Kn8uhciypohbwj0ykune

アイカツ

CATEGORY | アイカツ

【アイカツ!】黒沢凛の声優は?かわいいけどかっこいい!「踊るイナズマ」を紹介!

2018.07.14

アイカツ!シリーズでは最年少の部類に入りますが、見た目がかなり年上的なイメージを持つ「黒沢凛」。アイカツ!作品では元々ダンスをやっていたことから高いパフォーマンス力を持っており、また情に厚い性格を持っている黒沢凛について今回は着目します!

  1. 【アイカツ!】黒沢凛とは?
  2. 【アイカツ!】黒沢凛の性格は?
  3. 【アイカツ!】黒沢凛はストリートダンサー!?
  4. 【アイカツ!】仲間のあり方に関して悩む黒沢凛
  5. 【アイカツ!】新入生名鑑表紙で優勝する黒沢凛
  6. 【アイカツ!】プレミアムドレス獲得までの黒沢凛
  7. 【アイカツ!】黒沢凛のソロ舞台は大成功!?
  8. 【アイカツ!】黒沢凛の凛はアイドルとしてよく使われる?
  9. 【アイカツ!】黒沢凛の声優「高田憂希」
  10. 黒沢凛 まとめ
黒沢凛はアイカツ!シリーズに置いてデータカードダスの2015年のシリーズ第4弾から登場した新人のアイドルであり、アニメでは3rdシーズンの後半から登場となったキャラクターです。いわゆる後半の世代であり、天羽まどかと同級生という位置付けになります。スターライト学園では大空あかりの後半にあたり、先輩後輩で関係は良好です。
女の子でありながらもやはりストリートダンスをやっていたという経緯からかなりかっこいいイメージがありアイカツ!シリーズの中でも男っぽいキャラクターで、可愛いよりかっこいいということが一つ挙げられると思います。
127話登場時で中学一年生で年齢は13歳、血液型はAB型で天才肌の持ち主でもあります。誕生日は1月1日でありこれもまた稀な誕生日であると言えるでしょう。星座は山羊座で鉱物として白玉あんみつや唐揚げを挙げております(ギャグではありません)。特技はダンスでありダンスにおいてはこの世代では彼女の右に出る者はいないほどの実力者でもあります。
ストリートダンサー時期の通り名がまた特徴的であり「踊るイナズマ」と呼ばれておりました。相当なダンサーであったと個人的には感じております。それだけ派手であったのか、見る側にとって印象的な面が多かったのだと思います。スターライト学園ではあかりがトレーナーとして担当します。またジョニー別府をかなり崇拝していることも明らかとなっております。
ルームメイトのまどかだけでなく他のメンバーともすぐに打ち解けられるだけの優しく人情に厚い心持っており、そういう部分からもファンが多いとされている一つの理由であると個人的には推測しております。アイカツ!後半部分での目立ったキャラクターの中でも特に目立っていると感じました。
基本的に見た目がクールであり年齢的にも中学一年生とは思えないほどの魅力的な印象を受けます。性格面も優しく、また情にとても厚い人間であり、姉御肌な部分も見せることから同級生の中ではちょっとしたお姉さん的存在でもあります。つり目で髪の毛も奇抜であることから怖いというイメージも持たれがちですが、これはダンサーとしての嗜みでもあります。
色々と考えてしまうこともあることから後半では特に悩んでいた人物でもあります。しかしながら仲間の助けもあり本人も本来の自分というものを再確認する場面もありました。基本的に性格面に関してはとても情に厚いと言うことが一つ挙げられると思います。他のメンバー、アイカツ!キャラクターと比べても比較的その部分が秀でていると感じました。
当初幼き頃は体操を習っておりましたが、路上でパフォーマンスをしている場面も目撃してからはストリートダンスに魅了され自ら独学でストリートダンスを学び経験を積んでいきます。ダンサーとしての経験は豊富でありストリートダンスで培ってきたダンス力と言うものがアイドルのパフォーマンスでかなり披露されていると言っても過言ではないでしょう。
ストリートダンサーだけにダンスのキレも他の面々と比べても頭一つ抜けている部分があります。キレの部分でもそれが言えるでしょう。そのことから同級生の中ではパフォーマンス力、また観客を魅了すると言う意味でのパフォーマンスで優れていると個人的には感じました。あくまでも個人的に感じたことですので、一つの参考として見ていただければと思います。
