Vie67rzkspksprpv2zxe

君の名は。

CATEGORY | 君の名は。

【君の名は】新宿高校・レストラン・須賀神社情報!新宿の聖地まとめ

2021.08.05

『君の名は』の聖地は、三葉サイドは岐阜県や長野県が多いですが、瀧サイドは殆どが新宿です。三葉サイドの聖地も少し紹介しつつ、瀧サイドの新宿の聖地もお伝えしたいと思います。『君の名は』の聖地は混雑こそするものの交通アクセス自体は難しくないので、参考にしてください。

  1. 『君の名は』とはどんな作品?
  2. 『君の名は』の見所
  3. 【君の名は】新宿以外の聖地は岐阜県に多め
  4. 【君の名は】岐阜県飛騨市の聖地①飛騨古川駅
  5. 【君の名は】岐阜県飛騨市の聖地②気多若宮神社
  6. 【君の名は】岐阜県飛騨市の聖地③落合のバス停
  7. 【君の名は】瀧サイドの新宿の聖地を紹介!
  8. 【君の名は】東京の聖地①須賀神社参道
  9. 【君の名は】新宿の聖地②新宿高校
  10. 【君の名は】新宿の聖地③レストラン「カフェ ラ・ボエム」
  11. 【君の名は】新宿の聖地まとめ

「新海誠」監督の興行収入250億円突破の大ヒットアニメーション

『君の名は』「新海誠(しんかいまこと)」監督のアニメーションで、2016年に公開され興行収入250億円を超える大ヒットを記録しました。

主人公の声優に俳優の「神木隆之介(かみきりゅうのすけ)」さんを起用

アニメファンはもちろんのこと、普段アニメを観ない一般層まで虜にした本作は、主人公の声優に俳優の「神木隆之介(かみきりゅうのすけ)」さんを起用する等、話題となりました。

映像(特に背景)が非常に綺麗

「新海誠」監督の作品に共通して言えることですが、背景が非常に綺麗で引き込まれる所にあります。
「新海誠」監督の作品は、近年は現実にある風景を絵にしていることが多いですが、どれも現実よりも遥かに美しく美麗なグラフィックに仕上げていますね。
20年後はわかりませんが、恐らく今から10年後に出回るアニメの映像と比較しても、『君の名は』のグラフィックはトップクラスに秀逸だと思います。

主人公とヒロインの精神が入れ替わる

本作には主人公が二人いますが、男の主人公「立花瀧(たちばなたき)」と女の主人公「宮水三葉(みやみずみつは)」は、精神が周期的に入れ替わる所が本作の見所の最大のポイントの一つです。
東京に住んでいる瀧と岐阜県に住んでいる三葉は、互いに一度も会ったことが無い相手にも関わらず、何故か不定期に精神が入れ替わり、慣れない異性の身体と環境を前に、お互いがお互いの生活をメチャクチャにしてしまうという所が前半の見所ですね。
そして、それ以上お互いの生活をメチャクチャにしないために、瀧と三葉はルールをつくり、スマホに精神が入れ替わってしまった時の記録を保存して、お互いに何があったのか報告することを義務づけました。

架空の彗星「ティアマト彗星」が美しい

『君の名は』の映像の中で、恐らく「新海誠」監督が最もこだわった描写は、作中で特に重要なキーとなる「ティアマト彗星」の描写でしょう。
「新海誠」監督は、基本的には現実の世界を美しく描写することにこだわるクリエイターですが、時に幻想的でロマンチックな描写にこだわる時もあり、本作においては「ティアマト彗星」がまさにそれに当たる描写でした。
「ティアマト彗星」や作中の舞台の一つである「糸守町(いともりちょう)」は架空の創作物ですが、「新海誠」監督は現実と非現実を上手く重ね合わせることが非常に上手い作家ですね。

挿入歌の全てを「RADWIMPS」が担当

「新海誠」監督の作品は、有名なJ-POPアーティストを起用することが多いですが、本作も挿入歌の全てを「RADWIMPS(らっどうぃんぷす)が担当するなど、その美学を徹底させています。
「RADWIMPS」の曲は、『君の名は』の世界観にぴったりハマっていて、物語を盛り上げるのに大きく貢献しました。
『君の名は』の大ヒットの背景には、「RADWIMPS」の音楽の力もあったのではないかと言われる程で、非常にマッチングしたコラボレーションでしたね。

後半で物語が急展開する

『君の名は』の最大の見所は、やはり後半の急展開にあります。前半まで微妙な伏線が散りばめられていた『君の名は』ですが、後半で一気に伏線が回収されると共に、壮大な盛り上がりをみせ、美麗なグラフィックと共に視聴者の感情を揺さぶった所が魅力です。

