Fjzb3elaj1ix5fo7dcdc

ハンターハンター

CATEGORY | ハンターハンター

【ハンターハンター】ジャイロの正体とは!?気になる人物像を調査!

2018.03.24

ハンターハンターのキメラアント編で重要人物のように紹介されながら、結局登場しなかったジャイロ。ゴンとの間に伏線も貼られ、今後重要人物として登場するのは間違いないでしょう。ハンターハンターのラスボスとも言われるジャイロの正体や人物像について調べてみました。

  1. ハンターハンターのジャイロについて
  2. ハンターハンターのジャイロの作った国NGLとは
  3. ハンターハンターのジャイロはキメラアントに生まれ変わりを果たした
  4. ハンターハンターのジャイロは自我が異常に強い
  5. ハンターハンターのジャイロの目的は?
  6. ハンターハンターのジャイロの仲間は大勢登場している?
  7. ウェルフィンはジャイロを追って流星街に
  8. ハンターハンターのジャイロは悪人なのか?
  9. ハンターハンターのジャイロは既に登場している?1
  10. ハンターハンターのジャイロは既に登場している?2
  11. ハンターハンターのジャイロはどこに向かったのか?
  12. 名前からもわかるジャイロの意志の強さ
  13. ハンターハンターのジャイロがパリストンと接触する可能性
  14. ハンターハンターのジャイロは暗黒大陸編に登場するのか?
  15. ジャイロはハンターハンターのラスボス?
  16. ハンターハンターのジャイロについてまとめ
ハンターハンターのジャイロは、キメラアント編で生い立ちなどが語られていますが、正体等は全く謎のキャラクターになっています。 しかし、様々なキャラクターとの因縁やキメラアントになっても自我を失わないことから、ハンターハンターのラスボスではないかとも言われています。
ハンターハンターのアニメでも、時間をかけてジャイロについて説明しています。 重要なキャラクターであることは間違いありません。 ハンターハンターのジャイロの今後の予想などについて調べてみました。
ハンターハンターのジャイロは、NGLの創設者です。 NGLはネオ・グリーン・ライフの略称で、自然との共生を理念に文明の利器に一切頼らず生活している国家です。 機械類を持ち込んだ場合は、処刑されることもあります。 しかし、それは表の顔にすぎません。
裏では、飲む麻薬DDを密造して世界中にばら撒いています。 麻薬製造工場を守るために、銃で武装した軍隊のような組織も存在しています。 NGLの裏の顔を知るのは一部の人間のみで、ほとんどはNGLの理念に賛同して暮らしています。
ジャイロは裏の組織の構成員に王とよばれていますが、裏の支配者と呼ばれているため表向きは別の代表がいると考えられます。 NGLの裏の組織は、キメラアントに襲われて壊滅しました。
ハンターハンターのキメラアント編で、すでに人間ではなくなっていることが語られたジャイロ。 キメラアントに食われたようですが、驚いたことに記憶も人格も完全に維持したままキメラアントに生まれ変わりを果たしています。
NGLがキメラアントに襲われたことで、計画が破綻したため一からやり直そうとしているようです。 すぐにキメラアントの巣から離脱し、どこかに姿を消しました。 強靭な精神力と絶対に目的を果たそうという意志の強さが感じられます。
通常キメラアントに食われた人間は、多少の記憶が残ることはありますが、ほとんど場合は何も覚えておらずキメラアントとして生きることになります。 キメラアントは、元になった人間の人格が強くでることが多いようですが、記憶が戻ること等はごくまれです。
ジャイロは、人格も記憶もそのまま残っている唯一の例だと思われます。 これは、ジャイロの精神力と目的を果たそうとする意志が、強固だと言う事でしょう。 キメラアントに食われていることから、ジャイロは念能力等はなく戦闘能力も高くなかったと考えられます。
しかし、キメラアントになったことで、念能力を身に付けている可能性が高いです。 更に念能力は、意思の強さや精神力に強く影響されます。 キメラアントになったジャイロが、相当強力な念能力を身に付けている可能性は高いです。
