Wns4niiep4hq1qwt0edy

戸田恵子

CATEGORY | 戸田恵子

【魔女宅】おソノさんの年齢やセリフなどキャラ情報紹介!おソノさんの本当の名前は?

2018.08.07

『魔女の宅急便』略して『魔女宅』は、ジブリ映画の中でも人気の高い作品です。今回はそんな『魔女宅』に登場するキャラクター「おソノ」についてまとめてみました。主人公・キキの最初の協力者となってくれるおソノは、一体どんな人物なのでしょう?

  1. 【魔女宅】おソノさんの年齢やセリフなどキャラ情報紹介!:『魔女の宅急便』とは
  2. 【魔女宅】おソノさんの年齢やセリフなどキャラ情報紹介!:あらすじ
  3. 【魔女宅】おソノさんの年齢やセリフなどキャラ情報紹介!:おソノさんとは
  4. 【魔女宅】おソノさんの年齢やセリフなどキャラ情報紹介!:おソノさんの名前について
  5. 【魔女宅】おソノさんの年齢やセリフなどキャラ情報紹介!:おソノさんの旦那様
  6. 【魔女宅】おソノさんの年齢やセリフなどキャラ情報紹介!:おソノさんの声優
  7. 【魔女宅】おソノさんの年齢やセリフなどキャラ情報紹介!:原作版のおソノさん
  8. 【魔女宅】おソノさんの年齢やセリフなどキャラ情報紹介!:実写映画版のおソノさん
  9. 【魔女宅】おソノさんの年齢やセリフなどキャラ情報紹介!:おソノさんセリフ集
  10. 【魔女宅】おソノさんの年齢やセリフなどキャラ情報紹介!:まとめ
引用: https://pbs.twimg.com/media/CY9msYxU0AAZsAg.jpg
『魔女の宅急便』は、1989年に公開された、スタジオジブリ制作のアニメーション映画です。監督は宮崎駿さん。原作は同名児童文学『魔女の宅急便』です。主題歌に荒井由実さんの楽曲が使用されたことで話題となりました。
引用: https://pbs.twimg.com/media/DSxv7JeUMAEvwhO.jpg
主人公のキキは、魔女の母親と人間の父親を持つ魔女見習いの少女です。一人前の魔女になるため、13歳になった見習い魔女は家を出て魔女のいない街に行き、そこで修行を積まなくてはいけないというしきたりがありました。そのしきたり通り、キキは満月の夜、相棒の黒猫ジジと一緒に、親元を離れて見知らぬ土地へと旅立ちました。
引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/51Z7dgS0-zL.jpg
キキはコリコという街に辿り着き、ここで暮らして修行をすることを決めます。パン屋のおかみさんであるおソノさんに、パン屋の2階を住居として提供してもらったキキは、空を飛ぶ能力を活かして「魔女の宅急便」を開業。様々な人と出会い、様々な経験を積むことで成長していきます。
引用: https://pbs.twimg.com/media/DSxwemDVAAE3JF2.jpg
「おソノさん」は、『魔女の宅急便』に出てくるキャラクターのひとり。コリコの街で「グーチョキパン店」というパン屋のおかみをやっています。コリコの街にやってきたキキを気に入り、彼女にパン屋の屋根裏を住居として提供しました。
ふっくらした体型をしていますが、これは妊娠しているため。出産後はほっそりした姿になっています。年齢は26歳。青春時代にツッパった経験を持っているそうで、歳の割にしっかりしています。きっぷの良い優しい女性で、キキの力になってくれる大事なキャラクターです。
引用: https://pbs.twimg.com/media/CZUk3HQUMAE-ozT.jpg
引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/81rQEuBh52L.jpg
アニメーション映画『魔女の宅急便』では、キキに「奥さん」と言われたおソノさんが「ここらじゃパン屋のおソノで通ってるんだ」と言うシーンがあります。「通ってる」ということは、本名ではなく愛称のようなものなのでしょうか?
その謎を解くために重要となってくるのは、アニメーション映画『魔女の宅急便』の原作である児童文学『魔女の宅急便』です。全6巻のシリーズものなのですが、特別編が出版されていまして、この特別編はキキと出会った脇役たちにスポットを当てた作品になっています。この作品の中に、おソノさんの過去について書かれたお話があるのです。
引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/51skRfsXNYL.jpg
おソノさんは子供の頃は「ソノちゃん」と呼ばれていました。おソノさんの本名は「ソノ」だったのですね。ソノのお母さんは、近所の人から「おヨノさん」と呼ばれていました。やがて成長したソノはお母さんのおヨノさんそっくりに成長し、「おソノさん」と呼ばれるようになります。
