Evy9jwemmmz75kqyx8m9

進撃の巨人

CATEGORY | 進撃の巨人

【進撃の巨人】アルミンまとめ!正体、能力や性格は?名言集も!

2020.06.24

2009年から別冊少年マガジンにて連載開始され、いまやマンガアニメ共に絶大な人気を誇る「進撃の巨人」。今回はその進撃の巨人のメインキャラクターの一人であるアルミンについて、一体このアルミンというキャラクターがどんな人物であるのか色々触れていきたいと思います。

  1. 進撃の巨人とは
  2. 多彩なメディアミックス展開と超人気を誇る作品「進撃の巨人」
  3. そんな進撃の巨人のメインキャラクターの一人、アルミンとは
  4. アルミンの最大の武器はその頭脳
  5. 精神的な弱さを抱えるアルミン
  6. その弱さを乗り越えるアルミン
  7. 進撃の巨人メインキャラクターの仲良し幼なじみ三人組の一人アルミン
  8. 共通の夢を持つアルミンとエレン
  9. アニメ「進撃の巨人」アルミン役の声優は
  10. 進撃の巨人アルミン役声優、井上麻里奈の代表作品
  11. 進撃の巨人(アルミン)の明言、名場面
  12. アルミンのもう一つの姿、「ゲスミン」
  13. ところでアルミンの性別は?
  14. 進撃の巨人原作者:諌山創の自作におけるキャラの性別について「どうでも良い」
  15. 進撃の巨人、原作で女装作戦を実施するアルミン
  16. 進撃の巨人実写版のアルミン役は男性俳優の本郷奏多
  17. アルミンの性別は「アルミン」
  18. 進撃の巨人、作中の様々な作戦に深く関わるアルミン
  19. 進撃の巨人におけるアルミンの関わった大作戦(その一:トロスト区奪還作戦)
  20. 進撃の巨人におけるアルミンの関わった大作戦(その二:アニ捕獲作戦)
  21. 進撃の巨人におけるアルミンの関わった大作戦(その三:エレン奪還戦)
  22. まとめ
進撃の巨人(進撃の巨人 Attack on Titan)は2009年9月に別冊少年マガジン10月号(創刊号)で連載が開始された原作:諫山創の作品です。小説やアニメ、映画などのメディアミックス展開が行われている超人気作品です。驚異的な力をその巨体から繰り出す巨人と、それに抗う人々の戦いを描いたファンタジーバトル物です。
2017年時点で単行本累計発行部数6,600万部を超えるという超人気作品「進撃の巨人」、その魅力はただ売れているだけという訳でなく多彩なメディアミックスにもあるかもしれません。マンガに始まり、小説、アニメ、映画化だけにとどまらずスピンオフ、ゲーム、実写化までしています。このメディアミックスの多彩さは世の中にある漫画作品の中でもかなり多い方と言えると思います。
身長163cm、体重55kg、年齢15歳(初登場時は10歳、12歳で第104期訓練兵団へ入団)、出身地ウォール・マリア南端シガンシナ区、誕生日11月3日。アルミン(アルミン・アルレルト 、Armin Arlert)はエレン、ミカサに並ぶ進撃の巨人に登場するメインキャラクターの一人です。エレンとミカサの幼馴染で、金髪のボブカットに碧眼の少年です。
引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/81sCc7cUOFL._SL1000_.jpg
体格は小柄で巨人との戦闘に置いて秀でた身体能力は持ち合わせていないものの、幼少の頃より大人顔負けの知識と知性に富んでおりその頭脳こそ彼の最大の武器といえるでしょう。ファンからは「彼がいなくては話が進まない」とまで言わる程、ストーリー上の数々の重要場面に於いて彼の頭脳が突破の鍵となっていきます。
強い信念を持つ彼ですが、 積極性には欠けておりその事を自覚しています。そこに自責の念を抱いているという一面を持っています。 また幼い頃イジメを受ける最中、いつもエレンとミカサに守られていたという事もあり、自分は二人にとって足手纏いで無力な存在であるという引け目を感じている精神的な弱さを抱えています。
アルミン本人と、エレンとミカサが関わるとある出来事をきっかけに、アルミンは己に自信が持てるようになります。それ以後アルミンは意志の強さを表に出せるようになり、行動的な面も見せるようになります。それによって彼の真価を更に発揮していくのです。
主人公のエレン・イェーガー、ヒロインのミカサ・アッカーマン、それと並んで立つのがアルミン・アルレルトです。彼らは仲の良い幼なじみであり、それぞれに明確な強みを持ったバランスの良い仲間です。負けない、挫けない、諦めない、三人における精神的支柱となるエレン。文武全てに於いてトップクラスの成果を発揮するトップエースのミカサ、そしてアルミンはその類い希な知識と判断力を用いた天才的な采配で状況を打開する軍師的存在です。
アルミンとエレンは人類はいずれ外の世界へ行くべきだと考えており、壁の向こうの世界を見に行くという共通の夢を持っています。きっかけはアルミンの祖父が隠し持っていた壁の向こう側の世界についての本を見たエレンが外の世界に憧れ、その夢をアルミンも抱いたからだそうです。
そんな本作品の重要キャラクターであるアルミン役の声優を務めたのは井上麻里奈さんでした。
井上麻里奈さん出演の代表作品には天元突破グレンラガン(ヨーコ・リットナー)、IS 〈インフィニット・ストラトス〉(ラウラ・ボーデヴィッヒ)、3月のライオン(幸田香子)などがあります。
アルミンはよく物語の重要な場面で活躍するキャラクターなので、明言や名場面が多くあります。