ハンターハンターのジャイロは、世界中に悪意をばら撒きたかったと語られています。 飲む麻薬DDを作ったのはその手始めで、まだまだやりたいことがあったようです。 その意思は固く、キメラアントになっても何の影響も受けなかったほどです。 しかし、具体的に何をしたかったのかは語られていません。
ハンターハンターのキメラアント編で登場したタコ型のキメラアント「イカルゴ」。 気の良い性格で、キルアの仲間になっています。 しかし、イカルゴはジャイロの仲間であることが語られています。 他にもジャイロの名前に反応したユンジュなど、キメラアントになったジャイロの仲間は大勢いるようです。
残虐な性格のキメラアントが大勢登場しているのは、ジャイロが凶悪な部下を大勢抱えていたからと考えられます。 イカルゴは明らかに善人として描かれていますが、例外的な存在と考えた方がよさそうです。
ウェルフィンはキメラアント編で登場したオオカミ型のキメラアントです。 猜疑心が非常に強く悪知恵の働くタイプで、念能力もこの性格が反映されています。 キメラアントになってからは、影の王として裏から国を牛耳ろうとしていました。
しかし、イカルゴとの会話で自分がジャイロの部下だったことを思い出し、キメラアントに憎悪を募らせます。 人間だった頃の名前はザイカハルで、イカルゴの義理の兄だったようです。 似た境遇のジャイロとは気が合い、自分が使える王と認めています。
メルエムを前にして恐怖のあまり、毛が抜け急速に老化してしまいました。 それでも「おれの王はジャイロ」と叫ぶなどジャイロへの気持ちはとても強いことがわかります。 メルエムに見逃された後は、ジャイロが向かったと思われる流星街へ旅立ちました。ヒナとビゼフの2人も同行しています。
ハンターハンターのジャイロは、世界中に悪意をばらまきたかったと説明されていて、飲む麻薬を製造するなど極悪人に思えます。 部下も凶悪犯揃いだったようです。
しかし、ウェルフィンやイカルゴの態度を見ると、本当に悪人なのか疑わしくも感じてしまいます。 イカルゴは明らかに善人です。 そのイカルゴがジャイロのことを明らかに慕っている上に、ジャイロが記憶を失うはずがないと信じています。
これはウェルフィンも同様で、騙されて信じているのとは違う強い絆が感じられます。 ジャイロは子供の頃、冷淡に扱われても父親を慕う純粋な子供でした。
それを裏切られたことで、世界そのものを恨んでいるのかもしれません。似た境遇のウェルフィンとは話があったということです。 まだまだ、描写が少なすぎるジャイロですが、根っからの悪人というわけでは無いようです。
ジャイロはキメラアントのメレオロンではないかという説がありました。 メレオロンが名乗っていた名前「ジェイル」とジャイロは似ています。 これに加えて、フード付きのパーカーを着ていたことから考えられた説だと思われます。
しかし、メレオロンとジャイロでは生い立ちも全く違うことから、現在では否定されています。 また、名前が明かされていないコアラ型のキメラアントが、ジャイロではないかという説もありました。 しかし、コアラ型のキメラアントは、殺し屋として言いなりに人を殺してきたことを後悔しています。
NGLの影の支配者だったジャイロとは明らかに別人でしょう。 そもそも、ジャイロは生まれてすぐに女王の元を離れているわけです。 女王が死んでから記憶が戻ったメレオロンやカイトに従っているコアラは、別人であることがわかります。
ハンターハンターのジャイロは、顔なども全く描かれていません。 そのため既に登場している人物の中にジャイロが入るのではないかと考える人もいるようです。 中には幻影旅団のクロロではないかという人までいました。 しかし、ジャイロは一度女王に食われてキメラアントになっているわけです。
時期的に、師団長以下のキメラアントに負けていることになります。 クロロに限らず、ある程度強い念能力者なら捕まっていないでしょう。 もし、登場している場合はあまり戦闘能力の高くない人物と考えられます。
