K9qqdd6891h8bqoyczwq

アオハライド

CATEGORY | アオハライド

【アオハライド】吉岡双葉はかわいい!菊池冬馬・馬渕洸との関係は?情報まとめ

2021.07.12

大人気作品である「アオハライド」に登場する主人公、メインヒロインである「吉岡双葉」。アオハライドという作品は主に恋愛が中心となっていきます。そんな作品の中でちょっと甘酸っぱい青春ドラマの真ん中にいる吉岡双葉について今回は着目していきます!

  1. 【アオハライド】吉岡双葉とは?
  2. 【アオハライド】吉岡双葉と馬渕洸の恋は?
  3. 【アオハライド】吉岡双葉と菊池冬馬の関係性について
  4. 【アオハライド】吉岡双葉の声優「内田真礼」
  5. 【アオハライド】吉岡双葉 まとめ
吉岡双葉は大人気漫画、またアニメ作品である「アオハライド」に登場する主人公およびメインヒロインであるキャラクターです。誕生日は6月19日のA型、身長160cmで体重は50kgのふたご座です。大好物は「たらこスパゲッティ」で苦手なものとして「人のうちの牛乳」という謎のものを挙げております。得意な科目は化学で苦手科目は英語となっております。
作中では高校一年生から二年生時が描かれております。中学生の時に男子が苦手であった吉岡双葉は、大人しくしていたこともあって、それが他の女子生徒から反感を買うことになります。「猫被り」という言葉で罵られ、中学二年生から孤立状態が続き結局卒業まで一人で過ごしていたという過去があります。しかしそんな中でも恋はするもので、途中で転校してしまった「田中くん」に想いを寄せておりました。
結果的に中学時代は孤立していたこと、また好きな人に想いを伝えられずに終わっており、いわゆる悲惨な中学時代を送っております。そのことから高校生では嫌われないようにしようとワザとガサツな女性を演じているのが物語最初の吉岡双葉となります。
そんな吉岡双葉は中学時代に想いを寄せていた「田中くん」と再び高校一年生の三学期で再開します。しかもクラス委員という同じ立場になります。高校時代の田中くんの名前は「馬渕洸」となっており、その後中学時代は両思いだったということが発覚します。しかしそれは中学時代の話であり今は違うと馬渕洸からはっきりと言葉を浴びることになります。
しかし恋心というものはそんなもので消え失せるということはなく、もちろん吉岡双葉は馬渕洸をずっと好きで物語が進行します。事故のキスシーンなど青春的な描写もありつつ、しかし途中で馬渕洸の長崎時代の友達であった成海が父親を亡くし、双葉の近くに引っ越してきたことをキッカケに近づきかけた距離がまた遠のいていきます。
その後はそこそこドロドロとした恋愛ドラマが展開されますが、結果的には一度双葉を振った馬渕洸は再び病室で告白するという謎の行動に出ます。これはいわゆるこの手の作品にはありがちと言えるかもしれません。詳しい内容に関しては実際にご自身でご覧になって頂きたいと思います!
さて、そんなヒロイン吉岡双葉とその恋の相手である馬渕洸の恋愛物語の中でもう一人の目立った男性人物が登場します。それが菊池冬馬というキャラクターになります。菊池冬馬はヒロインである吉岡双葉に想いを寄せる人物として作中では馬渕洸と一時遠のいていた時期に双葉を支えた人物になります。そんな優しい菊池冬馬に双葉も徐々に惹かれていくことになります。
物語上では一時は彼氏彼女の関係にありました。しかしながら付き合っている中でもやはり双葉が馬渕洸への想いを捨てきれずずっと引っかかっていたことによって別れることになります。この菊池冬馬という人物はやはり馬渕洸というちょっといい加減な感じのキャラクターを嫌っているところがあり、曖昧な感じを見せている中で双葉に接触するというところがあったときはかなり喧嘩腰でしたね。
内田真礼(うちだまあや)さん、1989年12月27日生まれ、東京都出身、アイアムエンタープライズ所属の超人気声優さんです。2010年にぼく、オタリーマンにてデビューを果たし、「オオカミさんと7人の仲間たち」で声優として本格的に名前が広まっていきます。演じる役柄に関しては幅広いものがあり、いわゆるなんでもこなすタイプの声優さんであると言ってもいいいでしょう。
また声優活動だけでなく、素晴らしい美貌の持ち主ということもあって多方面で活躍している人物でもあります。代表作として「ゆるゆり」、「さんかれあ」、「中二病でも恋がしたい!」「とある科学の超電磁砲」、「ハイスクールD×D」、「アウトブレイクカンパニー」などなど数々の一流作品に出演しております。今後の活動にも注目が集まりますね!
いかがでしたでしょうか? 今回はアオハライドに登場する主人公であり、またメインヒロインである「吉岡双葉」について綴ってきました。高校生という感じの恋愛ドラマが展開される中心の人物として複雑な恋愛に巻き込まれていきますが、誰もが経験したであろう青春時代の恋愛というものに近い作品のヒロインであり、共感できる部分が多いヒロインだと感じました。
サムネイル画像は下記より引用しました。
出典: https://pbs.twimg.com/media/B719HnlIYAE2ir6.jpg