E9ywimqmm4zzc6qgsxvz

アイカツ

CATEGORY | アイカツ

【アイカツ!】有栖川おとめの声優は?髪型が特徴的!セリフや初登場回も紹介!

2018.07.14

アイカツ!作品において破天荒で天真爛漫、元気一杯の自由な女の子である「有栖川おとめ」。アイカツ!作品では初期メンバーの一人であり、OPは当初の時点で登場しているキャラクターとなります。のちに絶頂を得る有栖川おとめに今回は着目していこうと思います!

  1. 【アイカツ!】有栖川おとめとは?
  2. 【アイカツ!】有栖川おとめの性格は?
  3. 【アイカツ!】有栖川おとめの名ゼリフと口癖
  4. 【アイカツ!】有栖川おとめはかなりの努力家?
  5. 【アイカツ!】ポップガールコンテストグランプリ優勝者の有栖川おとめ
  6. 【アイカツ!】学期末テスト合格のためにマコトに会いに行く有栖川おとめ
  7. 【アイカツ!】ぽわぽわプリリンの代表格「有栖川おとめ」
  8. 【アイカツ!】スターライトクイーンになる有栖川おとめ
  9. 【アイカツ!】有栖川おとめの声優「黒沢ともよ」
  10. 有栖川おとめ まとめ
有栖川おとめはアイカツ!シリーズの初期から登場しており性格には10話から登場しているキャラクターとなります。OPでは最初から登場しているキャラクターで、ゲームでは第二弾で追加された人物です。登場当初は中学一年生の13歳でストーリーを重ねて行くごとに進学し、最終的には高校二年生まで成長します。アニメではかなり登場が多いキャラクターとなります。
身長は148cmで血液型はB型、誕生日は5月5日の子供の日生まれで星座は牡牛座です。鉱物としてハンバーグやオムライス、またエビフライなどまるでお子様ランチのような食べ物を挙げていることからかなり子供っぽいイメージが強いとされております。また嫌いな食べ物はピーマンやセロリ、グリンピースなどやはり子供の嫌いなもの代表格が上がっております。
また髪型も特徴的であり、子供っぽい要素が大きいと言える一つの要因でもあると思います。髪型に関してファンの間でも評価が高く、キャラクター性を一層引き立たせていると個人的には感じました。
見た目からは子供っぽいイメージがかなり強く、また天真爛漫な性格で可愛いものやお菓子などやはり子供っぽいところが一つ挙げられます。また天然な要素も少なからずあったりすることからアイカツ!シリーズでも随一の目立ったキャラクターと言えるでしょう。そんな子供っぽいイメージが強いこともありますが、しっかりとしている面も強くそのギャップ感がまたキャラクターとして引き立っていると言えるでしょう。
動物のモノマネやオーラとしてお菓子とフルーツという部分もあるのでやはり子供な印象が強いのは否めません。しかしそういうキャラクター性こそが有栖川おとめの良い部分でもあり、キャラクターを構成する重要な要素と言えると個人的には思います(実際に中学一年生は子供ですし)。背伸びをせずに自分らしさを一番に出しているところが挙げられるでしょう。
有栖川おとめの特徴の一つとしてセリフや口癖が挙げられます。その中でもやはり「らぶゆ〜」は外せないでしょう。いかにもという印象が強いようにも感じます(個人的にですが)。また基本的に他の女の子たちを「ちゃん」付けで呼ぶことがありましたが、正月太りをしていちごをみて「たん」という言葉に変更したことから、それからというもの他の女の子たちも「たん」で呼ぶようになりました。
つまりはいちごであれば「いちごちゃん→いちごたん」になったということですね。この言葉の特徴に関しても有栖川おとめという人物を語る上では外せない要素であり、子供ウケもよくキャラクター性がとても引き出されているように感じました。アニメでは珍しいキャラクター性ではありませんが、それでもやはり特徴としては大きいと感じます。
上記では散々子供っぽいと言ってきましたが、そんな有栖川おとめは誰よりも努力家であると言えるキャラクターでもあります。子供っぽいキャラクターはどこかどこもなところが大きく駄々をこねるなどの印象が強いようにも思えますが、有栖川おとめに関してはそれが一切ありません。むしろそこがギャップとなってファンに慕われている理由なのでしょう。
努力していることでの最たるものが「体型維持」であり、毎日の走り込みは欠かさず行っていることがいえます。これによってスリムな体型は維持されておりアイドルとしての鏡のような存在です。また収録時やライブステージの際の緊張やプレッシャー、また恐怖心と言ったものを無くすためにほぼほぼ完璧にやりこんで練習してくるということがいえます。まさに素晴らしい努力家であると言えるでしょう。
