Wu0qnithphqwfg3esrd7

ハンターハンター

CATEGORY | ハンターハンター

【ハンターハンター】ビスケット本来の姿とは?キャラクター紹介!

2018.03.21

ハンターハンターのビスケット=クルーガーはゴンとキルアの第2の師匠として登場しました。見た目は10代前半に見えますが、驚愕の正体を隠しています。ハンターハンターのビスケット=クルーガーの本来の姿や念能力、強さ等についてご紹介します。

  1. ハンターハンターのビスケット=クルーガーについて
  2. ハンターハンターのビスケット=クルーガーとは?
  3. 旧アニメハンターハンターのビスケット=クルーガーの声優について
  4. 新アニメハンターハンターのビスケット=クルーガーの声優について
  5. ハンターハンターのビスケット=クルーガーはストーンハンター
  6. ハンターハンターのビスケット=クルーガーの実年齢は?
  7. ハンターハンターのビスケット=クルーガーはグリードアイランド編で登場
  8. ハンターハンターのビスケット=クルーガーは師匠キャラとして定着
  9. ハンターハンターのビスケット=クルーガーの念能力について
  10. ハンターハンターのビスケット=クルーガーの正体とは?
  11. ハンターハンターのビスケット=クルーガーの性別は?
  12. ハンターハンターのビスケット=クルーガーのフィギュアについて
  13. ハンターハンターのビスケット=クルーガーがゲンスルーと戦ったら?
  14. ハンターハンターのビスケット=クルーガーは念能力を隠している?
  15. ハンターハンターのビスケット=クルーガーについてまとめ
ハンターハンターのビスケット=クルーガーは、グリードアイランド編で登場しました。 当初はゴンとキルアと同年代のキャラに見えましたが、経験豊富なダブルハンターでした。
グリードアイランド攻略に苦戦する2人を指導する師匠キャラとして活躍しました。 その後も師匠として2人をサポートし、暗黒大陸編にも登場しています。 ビスケット=クルーガーについて調べてみました。
ハンターハンターのビスケット=クルーガーは、ゴンとキルアの2人に念を教えたウイングの師匠です。 ゴンとキルアは又弟子に当たりますが、直弟子になっています。 普段は猫をかぶっていて可憐な少女を演じています。
当初はゴンとキルアの関係を引っ掻き回そうとするなど、意地の悪い理由で近づきました。 しかし、才能を生かすことができない2人を見て、指導をすることになります。 師匠としては、優秀で面倒見の良い性格です。
ハンター協会会長総選挙のキャッチコピーに「ハンター協会のお母さん」と書かれそうになっているのも、面倒見の良い性格だからでしょう。 当選はしていませんが、結構票を集めました。 念能力は戦闘向きとは言えませんが、武道家として非常に高い技量を持っています。

旧アニメハンターハンターのビスケット=クルーガーの声優1

ハンターハンターのアニメで、ビスケットクルーガーの声優をしたのは、樋口 智恵子さんです。 舞台女優としても活躍しています。 樋口さんは、アルゴミュージカル 「アイスクリーム応援団」の果物屋役で舞台デビューしました。
「水色時代」の高幡多可子役で声優としてデビューしました。 後番組の「ケロケロちゃいむ」では主役のミモリ役を演じています。 水色時代、ケロケロちゃいむではミュージカル版でも同じ役で出演しています。 ニューヨークに短期留学したため、ビスケ役は途中降板になったようです。

旧アニメハンターハンターのビスケット=クルーガーの声優2

樋口 智恵子さんと交代で、ハンターハンターのビスケットクルーガーの声優をしたのは、木村亜希子さんです。 木村さんは、中学生の頃に声優の仕事を面白そうと思ったのが、声優になったきっかけだそうです。
テレビアニメ「LEGEND OF BASARA」の更紗役で初出演しました。 ハンターハンターでは、ミトの声優もしています。 ロックマンエグゼではロックマンとラッシュを演じています。

