら強引に抜き去っていく様は、日向小次郎の代名詞とも言えます。
しかし、この強引なドリブルも対戦相手のレベルが上がっていくと通用しなくなりました。そこで日向は葵新伍のフェイントを参考に直角フェイントを身につけて対応しました。自分のプレーが通用しないとわかれば、また別の手段を考え、努力して身に付ける。こうした柔軟さは日向の隠れた強みとも言えます。

生い立ちが作り上げた日向小次郎の精神的な強さ

日向小次郎は母子家庭で育ちました。父親が小さい頃に亡くなったため、家計を助けるために様々なアルバイトをして支えました。日向がプロサッカー選手になりたいと強く想い続けたのは、母親を楽にしてあげたいという優しさが根底にありました。日向にとって、サッカーは成り上がっていくための手段でもあったのです。
小学生ながらにして、『自分はサッカーさえできればそれでいい、少しでも母親の負担にならないようにサッカーの実力を付けて、お金のかからない特待生になる』という決意を表したエピソードはファンの心をグッと掴みました。
日向小次郎のトレードマークと言えば、常にユニフォームの袖をまくっているところです。スポーツをやって暑くなった時によくやってたという人も多いかと思います。なぜ日向小次郎が袖をまくってプレーしていたのかは定かではありませんが、南葛FCとの試合ではもうすでに袖をまくってプレーしていたので、おそらく気合いを入れるためにやっているのではないかと思います。
実は初登場シーンでは、初期のキャプテン翼では貴重な袖をまくらない日向小次郎が見れます。でもやはり、袖をまくっている姿の方がよく似合っていますね。ちなみに、実際のサッカーでは袖をまくることはできないので注意が必要です。

世界を代表するビッククラブ

キャプテン翼 ROAD TO 2002 10 (集英社文庫―コミック版) (集英社文庫 た 46-49)
価格 ¥ 648
日向小次郎は高校卒業後に念願だったイタリアのプロリーグであるセリエAのユベントスへ加入します。このユベントスは実際にイタリアにあるチームで、セリエAを代表する強豪クラブとして知られています。イタリアの北西部にあるトリノ市をホームタウンにしており、2017シーズンには史上初の7連覇を達成しています。
強豪であるが故に、高い才能を持つ日向ですらまともに試合に出ることはできていません。後に出場機会を求めて、下位カテゴリーのレッジアーナへレンタル移籍しています。

硬派な日向を虜にした少女

日向小次郎には赤嶺真紀という彼女がいます。(2枚目の画像の右が赤嶺真紀です)
赤嶺真紀は日向小次郎がワールドユースの合宿で沖縄に滞在していた時に出会いました。赤嶺真紀はソフトボールの選手で、サッカーにはあまり関心がありませんでした。それでも、日向のサッカーに対する真剣な想いに触れ、次第に惹かれるようになりました。
女性からのプレゼントは全く受け取らないほど硬派な日向も赤嶺真紀に対しては好意を持っており、赤嶺真紀が試合に負けて泣いていた時は優しく励ましたり、合宿所を訪ねてきた赤嶺真紀からお守りを受け取り、普段はあまり見せない笑顔でうれしそうに応える姿が見れます。日向がワールドユース編で完成させた雷獣シュートは赤嶺真紀の投げるライズボールがヒントになっています。赤嶺真紀がいなければ、雷獣シュートは完成しなかったと言っても過言ではありません。
日向小次郎と赤嶺真紀のカップルはスポーツマンって感じの清々しい様子で、見ていて好感が持てます。お互い恋愛経験がほとんどないので、なかなか進展しないのは少しヤキモキしますが、この後はどういう展開になるのか楽しみな2人です。

愛飲するスポーツ選手もいます

コーラといえばスポーツをやる人にとっては飲んではいけない飲み物として知られていますが、日向小次郎はこのコーラを大好物にしています。特訓の際にも大量に買い込んで飲み続けるほどで、よほど大好きであることがうかがえます。ちなみに赤嶺真紀と間接キスした時もコーラを飲んでいました。
コーラは糖分がたっぷり入ってるので、飲み過ぎると体によくないのはほとんどの方が知ってると思います。しかし、糖分は人の体内でエネルギーに繋がるため、長距離を走るマラソンランナーの中には給水でコーラを摂取しているという人もいます。日向小次郎の特訓はかなり過酷で毎回ボロボロになっていますが、コーラはそんな特訓を影から支えていたのかもしれません。
日向小次郎の力強いセリフは物語をより熱くしていきました。普段はあまり雄弁でなくても、ここぞという場面ではしっかりと周りを鼓舞し、前へ向かせるのは日向小次郎のカリスマ性が成せることではないでしょうか。そんな名言をいくつか紹介します。
「明和のサッカーは必ず勝つサッカーだ。引き分けをねらうサッカーじゃないはず。そのためには攻撃あるのみだ!」

