Aicg0wmpabt4wzv4xskv

ダグ&キリル

CATEGORY | ダグ&キリル

【ダグ&キリル】アップル・ビーバーの登場回は?声優やキャラ情報を一挙お届け!

2018.10.05

アニメ『ダグ&キリル』に登場するアップル・ビーバー。彼は一体どんなキャラクターなのでしょうか?アニメが始まったばかりの『ダグ&キリル』、アップル・ビーバーについてご紹介。これから活躍するであろうアップル・ビーバーについて、予備知識を仕入れておきましょう。

  1. 【ダグ&キリル】アップル・ビーバーの登場回は?声優やキャラ情報を一挙お届け!:『DOUBLE DECKER! ダグ&キリル』
  2. 【ダグ&キリル】アップル・ビーバーの登場回は?声優やキャラ情報を一挙お届け!:あらすじ
  3. 【ダグ&キリル】アップル・ビーバーの登場回は?声優やキャラ情報を一挙お届け!:「SEVEN-O」とは
  4. 【ダグ&キリル】アップル・ビーバーの登場回は?声優やキャラ情報を一挙お届け!:「アンセム」とは
  5. 【ダグ&キリル】アップル・ビーバーの登場回は?声優やキャラ情報を一挙お届け!:主要登場人物紹介
  6. 【ダグ&キリル】アップル・ビーバーの登場回は?声優やキャラ情報を一挙お届け!:アップル・ビーバーとは
  7. 【ダグ&キリル】アップル・ビーバーの登場回は?声優やキャラ情報を一挙お届け!:登場回
  8. 【ダグ&キリル】アップル・ビーバーの登場回は?声優やキャラ情報を一挙お届け!:担当声優
  9. 【ダグ&キリル】アップル・ビーバーの登場回は?声優やキャラ情報を一挙お届け!:その他出演作品
  10. 【ダグ&キリル】アップル・ビーバーの登場回は?声優やキャラ情報を一挙お届け!:まとめ
引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/611IbHAFXYL._SL1000_.jpg
『DOUBLE DECKER! ダグ&キリル』(ダブルデッカー ダグアンドキリル)は、2018年9月から放送されている、テレビアニメ作品です。『TIGER & BUNNY』から続くアニメシリーズプロジェクト「バディシリーズ」のひとつとして、サンライズによって制作されました。
『ダグ&キリル』の舞台となるのは都市国家「リスヴァレッタ」。リスヴァレッタでは、人々の平穏な生活の影で、犯罪や違法薬物がはびこっていました。中でも「アンセム」と呼ばれる薬物は、致死率の高い非常に危険なものです。そのアンセムを取り締まるために、専門捜査機関「SEVEN-O特殊犯捜査係」が存在していました。
引用: https://pbs.twimg.com/media/DoaVJbXVAAAytd2.jpg
ある日「SEVEN-O」に、実力未知数の捜査員、キリル・ヴルーベリが配属されます。新人の彼がバディを組むことになったのは、経験豊富なベテラン捜査員のダグ・ビリンガム。飄々とした掴みどころのないベテラン刑事と、やる気が空回りしてしまう新米刑事のバディが織り成す、職務のためなら命も懸ける刑事たちの物語です。
引用: https://pbs.twimg.com/media/DmF0a4fVsAAKkPT.jpg
引用: https://pbs.twimg.com/media/DojUpr0VAAETr63.jpg
「SEVEN-O」――正式名称「SEVEN-O特殊犯捜査係」。危険薬物アンセムを専門に取り締まる機関です。この捜査機関では、二人一組のバディで行動する「ダブルデッカーシステム」という捜査体制が採用されており、捜査員たちが日夜対応に当たっています。
引用: https://pbs.twimg.com/media/DoWdacRV4AAES6Q.png
アンセムというのは、致死率の高い危険な薬物。アンセム案件は全てフェイズ分けをされており、このフェイズによって「SEVEN-O」の管轄になるか否かが決まります。
引用: https://pbs.twimg.com/media/DoWN5BCVAAEBNDG.jpg
「フェイズ1」は使用疑い。この段階だと「SEVEN-O」は、アンセムを使用したという証拠を掴むまで、内偵捜査しかできません。「フェイズ2」は使用確定。「フェイズ2」になると、捜査権が「SEVEN-O」に完全委譲されます。そして「フェイズ3」はアンセムによる「オーバードライブ」。アンセム使用者は、稀に副作用による突然変異で、人間離れした力を得ることがあります。それをオーバードライブといいます。

ダグ(ダグラス・ビリンガム)

引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/51aBmJ6L-LL.jpg
「SEVEN-O」に所属する、掴みどころのない、飄々とした残念なベテラン捜査員。階級は巡査部長で、通称は「ベテラン」です。オフの際は緩いですが、鋭い洞察力を持ち、数々の事件を解決に導いていきます。仕事はあくまで仕事と割り切る、ドライな思考の持ち主です。

キリル(キリル・ヴルーベリ)