旧アニメハンターハンターのビスケット=クルーガーの声優3

旧アニメハンターハンターではビスケットクルーガーは、本来の姿になると声優が変わっていました。 真ビスケの声優をしたのは、萩野崇さんです。 萩野さんは基本的に俳優として活動していて、声優として仕事をすることはほとんどありません。
「超光戦士シャンゼリオン」の主人公の私立探偵涼村暁(シャンゼリオン)役や「仮面ライダー龍騎」の浅倉威(仮面ライダー王蛇)役で有名です。 声優としてはテレビアニメ「勇午 〜交渉人〜」別府勇午 役があります。
新アニメハンターハンターでビスケットクルーガーの声優をしたのは、横山智佐さんです。 横山さんは、1987年に「ブラックマジックM-88」のナラ・フェリス役で初出演を果たしました。 「サクラ大戦」の真宮寺さくら役が有名です。
サクラ大戦では、声優としてだけでなく舞台でも真宮寺さくらを演じました。 また、天地無用シリーズでは、長年にわたって砂沙美役を演じました。 「劇場版 幽☆遊☆白書 冥界死闘篇 炎の絆」ではひなげし役、「2112年ドラえもん誕生」では黄色いドラえもん役の声優をしています
ハンターハンターのビスケットクルーガーは、ストーンハンターという肩書きです。 活動内容は詳しくわかっていません。 グリードアイランドには島固有の宝石「ブループラネット」を探しにきていることから、宝石を探すハンターだと思われます。
ゴンとキルアを見て宝石に例えていて、磨けば光るものを見るのは楽しいと表現しています。 その後に、指導を買って出ていますから、人を育てるのが好きな人物だということがわかります。
ダブルハンターはシングルハンターを育てないとなることはできません。 この点から見てもビスケは、師匠キャラとして最適と言えます。
ハンターハンターのビスケット=クルーガーは、ゴンやキルアと同年代の少女に見えます。 特に、普段は猫をかぶっているため、全く違和感がありません。 しかし、登場してまもなく念能力を覚えて40年以上のキャリアがあることをカミングアウト。
実年齢も57歳であることが判明しています。 57歳なのに10代前半にしか見えない理由は、彼女の念能力と関係してきます。
ハンターハンターのビスケットクルーガーは、グリードアイランド編で登場しました。 セリフはありませんが、大富豪のバッテラのプレイヤー選考会にビスケの姿もあります。 本格的に登場するのは、ゲーム内でゴンとキルアを見て2人の仲を引っ掻き回そうとしたためです。
ちょっとした悪戯心のようですが、キルアには相手にされず逃げる2人を追いかけることになります。 しばらく2人を離れたところから見ていましたが、ゲームに苦戦する2人を見て我慢できずに声をかけます。 押しかける形で、2人を指導すると宣言するビスケ。
最初は嫌がっていたキルアもビスケの実力を理解して、素直に従うようになります。 ゴンとキルアはビスケの指導で、どんどん力をつけていきました。 その後も、ゴンとキルアの師匠として活躍することになります。
ビスケの指導でめきめき力をつけたゴンとキルアは、グリードアイランドクリアに近づいていきます。 ビスケは、ゲームクリア自体にはそこまで貢献しませんでした。 グリードアイランドをゴンを鍛えるためのゲームと考えていたので、自分は一歩引いたところからサポートしていたのでしょう。
ゲーム自体が苦手な感じにも描かれていましたが。 しかし、ビスケの指導がなければ、到底グリードアイランドはクリアできなかったでしょう。 ボマーとの戦いでは、本来の姿に戻り圧倒的な強さを見せました。
キメラアント編でも、ゴンとキルアの指導をするなど良き師匠として活躍しました。 暗黒大陸編では、キルアの紹介でクラピカの依頼を受けました。 第13王子の護衛を担当しています。
ハンターハンターのビスケットクルーガーは、変化系の能力者です。 念能力の名前は、魔法美容師(まじかるエステ)。 エステティシャンのクッキィちゃんを具現化し、オーラを変化させたローションを使って様々なマッサージを行います。
オーラが変化した特殊なローションは、美容・健康・疲労回復などの効果が得られます。 マッサージの種類は豊富で分かっている限りでも、整体マッサージ、瞑想マッサージ、ロールマッサージなどがあります。 桃色吐息(ピアノマッサージ)は、8時間睡眠と同じだけの疲労回復効果が30分で得られます。
戦闘向けの能力ではないため、キルアには全く役に立たないと突っ込まれていました。 直接戦闘の役には、立ちませんがかなり有用な能力です。 オーラのコントールは非常に巧みで、苦手な系統も上手く使いこなしています。
可憐な美少女に見えるビスケットクルーガーですが、これは念能力で変化した仮の姿でしかありません。 ビスケの本来の姿は、3m近くあるほどの巨体で筋骨隆々としています。 正確な身長はわかりませんが、身長258cmのウボォーギンより大きい可能性が高いです。