これは明和FCvs南葛FCの試合で、日向小次郎が再延長戦を戦う前に言った言葉です。決着がつかなければ両チームの同時優勝となるのですが、そんなのは許さないという強い負けん気と決意を感じます。結果は惜しくも負けてしまいましたが、勝負事に対して後ろ向きな姿勢をせず、常に勝利を目指して戦い抜く姿勢は立派です。
「命令、命令、命令、アンタはこの世で一番えらいのか!アンタのいうことはすべて正しいのか!!」

このセリフは東邦学園中等部の時に監督へ向かって放ったセリフです。日向はタイガーショットの特訓のために沖縄へ行くのですが、これは監督に無断で行ったものであり、そのペナルティとして試合の出場禁止を言い渡されていました。それでも日向は抑えきれずに試合へ出ようとアップをした際に監督から叱責され、その時この発言が飛び出しました。
どちらが悪いといえば圧倒的に日向小次郎が悪いです。本来なら素直に謝罪して反省するのが筋ってものです。しかし、そこで謝るのではなく反発して我を通していく姿勢がまさに日向小次郎を表していると思います。その後、紆余曲折あって監督に謝罪して特訓の成果を見せ、なんとか試合に出ることができました。
「どけ、シュナイダー、おれの前にたちふさがるものはすべてふきとばす!!」

全日本Jr.ユースで西ドイツと対戦し、相手のエースであるカール・ハインツ・シュナイダーに対して発したセリフです。圧倒的な実力を持つシュナイダー率いる西ドイツに全日本イレブンは大苦戦します。しかし、日向は全く折れずにネオタイガーショットを武器に立ち向かい続けました。自らの力を信じ、誰が相手でも恐れずに向かっていく日向小次郎の気持ちが存分に出た名言です。
キャプテン翼 小学生編 11(第41話 第44話) [レンタル落ち]
価格
キャプテン翼のアニメはこれまでに何回も製作し、放送されてきました。日向小次郎の声優は平成版までで4名が担当しました。
昭和版は『機動戦士ガンダム』のブライト・ノアや『るろうに剣心』の斎藤一を演じた鈴置洋孝が担当しました。昭和版のリメイクになる『キャプテン翼J』では『機動戦士ガンダムSEED』のムルタ・アズラエルや『幽☆遊☆白書』の飛影を演じた檜山修之が声を当てました。
平成版は『キャプテン翼 ROAD TO 2002』まで話を進めるため、少年期と青年期で声優が変わりました。少年期では『ポケットモンスター』のサトシで有名な松本梨香が担当し、青年期は『∀ガンダム』のギム・ギンガナムや『ジョジョの奇妙な冒険』のDIOを担当した子安武人が演じました。
他にはゲームなどで森田成一や成田剣が日向小次郎を担当しました。どの声優もアニメファンなら一度は名前を聞いたことのある方ばかりですね。
2018年に放送されるキャプテン翼のリメイク版の日向小次郎には『カードファイト!! ヴァンガード』の櫂トシキで有名な佐藤拓也が担当することになりました。オーディションの時から日向小次郎のトレードマークである、袖をまくった姿になるほど、気合いが入れて日向小次郎に挑んでいます。
昭和版や平成版のイメージを踏まえつつ、佐藤拓也の思い描く日向小次郎を演じていきたいと語っています。彼がイメージした日向小次郎はどんな声になるのか、今から楽しみです。

葛飾区に行ったら探してみよう

キャプテン翼J VOL.4 [DVD]
価格
東京都葛飾区はキャプテン翼の作者である高橋陽一の故郷ということで、メインキャラの銅像が四つ木地区に設置されました。日向小次郎の銅像も作成されており、四つ木公園に設置されています。ボールに右足を乗せ、空を指さした姿は、日向小次郎らしい自信に満ち溢れて堂々とした姿に仕上がっています。
今回は日向小次郎について紹介させていただきました。キャプテン翼を代表するストライカーの魅力を少しでもお届けできていれば幸いです。原作漫画では現在イタリアで奮闘しています。日向小次郎の活躍をぜひ追いかけてみてください。
サムネイル画像は下記より引用しました。
出典: https://twitter.com/tsubasa_news/status/1006085386718740480