ある日ソノは、牛乳屋を継いでいたフクオと再会しました。フクオは昔のように、ソノの元へ定期的に牛乳を配達するようになり、離れていた二人の距離が再び縮まります。二人は結婚し、一緒にパン屋をするようになりました。その後、主人公のキキがコリコの街にやってきて、ソノたちに出会うのです。
引用: https://pbs.twimg.com/media/DSx2Fp-U0AA_hHB.jpg
おソノさんの旦那さんは、「グーチョキパン店」でパン職人をしている「フクオ」です。年齢はおソノさんより少し上の30歳。とても無口な人で、セリフはほとんどなく息遣い程度。おソノさん同様優しい性格で、パン作りを覗き見ていたジジにウインクをするなど、お茶目なところもあるようです。キキが「魔女の宅急便」を開業するにあたり、マジパンで看板を作ってくれました。
引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/71n9QmVQcFL._SL1007_.jpg
アニメーション映画『魔女の宅急便』でおソノさんの声を担当したのは、女優・声優・歌手・タレントの戸田恵子さん。『キャッツ♥アイ』(来生瞳)や、『それいけ!アンパンマン』(アンパンマン)にも出演しています。現在では主に女優として活動されています。
引用: https://pbs.twimg.com/media/Dg0iLm_VAAAWKEj.jpg
原作『魔女の宅急便』特別編の中に、「ソノちゃんがおソノさんになったわけ」というお話があります。これはおソノさんの子供の頃から、主人公のキキに出会うまでの物語です。これを読めば、おソノさんのことがもっと詳しくわかります。
引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/71bIgvdmu9L.jpg
ソノの両親は、パン屋をしていました。そしてフクオは、ソノの家のパン屋と取引をしている牛乳屋の息子でした。ふたりは小さい頃は遊んでいましたが、大きくなるに連れて自然と距離ができていきます。ソノもフクオもそれぞれ家の仕事を手伝い、成長していきました。
ソノの両親が営むパン屋「パンやパンや」はコリコの街で愛されるパン屋でした。しかし、順調だった暮らしに暗雲が立ち込めます。ソノのお父さんが病気になり、亡くなってしまったのです。ソノのお母さんも、お父さんを亡くしたショックで声が出なくなるほど憔悴し、後を追うように亡くなってしまいました。ソノはひとりぼっちになってしまったのです。
近所の人がソノを心配してくれましたが、ソノの元気は戻りません。ソノはコリコの街を離れることにしました。お母さん同様声が出せなくなってしまったソノは、暗い表情のまま船から船へと乗り継いで、やがてある半島の港町に辿り着きます。そこでソノは、あるチョコレート屋を見つけました。
ソノはダンという男性が営むチョコレート屋で働くことになりました。声は、少しだけなら出るようになりました。働いているうちに、ソノはダンのために働きたいと思うようになります。ソノの初恋です。ですが、その恋は実ることなく、やがてソノは店を辞め、コリコの街に帰ることになりました。
引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/516rDp8qxxL._SX425_.jpg
コリコの街に戻ったソノは、両親と同じようにパン屋をすることに決めました。両親が残したパン屋は、ソノの店である「グーチョキパン屋」に生まれ変わります。昔の「パンやパンや」を知っている人は、ソノを見てソノの母親のおヨノが帰ってきたような反応を見せました。「パンやパンや」を知らなかった人もパンを買いに来てくれるようになり、少しずつソノの仕事は軌道に乗り始めます。
ソノは一生懸命働き、お母さんのようにたくましい腕をした立派なパン屋になりました。余程お母さんに似ていたのでしょう。昔を知る人はソノのことを「おヨノさん」と言い間違えることもありました。このときのソノの年齢は21歳。やがて周囲の人から「おソノさん」と呼ばれるようになります。子供だった「ソノちゃん」は大人の「おソノさん」になったのです。
引用: https://pbs.twimg.com/media/BXd6CXLCEAA5IbW.jpg
『魔女の宅急便』で有名なのはスタジオジブリ作成のアニメーション映画ですが、実は『魔女の宅急便』は実写映画化もされています。監督は清水崇さん。主演のキキ役は小芝風花さんでした。
引用: https://pbs.twimg.com/media/Dis5RXeU0AIFgSA.jpg
実写版『魔女の宅急便』でおソノさん役を演じたのは、女優の尾野真千子さん。映画『ナミヤ雑貨店の奇蹟』や、映画『ソロモンの偽証』、TVドラマ『はじめまして、愛しています。』など、様々な映画、ドラマに出演されています。
アニメーション映画『魔女の宅急便』でおソノさんが言ったセリフを一部ご紹介します。