その戦闘力は、凄まじく大抵の相手は一撃で殴り殺してしまうそうです。 殴られたバラは、顔面が陥没しているように見えました。 現在のところ、戦闘向けの念能力を持っていないように見えるビスケ。 しかし、これだけ強いと戦闘用の能力は必要ないのかもしれません。
ハンターハンターのビスケット=クルーガーは、本来の姿に戻ると身長が3メートル近くもあり筋骨隆々です。 そのため、この姿を見た人からは男ではないかと疑われる場合もあるようです。
旧アニメでは、本来の姿の声優が男性になっているのも大きいようです。 しかし、ビスケが実は男と言う設定はなく、女で間違いありません。 マッチョ過ぎますが胸もありますし。 本人も「ごついったらありゃしないしない」と言っているように、自分の能力で理想の外見に姿を変えているようです。
普通、女性のキャラクターを男性の声優が演じる事は無いので、勘違いする人がいるのも無理はないと思います。 男性キャラクターを女性の声優が演じることは多いですが。
引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/41hPLWupIkL.jpg
HUNTER×HUNTER ビスケ
価格 ¥ 5,300
引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/61IKRZJNlGL._SL1500_.jpg
ハンターハンター DXF ビスケット=クルーガー PVC フィギュア
価格 ¥ 1,975
ハンターハンターのビスケットクルーガーは、なんと本来の姿でフィギア化されています。 元々は、ゴンが巨大化したゴンさんのフィギアが発売されました。 同シリーズの第2弾として本来の姿のビスケのフィギアが、バンダイから発売されて話題になりました。
ゴンさんのフィギュアは、髪の毛の異常な長さも再現されています。 しかし、ビスケのフィギュアと並べると身体の大きさ自体は、ビスケの方が大きくゴンさんが小さく見えてしまいます。 ビスケの大きさがよくわかりますね。 ちなみに、普段のビスケのフィギュアもバンプレストから発売されています。
ハンターハンターグリードアイランド編では、最終的にゴン一行はボマーと戦うことになりました。 一番強いゲンスルーとゴンが戦っています。 ボマー側が戦う相手を決めたこともありますが、何故一番弱そうなゴンがゲンスルーと戦ったのか疑問に思う人は少なくありません。
おそらく誰がゲンスルーと戦っても勝てるよう作戦を立てていたのでしょう。 また、ボマーに逃げられないように、3人をバラバラにして一対一で倒していったのだと思います。 もし、ビスケとゲンスルーが戦ったらどうなるのでしょうか?
ゲンスルーには一握りの火薬(リトルフラワー) と命の音(カウントダウン)の2種類の能力があります。 しかし、リトルフラワーはそれほどの威力ではなく、ゴンの硬で防がれるくらいですからビスケには通用しません。
カウントダウンは強力ですが、発動条件が難しい上に、一対一で使うには向きません。 ゲンスルーの念能力はほとんど通用しないので、ビスケの圧勝でしょう。 むしろボマーは3人がかりで戦っても、ビスケには勝てそうもありません。
ハンターハンターのビスケットクルーガーは、レベルの高い念能力者ですが戦闘向けの念能力はありません。 そもそも、鍛え抜かれた肉体で戦うだけで強いのもありますが、本当に戦闘向け能力は無いのでしょうか? 案外、まだ能力を隠している可能性もあります。
そもそも、戦闘向けの能力でなくても、戦闘で役に立たないとは限りません。 キメラアント編で登場したモラウなどは、明らかに戦闘向けの念能力ではないのに強かったです。
ビスケはオーラをローションに変化させて、疲労回復などに使っていますが、それ以外の使用方法を持っていそうです。 暗黒大陸編では、ビスケの念能力の以外な使用法が見られるかもしれません。
ハンターハンターのビスケットクルーガーについてご紹介しました。 ゴン達と同年代にしか見えない彼女が、師匠キャラになるとは誰も思わなかったでしょう。 単純な強さでも、作中でかなり上位なようです。
暗黒大陸編では師匠としてではなく、純粋にハンターとしての彼女が見られることになりそうです。 ビスケの今後の活躍に期待しましょう。
サムネイル画像は下記より引用しました。
出典: https://www.instagram.com/p/Bd7wCVtjAeS/?hl=ja&tagged=%E3%83%93%E3%82%B9%E3%82%B1%E3%83%83%E3%83%88%E3%82%AF%E3%83%AB%E3%83%BC%E3%82%AC%E3%83%BC