私はとうに人類復興のためなら心臓を捧げると誓った兵士!その信念に従った末に命が果てるのなら本望!彼の持つ巨人の力と残存する兵力が組み合わされば!この街の奪環も不可能ではありません!人類の栄光を願い!これから死に行くせめてもの間に!彼の戦術的価値を口説きます!

エレンを窮地から助けるためにアルミンが言い放った台詞。巨人を盲目的に恐れる兵士達により砲を向けられる友人のために、時間がない中知恵を絞り組み上げた明言です。この時の彼の気迫により兵士達は気圧されます。

その日人類は思い出した。奴らに支配されていた恐怖を。鳥籠の中に囚われていた屈辱を。

「進撃の巨人」アニメ一話のラストシーン。ナレーションですがアルミンの声で語られています。一話クライマックスの衝撃的なシーンに添えられた、この物語への語りといった明言です。

補給所での巨人掃討作戦

アルミンが立案した、犠牲を出さずに巨人を掃討する作戦。ここぞと言う時に機転が利くのがアルミンの強さの一つといえます。

何かを変えることのできる人間がいるとすれば、その人はきっと…大事なものを捨てることができる人だ。

進撃の巨人の登場人物の一人、ジャンの疑問に対してアルミンが答えた言葉。この世界の人類を救うのに必要と確信した資質について語った、説得力のある真に迫った名言です。
上の名言の一つ「何かを変えることのできる人間がいるとすれば、その人はきっと…大事なものを捨てることができる人だ」について、彼にそれが問われる場面が訪れます。その場面で答えに行き着いた時に浮かべた笑みがあまりにもゲスだったために作者本人がブログでこのアルミンを「ゲスミン」と呼びました。
この時思いついた策は相手をだますという下劣な行為でした。しかしそれはエレンを救うためのものでした。アルミンはこの時自分が確信して放った明言の通り何かを変えられる人になったのだと思います。ちなみに余談ですが丁度この文章の上にあるゲスミンの顔、あまりにも過剰にゲスにし過ぎたと思ったのか、単行本では修正され少しマイルドなゲスミンになったようです。
いや、男でしょ。って普通思うかもしれません。まぁ男だと思うのですが。しかし中性的な容姿だという理由だけでなく原作者の諌山創さんが連載誌である「別冊少年マガジン」にて「ミカサと仲良しの同期生の女子は?」という読者の質問に対しアルミンと答えたこともあり、アルミンの性別についてネットは騒然となったようです。
どうやらこの発言の経緯について、原作者である諌山創自身は、自作のキャラの性別においてわりとアバウトな考えをもっているようです。諌山創さんの発言によるとキャラの性別は血液型と同じくらいどうでもいいとの事。
進撃の巨人の原作では実際にこの中性的容姿を用いた女装作戦がありました。その時の作戦相手(男)は、アルミンが男と聞いた後も興奮しながら俺は普通だったのに君のせいで大変なんだ、なんとかしてくれと息荒く言っています。まぁ、きっと男ではあるのでしょうが…中々罪作りな子です。
進撃の巨人、実写化映画でアルミン役に抜擢されたのは男性俳優の本郷奏多さん。これらも含めアルミンは男と思って差し支えないようには思います。
作者の「性別なんてどうでも良い」発言、男女かハッキリしない案件、男だと思われるが中性的顔立ちで女装が通ったり実際女装で罪作りな事もしている点などがあってか、アルミンは女性でも男性でもなく「アルミン」という性別なんだという意見まで出ているようです。性別がハッキリしない以上はそういった新ジャンルもアリなのかも…しれませんね。
アルミンは彼がいなくては話が進まないと言われるほど作中における様々な作戦に深く関わっていきます。彼はその頭脳によって迫り来る窮地、難関を打開していくのです。ちょっとしたネタバレにもなってしまいますが本記事では彼のその活躍についても触れていきましょう。