寄ってかない? お礼もしたいしさ

引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/51dmfXf-5gL._SX425_.jpg
パン屋さんにおしゃぶりを忘れてしまったお客さん。それに気づいたおソノの代わりに、キキが空を飛んでおしゃぶりを届けます。代わりに届け物をしてくれたお礼にと、おソノさんはキキに家に立ち寄って行くよう言います。
ちなみにこのとき、おソノさんはキキにコーヒーを振る舞いましたが、英語版ではコーヒーではなくホットチョコレートをごちそうしたことになっています。キキは13歳の女の子。日本でも子供にコーヒーはあまり飲ませないと思いますが、欧米は日本以上に子供にコーヒーを飲ませないよう気をつけています。そういった習慣から、セリフに違いが生まれたのですね。

大きな町だから いろんな人がいるさ でも私はあんたが気に入ったよ

引用: https://pbs.twimg.com/media/CZVJCN0U8AMoAo7.jpg
どこか冷たいコリコの街の人たちに落ち込むキキ。おソノさんは明るい笑顔でキキを励ましてくれました。この言葉で、キキはもう少しコリコの街にいることを決めます。

ミルクがゆを作って来てあげるわ

引用: https://pbs.twimg.com/media/CZU_g18UMAAhpvu.jpg
風邪をひいてしまったキキに、おソノさんが言ったセリフです。親元を離れて知らない場所にやってきたキキ。体調も崩してしまって、余計に心細かったでしょう。お母さんのようなおソノさんの優しい言葉は、嬉しかったと思います。おソノさんのミルクがゆ、とっても美味しそうでしたね。
引用: https://pbs.twimg.com/media/BQ0ozl9CcAAUDX6.jpg
『魔女の宅急便』のキャラクター、おソノさんは、キキにとってコリコの街のお母さんのような存在です。26歳という若さの割に貫禄があってしっかりしていますが、おソノさんもキキのように色々なことを経験して成長したから、このようなしっかりしたおかみさんになれたのでしょう。アニメーション映画は原作ほど詳しくおソノさんについて描かれていないので、気になった方は是非原作本も読んでみてくださいね。
以上、『魔女の宅急便』のキャラクター、おソノさんのご紹介でした。
引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/51VyL8TlXKL._SL1000_.jpg
サムネイル画像は下記より引用しました。
出典: https://pbs.twimg.com/media/DSxwemDVAAE3JF2.jpg