Jiiwxxrwa8kswzmzb83z

スラムダンク

CATEGORY | スラムダンク

【スラムダンク】スラムダンクの続きが黒板アートに!妄想する人も続出?徹底調査!

2018.10.16

バスケ漫画『スラムダンク』は、人気絶頂の内に連載が終了しました。その『スラムダンク』の続きが、とある廃校の黒板に描かれたことは、ファンの間で有名です。今回は黒板に描かれた『スラムダンク』の続きについて、またファンが考えたその後の妄想をご紹介したいと思います。

  1. 【スラムダンク】スラムダンクの続き:『スラムダンク』とは
  2. 【スラムダンク】スラムダンクの続き:ストーリー
  3. 【スラムダンク】スラムダンクの続き:登場人物
  4. 【スラムダンク】スラムダンクの続き:『スラムダンク』の終わり
  5. 【スラムダンク】スラムダンクの続き:イベント「スラムダンク・ファイナル」
  6. 【スラムダンク】スラムダンクの続き:続編が描かれた黒板アート
  7. 【スラムダンク】スラムダンクの続き:黒板アートが黒板カードに
  8. 【スラムダンク】スラムダンクの続き:『スラムダンク あれから10日後 完全版』
  9. 【スラムダンク】スラムダンクの続き:その後の妄想について
  10. 【スラムダンク】スラムダンクの続き:まとめ
引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/81hiC8zHyML.jpg
『スラムダンク』とは、漫画家・井上雄彦による漫画作品です。週刊少年ジャンプで連載されました。連載した期間は1990年から1996年、全276話。その人気からアニメやゲームなど、様々なメディアミックスが展開されました。
引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/71lEQRBHqtL.jpg
主人公の桜木花道は、赤い髪を持つ不良少年。ある日花道は、自身の通う湘北高校バスケットボール部のキャプテン、赤木剛憲の妹である晴子に一目惚れし、彼女に勧誘されるがままバスケ部に入部します。
しかし基本的に目立ちたがり屋の花道は、地道な基礎練習を厭うており、派手な「スラムダンク」にしか興味がありません。しかも大好きな晴子は同期の天才少年・流川楓に夢中。花道はストレスを溜める毎日を過ごします。
そんな花道でしたが、バスケットボールに触れていくにつれ、徐々にバスケの面白さ、魅力に目覚めていき、急速に才能を開花させていきます。花道は次第に人間的にも成長し、チームの一員としての意識を持つようになっていくのでした。

【スラムダンク】スラムダンクの続き:桜木花道

引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/51MV18A6S3L.jpg
『スラムダンク』の主人公です。バスケは高校から始めた初心者ですが、次第に才能を開花させ、驚異的なスピードで成長していきます。

【スラムダンク】スラムダンクの続き:赤木剛憲

引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/51BBG8XGYNL.jpg
通称「ゴリ」。「ゴール下のキングコング」という異名を持っています。

【スラムダンク】スラムダンクの続き:流川楓

引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/51DBNKYRD7L.jpg
中学時代から注目されている、バスケのスタープレイヤー。花道とは犬猿の仲です。

【スラムダンク】スラムダンクの続き:三井寿

引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/51S307BGGEL.jpg
一度チームから離れて不良に走っていた「天才シューター」。バスケへの熱意を捨てきれず、部に復帰しました。

【スラムダンク】スラムダンクの続き:宮城リョータ

引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/51WASSNG24L.jpg
他の選手に比べると小柄ですが、神奈川県内でもトップクラスの実力者。「湘北の切り込み隊長」と言われています。

【スラムダンク】スラムダンクの続き:木暮公延

引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/51MZC6EJKRL.jpg
部内の他のメンバーに比べると実力は劣るものの、大変な努力家。「メガネ君」と呼ばれています。

