Ws2mylklwimxda32ca9g

ユージーン

CATEGORY | ユージーン

【ラプンツェル】ユージーンの声優やかっこいい魅力紹介!年齢や気になる過去は?

2018.11.15

世界的に大人気となっているアニメーション映画であるディズニー作品の人気作の一つである「塔の上のラプンツェル」に登場するメインキャラクターの「ユージーン」。ラプンツェル作品においてユージーンというキャラクターはどのようなキャラクターなのでしょうか?

  1. 【ラプンツェル・ユージーン】塔の上のラプンツェルとは?
  2. 【ラプンツェル・ユージーン】ユージーンとは?
  3. 【ラプンツェル・ユージーン】ユージーンの性格は?
  4. 【ラプンツェル・ユージーン】ユージーンの強さは?
  5. 【ラプンツェル・ユージーン】ディズニーで一番かっこいいと言われている?
  6. 【ラプンツェル・ユージーン】彼の過去について
  7. 【ラプンツェル・ユージーン】大泥棒に甘いマスク
  8. 【ラプンツェル・ユージーン】実は良いやつ?
  9. 【ラプンツェル・ユージーン】ユージーンの声優「畠中洋」
  10. 【ラプンツェル・ユージーン】まとめ
塔の上のラプンツェルは、原作がグリム童話であるものをあの世界的に有名であるアニメーション「ディズニー」が贈る代表作の一つであり、ディズニー作品50作品名でもあります。塔の上に閉じ込められたヒロインである「ラプンツェル」が大泥棒である「ユージーン」に出会い、そして外の世界へと踏み出すという物語であり、髪の長さと美しさというものはディズニーの中でもダントツであると言って良いでしょう。
ディズニー作品の中でも特に人とされている作品でもあり、髪の長さというのがまさかの21メートルあり、それがラプンツェルの一番の特徴でもあると言っていいでしょう。過去のヒロインにはそれぞれ特徴というものがありましたが、過去のヒロインの中でも特に大きな特徴を持っており、好奇心旺盛で活動的であるというのもある意味では特徴といってもいいでしょう。
ユージーンは本作の男性主人公、いわゆるヒーロー的な存在であり、過去作品の中でも一番特殊な主人公であると言える男性キャラクターです。年齢は26歳であり、ラプンツェルとは8歳差の年の差があります。男前な顔立ちに甘い言葉を多用することもあるキャラクターであり、言葉たくみに女性を口説いたり、またその口説き文句を泥棒稼業にも役立てるということで口は誰よりも達者であると言えるでしょう。
トラブルに巻き込まれてきてはそれをくぐり抜けてきているので、言ってしまえば修羅場をくぐってきた中々の経験を持つ男といっていいでしょう。ちなみに稼業が泥棒なので王国中に指名手配もされておりお尋ね者として登場当初は「悪党」という風な肩書きを持っている人物です。ディズニー作品ではこういうれっきとしたお尋ね者が主人公になるのは珍しいかと思います。
ユージーンの性格面に関してですが、基本的に自信過剰であり、また前代未聞のナルシスト野郎ですね。顔がかっこいいだけに口説き文句もそれなりのものであり、幾人もの人物をその口説きで落としてきた自信を持つ性格をしております。ある意味ずる賢いタイプでもあり、その点では泥棒稼業は向いているかと個人的には感じました。悪い面ばかりではなく実はいい面も持っているのがこのキャラクターの特徴です。
自信過剰であり、またナルシストということで男としてちょっと嫌がられるタイプではありますが、それだけでないからこそ主人公と呼べるだけのキャラクター性を持っているのだと思います。それが後々に記述しますが、実はとても心優しいところもあり女性に対してはとても優しいというのもある意味ではいい男という部分であると個人的には感じております。
ユージーンの強さですが、ナルシストであるところから強くないと思われがちではありますが、数々の修羅場をくぐり抜けてきているだけあったそれなりの強さを身につけております。フライパンだけで王国の衛兵を倒したり、また強靭な肉体を持つなど様々な強さを秘めている人物です。体の頑丈さというのはおそらく持って生まれたものでもあり、これまでの経験というものあるのでしょう。
戦闘能力というのが秀でているわけではありますが、そこらへんのチンピラくらいであれば造作も無いという感じでしょうか。身体能力もかなり高いとみえるのでイケメンプラス強いというところがいい部分であると思われます。これで性格も最悪だった場合はもはや主人公にはなれなかったと個人的には思います。ともあれ強さはお尋ね者でありながらも捕まらず生きてきたということで強いと言えるでしょう。