第17回の全国ポップガールコンテストグランプリの優勝者である有栖川おとめです。それによって「ポップンポップコーン」など数々のCMに出演しており、もはや馴染みの存在となっております。この時点でもう新人ではあるものの人気アイドルとなっており、周りと比べても優秀さが挙げられます。いちごやあおいたちとはクラスが違うもののポップンポップコーンをあげるなど親しくしているといえます。
このように初期段階からすでに人気を博している新人アイドルとして周りでは一つ飛び抜けていたとも言えるでしょう。その最たる理由がやはり日頃の努力であると個人的には感じております。努力というものが結果に結びついており、才能も重要ですがそれ以上に努力を重ねていることが結果的に他よりも成功を収めている理由であると思います。
第15話にからスターライト学園の期末テストである「スペシャルオーデション」に合格するためにハッピーレインボーのプレミアムカードというものをゲットしなければならないと考える有栖川おとめでした。ハッピーレインボーを手に入れるにはトップデザイナーである「虹ケ原マコト」に会いそいて認めてもらわなければならないのですが、ここでもアクシデントがありました。
虹ヶ原マコトは時間というものに特に厳しい人物であり、約束の時間を守れない人物に対しては容赦ないというところがあります。絶対に約束の時間に間に合わなければならないという中で、まさかの「初恋の思い出であるクスノキを探す老人の手伝いをした」というまさかの事態になります。これによって遅刻することになるのですが、なんとその老人の初恋の相手がマコトの父親であったことが判明します。
これはクスノキを一緒に探したお礼に指輪を渡されており、それで発覚しました。これによってラブこそ全てであるとマコトと気が合い、なんとプレミアムコーデのカードを入手することに成功しました。運命のいたずらというものがやはりアニメではあるものなのですね。
その後、映画の主演に抜擢されて一躍有名になったり、またトップアイドルである神崎美月とスターライトクイーンの座をかけて争うイベントのフレッシュガールズカップに出場し敗退したり、トライスターの選抜オーディションを受けるもの敗退するなど様々なことがありましたが、その中で一つのきっかけを見つけ北大路さくら、そして神谷しおんらと三人で「ぽわぽわプリリン」を結成することになります。
ぽわぽわプリリンでは中心的な人物、いわゆるムードメーカーでもありリーダー的な存在でもある立場になります。ぽわぽわプリリンはアイカツ!作中では大人気のユニットとなります。結成当初はおそらくはここまで有名になるとは三人とも思ってはいなかったことでしょう。後々に三人のいい部分が噛み合って全国的に人気を博すユニットに成長します。
第51話では神崎美月の次の世代としてスターライトクイーンの座につきます。ここでスターライトクイーンの専用寮であった美月パレスというものがおとめ御殿へと改称される面白い展開があります。この時点ですでにぽわぽわプリリンができてからかなりの時間が経っており、スターライトクイーンという立場を含めて全国的にぽわぽわプリリンが人気のユニットとなります。
地名度はもはや知らない人はいないというほどであり、スターライト学園にとっては看板ユニット、また一番人気のユニットまでに成長しております。テレビ番組ではぽわぽわプリリンの看板番組があるほどに人気であり、他を差し置いてスターライト学園での頂点に立つことになる有栖川おとめでした。当初から考えるとここまで成長するとは誰も思ってはいなかったことでしょう。
黒沢ともよ(くろさわともよ)さん、1996年4月10日生まれ、埼玉県出身、マウスプロモーション所属の人気声優さんです。2003年から子役としてテレビドラマ、またCMや舞台などで活躍し、2010年に宇宙ショーへようこそで声優としてデビューします。大学に通いながら声優活動を行い、2018年の第12回声優アワードにて主演女優賞を受賞しました。
いかがでしたでしょうか? 今回はアイカツ!シリーズの初期から登場し、また最大の人気を誇る人物となった「有栖川おとめ」について綴ってきました。登場当初は有栖川おとめ自身も有栖川おとめの所属するユニットもここまで人気が出るとは考えもつきませんでした。それだけにストーリーを見ていた成長していく姿がとても輝かしく感じました。
サムネイル画像は下記より引用しました。
出典: https://twitter.com/aikatsu_anime/status/865464576191545345