『君の名は』の聖地は三葉サイドは新宿ではなく岐阜県飛騨市に集中

『君の名は』の聖地は、瀧サイドでみれば新宿ですが、三葉サイドでみれば岐阜県飛騨市に集中しています。
特に、三葉サイドのモデルとなった糸守周辺は、岐阜県飛騨市をモデルにしているので紹介したいと思います。

瀧が司と奥寺先輩と三人で行った場所

引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/81qJrL2yNTL._SX522_.jpg
岐阜県の飛騨市にある「飛騨古川駅」は、瀧が三葉に会おうと必死で三葉のいる場所を特定した結果、可能性が高いと割り出して行ってみた場所です。比較してみても、そっくりな場所ですね。
その日は何故か友人の司と奥寺先輩までついてくるという謎展開で、ほとんど役に立たなかった二人ですが、たまたまラーメン屋に入ったことで糸守の存在を知ったので、結果的に二人の存在は役に立ちましたね。

飛騨古川駅前タクシー乗り場

引用: https://images-fe.ssl-images-amazon.com/images/I/51HcONdC0iL._SS500.jpg
駅の外のロータリーは、瀧と司・奥寺先輩が三葉の居場所を探すために聞き込みを始めた場所です。こちらも比較してみると、そっくりだとわかります。

瀧が地元の女性と話した場所

引用: https://images-fe.ssl-images-amazon.com/images/I/61bx6Cc7vCL._SS500.jpg
三葉の居場所の聞き込みのために、瀧が地元の女性と話していた場所が、気多若宮神社(けたわかみやじんじゃ)です。
こちらは飛騨古川駅から徒歩15分程にある場所で、作中と実物を比較しても酷似していることがわかりますね。

瀧が司・奥寺先輩と座ったバス停

引用: https://images-fe.ssl-images-amazon.com/images/I/51R%2BKxIv2TL._SS500.jpg
三葉の居場所を探す有力な情報が得られないまま時間を過ごした瀧と司・奥寺先輩が休んでいたバス停が、岐阜県飛騨市宮川町落合にあるバス停です。比較してみると、そっくりだとわかりますね。
落合のバス停はJR高山本線角川駅からさほど遠くない場所ですが、角川駅は電車の本数が少ないため注意が必要です。行ってみたい場合は、タクシーの利用も検討すると良いでしょう。

瀧サイドは東京のど真ん中にある新宿が聖地!

三葉サイドは岐阜県飛騨市や長野県にある諏訪湖を中心とした田舎が聖地となっていますが、対する瀧サイドの聖地は東京のど真ん中である新宿が聖地となっています。
三葉サイドの聖地は紹介したので、瀧サイドの聖地を紹介したいと思います。

須賀神社参道は瀧と三葉が再会した階段

須賀神社参道は、ラストシーンで瀧と三葉が再会した階段で、東京都新宿区にあります。
須賀神社参道のラストシーンの描写は視聴者の記憶に残る感動シーンとなりましたが、それ故、須賀神社の参道は『君の名は』のファンが多く訪れる代表的な聖地となりました。
須賀神社は、JR・地下鉄四ツ谷駅から徒歩10分程で行けます。
須賀神社は、『君の名は』のファンなら東京で立ち寄ってみたい場所の一つですね。

新宿高校は『君の名は』作中では外観だけ使用された

瀧の通っている高校は新宿高校で、外観は実際の新宿高校とほぼ一致します。
新宿高校の住所は「東京都新宿内藤町11番4」で、新宿高校は殆どの新宿駅の出入り口から10分ほどで到着します。
しかし、内装は新宿高校ではなく、広島の基町高校をモデルにしているらしく、内観は新宿高校のそれとはかなり掛け離れたものになっているそうです。

瀧がバイトしていたのは「カフェ ラ・ボエム」という新宿のレストラン

瀧がアルバイトしていたレストランは、「カフェ ラ・ボエム」という新宿のイタリアンレストランで、新宿御苑の近くにあるレストランです。
イタリアンレストラン「カフェ ラ・ボエム」の住所は、「〒160-0022 東京都新宿区新宿1丁目1−7 コスモ新宿御苑ビル」なので、ぜひレストラン「カフェ ラ・ボエム」立ち寄ってみると良いかもしれませんよ。

『君の名は』のファンは新宿に立ち寄ったら行ってみよう!

須賀神社参道・新宿高校・カフェ ラ・ボエム、三か所の聖地を紹介しましたが、新宿に行った際はぜひ立ち寄ってみたい聖地ですね。
新宿は混雑している以外は特別大変なことはないので、ぜひ行ってみてください。
サムネイル画像は下記より引用しました。
出典: https://pbs.twimg.com/media/CreXKnfUEAAmQCA.jpg