概要

アルミン達の故郷であるシガンシナ区陥落から5年後、訓練兵団入団し3年後の850年の出来事。全課程を修了したエレンがトロスト区の固定砲の整備中、再びシガンシナ区陥落の最大原因の一体、超大型巨人が襲来します。その個体によって破られた扉から大量に侵入する巨人。これを迎撃すべくトロスト区の駐屯兵団と104期訓練兵団の卒業生が合同で巨人討伐を開始します。しかしその最中アルミン及び同期で構成された班は全滅し、率いていたエレンもアルミンの身代わりとなって巨人に捕食されてしまいます。その後アルミンは他の104期生達と合流しますが、芳しく無い状況。その時未だかつて無い「巨人を攻撃する巨人」が出現します。アルミンはその巨人を利用した作戦を立てる事で104期生達は辛くも危機を切り抜けます。そして何体かの巨人を倒した後に力尽きた謎の巨人の中からは、アルミンの身代わりとなって捕食されたはずのエレンが無傷で現れました。巨人を盲目的に恐れる駐屯兵団に殺されかけるエレン達でしたが、そこに現れたピクシス司令の判断により窮地を脱します。そしてアルミンの発案により巨岩を使って扉の穴を塞ぐ作戦に臨む事になります。エレンは巨人の力をうまく制御できず、作戦中多くの犠牲者が出ますが、調査兵団が壁外調査から帰還したこともあり、トロスト区の奪還に成功します。

アルミンによる作戦案の提示

この作戦に於いてアルミンは巨岩を使って扉の穴を塞ぐ作戦を提示します。それはトロスト区の奪還に繋がる行為であると同時に、巨人になれるエレンの戦術的価値を具体的に示すことが出来る妙案でした。

制御不能に陥ったエレンを覚醒させるアルミン

この作戦に於いてエレンは巨人化後制御不能に陥ります。これにより作戦は失敗したかに思われましたが、アルミンが身を挺してエレンを見事覚醒させる事に成功。 失敗に終わろうとしていた作戦をアルミンは見事成功に導きました。
調査兵団団長であるエルヴィン・スミスは第57回壁外調査における一大作戦失敗の責を問われ査問を受けることになります。そしてエレンもまたエレンを危険視していた憲兵団に引き渡されることに決まります。様々な状況証拠からアルミンは調査出発からほどなくして出現した奇行種である「女型の巨人」の正体が自分らの同期であるアニだと断定し、エルヴィンはアニの捕獲作戦を立案します。エレンと調査兵団の共闘によって奇行種「女型の巨人」は討伐されます。しかし巨人の体内から現れたアニは拘束直前に自身を結晶化し、その強靱な結晶で干渉出来なくなってしまう。

アニとは

冷静沈着で感情表現はあまりない、体格は小柄な女性。 性格は一匹狼で、目付きや雰囲気は鋭い。基本的に寡黙で口調はぶっきらぼうです。 アルミンやエレン達第104期訓練兵団卒業生成績第4位のエリートでもあります。