物語の後半に当たりますが、仲間について悩む時期があります。それはおそらく幼さゆえの悩みであったと言うこともあるのでしょう。まだそう言う部分では経験も少なくサニーの話を聞いたことが特に心に染みたのだと個人的には感じました。自分の中で仲間とは何か?と疑問に思ってしまったのも仕方のないことであると個人的には思います。
しかしながらここで活躍したのはもちろん仲間でした。大空あかりや他のアイドルたちに諭される形で仲間というもののあり方について色々な形があると結論付けできるまでに成長したこともまた物語として一つの教養として受け取れるシーンだったと個人的には感じております。ある種の視聴者へのメッセージであったようにも感じました。
ダンスのパフォーマンス力がかなり高いということもあってかスターライト学園での新入生名鑑表紙のオーディションで同期のまどかとパートナーを組み優勝へと導いております。これはもちろん黒沢凛だけの実力ではなく初めてのパートナーとの演技で二人の力が合わさった結果であると個人的には感じました。もちろん少なからず黒沢凛の実力もあったと考えられます。
黒沢凛がスターライト学園に入学して早々と実績を積んだことは今後の活動に置いても糧になっていることであると個人的には感じました。今までの経験とこれからのアイドルでの活動はやはり違う部分も少なからずあると思いますので、その点で彼女らしい、またパートナーとしてまどかとの演技を最大限に発揮するためのいい経験となったと思われます。
ダンスフュージョンのデザイナーであるサニーの元を訪ねてダンスを披露してプレミアムドレスを獲得します。本人にとってはこれも難関であったと思われます。いくらダンスがうまいと言ってもそれなりの演技ではプレミアムドレスを獲得できたとは考えにくと個人的には思っております。それはおそらく黒沢凛の実力や想いというものがサニーに届いたと感じました。
プレミアムドレスというのはアイカツ!では一つの登竜門という意味合いがあります。プレミアムドレスを身につけるということはある種の一つの壁を越えたという意味でもありますので、ここでプレミアムドレス獲得したということが今後の物語にも大きな影響があったと個人的には感じております。
その後に仲間について色々と悩みましたが、仲間の助けとあかりたちにより諭されたことによって自ら仲間という概念が様々な形があるということを理解し、そしてその後のソロの舞台で大成功を納めます。これも自らの実力もありますが、やはり仲間というものがどれだけ大事であるのかということを教えてくれた部分でもあると個人的には感じております。
ソロ舞台の成功を納めて、その後の活躍も順調になります。ここでの成功というのは今後の活動置いてもとても重要なものであったと思います。一つ教養として仲間というものがどういうものなのかということを教えてくれた部分とアニメとして華やかに舞台を成功させるという部分の二つを前面に出したシーンだったと思いました。
余談ではありますが、黒沢凛の「凛」という名前に関して、他のアイドル作品ではよく使われている名前であるということが一つ挙げられます。アイドルものだけでなくアニメではよく使われている名前であると言えるでしょう。一番に上がるのはやはりラブライブの星空凛、そしてアイマスシンデレラガールズのメインキャラである渋谷凛などですね。
高田憂希(たかだゆうき)さん、1993年3月16日生まれ、黒沢凛と同じくAB型であり、福岡県出身の人気声優さんです。2015年よりマウスプロモーションに所属しております。NEW GAMEをはじめ、小林さんちのメイドラゴンや武装少女マキャヴァリズム、温泉むすめなど人気アニメの主役を務めるなど近年において人気を博している声優さんです。
いかがでしたでしょうか? 今回はアイカツ!シリーズに登場する黒沢凛について綴ってきました。黒沢凛が辿ってきた道のりというのはかなりハードなものであると言えますが、様々な経験と仲間の助けによって色々と成功を納めていきます。そのことについてアニメ、作品ではかなり強く訴えかけるように語られていたようにも個人的には感じました。
サムネイル画像は下記より引用しました。
出典: https://twitter.com/aikatsu_anime/status/910438549274599424