ただ、ジャイロのイメージに合うような人物はいないでしょう。 そもそも、ゴンとジャイロはまだ会っていないはずなので、ジャイロは1度も登場していない可能性が高いです。
ハンターハンターのジャイロは、NGLで製造した麻薬を世界中にばらまいていました 。 しかし、キメラアントに襲われたため一から計画をやり直すそうとどこかに姿を消しています。 ジャイロを探すウェルフィン達が、流星街に向かっています。 ジャイロは流星街に向かった可能性が高いでしょう。
なぜ、ウェルフィンが迷わず流星街を選んだのか理由は分かっていません。 もしかしたら、ジャイロが流星街出身なのかもしれません。 それでなくとも、マフィアとつながりがあり、すべてのものが捨てられる流星街はジャイロの計画に都合が良い土地なのかもしれません。
ハンターハンターのキメラアント編には、野球の変化球から名前をつけられたと思われるキャラクターが登場します。 それは、ナックル、シュート、パーム、ジャイロの4人です。 変化球の種類が性格に影響しているとも言われています。
ナックルボールはどんな変化をするかわかりませんが、ハンターハンターのナックルも行動がブレてしまい、予想外の行動をとるキャラクターでした。 ジャイロボールは高速で回転して、軸がぶれることがないそうです。
キメラアントになっても目的を忘れず、一貫して行動が変化しないジャイロは確かに軸がぶれていません。 これは、結果より過程を楽しむというジンの語った信念とは相反するもののように感じます。
ハンター協会の会長に選ばれすぐに辞職したパリストンは、自分の遊びのために何をするかわからない危険人物のようです。 このパリストンとジャイロが協力するのではないかと言われています。 パリストンは、キメラアントの繭を5000体も保有しています。
パリストンは繭を使って遊びたいようですが、何をしたいのかは分かっていません。 パリストンの性格を考えると、ジャイロに協力することもある考えられなくはありません。
自分の組織を失ったジャイロにとって、協力者は必要でしょう。 ジャイロとパリストンに接点があるのか分かりませんが、2人が協力して行動を起こす可能性は十分に考えられるでしょう。
ハンターハンター暗黒大陸編にジャイロが登場するのでしょうか? 暗黒大陸編はかなりの長編になると考えられるので、ジャイロが絡んでくる可能性は高いと思います。 ただ、暗黒大陸に向かっている最初のブラックホエール号にジャイロが乗っている可能性は低いのではないでしょうか?
ジャイロは、おそらく流星街で何かをする可能性が高いです。 暗黒大陸に向かう船はかなりの数が予定されているので、ジャイロが船に乗るとしても後になってからだと考えられます。 まあ、ハンターハンターは予想もできない展開が多いので、既に乗り込んでいる可能性は否定できませんが。
ハンターハンターのキメラアント編で、ジャイロは初めて登場しました。 その時、ゴンと出会わなかった意味と今後出会うという伏線が張られています。 主人公ゴンとの因縁を強調されているジャイロは、ハンターハンターの中でかなり重要なキャラクターの可能性が高いです。
そのため、ネットではジャイロはハンターハンターのラスボスになるのではないかといわれています。 また、メルエムとネテロの戦いの最後で語られた人間の底知れぬ悪意という言葉。
人間の悪意を世界中にばら撒こうとしているジャイロは、非常に危険な存在でラスボスになるだけの格を持ったキャラクターでしょう。
世界中に悪意をばらまくというとんでもない考えを持ち、ゴンと出会う伏線も貼られているジャイロ。 一方部下には慕われており、ハンターハンターらしい魅力的な悪役になりそうな雰囲気を持っています。
ハンターハンターのラスボスではないかとも言われていますが、かなり大物の悪役になることは間違いないでしょう。
サムネイル画像は下記より引用しました。
出典: https://www.instagram.com/p/BCP46rEOYfh/?hl=ja&tagged=%E3%82%AD%E3%83%A1%E3%83%A9%E3%82%A2%E3%83%B3%E3%83%88%E7%B7%A8