【スラムダンク】スラムダンクの続き:赤木晴子

引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/912hpXoTIuL.jpg
赤木剛憲の妹で、花道が想いを寄せているヒロイン。花道がバスケを始めるきっかけになった人物です。
引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/512HZ8B8G8L.jpg
王者・山王高校に相手に、湘北は食らいついていました。刻々とタイムリミットが近づいてくる中、試合中にぶつけた背中の痛みで、立っていることすらやっとの主人公・桜木花道。花道は一度ベンチに下がりますが、バスケが好きでバスケをやりたいという強い気持ちから、痛む身体をおして試合に戻ります。
引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/51ZDP3C795L.jpg
1点を追いかける湘北。残り時間が2秒になったそのとき、花道とは犬猿の仲である流川楓が、花道にパスを出します。花道は、そのままシュート。タイムアップとほぼ同時に、ボールはゴールに吸い込まれました。これにより湘北に2点が入り、試合終了。僅か1点差で、湘北が逆転勝利しました。しかし山王との死闘で全てを出し尽くした湘北は、愛和学園にボロ負けしてしまいます。
夏の大会が終わり、湘北高校バスケットボール部は新たな体制に変わっていきます。花道は背中の怪我を治すため、リハビリ生活に入りました。マネージャーになったヒロインの晴子は、花道に毎週、バスケ部の近況を手紙で知らせることになります。
引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/51AFB0BZG7L.jpg
そんな花道の前に、流川がやってきました。流川は花道に、Japanと書かれたユニフォームを見せつけます。流川は全日本ジュニアに選ばれていたのです。悔しがる花道を、リハビリの先生が呼びました。これからリハビリが始まるのです。
「今日のリハビリはちょっときつい。耐えられる?」というリハビリの先生。そんな先生に、花道は笑って言いました。「天才ですから」。花道は大好きなバスケットボールのため、リハビリに向かうのでした。
引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/51GE6D224FL.jpg
『スラムダンク』には、本編の続きを描いた、幻の続編が存在します。『スラムダンク』の続きが公開されたのが、『スラムダンク』一億冊感謝記念イベント「スラムダンク・ファイナル」でした。連載終了後8年の歳月を経て、開催されたイベントです。
「スラムダンク・ファイナル」は『スラムダンク』作者の井上雄彦が「最後にファンのために何かをやりたい」と企画したものです。このイベントでは、2004年に廃校になった、旧神奈川県立三崎高校校舎で、各教室の黒板に『スラムダンク』の続きのストーリーが描かれました。
引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/91v7V4%2BHRiL.jpg
イベント「スラムダンク・ファイナル」にて、廃校の各教室の黒板にチョークで描かれた『スラムダンク』の続きである『あれから10日後』。教室ごとに各キャラクター個別の続きのエピソードが描かれています。多くのファンがイベント会場である学校に、この続きを見るため集まりました。
この続きを見ると、主人公の花道は「リハビリ王」を目指してリハビリに励んでいることがわかります。ミッチーはバスケで大学推薦を目指しており、不良時代に全然勉強していなかったことを悔やんでいるのだとか。流川はアメリカ留学を目指しており、勉強のためイヤホンで英語を聞いています。
引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/71c3H43kHlL.jpg
新キャプテンになったリョータは部下を動かすためのビジネス書を読み、鬼キャプテンとして部を引っ張ることを密かに決意。引退したゴリはバスケがしたい気持ちのせいで勉強が全く手につかず、メガネ君はそんなゴリを尻目にバスケ部見学にいきます。
ひとつひとつはそんなに長い話ではありませんが、ファンにはたまらないキャラクターたちの続きでした。ファンにはとても嬉しい『スラムダンク』の続きですね。
引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/41NK7AZ4N9L.jpg
「スラムダンク・ファイナル」で黒板に描かれた『スラムダンク』の続きの物語『あれから10日後』をポストカードにして発売したのが、『スラムダンク 黒板カード』です。
全24枚で構成されており、『スラムダンク』の続きを描いた黒板がそのままミニチュア化されたかのようなポストカードです。黒板を再現しているので、形は長方形。ポストカードの入れ物であるダンボールには、シンプルに『SLAM DUNK』と印字されており、そのまま飾っても格好いいです。
スラムダンク『あれから10日後-』完全版
価格 ¥ 2,160
2009年に『スラムダンク あれから10日後 完全版』という本が発売されました。『スラムダンク』の続きを見たいというファンがまだ大勢いたため、井上雄彦が熟考の上「完全版」として書籍化することを決めたのです。
引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/51K2ZMCWGWL.jpg
黒板に描かれた『スラムダンク』の続きをいつでも本として見ることができますし、イベント前に発表された新聞広告、ウェブサイトのビジュアルも多数収録された、ファンにはたまらない一品となっています。
引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/5156PZ0JGCL.jpg
『スラムダンク』の連載が終了し、「スラムダンク・ファイナル」で『スラムダンク』の続きが描かれるまで、8年。その間に、ファンは思い思いの続きを妄想していました。
『スラムダンク』の続きの妄想で有名なのは『Kの部屋』というブログですね。『スラムダンク』の続きとしては定番です。『スラムダンクの続きを勝手に考えて見る』と題し、妄想を750話を超えるお話にしてブログにアップしています。とても読み応えがありますよ。
引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/5102Q942H3L.jpg
また『新スラムダンクの続き』というブログにも、膨大な数の続きがアップされています。その他にも、『スラムダンク』の続きを妄想して書いてみたブログ・サイトは多数存在していますので、自分の理想の続きを探してみる、または自分の理想とする『スラムダンク』の続きを妄想し形にしてみるのもいいかもしれません。
引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/71B62S0XzQL.jpg
『スラムダンク』の続きについてまとめてみましたが、いかがでしたでしょうか?ファンとしては、作者の決めた終わりに納得する気持ちと、連載が終了してちょっと寂しい気持ちとで複雑ですよね。黒板アートで『スラムダンク』の続きが公開されたことは、ファンに大きな驚きと喜びをもたらしました。
引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/51SQ4DT2M3L.jpg
未来を感じさせる終わり方をしたことによって、ファンの間で『スラムダンク』の続きを妄想する動きが活発化したのも面白いですね。人それぞれ思う『スラムダンク』の続きがあって、色んなパターンの続きを見ることができるのはとても楽しいものです。『スラムダンク』の続きが読みたい方は、公式続編はもちろん、一般ファンの妄想もぜひ覗いてみてください。
サムネイル画像は下記より引用しました。
出典: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/71lEQRBHqtL.jpg