引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/51P6q1GINwL.jpg
とある事件をきっかけに、ダグの推薦で「SEVEN-O」に転属することになった、若手警官。階級は巡査です。不本意ながら通称は「オカッパ」。ヒーローに憧れており、悪に毅然と立ち向かうかっこいい刑事を目指していますが、少し頭が弱いためいつも空回りしています。女性に間違われるほど中性的な整った顔立ち。ダグとダブルデッカーを組むことになりました。

ディーナ(ディーナ・デル・リオ)

引用: https://pbs.twimg.com/media/DhqRtzLV4AA22yt.jpg
「SEVEN-O」に所属する捜査員で階級は警部補。通称は「ピンク」です。ショッキング・ピンクという派手な色の髪をツインテールにしており、服装はタイトミニワンピースに厚底ブーツ。頭にサングラスを乗せています。口は悪いですが、銃の腕は良いです。ケイことキャサリン・ロシュフォールとダブルデッカーを組んでいます。

ケイ(キャサリン・ロシュフォール)

引用: https://pbs.twimg.com/media/DhqRu-WV4AAeH83.jpg
「SEVEN-O」でディーナとダブルデッカーを組むことになった新人。階級は巡査で、通称「ルーキー」です。キリルが転属してきた次の日に転属してきたため、当初キリルに与えられていた「ルーキー」の名は、彼女に与えられました。品行方正な優等生で、勉強家。キリルと違って頭脳も優秀です。

マックス(マキシーン・シルヴァーストーン)

引用: https://pbs.twimg.com/media/DhqRvntUYAE-aTi.jpg
「SEVEN-O」に所属する捜査員のひとりで、階級は巡査長です。パンキッシュなスタイルが特徴のクールな女性。通称は「ボクサー」。捜査現場には大好きなバイクに、ダブルデッカーのユリ・フジシロを乗せて駆けつけます。

ユリ(ユリ・フジシロ)

引用: https://pbs.twimg.com/media/DhqRwOEUcAAL9Un.jpg
「SEVEN-O」に所属する捜査員で、マックスとダブルデッカーを組んでいます。階級は警部補で、通称は「ロボット」。世話好きで柔らかな物腰の清楚な女性ですが、その正体は正真正銘本物のロボット。たおやかな風貌に似合わぬ豪腕の持ち主で、重火器の扱いに長けています。
引用: https://pbs.twimg.com/media/DkNUYoZU4AAwDid.jpg
飛び抜けた高いIQをもつ天才科学者です。「SEVEN-O」の捜査員たちの装備の開発からメンテナンスまで一手に引き受けています。
褐色の肌とブロンドの髪が特徴。グレーのベストとスラックス、腰には黒のエプロンを着けており、ベルトに道具を入れられる腰袋をいくつかぶら下げています。スマートで、科学者というよりもカフェの店員さんか美容師さんに見えますね。
引用: https://pbs.twimg.com/media/DYaC_2jU8AAE_HO.jpg
ついにはじまった、アニメ『ダグ&キリル』。アップル・ビーバーがいつ登場するのか、気になりますね。1話ではEDで映るだけで、本編での出番、セリフはありませんでした。第2話でも現れず、あれあれ?と思っていましたが、第3話で登場するようです!第3話の放送をお楽しみに!
引用: https://pbs.twimg.com/media/DmZy5D0VAAE8XSG.jpg
アニメ『ダグ&キリル』でアップル・ビーバーの声を担当するのは、声優の永塚拓馬さんです。永塚拓馬さんは日本ナレーション演技研究所出身。アイムエンタープライズに所属しています。愛称は「ながにゃん」。

『アイドルマスター SideM』(冬美旬)

引用: https://pbs.twimg.com/media/DOqoWY1UIAAs_bA.jpg
高校の軽音部のメンバーで構成されたユニット「High×Joker」のキーボード担当。中途半端なことをするのが嫌だということ、何か必死に夢中になれるものを探したいという理由で、バンド活動を続けています。幼い頃からピアノを弾いており、その腕は神童と評されるほどでした。

『KING OF PRISM』(西園寺レオ)

引用: https://pbs.twimg.com/media/C8aEONMVwAEVsiK.jpg
ユキノジョウの付き添いをしている、プリズムスタァ志望者の少年。男らしくないと言われる弱々しい自分にコンプレックスがあり、プリズムスタァでの活動を通して男らしくなりたがっています。が、可愛いものが好きで、とにかく可愛いためどこまで本気かわかりません。
引用: https://pbs.twimg.com/media/DojU0bQUYAAvnVT.jpg
『ダグ&キリル』のアップル・ビーバーは、アニメが始まったばかりのため、まだまだ謎のキャラクターです。可愛いキャラクターの声で定評がある永塚拓馬さんがCVを担当していますが、どんな声、口調でアップルを演じるのか、楽しみですね。
引用: https://pbs.twimg.com/media/DoWNDqtV4AA-spf.jpg
サムネイル画像は下記より引用しました。
出典: https://pbs.twimg.com/media/DkNUYoZU4AAwDid.jpg