さて、このユージーンというキャラクターですが、ディズニー作品史上最高のかっこよさを持っていると言われております。その理由についてですが、実際に出回っている画像や映像を見てみる限りでは確かにイケメンです。これまでの主人公というのはかっこいいのは確かにかっこいいのですが、めちゃくちゃかっこいいというほどではありませんでした。それなりに顔は整っているのはもちろんですが。
しかしながら今回のユージーンに関しては本当にかっこいい顔立ちをしており、ちょっとしたヒゲを生やしつつまたちょっと悪いやつということでこれだけの人気を出しているのだと感じました。真面目系でもなく正義のヒーローというわけでも無いのですが、そういう部分がかっこいいと言われている大きな理由かと個人的には感じました。顔に関してはもう文句ないですね。
ユージーンの過去ですが、作中でもありましたが、実は孤児であり、孤児院で育ったという経緯があります。これまでの作品では育ちは悪くてもとても正義感がありいい人物や王子様であったりなどがありますが、孤児で育ちその後は本当に泥棒をして生きてきているといういわば本当に裏の世界で生きている人物というのが過去として挙げられます。これはディズニー作品では異例であるといっていいでしょう。
この孤児であるということ、この過去をラプンツェルに話し、元々の名前であるユージーンとい名前でラプンツェルから呼ばれるようになりました。ちなみにフリン・ライダーというのは小さい頃に読んだ本に登場した人物の名前を肖ってつけているだけであり、本名はユージーンということでラプンツェルはそちらの方を気に入ったようですね。悲惨な過去であってもラプンツェルと出会ったことで変わったようです。
ユージーンは大泥棒であり、また甘いマスクをしていることから泥棒稼業ではさぞかしモテていたことでしょう。王国中に手配されていたこともあって普通の人とはあまり接触しなかったでしょうが、泥棒であるというのは正直かわいい設定だと感じました。これでマフィアだのなんだのだったらもっと過酷だったことでしょう。泥棒の腕前もティアラを盗むほどですので、相当なものでしょうね。
かっこよさというもの、また口説きに関しても泥棒稼業で身につけたのかと思われます。泥棒ですのでそれなりの嘘八百、口八丁手八丁というのはあるでしょう。それが染み付いているからこそ口説きが上手いとされていると思われます。ただしラプンツェルは外の世界を知らなかっただけに口説きが全く通用しなかったのも作品では面白いシーンでしたね。
このユージーンという人物に言えるのはやはり根っこの部分ではいいやつであるということでしょうか。個人的な意見ではありますが、本当に悪人であればラプンツェルのお願いなど聞き入れなかったでしょうし、最後にラプンツェルを助けるようなこともなかったでしょう。また自分の行いというものを改めることもなく、守りたいものができるというような心変わりというものなかったはずです。
そういうことを総合して考えると元々はしっかりとした考えを持っており、しかしながら育った境遇というものを考えまともに生きるのは辛いと思ったのかもしれません。あくまでも個人的な意見ではありますが私はそのように感じております。心はとても優しい人物であり、かっこいいというのはディズニーとしてはとてもいいキャラクターとなっていることでしょうね。
そんなユージーンの声優を勤めたのが「畠中洋(はたなかひろし)」さんです。1966年1月9日生まれ、山形県出身、ケイファクトリー所属であだ名は「ハタ坊」と呼ばれている日本を代表する俳優さん、また声優さんです。ミュージカル作品からテレビドラマ作品の俳優を務め、そして映画では様々な吹き替えを担当してきております。今後の活躍も期待ですね!
いかがでしたでしょうか? 今回は塔の上のラプンツェルに登場するメインキャラクターであるユージーンについて綴ってきました。ユージーンというキャラクターは作中では当初泥棒であり、裏の世界で生きている人物であるということですが、後々にまさかのラプンツェルを助け、そしてラプンツェルと結婚するほどになるとは驚きでした。ディズニー1のかっこいい男性キャラですね!
サムネイル画像は下記より引用しました。
出典: https://pbs.twimg.com/media/DrgyVh0XgAEkQSc.jpg