その正体は「女型の巨人」

彼女の正体は、エレン同様巨人化能力を持つ「女型の巨人」。 第57回壁外調査で調査兵団を襲いエレンを誘拐しようと試みます。その際に圧倒的な戦闘能力でリヴァイ班のメンバーを殺害するなど調査兵団に甚大な被害を与えました。しかし、アルミンを殺さずに見逃したことが仇となってその彼に正体がバレる事となります。

「女型の巨人」の正体を突き止め捕獲を試みるアルミン

アニが巨人によって犠牲となったマルコの立体軌道装置を持っていたこと、「女型の巨人」が自分を見逃したこと、それらの状況からアルミンは女型の巨人の正体はアニであると確信していきます。そして巨人化に於いて弱点となりうる地下道に誘い込む作戦に踏み切ります。アニが巨人でなければ地下道に入っても何も問題はないので付いてきますが、アニが巨人であれば巨人の活動に必須である日光が遮られ且つ地下という限られた空間しかない場所で大型化が不能か極めて困難だと予測できる場所には入らないであろうという算段です。結果、アニは地下道に頑なに入らず、アニが女型の巨人であるという事実に追い詰められていくこととなるのです。
壁内であるにもかかわらず複数の巨人が出現したことをきっかけとしたウォール・ローゼに巨人が侵入できる穴の捜索。しかし幾ら探してもウォール・ローゼに巨人が侵入できる穴は見つかりませんでした。104期生達が壁上で待機している最中、ライナーはエレンに突然自分が鎧の巨人で、ベルトルトが超大型巨人だと打ち明けます。自分たちの故郷への同行を求める彼らですが、憤慨したエレンは巨人化。しかし敗北しユミルと共に連れ去られてしまいます。エルヴィン率いる調査兵団は、逃亡先と推察された巨大樹の森へエレン奪還に向かいます。巨大樹の森で反撃の機会を窺っていたエレンですが、ユミルはクリスタを連れ去ることを条件としてライナー達の故郷へ向かうことを承諾します。そしてユミルは探索に訪れたアルミンらをおびき寄せクリスタを拉致する事に成功します。エルヴィンは「鎧の巨人」の逃亡阻止の為あえて巨人の群れを引き連れ巨人と兵団と鎧の巨人による混戦状態に持ち込みます。その戦闘に於いてエルヴィンは片腕を失ってしまいますが、アルミンの策による嘘で激昂したベルトルトの隙を突いてエレン奪還に成功します。

アルミンのもう一つの姿「ゲスミン」誕生の瞬間

既に本記事で取り上げた「ゲスミン」が生まれた場面です。以前捕らえたアニ、アニ及びライナー、ベルトルトが仲間と気づいた彼は「捕らえたアニは今まさに拷問を受け続けている、君たちはこれを見捨てるのか」と言った趣旨の発言をします。しかし実際はアニは自身を結晶で被ってしまっているのでこれは全くの嘘です。しかも巨人であったとはいえ自分たちの仲間であった人間に悪逆非道な行為をしているぞという、人間性を捨てなければ思いつかない嘘でした。これは彼の中に何かを変えることのできる人間は大事なものを捨てることができる人だという確信があったためでもあるでしょう。結果としてベルトルトはこの嘘にまんまとのせられ激高し、それによってエレン救出という目的を達成するのです。
さて、長々と書きましたが如何でしたでしょうか。頭脳明晰、大胆不敵、八面六臂、それでいてゲスミンやら性別アルミン、アルミン胃など様々に愛される進撃の巨人アルミンについて少しでもご理解いただければ幸いです。また、原作の方ではどうやらアルミンについて驚愕の展開があったそうな。気になる方は是非単行本をお買い上げしてその目でご確認下さい。アニメの方も三期が今年(2018年)の7月からNHKで放送が始まるとの発表があったご様子。進撃の巨人はまだまだこれからたくさんの楽しみが期待できそうですね。
サムネイル画像は下記より引用しました。
出典: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/81sCc7cUOFL._SL1000_.jpg